パソコン系

2021年7月18日 (日)

大須で買い物してきました

大須に行ってきました。

が、実は用事のついでにちょろっと寄っただけなので、寄るところも限定されており、写真も撮ってません。

Img_0562

ということで、戦利品のみを紹介。

USBメモリーと、3極マイク、スピーカー端子の4極化コネクターです。

Img_0563

マイク、スピーカー端子の方は、こういう使い方をするために買いました。

会社のPCと、自宅のGALLERIAが、マイクとスピーカーの端子が分かれており、iPhoneに付属する4極の端子を持つマイク付きイヤホンがそのままでは挿さりません。

この端子、リモート会議時代には必須です。

Img_0564

で、もう一つのUSBメモリーですが、単純に、USBメモリーが欲しかったから購入。で、容量は16GB。

128GBのUSBメモリーは持ってるんですが、あれはRaspberry Piでは使えません。

Raspberry PiとPCとのデータのやり取りには、USBメモリーの方が速くて便利な場合が多くて、32GB以下のメモリーが欲しいなぁと思うこともしばしば。

Img_0565

そういう用途には、これを使ってたんですね。Buffaloの超小型microSDカードアダプター。

こいつに32GBのmicroSDカードを挿して、USBメモリーとして使ってたんですが……

Img_0566

抜き差しの時に、この黄色いのを押しちゃうんですよ。

これを押しちゃうと、中のSDカードが抜けちゃうので、認識しなくなることがしばしば。

あまりに不便すぎて、microSDカードリーダー以外にはあまり使いたくありません。

まあ、普通のサイズのメモリーにすればいいじゃないかとも思われそうですが、小さい方が何かと捗ることもあって、敢えて超小型のメモリーにこだわりました。

で、これで終わりといえば終わりですが。

実はもう一つ、ゲットしたものが。

Img_0567

「大須マップ」です。

表紙の漫画にもある通り、大須商店街の初心者が巡るためのマップです。

Img_0568

小さすぎて申し訳ありませんが、大須商店街の地図と各々の店がびっしりと書かれてます。

Img_0570

大須名物(?)の金玉……「金の玉」も描かれてます。

Img_0569

ページをめくれば、グルメ情報や雑貨屋等、数々の情報が満載です。

なかなかよくできたマップです。

商店街の入り口と、第一アメ横ビルの2階のトイレの前にありました。

大須をめぐりたくなったら、是非このマップ片手にいかがでしょう?

うみゃーがね!名古屋の大須のみそのさん (アクションコミックス)

2021年7月11日 (日)

ケーブルクリップやらRaspberry Pi 4用ケース等を買ってみた

いろいろ買いました。

Img_0520

百均で買ったものと、Amazonから届いたものが入り混じってますが、順に紹介を。

Img_0521

これは、百均で買った結束バンド。

これ、たまに使うんですが、とうとう使い切ったので購入。それだけです。

Img_0522

で、これはケーブルクリップ。買う予定はなかったのですが、店頭で見て思わず購入。

Img_0528

と、いうのも、せっかくディスプレイアームを購入してスッキリしたはずの机の上が、このぴょんぴょんした充電ケーブル類で台無し感があったので、何とかしてやりたいとずっと思っていたところです。

Img_0531

が、こんな感じに、ディスプレイの下面に張り付けちゃえばすっきりするじゃん、と思った次第。

実際、」結構スッキリしました。

Img_0530

使うときは、こんな勢いで引っ張ればヨシ!

Img_0523

で、お次はこれ。

スマホの画面を拡大するっていう、虫眼鏡なやつです。

Img_0527

まあ、要するにこうやって……

Img_0526

スマホの画面が拡大……

とは、なかなかいきませんね。

このレンズ、中央以外はぼやけて、まるで見えません。

Img_0524

もっとも、これを買った目的は、こういう使い方をするためなんですが。

今度、会社でRaspberry Pi電子工作+Pythonな講座をやるので、それをリモート(Zoom)で流そうと思ったら、拡大しないとダメそうだなと思って買ってきたやつです。

中央に持ってくることさえ忘れなければ、どうにか使えそうです。

Img_0532

とまあ、百均の品が前座を務めてくれましたが、いよいよここで本命登場。

端にあった小さな段ボール風の箱の中身は、Raspberry Pi 4用のケースです。これだけ、Amazonでの購入品です。

Img_0533

といっても、上下をアクリル板で囲むだけの簡単なやつ。

見た目は簡素ですが、作るのはこの通り、大変そうです。

このケースにしたのは、側面に隙があった方が、何かと便利そうだったから、というだけの理由です。

早速、組み立て開始。

Img_0534

ところがこのケースの説明文、めちゃくちゃ不親切です。

1コマ目からいきなりアクリル板の表面のフィルムをはがしてから、4本のねじを立ててくれ、プリーズ!

って、書いてあるんですが……

Img_0535

その台座のねじを置こうにも、どう見てもそのままではつきません。

その下から、ねじを通さなきゃいけない模様。

ですが、このアクリル板と台座ネジの間には、どの大きさのねじを使うのかが全く書かれていないので、

Img_0536

この中から、探すしかありません。なんという、不親切な……

Img_0537

で、分かったのは、この組み合わせで使えばいいということ。

Raspberry Piの台座部分のねじは上の細いやつ、ケース上下面をつなぐ長い台座のネジには、太いねじを使う模様。

これに気づけって、素人には無理です、絶対。

Img_0538

で、あっさりした説明書とは裏腹に、実際にはまず普通のネジを穴に通して、

Img_0539

台座となるこのねじを締め付けます。

Img_0540

これを4本分、繰り返します。これでようやく、台座部分が完成。

Img_0541

で、Raspberry Pi 4を載せて、ナットで締めると、

Img_0542

その外側に、長い台座ネジを取り付け。

Img_0543

一方、上面の方には、ファンを取り付けます。

Img_0545

で、あとはこれを外側の4本のねじに止めれば

Img_0546

と、その前に、カメラのフレキシブルケーブルを取り付けます。

Img_0547

で、上面を取り付けます。

これで、ケースは完成。

Img_0548

なお、CPUのヒートシンクとファンの間は、こんな関係です。

なんだかちょっと、ファンの位置がずれてますね。

Img_0544

ちなみに、ヒートシンクが2種類ついてました。

Raspberry Pi 4用と、3B+用がついてました。

が、すでにヒートシンクがついていたため、これは使わずにとっておきます。

Img_0549

で、このケースにカメラを両面テープで固定したのち、以前、3COINSという300円均一の店で買ったスマホスタンドに取り付けます。

こんなことして、何をするのかといえば……

実はこれを使って、Raspberry Pi 4でmediapipeを動かして、人の姿勢を「数値化」してみようと思ってまして。

Img_0551

で、MediaPipeのコードを少し書き換えて、関節の一部の数値をCSVファイルとして出力するやつを作りました。

Img_0552

ちょっと見難いですが、椅子に座っている私を読み込んでおります。

数値もちゃんと、出力してました。

こいつを使って、ちょっと会社で遊んで(?)みようかと企んでます。

ということで、久々の百均 & Raspberry Piケースネタは以上です。

また何かあれば(姿勢推定の話も含め)、このブログで報告します。

Raspberry Pi 4 4B-64GB(技適マーク入)MicroSDHCカード64G/Raspbianシステムプリインストール/カードリーダ /5.1V/3A Type-C スイッチ付電源/MicroHDMI-to-HDMIケーブルライン/三つヒートシンク/簡単に取り付けケース/日本語取扱説明書/24ヶ月保証

2021年6月28日 (月)

何が原因でWindows 11にアップデートできないのか!?がある程度わかる非純正互換性チェックアプリ

そりゃあ、こんなメッセージだけでは普通は納得しませんよね。

ということで、有志の方が、何がダメなのかを教えてくれるWindows 11互換性チェックアプリを作成して、公開してくれています。

純正よりも高機能なWindows11互換性確認アプリ『WhyNotWin11』が登場! | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z

で、アプリそのものは下記のGithubのリンク先にあります。

Releases · rcmaehl/WhyNotWin11 · GitHub

というわけで、早速使ってみました。

チェックを通っているPCでチェックしても仕方がないので、これを使ったのは、Microsoft純正なのに無惨にも切り離されてしまった我が家のSurface Go。

Win11ck01

早速、exeファイルを入手して起動……

Win11ck02

すると、こんなヤヴァい見た目のメッセージが。

ここは「詳細情報」をクリック。

Win11ck03

すると「実行」ボタンが出てくるので、これをクリックします。

Win11ck04

クリックした直後からすぐに、チェックに入ります。

で、出てきた結果はこれ。

これを見る限り、CPUが怪しくて、ストレージがアウトな模様。

なお、ストレージ容量は額面上の64GBではなく、システムで表示されている57GBという数字で判定されている模様。

確かにこれ、メモリー4GB、eMMC 64GBという貧弱モデルですからねぇ……というか、これがストレージ容量が原因でダメってことなら今売っているSurface Go 2やSurface Laptop Goの4GBメモリー/eMMC 64GBモデルもアウトってことじゃないの?

一応、公式ではSurface Go 2とLaptop GoはOKということになってますけどね。もしかしたら、モデルによっては、アウトの可能性もあります。

CPUがアウトという理由がよく分かりません。確かに、あまりいい性能ではないことは認めますが、64ビット対応ですよ、一応は。

なお、今Microsoftが配布している互換性チェックアプリは、かなり厳しめに見過ぎているという話が。どう見てもWindows 11に対応していてもおかしくないのに、非対応とされているケースが続出しているようで、修正を検討しているようです。

まだ未完成?Microsoft、Windows11との互換性確認する「PC正常性チェック」の修正を約束 - ソフトアンテナブログ

ところで、今回のこのWindows 11の互換性チェックで最も揉めている(?)のは、TPMの項目。

このWindows 11の互換性チェックの騒ぎで知ったのですが、Windows 11からはTPM 2.0のチップが搭載されていることが必須条件となる、と言われているようです。

このTPMとは、Trusted Platform Moduleと呼ばれるもので、早い話が暗号鍵やデジタル署名の精製などをやってくれるセキュリティチップだそうです。

元々、Microsoftは2016年7月28日以降に出荷するWindows PCについては、このTPM2.0を必須としていたようです。

というわりには、2016年8月30日に出荷が始まったIntelの第7世代CPU”Kaby Lake”がはじかれてしまうという事態が発生。

Microsoftも、Windows 11に対応するのは第8世代のCoffee Lake以降だとも言っているとの話もあり。

いや、しかし、2016年に買ったPCがもう使えないって、ちょっと早すぎる気がするんですが。。。

なお、いろいろと調べてみると、最新のCPUであっても、このTPM2.0ってやつで引っかかる場合があるそうです。

その場合は、BIOSでTPM1.2相当にされてしまっているようなので、BIOSの設定を変えれば治る場合もあるとのこと。

ちょうどこの動画の9分40秒辺りで、それをやってますね。

が、そもそもTPM2.0は必須じゃないというMicrosoftの公式見解もあるとかないとかで、この辺り、しばらく揉めそうです。

「Windows 11に対応していない古いPCなら、買いなおせばいいじゃない!」という意見もありますけど、私はあまりPC買い替えには賛成できませんね。

もうそろそろ、PCなんてものは壊れるまで使う、というのが普通の機械じゃないかと思ってます。5年やそこらで買い替えなんて、もってのほか。

ならばいっそ、2025年のWindows 10サポート切れぎりぎりまで使った方が良いということなのかもしれません。


マイクロソフト Surface Laptop 4 13.5インチ/ Office H&B 2019 搭載 / Core i5 / 8GB / 512GB / アイスブルー 5BT-00030

2021年6月26日 (土)

Windows 11発表

噂のWindows 11が、発表されましたね。


Microsoft、「Windows 11」を正式に発表 | 気になる、記になる…



といっても、元々はWindows 10 21H2(21年後半のアップデート)をWindows 11としたようなので、めちゃくちゃ大きく変わった、というものではない模様。


とはいえ、見た目はちょっとインパクトあります。


なによりも、スタートメニューが真ん中になったというところ。


こう言っては何ですが、これって使いやすいのかな?なんか、「変わりました」アピールを無理やりやってしまった結果、という感じを受けます。ちなみに、今まで通りの左側に移すことも可能なようです。


他にも、Storeの改良やTeamsの統合など、いろいろとあるようです。


なお、互換性チェックプログラムなるものも配布されているようで。


Microsoft、Windows 11互換性チェックプログラムを公開 - PC Watch


上の記事にあるリンクから、簡単に入手できます。


Win11_01


早速、やってみました。


インストールした後は、ただ「今すぐチェック」をクリックするだけ。


Win11_02


はぁい、あっさりとOK出ました。


メインのGALLERIAなら、問題なく対応と出ました。


が、これがSurface Go(4GBメモリー/64GB eMMCモデル)だと……


Win11_03


ぐはぁ!


なんてこった、全然ダメでした。


一応、1GHz以上の2コア以上の64ビット対応プロセッサに、メモリーは4GB、ストレージは64GBあるんですけどね。


なお、ディスプレイも9インチ以上が必須とのこと。


一応、Surface Goはクリアしているはずなんですけど、それでもダメでしたねぇ。


ということは、ドンキPC辺りはやはり……7インチのUMPCはもう、完全にアウトですよね。


年内には、このWindows 11は配布されるとのこと。


Windows 10ユーザーは、無償アップグレードされるとのことです。


楽しみに……でもないけど、待つことにいたしましょう。


マイクロソフト Surface Laptop 4 13.5インチ/ Office H&B 2019 搭載 / Core i5 / 8GB / 512GB / アイスブルー 5BT-00030


2021年6月23日 (水)

Anker製65W USB-C電源と100W対応USB-Cケーブル

Amazonプライムデーで、安売りやってました。

で、今回のプライムデーで買ったのはこの2つ。

Img_0488

小さな箱と、明らかにUSB-Cケーブルとわかる袋がひとつづつ。

Img_0489

で、箱の方の中身はこれ。

一見するとモバイルバッテリーのようですが、USB-C電源です。

しかも、65W。

Img_0490

なお、端子はUSB-Cが一つだけ。

つまり、一つでMAX 65WのUSB-C電源ということに。

ちなみにこれは、いわゆるGaN(窒化ガリウム)ではありません。でもまあ、十分小さいかと。

Img_0494

というわりには、箱にも本体にも明確に書かれていないので心配になりましたが、ちゃんとマニュアルの表紙には65Wと書かれてました。

Img_0491

で、電源だけではだめで、ちゃんとケーブルも65Wに対応したものをと考えて、一応100W対応を謳うケーブルを購入しました。

ただし、見た目ではよく分かりません。

今年の2月に、20WのUSB電源(USB-AとCの2つ)と、モバイルバッテリーにSurfaceのケーブル、USB-Cケーブルを買いましたが。

正直言ってあまり使ってないんですけど、そろそろワクチン接種も始まり、秋、冬辺りにはコロナ禍の終息が見えてきたため、思わず65Wを買おうという気持ちになりました。

が、ここでふと、気づいたことが一つ。

それは我が家には65Wもの電力を必要とする機器が存在しないという事実です。

いやあ、うっかりさんですねぇ。などと言っている場合ではない。

とりあえず、PD対応電源でないものをつないでみた。

Img_0492

まずは、Surface Go。

充電時間を見る限り、ちゃんとPDしてますね。

ですがこれ、20Wでもこんなものです。

Img_0493

お次は、10000mAhのバッテリーの急速充電。

確かに、急速充電されます。が、別に20Wでもこ ry)

というわけで、全然65Wらしさを味わえませんでした。

このため、また一つ、買い物をすることに。

そちらが届き次第、またレビューいたします。

Anker PowerPort III 65W Pod (PD 充電器 USB-C) 【PPS規格対応/PD対応/PowerIQ 3.0 (Gen2) 搭載/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ】MacBook Pro MacBook Air iPad Pro iPhone Galaxy Android各種 その他USB-C機器対応 (ホワイト)

2021年6月22日 (火)

ディスプレイアームを買ってみた

Jetson Nanoを買ったら、23インチのモニターを復活させる羽目になりましたが、やはりこいつは邪魔で仕方がない。

一旦は収めたものの、どうしても気に入らない。

と、いうわけで、ディスプレイアームを買ってみました。

Img_0468

いきなり開封後の写真で申し訳ありません。

アイリスオーヤマ製の、ディスプレイアームです。

なお、アームといっても、高さ調整と前後左右の回転が可能な程度の自由度のもの。お値段は、3000円程度。

Img_0470

まずはこのアーム本体を、付属の六角レンチとねじで、せっせと組み立てます。

Img_0473

で、こいつのこの背面の4つのねじ穴と結合するわけですが、下の土台をまず切り離します。

Img_0474

なんだか、ちょっと間抜けな感じのモニターですが、

Img_0475

これにアームを取り付けます。

高さや前後回転を調整後は、六角レンチで締めておきます。でないと、かくかく動いて落ち着きがない。

Img_0476

後は机のへりにかませて、締め付けます。

Img_0477

できた。……けど、なんだか妙に出っ張り気味。

思ったよりも、全体的に前のめりです。

Img_0479

ノートPCのモニターとも干渉気味。これではあまり使い勝手がよくありませんね。

Img_0481

てことで、目一杯上げて、さらに少し左寄りに配置。

Img_0482

デュアルディスプレイでも、問題なく使える配置になりました。

高さ方向がかなりあるので、下に充電用のスタンド類を移動。

Img_0483

なお、このアームにはケーブルを束ねるフックがあるため、これにiPhoneの充電ケーブルなども全部かませました。

Img_0484

なお、30度くらいは回ります。

今どきのモニターのように細ベゼルではないものの、こうしてアームを使うと、ちょっぴり新鮮な見た目になります。

しばらくはこれで、使ってみようかと。

ところでこのアーム、プライムデーで買ったものではありません。

そちらの買い物はまた、別途紹介。


メティヤ モニターアーム 上下 1画面 アームスタンド 32インチ対応 耐荷重8kg 縦 ディスプレイ スタンド グロメット式&クランプ式 高さ調節 上下左右に角度調整可能 VESA 75x75mm 100x100mm 黒い

2021年6月18日 (金)

Windows 11が登場!?

Windows 10が最後のWindowsという話も聞いたような気がしますが、どうやら次があるらしいとのことです。

「Windows 11」のハンズオン動画集 | 気になる、記になる…

画像だけでなく、ISOまで出回っているという話もあって、にわかに盛り上がりつつあります。

そういえば最近、Windows 10のサポート期限が2025年までという話題が盛り上がりましたね。

ずっと以前から提示されていることですが、次世代Windowsが出ない中でも、期限が更新されないため、様々な憶測をよんでおりました。

11が出るなら、いずれサポート切れもありかと。

ただ、2025年は短すぎる気がしますね。新しいバージョンが発表すらされていない状況で、あと4年しかありませんし。

個人的には、Windows 10のままでもいいような気がします。もはやOSなんて、ソフトウェアを動かすための土台にすぎませんし、いたずらに変えるよりは、安定化させてくれた方がよっぽどいいと思います。

私がWindows 11に乗り換えるのは、いつのことでしょうかね?あまり想像もつきませんが、これまでがそうだったように、しばらくは様子見をしているような気がします。


【旧パッケージ】Microsoft Windows 10 Pro April 2018 Update適用32bit/64bit 日本語版|パッケージ版

2021年6月14日 (月)

Microsoft 365 Personalを導入

Microsoft 365 Personalってやつを、とうとう導入してしました。

Office365_01

年額12,984円の方で申し込み。月額(1,284円/月)よりも、こっちの方が若干お得。

で、入った理由ですが、元々、Officeを使いたいとか、そういう願望はあったものの、最近はOneNoteもよく使ってるし、クラウドも欲しいし、Outlookもやっぱり入れたいしなぁ……

という個人的理由の外に、長男のおかげで必要になった、という事情があってですね。

長男は今、専門学校に通ってます。で、そこのテスト問題に、Excelで表を作れ、というのがあります。

これを家で練習しようと思ったら、我が家はExcel2002しかないので、若干操作が違う。もちろん、できないことはないけれど、2006以降のリボン表示とは全然違うので、全然使い物にならない、ということが発覚。

この調子では、いずれWord、PowerPointも使うことになるだろうということで、それならばということで、とうとうこのサブスクに手を出すことを決意。

Office365_03

で、Officeをダウンロードし、インストール。

なお、このアカウント一つで、同時に5つの端末上での実行が可能。

Img_0440

ということなので、メインPCであるGR1650GTF-Tだけでなく、Surface Goにもインストール。

Office365_04

いともあっさりと、Excelが起動しました。なお、バージョン表示は「Excel 365」です。

Office365_05

ちょうどいいファイルがなかったので、以前にExcelで作ったRaspberry Piの回路図を読ませてみました。

これは、問題なく動作。

Office365_06

なお、余談ですが、Excel 365と、Excel 2002は同時起動が可能でした。

多分もう、Excel 2002を使うことはないと思いますが。

Office365_07

ちなみにMicrosoft 365に入ると、OneDriveが1TBまで使えるようになります。

ということで早速、写真データを転送してます。全部で400GBほど。

Microsoft 365をブラウザ上で使う場合は、新Microsoft Edgeを使うのが推奨。

会社でも365はガンガン使ってるので、その辺りはいろいろと心得てます。

ところで今、Microsoft 365 PersonalやOffice 2019を買うと、キャッシュバックをしてくれます。

(6月7日~27日の期間限定)

下記サイトに詳細。

Microsoft 365 & Office キャッシュ バック キャンペーン – Microsoft Store 

てことで、これも申込書を書いたのですが。

Img_0441

なんていうか、手書きです。

PDFファイルだったので、手で書くしかありません。

Officeなんだから、WordかExcelにしてくれればいいのに……

しかも、今どき郵便ですよ。びっくりです。

さらに、購入時に送られてきたメールのハードコピーをつけろと書いてあったので、2枚の紙を印刷してホチキス止め。

ペーパーレスを推奨する時代に、あまり似つかわしくない形式ですよね。ここまで頑張って、3000円です。

とまあ、Microsoft 365を導入してしまいました。

少なくとも3年は、まったりと使っていこうと思ってます。いや、次男も含めてなんだかんだと使うことになりそうだから、結局、10年は堅いですかね。


【3000円キャッシュバック実施中(要応募)|6/27まで】Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

2021年6月 9日 (水)

NECのメモリー4GBのCeleronノートPCが55%オフ!で……なんと69597円!?

一瞬、目を疑いましたね。

NEC製ノートPCが30分間限定で半額以下の69,597円! 楽天スーパーSALE開催中 - 本日みつけたお買い得情報 - 窓の杜

楽天市場のNEC Directで、30分限定の大安売りの一品。通常の販売価格が154638円のNEC製ノートPCが、55%オフの69597円!だそうです。

さすがは天下のNEC、さぞかし高スペックのPCが安売りなんやろうなぁ!と思いきや、スペックを見て驚愕。

15.6インチの1366×768の液晶、CPUはCeleron 4205U/1.80GHz、メモリー4GB、500GB HDD、そしてDVDスーパーマルチドライブを搭載するノートPCとのこと。あと、MS Office Home&Business 2019搭載だそうです。重量は2.2kg。

で、「32GBのUSBメモリ32GBもセット」(原文のまま)だそうです。小泉構文か?

いやぁ、ほんと一瞬、目を疑いましたね。

DVDドライブが、高いんでしょうか?しかし、Celeronのメモリー4GBのPCが、いまどき約7万円とか。

世間的には、わりとぼったくり価格なSurface Laptop Goの4GBモデルですらも、定価で8.5万円ほど、Amazonなら7万円くらいですからね。DVDドライブ無しで、画面は小さいけど、タッチパネルだしeMMCだし。

にしても、元値が15万円以上というのが驚きです。これ絶対、嘘ですよね?正直、フルHD液晶でもない機種が、7万でもどうかと思う価格。

こういう売り方しているから、世間から日本メーカー製PCの評判が地に落ちているという現実を、認識していないんでしょうかねぇ。


マイクロソフト Surface Laptop Go 12.4インチ Office H&B 2019 搭載 / 第 10 世代インテル・ Core・ i5-1035G1 / 8GB /128GB / アイス ブルー THH-00034

2021年5月31日 (月)

メインPC(GALLERIA GR1650TGF-T)の周辺をさらに整理

SSDを1TBにしたら、急にうちのメインPCの周辺を整理したくなりまして。

当初はこんな感じに、USB HDDを液晶モニターの後ろにつけてましたが。

Img_0428

こうなりました。

奥のPC/書籍立てに貼り付けました。

が、そうなると、USBから出ている配線も邪魔になり、

Img_0429

こんな感じに。

Img_0432

このノート、背面にUSB-C端子があるんですよね。

そこに以前、Surface Go用に買ったUSB-CのUSBハブを付けて、そこから分岐しました。

Img_0433

考えたらこれ、ほとんど使ってないんですよ。だったら、こいつに使えばいいやって思いまして。

Surface Goで使いたくなったら、その時だけ抜けばいいんですよね。

Img_0430

さらにUSB HDDの線すら邪魔になったので、そいつをこのUSB-Cのハブに付け直しました。

すると、SnapScan S1300iのUSBケーブルが付かなくなるんですが、考えてみればこれ、年に1、2回しか使わないデバイス。

だったら、使うときだけ、つければいいですよね。

Img_0431

なお、先日買ったワイヤレスマウス用のレシーバーは、ここにつけました。

これすらもなくしたいところですが、Bluetoothマウスに買い替えない限りは無理なので、これだけは妥協することに。

Img_0430

ということで、このノートPC、背面の2つのコネクター(電源、USB-C)を切り離せば、スタンドアロンとして使用可能なほどすっきりしました。

あまりバッテリー駆動で使ったことはないですが、今後はそういう使い方もできそうです。やるかどうか、知らんけど。

それよりも最近、テレワークが増えて、会社のPCを持って帰ることもあるんですよね。

その時の取り回しに少し、手間取ってましたが、ここまですっきりできれば、悩まなくて済みます。


USB Type C ハブ、ドッキングステーション Vilcome 8in1 USB C ハブ ウルトラスリム USB C 4K HDMI出力 PD 充電対応 USB3.0 ハブ SD/Micro SD カードリーダー マイクロ タイプC HDMI 変換 アダプタ MacBook MacBook Pro/ChromeBook対応 (HDMI・LANポート・SDカードリーダー付き)

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ