パソコン系

2022年1月17日 (月)

仕事用ゲーミングチェア登場!!??

このところ、パンデミックにミサイルに、大噴火……ほんと、何が起きているんでしょうか?


そんな世相に合わせ、在宅ワークという働き方が、徐々に一般化しつつあります。


そんな中登場したのが……


「仕事用ゲーミングチェア」


というパワーワードです。


テレワークに適した「仕事用ゲーミングチェア」。2万円切りで発売 - PC Watch



ゲーミングチェアの仕事用?意味分かりません。


が、言いたいことは、よく分かります。


ゲーミングチェアって、ヘッドレストや肘掛けがわりとしっかりしていて、ホールド性が高いんですよね。


私が使っているのはゲーミングチェアではないものの、それに近い椅子を使っているので、この手の椅子のありがたみはよく分かっているつもりです。


在宅ワーク者同士でリモート会議をやると、その中に一人や二人はゲーミングチェアを使っていたりします。あれを見て、ああ、私も買おう、となってるんじゃないかなぁと推測されます。


ゲーミングチェアって、高さの低いものもあって、探せば低いテーブルが好みの人でも使えるものが、見つかったりします。オフィス用の椅子よりも、意外とそのあたり考えられたものが売られていたりするようです。


ちょっと前では、考えられない話ですね。ゲーミングチェアなんて、誰が買うんだろうか?なんて思っていた時期が、自分にもありました。


昨今の世相が、思わぬ物に光を当ててくれたようです。


PAXTON ゲーミングチェア 日本メーカー監修 [仕事用ゲーミングチェア][クラス4シリンダー 昇降幅12? ] [肉厚座面 体圧分散] 在宅ワーク 在宅勤務 テレワーク リモートワーク メッシュ背面 無段階リクライニング 収納式フットレスト オフィスチェア リクライニングチェア オットマン付き Smart Black


2022年1月15日 (土)

意外に長生きな百均ショップのディスプレイ関連品

この写真に、百均ショップの品が2つ、ついてます。

Img_1177

分かりますか?

一つはこれ。

Img_1178

マウススタンドです。

ダイソーで購入。すぐに不要になるかと思いきや、意外と長く使ってます。

マウスって、使わないとき、邪魔なんですよねぇ。このスタンド、思いのほか重宝しております。

Img_1179

もう一つはこれ。

ケーブルをまとめるやつ……って、なんて呼べばいいんでしょうね?

邪魔な時は、ケーブルをするするっと引っ込めればいいので、これも意外と重宝しております。

ただし、買ったまま使うとケーブルがすぐに抜けるため、下面にはセロテープを貼り付けております。

いずれも、昨年買ったやつ。百均というと、すぐに使わなくなるものというイメージ強いですが、この2つだけは、気づけばずっと使い続けてますね。

どちらも毎日使っているのに、全然壊れない。

ディスプレイに取り付けて使っているこの2品、久々のヒット商品でした。

5個 リストレストクランプ式 360度回転 マウステーブルアームスタンドデスクトップ拡張硬質プラスチック製 PC 手首 肘掛け姿勢改善マウスパッド

2022年1月14日 (金)

Firefoxで突然ネットにつながらなくなった件と解消法(らしきもの)

昨日の夕方、突然、ネットにつながらなくなりました。

自宅PCから会社のPCへ、Akamaiというのを使ってつないでいるんですが、それを動かしているFirefoxが突然、フリーズしまして。

正確には、フリーズというより、ブラウザの中だけが固まった、という具合です。

メニューとかブックマークはクリックできるのに、その下が言うことを聞かない、そんなところです。

ところが、他のサイトにもつながらず、結局、ブラウザを再起動。

が、しばらくして、また落ちる。これを繰り返してました。

会社の回線で問題でも起きたのか?と思ってましたが、その原因は、どうやらこれです。

Firefoxだけ突然インターネットにつながらなくなる障害発生中か(※復旧方法あり)(1/2 ページ) - ねとらぼ

Firefoxだけ、ネットにつながらないという現象が起きていたようです。

原因はまだ分からないようですが、対処法らしきものが以下。

「設定」-「プライバシーとセキュリティ」-「Firefox のデータ収集と利用について」を開き、その中のチェックをすべてオフにすればいいようです。

Firefoxfg01

一応は、つながるようになりました。が、なんでこれでつながるようになるのかは不明。

気に入っているブラウザなので、乗り換えたくはないんですけどねぇ……一刻も早く、根本原因が解消されることを願います。

ファイヤーフォックス [Blu-ray]

2021年12月31日 (金)

2021年まとめ

そういえば今年は、自分用のデジタル端末をまったく買わなかった年ですね。

いや、厳密には全く買わなかったわけではないのですが……ジャンク品と家族用を除いた、自分用のものという意味ですが。

さて、年末恒例、今年の振り返りです。

【1月】

簡単にSFなCGが作れるツール「とてかんCG」を使ってみた: EeePCの軌跡

そういえば、こんなツール使いましたね。これ、今年の1月だったんですか。もっと以前かと思ってました。

最近は、全然使ってませんね。相変わらず、熱しやすく、冷めやすいです。

【2月】

AUKEY製バッテリー&充電器、ケーブル2本到着: EeePCの軌跡

まったく外に行く機会がないというのに、モバイルな用品ばかりそろえてました。

去年買ったSurface Goを強化するために買ったのですが、今のところ、本来の出番はありません。

もし今、出張があれば、これを持ち歩くところなんですけどねぇ……東京はおろか、名古屋出張すらありませんし。

なお、この時買ったバッテリーは、ちょくちょく使ってます。

【3月】

久しぶりの大須(コロナ禍で2回目): EeePCの軌跡

大須に行きましたね。コロナ禍でもなんだかんだと、2度目です。

なお今年は8月と11月、そして12月にも、大須に立ち寄ってます。遠出ができない分、近場のここに立ち寄ることが多いです。

そういえば、今年はデジタル端末買ってないと書いてますが、こういうものは買っているんですよね。Xperia Z4。iPhone 6/6 Plusと同時期のスマホです。

2200円で買ったわりに、綺麗でした。デザインもいい。

が、遅すぎて使い物にならないんですよ、これ。我が家でもまだiPhone 6/6 Plusは使われているというのに、ここまで遅くはないですけどね。Androidってやっぱり、製品寿命が短いです。

【4月】

非接触温度計で”体温”を測ってみた: EeePCの軌跡

非接触温度計を買いました。一応、体温計ではありません。

が、体温計モードがついてます。

といっても、体表面温度+4度という補正をやってるだけのようですが。

体温測定の時間がかかってしょうがないので、多少不正確でもいいから素早く測れるやつと思って購入したんですが。

結論からいうと、ワクチン接種の副反応時に、異常を検知できませんでした。37.8度の時に、36.7度と返してきました。

やはり、安物ですね。

【5月】

iPhone SE(第2世代)を購入: EeePCの軌跡

iPhone SE(第2世代)、買いました。

といっても、長男用です。

今でも元気に使われてます。速度面、バッテリーでは、まったく不満はないようです。

1TBのWD製M.2 NVME SSDとワイヤレス静音マウス買った: EeePCの軌跡

さて、自分向けとしては、こんなものも買ってます。

1TB M.2 NVME SSDです。メインPCであるGR1650TGF-T用に買いました。

元々が512GB SSDがついてましたが、やはり1TBはないと使い辛いですね。重宝してます。なによりもWD製ということで安心。Windows 11に変えた今でも、快適に動作してます。

【6月】

Jetson Nanoの固定カメラで人の動きを分析する「動線分析」をやらせてみた: EeePCの軌跡

そういえば、Jetson Nano 2GB版を買ったんですよ。

それを応用したのが、こちらの事例。

今年は物体検出の応用にちょくちょく手出ししてたのですが、今のところ、あまり役になってませんね。

来年くらいからでしょうか、この辺が使われだすのは。

USB-C to MagSafe2ケーブルと65W USB-C電源でMacBook Airを充電してみた: EeePCの軌跡

またしても、出張した時に備えた買い物をしました。

先に買ったこの65W電源と合わせて使えば、MacBook Airも持ち出しやすくなります。

が、先のモバイルバッテリー同様、未だにこいつの真価を発揮する使い方をできてません。

【7月】

月の土地、買いました: EeePCの軌跡

スケールだけは、過去最大規模の買い物です。

月のこの辺りに、1200坪の土地を買いました。

ただし、未だに現地に行けていないので、手に入れた実感がないのが残念です。

死ぬまでに、いけるかなぁ……

【8月】

SONYのCD/ラジオ/BluetoothスピーカーのCMT-X3CDを購入: EeePCの軌跡

前から欲しかったものを、ようやく手に入れました。

SONY製のBluetoothスピーカー兼ラジオ兼CDプレーヤーです。

予想以上に、ラジオの出番が多いです。Bluetoothスピーカーがメインだったつもりですが、気が付いたらラジオばかりつけてますね。

ということで、近頃はCDもよく使ってます。が、最初のローディングが遅すぎて、デジタル音楽に慣れ切った体には、ちょっと辛いかも。

第9回 ネット小説大賞 一次選考通過は2作品: EeePCの軌跡

性懲りもなく、今年もチャレンジしてます。

相変わらず2次通過はできなかったのですが、今回初めて、下記の連載中の作品が一次選考を通過しました。

新鋭艦隊のポンコツ旗艦の提督と戦乙女たち

なおこの作品、11月には1000pt、10万PV、100万文字を突破してます。

【9月】

在宅勤務用のUSB式ヘッドセット買ってみた: EeePCの軌跡

在宅ワーク用に、買いました。

うちのメインPCのGR1650TGF-Tのマイク端子が死んでいて、USB接続でないとヘッドセットが使えないことが判明。

もう何度か使ってますが、使い勝手は良好です。

怪しいパルスオキシメーター買ってみたんですが……: EeePCの軌跡

こんなものも購入。

どちらかというと、こういう製品の闇を暴いてやろうと思って買ったのですが、私の能力では暴けないほど、一見まっとうな動きをしてくれます。

なお、値が正確かどうかは、まったく分かりません。確かめるすべがないですから。

【10月】

エアコン設置のために机を片付けていたら、Windows黎明期の雑誌に魅了された件: EeePCの軌跡

エアコン設置のために、その真下にあるPC机を動かしたんですが、ついでにいろいろと整理整頓してたら、昔の雑誌が出てきて読みふけるという事案が発生。

例えば上の画像は28年前のベーマガですが、他のページを見ると「ああ、28年のコンピューターの発達ぶりは凄まじいものがあるなぁ」と感動するんですが、教育に関しては、ほぼ28年前と今で状況が変わっていないという……

ここだけ、現代の話をしているのかと思いました。ほんとに。

機械が発達しても、人間ってやつ(いや、日本の教育ってやつ)はほとんど変わっていないことの証左です。

【11月】

「新鋭艦隊のポンコツ旗艦の提督と戦乙女たち」が1000pt越えを達成: EeePCの軌跡

新鋭艦隊のポンコツ旗艦の提督と戦乙女たち

連載中の「新鋭艦隊のポンコツ旗艦の提督と戦乙女たち」という小説が、1000ptを超えました。

なお、この小説、8月のところにも書いた通り、10万PV、100万文字も超えております。

ネット小説大賞で1次も突破し(2次は落選……)、久々にいろいろと大台を超えた作品となりつつあります。

 Windows 11にアップグレードしてみた: EeePCの軌跡

メインPCであるGALLERIA GC1650TGF-Tを、思い切ってWindows 11にアップグレードしてみました。

不具合だらけでヒャッハーってなるのかと覚悟してましたが、思ったより安定してて拍子抜けです。

スタートメニューなどが大きく変わったものの、あれが使い易いとはあまり思えませんが……ただ、今どきのデザインになり、ちょっとだけ新鮮な気分を味わいました。

このブログのアクセス数がついに1600万PVに!: EeePCの軌跡

ブログのアクセス数が、1600万PVを超えました。

100万の桁を更新するのは、実に2年8か月ぶり。

Yogibo買いました: EeePCの軌跡

「人をダメにするクッション」に、ついに手を出してしまいました。

実は今年一番の散財は、これです。

昨年はいろいろ買ったためか、今年はあまり大物を買いませんでしたね。

なお、座り心地はなかなかです。

【12月】

12月は、いろいろと買いました。

まずは、Fire HD 10。

Fire HD 10を購入: EeePCの軌跡

お次は、iPhone 13。

iPhone 13買いました(ただし妻用): EeePCの軌跡

実は両方とも、妻用です。

12月に、自分向けに買ったのは、こいつ。

Traybo 2.0を買ってみた: EeePCの軌跡

yogiboで使うPCテーブルです。在宅勤務で使いましたが、リモート会議をこれでやると、映像が揺れますね。一人作業向けです。

気づけば、風呂上がりで足から汗が噴き出るときに、PCを湿気から守るとき以外は、あまり使ってませんね。

……というわけで、今年は静かな1年でした。

といっても、決して穏やかではありません。なんせ、まだコロナ禍ですから。

デジタル端末を買わなかったということもあるんでしょうが、特筆すべき何かがあったという年ではありません。

別に買おうと思ったものがなかったというわけではありませんが。実際、iPad miniの第6世代をどうしようかと思ったのは事実。

ところが、近所のApple専門店に行っても、入荷未定というありさま。まさに、モノ売ってるレベルじゃねえ、ですよ。ほんと。

来年は、こういうのが解消されているといいんですが。

今年も残すところ、あとわずか。

これが、今年最後の更新となります。

というわけで、皆さま、良いお年を。


Mr.PC (ミスターピーシー) 2022年2月号 [雑誌]

2021年11月18日 (木)

Windows 11の複数デスクトップを試してみた

Windows 11になって、10との大きな違いを感じるのは、複数デスクトップを簡単に呼び出せるようになったことなんですよね。


何のことかというと、ど真ん中にあるアイコンの中から、□マークが重なったやつをクリックすると、Win11desk01


こんな画面が出てきます。


Win11desk02


で、「新しいデスクトップ」をクリックすると、デスクトップが増えます。


Win11desk03


例えば、このデスクトップの一つを「リモート」用にして、もう一方のデスクトップに別アプリを起動しておき、これを切り替えると、


Win11desk04


こんな感じに、まるでデュアルディスプレイのように切り替わります。


最近、在宅ワークが多いんですが、2つ以上のウィンドウを開いて使いたいときがあります。リモート会議、Python実行環境、検索用ブラウザ画面、など。


一つのウィンドウで開くと、ごちゃごちゃして思わず変なところをつついちゃうんですよね。あと、画面共有をやると、一瞬、変な画面を映してしまう。


デスクトップごと切り替えてしまえるなら、そんな心配がなくなるため、便利なんです。


今まで複数のデスクトップを使うためだけにデュアルディスプレイにしてましたが、これならメインノートPCの画面だけでいけます。すると、座椅子の上で作業することが可能に。


デュアルディスプレイにすると、机の上に縛られちゃうんですよね……


とあるサイトでは、ゲームと仕事用デスクトップを作っておき、上司が来たら仕事用に切り替え……という使い方は、当ブログではおすすめいたしませんが(笑)


ところで、PaintShop Pro 7という、一つのデスクトップ上なら2つ開くことができないアプリケーションでも、この複数デスクトップにすればそれぞれのデスクトップ上で開くことができます。あまり、意味はなさそうですが。


Windows 11 Pro/Windows 10 Pro 共通プロダクトキー (DSP版)


2021年11月15日 (月)

Windows 11にアップグレードしてみた

何を思ったか、急にメインPCであるGALLERIA GC1650TGF-TをWindows 11にアップグレードしようと思い立ちまして。

Img_1007

「Windows 11 インストールアシスタント」をダウンロードして、アップグレードすることに。

なお、Windows 11 インストールアシスタントの入手先は、以下。

Windows 11 をダウンロードする

予め、Windows 11対応の可否を「PC正常性チェックアプリ」でチェックしておくことをおすすめします。

で、Windows 11 インストールアシスタントを起動し、インストールを開始します。

Img_1008

なにやら、ダウンロードを開始。

後はこのまま、放っておきます。

Img_1009

しばらく放置しておくと、こんな表示に。

このまま放っておいてもいいですが、「今すぐ再起動」をクリックしました。

Img_1010

こんな表示が出ますが、うちでは数回どころか、一回も再起動することなく、最後まで突っ走ります。

Img_1011

で、いつもと違うログイン画面が。

何かキーを押すと、いつものようにピンコードを聞いてくるので、それを入力。

Img_1012

初めてログインしたときに出る「これ」が、出てきました。

言い忘れましたが、予め、データはバックアップ済みです。消えたら、シャレになりませんし。

Win11_01_20211114134701

が、2分ほどで、こんな画面にたどり着きます。

元々がダークモードだったため、スタートメニューが黒いですが、話に聞いたど真ん中メニューですね。

で、いろいろと気になる機能をチェックしてみました。

気になったのは、会社のリモート関係。BYODや、リモート接続用の「Akamai」などを確認しましたが、これらはあっさりと動作可能。

次に気になったのは、CUDA環境ですね。具体的には、GPU計算が問題なく動くか、ですが。

これも全然問題なし。

デュアルディスプレイ環境やら、Bluetoothマウスやらもいろいろと確認しましたが、これらも拍子抜けするほど普通でした。

うちのはAMD製CPUで、一時期、これらのパフォーマンスが出ないという問題が騒がれたようですが、体感的には全然問題なし。

そもそも、CPUを100%も使うことがほとんどないですけど。

Win11_03_20211114143001

なお、Steamは快適に動作しました。VR戦艦大和は御覧の通り、ストレスなく動作。

とまあ、一見すると全然変化なしな勢いでしたが。

やっぱり、変わっているところはありました。

Win11_02_20211114135101

私がよく使う機能で行くと、右クリック系がことごとく変わりましたね。

ファイルを右クリックして出てくるメニューから「削除」が消えました。

代わりに、上にゴミ箱があるんですけど……あまり使い易いとは思えませんね、この位置。

そのほか、タスクマネージャーをいつもタスクバーを右クリックして呼び出していたんですが、それが出なくなっちゃってたりと、若干、操作系が変更されていることを実感。

入れたばかりで、まだ何とも言えませんけど、それほど違和感なく受け入れられるものの、細かいところで戸惑う、と言ったところでしょうか?

しばらく使っていると、何かの不具合にぶち当たりそうですが、いずれは上げるつもりだったし、その時はその時だと思うことにします。


世界一やさしいウィンドウズ11

2021年11月13日 (土)

教育向けの「Surface Laptop SE」発表、27,800円から

値段を聞いたら「安い!」と叫びたくなる、ノート型のSurfaceです。

 教育向けOS「Windows 11 SE」搭載、2万7,800円の「Surface Laptop SE」 - PC Watch

Microsoftが、GIGAスクール構想向けともいえるSurfaceとWindowsを、11/9に発表してました。

その名も「Surface Laptop SE」と「Windows 11 SE」。

このSEというのが、まるでWindows 98 SE(セカンド・エディション)を彷彿とさせる名前ですが、こちらは「スチューデント・エディション」の略の模様。

で、27,800円お値段を聞くと、思わずピクッと物欲センサーが反応しそうになりますが、CPUがCeleron N4120/4020で、メモリーは4GB/8GB、ストレージはeMMC 64GB/128GBと聞くと、まあそりゃあ安いよねぇと納得の仕様。

ただ、そうはいってもSurfaceですからね。どこぞの名古屋市が導入した「アスコン」という会社の怪しげなGIGAスクール構想端末に比べたら、圧倒的な信頼感です。

なお、Microsoft 365 SEという、デスクトップアプリが利用可能なプランでも月額270円(税別)からという、それなりのプランも利用可能です。

明らかに、Googleのchromebook対抗ですね、これ。

GIGAスクール構想向けというより、アメリカ国内の教育市場向けに作ったようですけど、当然、日本におけるGIGAスクール構想にも合致します。

で、そこではchromebookがかなり幅を利かせている模様。

実際、長男の学校でも、chromebookが導入されてます。使っているところを見ましたが、あれもお手軽な価格で提供されているうえに、かなり快適。

ちなみにこのSurface Laptop SEですが、一般人は購入できない模様。Microsoftのサイトに行っても、法人向けモデルとされてました。

個人的にはちょっと手に入れてみたい端末だったので、残念。

ただ、教育向けと言われると、どうなんでしょうね?正直、Windowsって結構重いですし。

以前紹介した通り、うちの次男のGIGAスクール端末は「iPad」でしたが、

 GIGAスクール構想のタブレット?: EeePCの軌跡

あれはほんと、軽いですからね。

Officeを使うわけでなければ、Windowsである優位性ってそれほどありませんし。

何かchromebookにはない何かがないと、今からの普及はやや望めない気がしますね。


マイクロソフト Surface Laptop Go 12.4インチ Office H&B 2019 搭載 / 第 10 世代インテル® Core™ i5-1035G1 / 8GB /128GB / アイス ブルー THH-00034

2021年10月11日 (月)

久しぶりの名駅

緊急事態宣言も解除され、感染者も減ってきたので、家族で名駅界隈に出かけてきました。

Img_0892_20211010154101

人混みは……まあまあでした。多過ぎもせず、少なすぎもせずといったところ。

Img_0921

例によってJR高島屋の15階から街を見まわします。

ところで、真ん中にある「飛翔」ですが、なくなるといわれてからまだ随分と残ってますね。

なお、食事は隣のゲートタワーの12階にあるとあるパスタのお店で、

Img_0930

こういう見本のを頼んだんですが、

Img_0937

来たのは、こんな感じ。

ですが、結構くどかったです、これ。あのチーズの塊は、半端なものではありませんでした。

Img_0933

なお、このお店の眺めはよし。

Img_0942

せっかく来たので、このミッドランドスクエアの最上階にある展望台「スカイプロムナード」へ行くことに。

Img_0959

来たのはいいですが、めちゃくちゃ高いです、ここ。

写真からは想像できないでしょうが、結構な高さです。この地点でもゆうに250メートルは超えてます。

Img_0951

なお、ここはこの通り、天井がなくて、

Img_0952

壁際ぎりぎりに通路が設けられてます。

Img_0967

おかげさまで、真下を覗くと”タマヒュン”ものです。写真では伝わらない恐怖感。

長男と妻は、壁際に寄れませんでした。私と次男だけ、果敢に壁際チャレンジです。

Img_0968

なお、名古屋で2番目に高いビルである隣のツインタワーは、こんな具合に見えます。

Img_0966

大名古屋ビルヂングもこの通り、見下ろせます。

とまあ、こんな具合に名駅を探索してきたわけですが。

Img_0975

そこにあったビックカメラに、新しいSurface Go 3や、Windows 11がインストールされたSurfaceシリーズが並んでいたので、ちょっと触ってきました。

で、手に入れたのはこのビラ。

Img_0976

10月発行のこのビラは、まだ新製品情報としてはこの2機種だけ。Go 3とPro 8だけですね。

Laptop Studioはまだ載ってませんでした。さらに、展示機されていた新型はGo 3のみ。Pro 8は11月1日発売ですからね。

なお、Windows 11を触った感想は……特にこれといって、何かあるわけではないです。ざっくり触っただけでは、真ん中にスタートメニューが来たWin10としか。

他にもクッソ高いランチを提供(一人4千~1万円ほど)するホテルの料亭を見ては、ため息をついてきたんですが、まあそれはおいておき。

徐々にですが、経済活動は戻りつつあるように感じます。

次は、大須に行きたいですねぇ。

マイクロソフト Surface Go 3 / Office H&B 2021 搭載 / 10.5インチ / Intel Pentium Gold 6500Y /8GB/128GB / プラチナ 8VA-00015

2021年10月 2日 (土)

エアコン設置のために机を片付けていたら、Windows黎明期の雑誌に魅了された件

タイトルだけ見ると、何を言ってるのかわからないと思いますが……ええ、自分でも分かりません。Img_0894

エアコンが古くなったので、付け替えることにしました。気づけばもう、15年近くになります。

Img_0893

で、このためにエアコンの真下にあったPC机を一時、撤去する必要に迫られまして。

Img_0895

机をずらしました。

上のものは、別の部屋に持ち込んでます。

Img_0897

PC3枚は、椅子の上に乗せてこんな感じに立てかけておきます。

Img_0898

ここから、「風が吹けば桶屋が儲かる」的な理屈で、この本棚にたどり着きます。

ええとですね……机の上には、何冊か本があったんです。で、邪魔だなぁと思い、それをしまい込もうとすると、要らない本が棚から出てきて、それをどかしているうちに、すったもんだの挙句にこうなりました。

Img_0900

その過程で、こいつが出てきます。

はい、このブログでも、何度か登場する1993年3月号のベーマガです。

Img_0906

時代を感じさせるのは、この広告。

カラーノートが、なんと40万円です。

今なら、第10世代Corei7に32GBメモリー、1TB SSDにGeforce 1660Tiを搭載したSurface Bookの15インチが買えるくらいの価格です。

Img_0904

この号で一番熱い記事は、きっとこれです。

Amiga愛が、熱い。

これ見て、本気でAmiga 1200を買おうかと思いましたもん、当時。

なおこの'93年という年は、Windows 3.1が発売された年。まさにWindows 3.1を動かすためのPCがどうたらという記事を書く雑誌が多い中、ベーマガではこういうマイナーな機種にもスポットを当ててたんですよね。

Img_0901

一方で、時代を感じさせない記事がこちら。

ええ、これのどこが、時代を感じさせないかって?

この当時、PCを使った情報教育を広げていこうという論調が広がり始めた時期。

多くの企業でも、PCが職場に取り込まれた時代でもありました。

ところが、28年前とは思えない記述がこちら。

Img_0902

これ……今でもぴったり、あてはまりません?

未だに義務教育機関というところは、これです。

このコロナ禍でようやくGIGAスクール構想のタブレットなるものが活用され始めた感がありますけど、28年経った今も、基本的なところはほぼ当時のままです。

Img_0903

この当時は、子供にもPCが身近に普及し始めた時代、とされてますが、今なんて、この当時に子供だった人が社会の最前線に登場し、PCどころかスマホが普及し、どこでもネットが使える、そんな時代です。

が、教育はほとんど変わらない。

なんなのでしょうね。やる気あるのか?と思います。

これで世界と戦えと……まあ、いいや、次、行きます。

Img_0913

同じく、93年の3月号です。

確か、こちらの方が早く買ってます。

当時、浪人生だった私が入学をキメて、その合格発表の帰りに駅の本屋で買った記憶が薄っすらとあります。

今でこそAsahiというと偏〇報道の急先鋒というイメージですが、この頃はまだ、そうでもなかったですね。そもそもこれ、PC雑誌ですし。

Img_0915

こんな記事が載ってましたね。ええ、憧れのX68030です。

が、どちらかというと、私が気になったのはこちら。

Img_0914

新しい98が出たという記事です。

98MATEと、98FELLOWという2種類のPC98が登場、という記事なんですが、これを見て私は98FELLOWの方を買いました。

まさにWindows 3.1が出るかでないかという時期でしたが、そのWin3.1の動作には98MATE(PC-9821シリーズ)が必須だと、そういう内容です。

ですが、今振り返ると、半分の価格の98FELLOW(PC-9801BX/BA)で十分でしたね。

むしろ差額分をHDDやらメモリーやらの増設に使った方が有用でした。

32ビットバスが搭載されているのがMATEの売りでしたが、結局、PC98シリーズの終焉と共に無意味な存在になってしまったため、安い方が正義でした。

この当時、高いPCを勧める情報誌があふれていましたが、最上位機種の優位が保てる期間がさほど長くなくて、それよりも廉価機種向けにサードパーティーがこぞって周辺機器を出してくれていたため、結果的には安い方が正解というパターンが多かったです。

ベンチマーク至上主義、私がそう呼んでいた、そんな思想がはびこる時代でした。

Img_0907

それから1年、94年にはこんな雑誌を購入。

実はこの時、Macに興味津々でした。実際、この直後にColor Classicを購入します。

Img_0908

この雑誌、この特集が光ります。

パワーユーザーのワザを盗め、という穏やかではないコピーと共に、

Img_0909

プロの方のMac活用術が延々と続きます。

感心したのは、この当時ですでに旧式だったMacintosh 512Kを使っているという達人が載ってました。このページの右側、真ん中の方ですね。

シンセサイザーの制御用に使っていたようですが、あえて最新ではなく、旧式にこだわるという記事が光ります。

Img_0910

下の段、千葉麗子氏も出てますね。知る人ぞ知るお方ですが、こんな方のMac活用術まで載ってました。

ハイスペックマシンの活用者も出てきますが、それはハイスペックでないと追い付かないという用途だったりします。

ロースペックながらも、思わずうなる活用術も出てきて、これはこれでためになりました。PC雑誌の記事で、未だにNo.1記事だと思ってます。

コンピューター、用途なければただの箱。いかに最新鋭、高級機種だろうが、活用法がなければゴミも同然です。

これは、今も同じですね。

Img_0911

さらに1年さかのぼって、今度は95年。

この年は、阪神大震災があった年でしたね。

で、ちょうどこの年の終わりごろにWindows 95が出ました。これは、その直前の雑誌です。

Img_0912

この当時、Nifty-serveで通信をせこせことやってた時代でして、このPCカード型モデムが気になってました。

で、この当時、発売されたばかりのPowerBook 5300を買いまして、ちょうどこのページの左上のやつがMacでもWindowsでも使えるカードだっていうんで、買った覚えがあります。

今にして思えば、なんでMacを使ってたのにWindowsの本を買っていたのか?

もっとも、この頃は月に5、6冊の本を買ってましたからね。日経WinPC、DOS/V PowerReport、Asahiパソコン、DOS/Vマガジン、Oh!PC、Mac Fan……記憶にあるだけで、これだけ買ってます。今生き残っている雑誌は、ほぼありませんが。

なお、それから数か月後、Windows 95が出た後に発売された東芝のLibretto 20でも、このモデムを使いました。

で、それから26年。今やPCなんて10万円以下で買うのが当たり前の時代。スペックの進化は、まさしくけた違いです。

が、人間てのはそれほど変わっておらず、未だに当時の情報教育の目的も達成されておらず、しかもスペック本位な思想は完全に払しょくされたとはいいがたい状況です。

しかし、世の中はハード、ソフト、インフラの進化に伴い、AIだのアプリだのがあふれ、そこから新しいビジネスモデルが確立され続けてます。が、その波に、この国はいまいち乗り切れていない様子。

この90年代前半の雑誌を見つつ、今を比べるにつけて、その理由を感じたように思います。

いい加減、20年以上停滞したこの思想を取り払い、時代を動かしませんかね?


電子工作マガジン (2021年秋号)

2021年9月27日 (月)

在宅勤務用のUSB式ヘッドセット買ってみた

こういうものを買いました、というお話です。

Img_0868

最近、在宅ワークが増えてます。で、家でも会社でもずっとiPhone付属のマイク付きイヤホンを使ってるんですが。

いや、あれはあれでいいんですよ。音質も悪くないし、お手軽だし、なぜか予備はたくさんあるし。

ですが、うちのメインPCのイヤホン端子は、こうなってるんです。

Img_0875

はい、このGALLERIA GR1650TGF-Tの端子って、今どきマイクとスピーカーが別端子なんです。

Img_0876

このため、こういうのを買ったんですが。

マイクが使えない……

で、調べてみると、うちのPC、マイク端子が死んでました。

うわ……そんな地味なところが壊れてるなんて……まだ1年も経っていないのに。

で、買ったのがこれです。

Img_0867

USB式のヘッドセットです。

Amazon's Choiceな奴を選びました。音質も悪くなさそうということで購入。

マイク端子が死んでいたため、USB式になったんですが、それだけが理由ではなくて、USB式ゆえの利便性もあります。

Img_0874

それがこれ、手元で操作できる音量ボタンと、スピーカー、マイクのミュートボタンが並んでます。

イヤホンジャック式のヘッドセットでは、いちいちマイクミュートを画面で解除していたので、これは便利です。

Img_0871

で、早速テスト。

Zoomのマイクテストなどで分かったのですが、このヘッドセットのマイク、近すぎると音が小さくなります。

多分、音割れが起こって、ノイズキャンセリングがかかってしまうのかなぁ……と勝手に推測してますが、ある程度離してやらないと、機能しません。

これで音楽を聴いてみました。あまり良いとは言えませんが、人の声さえ聞こえればいいや程度のものですから、これで十分じゃないかと。

使用感は悪くないのですが、多少、不満な点も。

Img_0873

考えてみれば当然ですが、結構置き場所に困ります。

場所を食い過ぎですね。

Img_0872

おまけに、耳当てにべったりと汗が付きます。

案外これ、暑い。。。

ですが、こういう耳当てである以上、仕方がない。

などなどあるものの、おおむね満足。

これでリモートワークもはかどりそうです。

ヘッドセット USB式 両耳 マイク付き 120度回転 高音質 ヘッドフォン ヘッドバンド調整 音量調節 ノイズキャンセリング 通気 ヘッドホン パソコン ゲーム用 会議 在宅勤務 (ブラック)

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ