その他

2021年1月 2日 (土)

2年ぶり12回目のヴィレッジヴァンガード福袋購入!

昨年は、近所のヴィレッジヴァンガードに恵まれず、このブログ始まって以来初めて、ヴィレヴァン福袋を買わなかった年ですが。

そのせいでしょうか?2020年という年は、近年まれにみるほどの厄難だらけの年でしたねぇ。いわゆる、コロナ禍ってやつです。

ということで、今年はその厄難を払うべく、意を決して買ってきました、ヴィレヴァン福袋。

Img_0079

近所にできたららぽーとにヴィレッジヴァンガードが入ったおかげで、簡単に入手できるようになりました。これで福袋の調達先には困りません。

Img_0082

買ったのは、緑色の紐。インドアのようなアウトドアのような品と言われたので、インドア派な私は思わず飛びついてしまいました。

さっそく、開けてみます。

Img_0083

中から出てきたのは……うーん、これ、ほんとにインドア向け?

一つ一つ、見ていきましょう。

Img_0086

まずはこれ。ステンレス製マグカップ。

どこでも使えますね、これ。確かに、インドアでもあり、アウトドアでもある品。

Img_0087

続いてはこちら。まるでランタンのようですが……

Img_0088

やっぱり、ランタンですね。電気式の。これも内外どちらでも使えるもの。

Img_0089

こいつに至っては、もう箱絵で分かっちゃいます。

Img_0090

はい、一人焼き肉プレートです。

Img_0091

100V用なので、屋外で使うにはそれなりの仕組みがないと使えません(発電機やハイブリッド車など)。どちらかと言えば、インドア用の製品か。

Img_0092

ちなみに、上のプレートは取り外し不能。丸ごと洗うしかないようです。

Img_0093

まるでクズ……いや、星屑のようなこれは一体……

どうやら、両面テープで張り付けて飾るだけのもののようです。

Img_0095

これは椅子ですね。まあ、室内外問わず使えます。けど、既に以前の福袋で同じようなものを持ってるんですが。

Img_0096

ときたところで、一番気になるこれ、開けてみます。

Img_0097

見たところ、寝袋にしか見えませんが、なんでしょう?

Img_0098

広げてみました。

Img_0100

一端がこの通り穴が開ています。どう見てもこれは、寝袋です。

Img_0099

側面にファスナーがあるので、開けてみます。

Img_0101

はい、広がった寝袋にチェンジ!

ほんと、これだけです。

確かにこれも、室内でも使えますけど……

Img_0094

ところで、最近のヴィレヴァン福袋には、こういうものが入ってますね。当たれば、豪華な品をゲット。当たればの話ですが。

Img_0102

てことで、今回の寝袋……じゃない、福袋の品、全員集合。

私個人で使いたいと思うのは、寝袋くらいですかねぇ。マグカップに椅子、一人用プレートなどは家族で使えそうです。

当たりのような、外れのような、微妙な品ばかりでした。

ちなみに、寝袋以外を見せたのですが、いつの間にか、寝袋も持っていってしまいました。ということで、今年は私の手元に残った品はなし。

うーん、今年はいいこと、ありそうだ。

参考までに、こちらに過去の福袋(2020年を除く)を載せておきます。

2009年 福袋

2010年 福袋

2011年 福袋

2012年 福袋

2013年 福袋

2014年 福袋

2015年 福袋

2016年 福袋

2017年 福袋

2018年 福袋

2019年 福袋

多分、来年も買いますね。


送料込 福袋 北海道 お菓子 詰め合わせ セット 復興 弾(同梱不可)北海道 土産 銘菓 北海道限定 コロナ 在庫処分 食品 ふっこう 復興福袋 食品ロス

2020年12月30日 (水)

Amazonを名乗る「あなたのアカウントは停止されました」という詐称メール

突然、こんなものが来て一瞬、ドキッとしました。

Amahack01

年末だっていうのに、なんというタイトル……ですが、どうにも怪しい。

大体、Amazonからのメールなら、私の名前が書かれているはず。ところが「こんにちは」の後にあるのは、メールアドレスのみ。

気になったので、Amazonのサイトに行き、そこからアカウントを確認してみましたが、当然、問題なく入れます。Amazon Prime Videoなどのサービスも、問題なく動いてます。

てことで、ちょっとググってみたら、こんなサイトを発見。

【2020/12/10 6:10】Amazonを騙る詐欺メールに関する注意喚起 - 情報基盤センターからのお知らせ

やっぱり近頃、暗躍しているようですね。どこかのだれかが。

上のサイトのNo.7のデザインと一致しました。やっぱり、詐欺メールなんですね。

で、「確認用アカウント」のところにマウスカーソルを当てると(クリックはしてませんよお)、明らかにAmazonではないアドレスが……

ただ、そのアドレスをググってみると(IPv4のアドレスでした)、所属不明ながら日本、東京のアドレスらしいと出てきましたね。日本国内から発信されたメールなのか、それとも単なる踏み台か……

いずれにせよ、この年末年始、怪しげなメールも飛び交う時期です。ご用心を。

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

2020年9月20日 (日)

ららぽーと東郷へ行ってきました

自宅から徒歩30分、車なら5分程度のところに、バカでかいショッピングモールが開店しました。

Img_4233

ららぽーと東郷。「ららぽーと」としては、愛知県では2番目だそうです。

スペック的には、敷地面積が約89000m^2、店舗面積が約63900m^2、店舗数201店舗。この辺りでは間違いなくトップサイズのショッピングモールです。

Img_4230

中はこんな感じのレイアウト。これは1階ですが、こんな感じのフロアが3階まであります。

ちなみに、映画館はありません。そういうのは、少し離れたところにあるイオン三好か、プライムツリー赤池という店に行くしかありません。

Img_4221

なお、通路はこんな感じ。わりと広い。

Img_4237

吹き抜けもあります。

Img_4210

写真ではそのスケール感が分かりにくいですが、中央部にはさらにバカでかい吹き抜けが。

なお2階のこの吹き抜けの先には、スタバと書店が引っ付いた店があります。なんと、スタバでドヤりながら立ち読み(というより座り読み)が可能。

Img_4218

その他、食い物屋もこの通り充実。

ですが、マック(関西でいうところのマクド)はありません。ファーストフードはモスバーガーとケンタッキーのみ。

Img_4224

そのモスバーガーやケンタッキーのあるフードコートですが

Img_4235

入場できるのが一か所となっており、入り口にはこんなものが。顔認識+赤外線非接触体温計です。

やはり、世相を反映してますね。

Img_4241

同じものが、レストラン街の入り口などにもありました。

スマホサイズくらいの小さいものも、ちらほらと見かけました。

Img_4219  

そうそう、大事なものが一つ。このららぽーと東郷には、ヴィレッジヴァンガードがあります。

これで、福袋供給に困ることはなくなりますね。ええ。

Img_4240

そして、もう一つ、こんなお店も。

はい、Appleなお店です。自宅から徒歩圏内に、SIMフリーiPhoneを買える店が登場するとは思いもよらず。

ここでiPhoneを買う日が、来るんでしょうかね?

その他、エディオンなどもありました。

これまではわざわざ名古屋まで行かないと買えないものも、ここで購入できるようになります。最近、停滞気味な物欲が捗るといいんですが。

ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市

2020年7月 5日 (日)

大丈夫かAmazon……

最近、こういうのがちょくちょく起こってます。

例えばこれ。

Img_2367

先月中に、とある品を注文し、配達中となったのですが……なぜか、お届け先住所が不明に。

なお7時57分の「お客様からの配送指示を…」というのは、配達が遅いので、玄関にでも置いてもらおうと置き配に変えたやつです。

ですが結局、その日は届かず。

Img_2366

挙句の果てには、こんな表示です。

が、なぜか翌日には届きました。

配送業者が”Amazon”というのに問題があるんですかね?

が、配送業者にもかかわらず、こんな事態も。

Img_4031

電子書籍の方は、問題なく届いております。問題は、一番上のやつ。

会社用にUSB-HDDを購入したんですが、これを注文したのはAmazonタイムセールのあった先週。在庫ありと書かれていたので頼んだのですが、一週間たった今でも表示はこの通り「配達日未定」。

Amazonプライム商品だったのに、これです。

実はこういうことが、すでに3度起こってるんです。

大丈夫か、Amazon!?

Amazon攻略の裏知識【合本】

2020年5月17日 (日)

Googleコアアルゴリズムに変更があった模様

このところ、ブログ更新ができてませんねぇ……ちょっとこの一週間、いろいろありまして、滞っております。

このところアクセス数も1日700~800PVまで落ち込んでおりまして、最近はさぞかしアクセスが減ったのだろう……と思って、久しぶりにアクセス数を見たところ。

逆に、増えている……

Img_2365

5月5日を境に、急上昇です。この日に突然、1.5倍ほど増えてます。今でも、安定して1000PV越えが続いています。

えっ!?何!?何があった!?

5月5日にアップした記事と言えば「iOS13.5ではマスクを着けたままのロック解除が楽になる!?: EeePCの軌跡」ですが、あれが呼び水になるとは思えず……実際、この日のアクセスページを確認したのですが、まんべんなく上がっている感じ。

何かあるな……と思ってググってみたら、こんな記事を発見。

2020年5月Googleコアアルゴリズムアップデートで浮上したサイトでやっていたこと。 – 株式会社ユウキノイン

どうやら、検索アルゴリズムが変わったようです。

……って、何がどう変わったのか、さっぱりですが。

いくつか調べてみましたが、この日に何かアルゴリズム変更があったという情報しか聞かれません。

いわゆる「SEO対策」ってやつをあまり意識せずに書いているブログゆえに、こういうことは疎いですね。

ただ、個人的には「読みやすい」「分かりやすい」記事を心がければ、検索されやすさにつながるかなぁ、くらいの気持ちは持っております。

(文章が上手いとは言えませんが……ええ……)

似たようなことは、今年の1月8日にも起きていたようです。が、このときは特に大きな変動なし。

今回は、珍しくインパクト大きいですね。

とはいえ、すぐにSEO対策されたサイトが上昇してきて埋もれてしまうんでしょうけど。

ところで、SEO対策なのかどうなのかわかりませんが、このところ気がかりなことが一つ。

わりと多くの記事で、前文 - 目次 - 章ごとの本文 という構成を取っているものが増えております。

確かに解説系の記事だと、この構成は見やすいです。AI/機械学習系の検索で引っかかった記事を読むときなどは、そのプログラムコードを走らせるための環境構築が書かれることが多いですが、目次があれば、その部分を省略することができます。

が……気になるのは、別に目次要らない内容の記事ですら、わざわざ目次をつけていることが多いんですよね。

例えば、今回の記事のような内容だと、短い説明文の後に、

1.  Googleコアアルゴリズムとは?

2. コアアルゴリズム変更の影響

3. 今後のSEO対策

みたいな目次を最初にをつけるようなものです。

いや……要らないでしょう、こんな目次。一気通貫で読んだ方が、かえってわかりやすい内容です。

ですが、多いんですよ、最近、こういうスタイル。見てて時々、イラッと来てます。

もしかしたらですが、こういう「無理やり目次付き記事」の淘汰が行われたんじゃないですかね?いや、分かりませんけど。

検索にスタイルを合わせるのではなく、読み手の方の求める形に合わせる記事、そういうものを追求したいですよね。立派なことを言える立場ではありませんけど、気持ちは常にそうでありたいと思ってます。


ググるな危険! 絶対に検索してはいけないワード156

2020年2月22日 (土)

2020年9月、うちの近所に「ららぽーと」が!

はい、結構でかい店舗が、うちの近所、徒歩20分くらいのところにできます。

ららぽーと愛知東郷|三井ショッピングパーク(Mitsui Shopping Park)

今月13日に、「ららぽーと 愛知東郷」が、2020年9月オープンと発表されてました。

愛知県、というか、この東海3県では2店舗目となるららぽーと。正直、イオンばかりが乱立してましたが、ようやく新しい風がうちの近所にも吹きます。

で、店舗一覧を見ていたのですが。

ありました!

ヴィレッジヴァンガードが!!

来年からの福袋の調達先は、ここで確定です。

なんとか歩いていける距離というのが、またいいですよね。

あと7か月。工事が進んでおり、すでに外観は大体出来上がってますね。今から楽しみです。


ららぽーと富士見店限定 おすわりぬいぐるみ コリラックマ

2020年1月14日 (火)

ローマ字で「b、m、p」の前のnはmになる!?

これはTwitterである返信をした際に指摘されて知りました。


ローマ字で「b、m、p」の前のnはmになるという表記方法があるそうです。


日本橋、謎を呼ぶ「MN」問題 「Niho“m”」か「Niho“n”」か|エンタメ!|NIKKEI STYLE



例えば「日本橋」を「Nihonbashi」と「Nihombashi」と書く表記方法があります。


これ、どちらも正しいようです。


nをmとする表記は、特に駅名で多いようですね。


ヘボン式(あるいは修正ヘボン式)では、こうなるようです。


言われてみれば、名古屋の地下鉄もそうですね。


Img_3732


Img_3733


「Tenma-cho」ではなく、「Temma-cho」となってますね。


私もそうですが、知らない人は多いようです。知っておくと、何かの時にどや顔できますね。


さて、余談ですが。


ヘボン式の「ヘボン」を英語で書くと「Hepburn」となります。つまり、「ヘップバーン」ですね。


ローマの休日で有名なオードリー・ヘップバーンのあのヘップバーンです。


名古屋の地下鉄の駅を見てて思い出したのですが、「鶴舞」という駅があります(地下鉄、JR)。


で、駅の読みは「つるまい」なんですが、そこにある「鶴舞」公園は「つるま」こうえん です。ポケモンGOの聖地として一時騒がれたあの公園ですが、この公園、日本語からして違うんですよね。


いやあ、言葉って、ほんと難しい。そういう話でした。


地名は警告する―日本の災害と地名


2020年1月 7日 (火)

3Dプリンターなどを駆使して作り上げた「ランボルギーニ ガヤルド」レプリカ

ベース車は、なんと三菱のエクリプスだそうです。

違和感仕事して! 三菱「エクリプス」をベースにランボルギーニ「ガヤルド」を再現した猛者がすごい - ねとらぼ

どう見てもこれは、ガヤルドですね。とてもエクリプスがベースだとは思えませんが・・・

しかも、元は事故車のエクリプスを使って、パーツ類を3Dプリンターなどで組み合わせて作ったというものだそうです。

こちらが動画。

そして、こちらがメイキング動画だそうです。

よく見れば、いろいろとおかしなところはあるんですけどね。例えば、4シーターなところとか。

(本物のガヤルドはミッドシップなので、後席など作りようがないんですが)

にしても、メイキングビデオを見ると、かなり地道なレストア作業してますね。

まさに格好だけの車と言えばその通りですが。

ガヤルドよりも、こちらの方が愛着がわくかもしれませんね。

トミカプレミアム 33 ランボルギーニ ガヤルド スーパーレジェーラ

2019年12月26日 (木)

お1人様用のご飯を14分で炊ける弁当箱炊飯器「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」

またしても、サンコーです。

 ご飯を14分で炊き上げる「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」がサンコーから - AKIBA PC Hotline!

今度は、弁当箱型炊飯器です。

なんでも、0.5合なら14分で炊けるとか。

形的にも、持ち歩けないことはなさそうです。丸洗いもOK。

1人暮らしには、たまらない一品ですね。

なお、保温のモードがなさそうなので、スイッチを切って入れなおすと、再び炊きなおしてしまうことに注意が必要とのこと。

でもまあ、私はいらないかな。炊飯器あるし。

それにしてもサンコーって、この間の自動カップラーメン製造機といい、なかなか攻めますね。

サンコー お一人様用 ハンディ炊飯器 MINIRCE2

2019年12月18日 (水)

ワインを割って飲むと美味い!?

ここ1、2年ほど、私はワインをよく飲みます。1、2週に1本くらいのペースですかね?

でも実は、ワインが苦手なんです。

妙なことを言いますが、長らくワインというものを、自腹で買って飲むことがほとんどありませんでした。せいぜい、ボジョレーヌーボーを買うことがあるかどうかくらい。

たまたま、とても良いワイン(オーパスワンの10年物)を飲む機会があって、そこから試行錯誤した結果、相性の良いイタリアワインに行き着いて今日に至る、というところです。

で、こういうものを買いましたし。

ハイアール製ワインクーラー購入: EeePCの軌跡

今でも活躍中です。

ですが、時々相性の悪いワインに引っかかることがあります。何というか、飲みにくい・・・

そういうのは妻にあげちゃうんですが、妻の飲み方はぶどうジュースで割って飲むという飲み方で、あまりいい飲み方ではないなあと思いながら見ていたんですけど。

でも、これを読んだら、そうでもなさそうだと。

ワインのうまさがわからないので古代ローマ人みたいに薄めて飲んだら美味しかった→アレで割るともっとうまいらしい「ワインもっと好きになった」 - Togetter

いろいろな割り方があるようです、ワイン。

午後ティーやコーラ、ジンジャエール、三ツ矢サイダー、果物系ジュース・・・皆さん、いろいろな飲み方をしていらっしゃるんですね。

特に炭酸系と相性がいいと書かれてます。思えば、スパークリングワインなるものがありますし。

にしても、古代ローマではワインを割って飲むのが普通だったという歴史的な話まで飛び出してきました。へぇー。

昔のワインと言えば、それこそローマ時代にはワインを鉛製の鍋に入れて煮立て、それを飲むという風習もあったようです。甘みが増して、美味しくなるんだそうで。

ですが、それは「酒石酸鉛 」による甘さであり、当然これを飲み続けると鉛中毒となるため、健康上よろしくなかったとか。

そこから見れば、ワインカクテルという手段は健全ですよね。

ということで、今度相性の悪いワインに出会ったら、とりあえずコーラで割ってみようかなと。

ちなみに、私はどういうわけかフランス系のワインと相性が悪いですね。あまりおいしいと感じたものに出会えたことがありません。イタリア、特に南イタリア、あるいはスペインのワインとの相性が抜群です。理由は分かりません。なぜでしょうね?

ちなみに、私の一番のお気に入りワインは、下にも貼りつけた「ドゥーカ・エンリコ」です。ちょっと高いですけど、このワイン、とっても香りがいいです。年に一度は飲むことにしてますね。


ドゥーカ・ディ・サラパルータ ドゥーカ・エンリコ シチリア・ロッソ 750ml [イタリア/赤ワイン/辛口/フルボディ/1本]

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ