iPad

2022年11月19日 (土)

百均でさりげないスマホスタンドを買った

近所にキャン★ドゥと併設している酒屋があって、お酒や飲料を買ったついでに見てたらこんなものを見つけました。


Img_2825


折り畳み式のスマホスタンドです。


Img_2830


開くと、こんな感じ。


時々、こういうスタンドが欲しくなることがあるんですが、なんか手ごろなやつがなくてそのままにしてました。


が、これなら使わないときまっ平にできるし、さりげなく使えて便利じゃないかと思った次第。


Img_2826


早速、立ててみました。


Google Pixel 6a、iPhone 12あたりは問題なく立てられます。


Img_2828


iPad miniもいけます。


Img_2827


ただし、縦はさすがにしんどかったかなぁ。ちょっと触れただけでパタッと倒れます。


Img_2829


なお、これくらいのサイズの本ならいける模様。開いたまま置く、というのは無理そうですが、ちょっと立てかけておくくらいなら問題なし。


文庫本サイズなら、なおいけるでしょうね。


Img_2831


裏に滑り止めがついてます。これのおかげで、思ったより安定します。


Img_2832


使わないときは、机の端っこにこうやっておいとけば邪魔にはなりません。


案外これ、便利かも!?


百均の品だからと、侮れませんね。


Lamicall 折り畳み式 高さ調整 スマホスタンド 伸縮 : スマートフォン ホルダー 角度調整 折りたたみ 携帯 アイホン ABS樹脂 ゴム 置台 立て 置き 台 卓上 机 つくえ table テーブル デスク たてかけ 縦置き 横向き 充電スタンド 充電台 ドック ハンズフリー 滑り止め 落下防止 両手解放 コンパクト 持ち運びやすい アイフォン ドック スマフォ アンドロイド iPhone14 plus pro promax 13 mini , 12 mini pro max 11 Pro Max, 11 プロ マックス, XS Max XR X 8 7 7plus 6 6s 6plus 5 5s se se3 第三世代, huawei p20 p30 lite, Xperia, Nexus, android, Switch に対応 白 ホワイト


2022年10月19日 (水)

新iPadが発表されましたが……

今回ほど、関心のない発表会はなかったですね。なにせ、発表会があったことすら認識したのが、今日の昼過ぎですから。


Apple、デザインを刷新した「iPad (第10世代)」を発表 − 10月26日に発売へ | 気になる、記になる…



本日早朝、Apple恒例の発表会があり、iPad、iPad Proの発表が行われました。


特に注目すべきは、新型のiPadの方でしょうね。デザインはPro、Air、miniと同じカクカクデザインでホームボタンなし、そしてUSB-C搭載です。


これで、iPadシリーズは全機種、USB-Cを搭載したことになります。


気がかりなのは、USB-C搭載モデルなのに、対応するApple Pencilは第一世代というところですかね。無理やりUSB-C - Lightningアダプターで対応しておりますが。いっそ第二世代にしちゃえばよかったのに。


あと、Magic Keyboard Folioですかね。つけるとSurface Goのような見た目になります。


いや、そんなことが些末なことに思えるほどの、大きな変化点があります。


それはずばり、価格。


なんと、無印iPadがお値段68,800円からだそうです。


64GBストレージで、Wi-Fiモデル、CPUはA14という二世代古いやつを付けたiPadが、なんと7万円ほどです。


これはつい数か月前の無印iPadの、倍近い値段です。


いくら円安とはいえ、ちょっと高すぎやしませんか?


iPad Proは分かります。あれは金に糸目をつけない人たちが買うモデル(!?)だから、少々高くなろうが構わないんです。


が、無印iPadは違うでしょう、と。


円安などの社会的要因が重なり、致し方ない事情があるのは分かるんですが、それでもAppleを擁護できない理由がいくつもあるんです。


簡単にいうと、最近のApple製品、使いにくくなっていませんか?


iOS 16以降、どうもそういう傾向が強いですね。酷いものです。


Google Pixel 6aを買ったから余計にそう感じるんですが、今ではAndroidの方が使いやすいんじゃないかと思うほどです。


ユーザーインターフェースが優れていたことが最大の売りだったのに、それを捨てた上に、しかも価格はうなぎのぼりでは、ユーザーが離れてしまいますよね。


高いなら高いなりに、使いやすさがあるのならいいんですが。


迷走を続けるApple。


そろそろApple離れをするべき時期に、来ているんでしょうかね。


そう感じさせる発表会でした。


Apple iPad Air (第4世代) Wi-Fi 64GB グリーン (整備済み品)


2022年8月23日 (火)

イオンモバイルで5G回線に変更する方法

iPhone 12を買ってかなり経ちますが、未だに4Gのまま使っておりました。

特にそれで不便を感じてはいなかったのですが、せっかく5G対応なのに、5G回線が使えないままというのはもったいない気がしておりました。

が、意外と簡単に4G → 5Gへの切り替えができることが発覚。

ということで、タイトルにある通り「イオンモバイルでの5G回線への切り替え方」を残しておきます。

やり方ですが、まずイオンモバイルのマイページにログインします。

(ログインIDやパスワードは、契約時の紙に書いてあります)

マイページログイン

ログインしたら、以下のようにSIMの利用状況が出てくるはずです。

Img_e2262

で、下に「5G通信」という項目があり、その横に「変更」というボタンがあります。

これをクリック/タッチします。

Img_e2261

なんかごちゃごちゃと聞かれますが、下の「5GをONにする」を選択。

Img_e2260

5G通信のところの表示がONに変わっていれば、成功です。

ところで、5Gのエリアって予想以上に広がってますね。

サービスエリアマップ | 通信・エリア | NTTドコモ 

ただ、5Gでも「Sub6(サブシックス)」と呼ばれる帯域が使える場所でなければ、4Gと変わらない速度でしかつながりません。

このため、私自身はまだ、5Gの威力を体感してませんね。

なお、職場と自宅がSub6どころか5Gエリア外。その一方で、近所のららぽーとの中にはミリ波のスポットがあることも判明。

ですが、残念なことにiPhone12、13ではこの爆速スポットを活かすことができないみたいですね。

もっとも、5GのSub6対応というだけでも、理論上3倍近い速度向上(最大3.7Gbps)が見込めます。

さらに妻が持っているiPhone 13なら、Sub6 CA(キャリアアグリゲーション)というさらに早い仕組みにも対応。理論上ですが、このCAってやつだと最大4.2Gbpsだとか。

表示が5Gと出るだけでもうれしいですね。なんだか得した気分。

てっきり、店舗に行って交換してもらわないと買えられないと思っていたんですが、想像以上に手軽に変更できました。

対応機種をお持ちの方は、ご参考まで。


2022 Apple iPhone SE (64 GB) - スターライト(第3世代)SIMフリー 5G対応

2022年4月24日 (日)

iPad mini 6の近況

最近、すっかりブログ更新が滞っております。

と、いうのも、ネタにするべき事象がほとんどない。

Img_1403

ということで、購入して2ヶ月と10日ほど経過した、iPad mini 6の近況でも書いてみようかと思います。

Img_1404

このカバーケースですが、何気に気に入ってます。

2,000円ほどの安物ですが、きちんとカバーの役割を果たしてくれますね。

そりゃ純正と比べたら質感は劣りますけど、全然これでOK。

よくペン収納用のスペースがついていたりするやつがありますが、これはそういうものがないので、ほんと本体にカバーがついているだけ、という謙虚さをも備えております。これゆえに、悪くない使い心地。

非純正品も、侮れません。

Img_1405

同じく、非純正品のこのペンですが。

実は最近、あまり使っておりません。

元々はキーボードを叩く用に買ったのですが、これでタッチするとカタカタとペン先が音を立てすぎてうるさい。

Img_1407

と、いうわけで、あまり使うこともなくこんな感じに側面につけていたのですが、こういう持ち方をしていると、

Img_1406

ぼろっと取れて、iPad miniが落としそうになること多発。

結局、本体にもつけておりません。

よくペンを使う人ならば良かったのでしょうが、そういう人は最初から純正品をお勧めします。筆圧感知がないですし、これ。

Img_1408

「小説家になろう」に投稿していることもあって、文書はよく打ち込みます。

が、やはりキーボードが広すぎて、指の移動量が多くiPhoneよりも入力するのが大変。

かといって、ソフトキーボードでは幅が狭すぎてブラインドタッチはできません。

Img_1409

で、Bluetoothキーボードを使うという手もあるんですけど、これはこれでちょっと問題があって、なんていうか、変な自動変換がかかるんです。

長い文節を打ち込むと、勝手に変換されちゃって不便。ということで、短い文節で打ち込むというのをやってたんですが、どうにも私のスタイルに合わない。

Img_e0008

で、いろいろといじった結果、設定 ‐ キーボード ‐ ハードウェアキーボード の中の「自動修正」、「ライブ変換」をオフにするとある程度解消されました。

が、やっぱりPCやMacBook Airの方が文字は入力しやすい。結局、文字入力の主力はクラムシェル端末となります。

Img_1410

ところで、こんなゲームをやってます。「にゃんこ大戦争」。

なんていうか、時々、頭を使わないでさくっとゲームをやりたくなることがあり、お手軽ゲームとして導入。

……したんですが、これがちっともお手軽じゃない。

だんだんとステージが進み、徐々に戦術を練らないと進めなくなり、挙句に課金までする始末。

まあ、課金させるのがこの手のゲームの狙いでしょうから、仕方ないと言えばその通りですが。

とはいえ、今はお手軽さがなくなり、徐々に飽き始めてます。

消すことはないでしょうが、頻度は下がりつつありますね。

Img_1411

結局、ゲームと言えばこれに落ち着きます。ソリティアですね。

これはiPhone Xですが、これをiPad miniでやろうとすると、指の移動量が多過ぎてやや不便。

最近は、iPhone Xでばかりやってます。というか、iPhone Xがソリティア専用機になりかかってます。

Img_1412

結局、よく使うアプリはTwitter、ブラウザと、そしてこれ。

Amazon Prime Videoです。

御覧の通り、アニメばかり見てるのがバレバレです。

Img_1413

今季一押しは、やはりこれ。SPY×FAMILYです。

毎週、楽しみにしております。

Img_1414

他にも骸骨騎士様は~、まちカドまぞく2丁目、であいもん、乙女げーはモブに厳しい~、等も視聴。

過去作も見てまして、今さらながら中二病でも恋がしたいを見てたりします。

Img_1415

なお、ブラウザに関しては微妙。

画面が大きいのはいいんですが、ブックマークを開くには画面上のアイコンをタッチしないといけなくて、これが微妙に使い勝手が悪い。

横画面だと、こんな感じにブックマークが開きっぱなしになります(閉じることは可能ですが、ひと操作必要)。

あと、iPhoneと違って、PC向けの表示にされることが多いです。これは良し悪しな感じで、例えばAmazonでは便利なんですが、まとめサイトを見るときは広告や他の記事リンクが出過ぎて邪魔くさいことも。

Img_1419

iPad miniとPCをつなぐケーブルですが、これを使ってます。

これ、ゲームウォッチ型スーパーマリオに付属していた、Nintendo純正の充電ケーブル。

充電用途しか使わないのに、ちゃんと転送用にも使えました。しかも、USB-Aの端子としてはまあまあ早い。

短くて取り回しもいいので、重宝してます。

Img_1420

iPad mini 6は電源ボタンが指紋認証になってます。

この指紋認証ですが、わりと認識率が悪いことが多い。指が汗かいてると、ほぼ認識は不可能。

iPhoneのホームボタンでもそういう傾向ありましたけど、こちらは横長のおかげか、より認識率が悪い感じ。

これも慣れでしょうが、ちょっと不便です。

Img_1416

iPad miniの持ち方ですが、当初はこんな持ち方をやってました。

カバーケースを活かした持ち方ですね。

Img_1418

が、今はこういう持ち方の方が圧倒的に多い。

指をL字に添えて、角を持つ感じ。

と、いうのも、使用頻度の高いアプリ(にゃんこ、Prime Video)がほぼ横専用なため、こういう持ち方にならざるを得ず。

が、時々、小指が痛いので、なんか良い支え方や道具を検討中です。

いろいろと書きましたけど、反応性もよく、バッテリー駆動時間が長いため、自宅にいるときはほぼこれを使ってます。

iPhoneの稼働率は、自宅ではかなり下がりました。

フルサイズiPadと比べては小さく、iPhoneと比べて大きすぎなため、中途半端な端末として使わなくなるかなと懸念してましたが、なかなかどうして、稼働時間は増える一方です。

これで59,800円はお買い得ですね。というか、セルラーモデルにしておけばよかったかと、今にしては思うこともあります。次回買うときは、セルラーモデルにします。

最近はようやく入手しやすくなったと聞きますし、おすすめです。

2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ

2022年4月 7日 (木)

MacFanムック本「iPad WORK パソコンいらずの超仕事術 2022」を買いました

そういえばiPad mini 第6世代を買ったので、せっかくだからiPad本でも買おうかと思い、買いました。

Img_1394

買ったのはこれ、MacFanのムック本「iPad WORK パソコンいらずの超仕事術 2022」です。

Img_1395

目次です。

本屋に行けば、iPadの解説本なんて、それこそ腐るほどあります。

で、例によってこの本も、ごく普通の解説本のひとつなのですが。

私がこれを選んだ理由は、この部分です。

Img_1396

このChapter 3があったからこそ、これを選びました。

Img_1397

この章、簡単にいうと、iPadをよく使う人が使っているアプリを紹介する、というもの。

他の解説本にもアプリ紹介くらいは当然ありますけど、単に定番のアプリを紹介するというものが大多数。

ですがこの章、なぜこのアプリを使っているのか?どんなことに使えるのか?という部分に、それこそ魂がこもっていると感じたからでして。

一般論で片づけない、尖った記事があることが、まさに決め手でした。

もちろん、これ以外にも見るべき部分は多いです。

なんとなくiPadの本を買いたいんだけど……とお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ。

iPad WORK 2022 ~パソコンいらずの超仕事術~ (Mac Fan Special)

2022年3月21日 (月)

iPad mini 6用のタッチペンを買ってみた

こんなものを買いました。

Img_1288

はい、タッチペンです。タイムセール中に購入し、2000円ほど。

で、中身はこんな感じ。

Img_1289

本体にUSBケーブル、そして予備のペン先が3つ。

なんていうか、包装がよれよれなところが、中華製品あるあるですね。

Img_1290

ですが、さすがに箱までは崩れてませんでした。

と、それはともかく、本体を取り出さねば。

Img_1291

はい、本体です。こちらはかなり綺麗。

一見すると、第2世代Apple Pencilのようです。まあ当然、パク……オマージュしているわけですし。

Img_1292

充電はUSB-C経由。こんな感じに充電します。なお、ワイヤレス充電は不可。

Img_1293

このタッチペンですが、iPad専用です。もちろん、先月届いたiPad mini 6用です。

で、御覧の通り、側面にくっつきます。ただし、ワイヤレス充電は不可。

Img_1300

しかし、こんな感じに持ち歩けば、Apple Pencilと見分けがつきません。ただし、ここ経由でのワイヤレス充電は不可。

大事なことなので、3回言いました。はい。

本家Apple Pencilならば、ここから取り出すだけでスイッチオンなのでしょうが、こいつはそうはいきません。

Img_1294

どうやってスイッチを入れるかというと、この頭の部分をトントンと2回タッチすると

Img_1295

スイッチが入ります。

オフも同じ操作。

Img_1296

Bluetoothなどではなく、そのままペアリングもなしに画面をタッチすると反応してくれます。

不思議ですねぇ、どうやって反応させてるんだろう?

Img_0003

ちなみに、iPhoneには全く反応しません。単なる静電容量パネルに反応するように作られているわけではなさそうです。

Img_1301

早速、テストです。

「メモ」アプリを開き、いろいろ書いてみました。

反応性はいいですね。筆種がマーカーだとペンの角度で太さが変わります。ただし、筆圧感知まではやってくれなさそう。力加減では線の太さは変えられません。そこはApple Pencilとは違います。

けど、こんなもので十分かな。

Img_1297

というのも、買った目的がこれだからです。そう、タッチキーボード入力用。

iPad miniでキーボード入力しようとすると、フルキーボードだと指を動かすのが大変で、上のようなフローティングキーボードだと小さすぎてミスタッチが多い。

が、このペンなら、どちらでもいけます。ペンなら画面の端をタッチするのも楽ですし、細かいキーボードでもぱちぱち打てます。

Img_1298

が、難点もあって、この通り、OneNoteで使ってると、ちょっとでもキーボードから外れたところでは描画モードに変わってしまい、線が描かれてしまいます。

Img_1299

が、「テキストモード」というのをオンにしておくと、それも回避できました。

これで、快適に使えそうです。

Img_1304

あまりに快適なので、ついゲームまでやってみました。

いい感じです。

Img_1302

ところで、こんな「保証書」っぽいものがついておりまして。

高々2000円程度の品なのに、なんと36か月保証だそうです。

が、横のQRコードはどうやらLINEのリンクのようです。

会員登録って……つまり、LINEの友達登録なようで。

電話番号も050で始まった怪しい番号ですし、登録はやめときます。壊れたら、それまでです。

とまあ、いいんだか怪しんだか分からないこの商品。

しばらくは、使っていこうと思います。これでiPad miniライフが快適になればと、願うばかりですね。


タッチペン スタイラスペン 3個交換用ペン先付き ペンシル 超高感度 極細 傾き感知/誤作動防止/磁気吸着機能対応 軽量 USB充電式 2018年以降iPad/iPad Pro/iPad air/iPad mini対応 日本語取扱説明書付き

2022年3月13日 (日)

iPadの音量ボタンが本体向きによって大小向きが変更される模様(iPadOS 15.4以降)

iPad mini (第6世代)を買って、感じていたことが一つあります。

それは「音量ボタンの大小の向きが、本体の画面向きによって変更されていること」です。

横長画面の時は、音量ボタンは左右どちらかで上下方向を向いてますが、これが左右どちらにあっても、必ず上向きが「音量大」で、下向きが「音量小」となります。

これが縦長画面の時は、右が音量大、左が音量小になります。ボタンが上にあろうが、下にあろうが、です。

今どきのiPadってそういうものなんだぁ、と思っていたのですが、これ、第6世代iPad mini特有の機能だったんですね。

これが、iPadOS 15.4以降には、iPad標準となるようです。

「iPad mini (第6世代)」で搭載された音量調節ボタンが本体の向きに合わせて動的に変化する機能、「iOS 15.4」では他のモデルでも利用可能に | 気になる、記になる…

ただ、この機能、使いやすいかと言われると、ちょっと微妙。

というのも、向きによってボタンの役割が逆転するなど、思いもよらなかったので、最初のうちは逆にしてました。音量を下げようとしたら、逆に音が大きくなった、と。

ただ、すぐに反射的に逆のボタンを押すため、特段困ったというわけではないのですが、人のフィードバックを前提に搭載された機能のような気がして、最初のうちはちょっと使い辛さを感じていたのは事実です。

まあこれも、慣れでしょうが。ちなみに、従来通り、ボタンの役割を固定する設定も可能なようです。

ところで、我が家のiPad miniのその後ですが。

気づけば、自宅ではこればかり使ってますね。なにせ、バッテリーの持ちがよい。iPhone 12は外で使うのでいいのですが、iPhone Xの出番がガクッと減りましたね。このため、iPhone Xの電源は落としていることが多いです。

こんなことなら、もうちょっと早く買っておけばよかったかなぁと思うことも。

ちなみに、iPad miniでは「にゃんこ大戦争」をやってます。久しぶりにやりたくなって、ちょっと手を出してみたんですが、やっぱりあれ、面白いですね。といっても、そろそろ敵が強くなりすぎて、飽き始めてますが。

今度はレーシング系のゲームをやってみたいですね。その辺りを探してみようかと。またいずれ、レビューします。


2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 256GB) - スターライト

2022年2月19日 (土)

iPad mini (第6世代)を使って一週間

一週間、経ちました。なので、軽くレビューします。

Img_1256

(1) 画面サイズ

8インチという中途半端なサイズですが、自分的にはこれがちょうどいいかなぁと。

近眼なのですが、眼鏡をはずして使えるぎりぎりのサイズ。これよりも一回り大きい10インチでも使えなくはないですが、やっぱりちょっと大きいかなぁと感じます。

(2) バッテリー持続時間

Img_e0001

7時間26分使って、37%でした。

といっても、充電時間1時間くらいが含まれるので、実質6時間半。

ただ、下を見ていただければわかりますが、そのうち半分は物理エンジン系のAngry Birds Friendsが消費してます。

これを2時間くらいぶっ続けでやってこの程度ですから、相当な駆動時間だと思います。

出張などで議事録取る分には、十分過ぎる駆動時間じゃないでしょうか。

家にいるときはほぼこれを使っております。主にゲームと動画に使いましたが、それでも大体、2日に一回の充電で間に合ってます。

(3) ゼリースクロール

前回、ほとんど分かりませんねぇと書きましたが、とんだ思い違いがありました。

Img_1255

あれは素早く動かすと出るものかと思っていたのですが、ややゆっくり動かす方が出ます。

上の写真ではほとんど分かりませんが、本当にゼリーのように、左右がぬるっとずれる感触。といっても、このブログの2行程度ずれるくらい。

気になるかと言われると、それほどでもないですね。常に出るというものでもなく、なんていうか、フレームレートが高くなってる時だけ出る、というイメージですね。

だから、素早くスクロールさせると、動きがガタガタとした感じ(フレームレートが低い)で、その時はゼリースクロールは起こりません。

気になる方は、店頭のデモ機などで縦画面でブラウザを表示、速度を変えながらスクロールさせてみると見えてきます。

(4) アラーム

iPhoneを、目覚ましとして使ってます。

で、これをiPad miniにやらせようとして、気づいたことがあります。

そう、そういえばiPad miniにはバイブがありません。

家族を起こさないように、iPhoneを目覚ましに使うときは、バイブのみにしてます。これなら、自分しか気づきません。

この程度の音で起きられるので、私としては、バイブレーターの目覚ましを使い続けているのですが……

これは、iPad miniでは使えない機能でした。ということで、寝床にはiPhoneも置いてます。

(5) アプリ

いくつかiPad対応アプリが入ってますが、個人的には、Safari、YouTubeは使いにくく、OneNote、スマートニュース、Twitterは使い易い、と言ったところでしょうか?

ブラウザのブックマークを開くアイコンが画面上にしかなく、これがせめてiPhoneと同じ下にあればいいのに、と思いますね。

YouTubeの方は登録チャンネルを開くと、アイコンが並んでいるだけなので、ちょっと見づらい。iPhoneのように、チャンネル名も出してくれるといいんですけど。そのアイコンを横にスライドするとチャンネル名が表示されるので、慣れと言えば慣れでしょうが。

Twitterやスマートニュースは、iPhoneそのままの配置なので、これはまあ使い易い。

なお、OneNoteはiPad配置ですが、これはPCに近いからか、なじみがあって使い易いと感じます。

どのアプリにも言えますが、私はほぼ90%以上、縦画面で使います。横で使うことはほとんどないですね。

それが、次の項目の話につながります。

(6) カバースタンド

カバースタンド付きのケースを買いました。

安物なのでどうかと思ったんですが、意外に使い勝手は悪くありません。

Img_1261

こういう置き方ができるカバーですが、

Img_1259

この部分をこうやって持てば、

Img_1260

案外持ちやすい。これは意外な発見。

もっともこれは、純正のケースでも可能ですが。

縦で使うことが多いので、これは重宝しております。

Img_1258

ただし、弱点も。

当然ですが、これくらいの角度で、縦画面で使うことができません。

寝転がってるときは、こういう立て方をしたくなることが多いです。

ケースのカバーの内側に、何か貼り付ければ可能かもしれないので、ちょっと検討してみます。

Img_1257

ちなみにこのカバースタンド、画面にこういう模様を残します。

赤矢印の先に、画面に沿って2本の筋が見えるかと思います。

これはおそらく、画面に着いた指紋が、カバーを占めたときにちょうどカバーの折れ線部分だけふき取られないために生じるラインだと思うのですが、なんか気になります。

これが純正だと、一様に拭かれるみたいですけどねぇ。以前もっていたiPadのカバーはそうでした。

(7) キーボード

Bluetoothキーボードを持ってますが、結局、ソフトウェアキーボードばかり使っております。

よほどたくさんの文字を打つときはPCを使うので、ソフトウェアキーボードで間に合ってしまう、というのが現状です。

Img_1262

そのソフトウェアキーボードにも2種類あって、一つは標準。

Img_1263

もう一つが、フローティング。

あと分割がありますが、あれはダメです。

この2つを、気分で切り替えてます。

もうちょっと、フローティングキーボードが大きかったら使い易いのになぁと思いますね。

イメージ的に、iPhone 5s時代のキーボードを触っているような、ちょっと小さすぎる感じがします。

かといって、標準サイズのキーボードはちょっと大きすぎるんですよね。寝転がって使うときは、使いにくい。

まあこれも、慣れでしょうが。

と、いうことで、外ではiPhone 12、家ではiPad miniという生活。iPhone Xは……稼働率が、ぐんと落ちました。なお、iPhone 7 Plusは、次男行きです。

ここ一週間、Surface Goの頻度が下がってますね。使い慣れたiPhoneに近いインターフェースというのが、おそらく使用頻度をあげているんだと思います。もっとも、大量の文章を打つとなれば、Windows PCの方がいいです。要は、使い分けですよね。

まあ、なんやかんやと使用頻度が上がってるのは、メインPCであるゲーミングノートですが。第6波のおかげで、在宅勤務が増えましたねぇ。その傍らで、検索用によくiPad mini使ってますね。サブ機としてもちょうどいいサイズです。

ゼロからはじめる iPad mini スマートガイド [iPadOS 15対応版]

2022年2月13日 (日)

iPad mini (第6世代)が来ました!

実に1年2か月ぶりくらいに、自分用端末を購入です。

1月31日に予約して12日目、やっと届きました。

Img_1238

はい、表題の通り、iPad mini (第6世代)です。

Img_1239

64GBのWi-Fiモデル。ほんとはセルラーモデルにしようかとも思ったんですけど、今のご時勢、外で全く使わないので、Wi-Fiでいいかと。

で、箱を開けたら、この通り。最近は透明フィルムを使わない梱包ですね。まあ、いいですけど。

Img_1240

御覧の通り、今どきのiOSデバイスです。ホームボタンがありません。

Img_1241

なお、色はパープル。普通の色はもう飽き飽きしているので、ここは高僧だけが許される袈裟の色、紫にしてみました。意味はありませんが。

Img_1242

なお、付属品はこれだけ。

USB-Cケーブルと、充電アダプター。LightningじゃないiOS端末を買うのは、実はこれが初めてですね。

Img_1243

が、付属のは使わず、これを使います。

付属のと同じ20WのUSB-C充電器。および、短めのケーブルです。

Img_1244

さて、このiPad miniですが、電源ボタンでにTouch IDがついてます。つまり、指紋認証。

Img_4537

ちなみにこの電源ボタンをiPhone 12のと比べてみたんですが、ほとんど同じですね。

と、いうことは、iPhoneだってその気になれば、指紋認証くらいつけられたのでは?

Img_1245

なんて叶わぬことをつぶやいても仕方がないので、さっさとセットアップに入ります。

Img_1246

まあ、いつもの画面が出てきて

Img_1247

いつもの選択肢が登場です。

Img_4538_20220212202201

設定がめんどくさいので、iPhone 12を使ってクイックスタートです。

これで、Apple IDやら各種アカウントや、Wi-Fiの設定も引き継がれます。

Img_4539

で、Touch IDの設定も。

ここでは、左右の人差し指を設定しておきました。

が、あとになって、親指も使うことが判明。セットアップ後に追加しておきました。

Img_1249

と、iPadOS 15.3.1のアップデートが始まってしまったので、その間に、先に買ったケースを装着。

Img_1248

Apple純正のケースと違って、透明なので、本体色が拝めます。

Img_1250

ちょっと頼りないのですが、スタンドもあります。

Img_1251

で、それから30分ほどかけてセットアップ完了。

Img_1252

あまりウィジェットを配置したことはないんですが、時計とカレンダー、天気予報だけは残しました。

それでも、1画面にすべてのアイコンを配置できちゃいます。そこはやはり、画面の大きいiPadです。

Img_1253

そういえば、以前買った10インチiPad用のケースについていたBluetoothキーボードをペアリングしてみました。

キーボードがお世辞にも使い易いとは言えないんですが、でもまあ、そこそこの使い勝手。

ちなみに、ESCキーでホームに、Caps Lockで英語/日本語切り替えができます。

さて、まだ使い始めなので、使用感などはこれからですが、ちょっと使った感触を。

片手で握れるのはいいですね。確かに片手で操作は無理ですが、元々、iPhone 7 Plusを愛用していたくらいなので、これくらいは許容範囲。

iPadらしいアプリを試してませんが、それはそのうち。

ただ、YouTubeやブラウザは、さすがiPad。広いです。そして、なめらか。

そういえば、現状で最新のA15チップ搭載なんですよね。ほとんど実感はありませんが。

そして、iPad mini (第6世代)といえば、ゼリースクロール問題。

素早くスクロールさせると、画像がずれるというもの。

で、やってみたんですが……全然、分かりません。

素早く動かしても、もしかしたらずれているのかもしれませんが、ほぼ目で追いきれませんでした。

普通に動かす分には、ずれが起こりませんし。

まあ、普通に使う分には無関係ということのようです。今のところ。

あと気になるのは、バッテリー駆動時間とかですかね。

その辺りは、じっくりと検証してみようと思います。

2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 256GB) - スターライト

2022年2月 1日 (火)

iPad mini(第6世代)のカバー付きケースを購入

表題の通りです、iPad miniのカバーケース、買いました。

Img_1221

お値段、2500円。

純正だと8000円近くなので、これはかなりお買い得。

Img_1222

ですが、その分、質感はよくありません。なんか、ごわごわ。

Img_1224

裏面。透明なので、中が丸見え。今は本体代わりのダミークッションと、「食べられません」なシリカゲルが入っておりますね。

ところで、大事なことを忘れてないかって?

おい、ケースだけ買ってもしょうがないだろう、と。

ええ、分かってます。おっしゃる通りです。

実はですね

近所のららぽーとにあるBic Styleで予約してきたんです。

Wi-Fi版64GBの、パープルのやつ。

ところが、ご存知の通り、なかなか商品が入荷されません。ネットのApple Storeでも、5~6週間待ち。

こうなったら、1、2か月くらいは待ってやろうと心に決めての、予約注文です。

ということで、ケースだけ先に家に来たというわけです。。

ストレスがたまる日々が続いてますが、いずれiPad miniが届くかと思うと、少し生きる希望が湧いてきましたね。

本体が来たら、またレビューします。

エレコム iPad mini6 第6世代 (2021年モデル) ケース 超薄型 軽量 2アングル スタンド フラップケース ソフトレザー 背面クリア ブラック TB-A21SWV2BK

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ