« DOS/V Power Report誌が休刊へ | トップページ | iPhone 12とPixel 6a、iPad miniをいっぺんにアップデートしてみた & レトロPCの整理 »

2023年10月 3日 (火)

Googleが頭にかぶって文字を入力できる「帽子型キーボード」を発表

先日、「新しいSurface Go 4は法人モデル専用: EeePCの軌跡」の中でも書きましたが、出張などでは立ちながら入力する場面があるので、その時の入力方法をどうしようかと考えています(先の記事では、タブレット機の縦持ちソフトキーボードぽちぽちが有望)。
が、その入力方法の候補と言えるデバイスが出たかもしれません。

グーグル、頭にかぶって文字を入力できる“帽子型キーボード”を発表 エイプリルフールじゃありません - ケータイ Watch

帽子型キーボード、と聞いただけではなんのこっちゃというデバイスですが、要するに頭を動かして文字を選び、頭部を押すと入力されるという、そういう奇行・・・いや、機構です。
なお、正式名称は「Gboard 帽バージョン」というそうで。

これの本気度が、よく分かる動画ですね。ええ。

実際に使ってみたいと思うのが人情ですが、今のところ市販されてはおらず、ただしオープンソースで公開されてます。

Gboard 帽バージョン

ここから、まずはハードウェア部分は以下から。

mozc-devices/mozc-caps at master · google/mozc-devices · GitHub

そして、帽子部分は以下からそのデータを入手できます。

gnk2023_diy0920 - gboard_caps_cardboard.pdf

M5StickCやら3Dプリンターなどが必要なようなので、ちょっとうちでは無理そうです。
というか、使いやすいんですかね?

過去にも、文字通り「Gboard 棒バージョン」なんてのもリリースしてましたが、こっちは一字違いの同音名。紛らわしい。

そのうち、本当に使いやすいキーボードができるかもしれないので、そこは期待したいところです。

にしても、どうして今この時期にこんなものを発表したのでしょう?

どうやら10月1日が101、すなわち「101キーボード」の日だから、それにちなんだとのこと。エイプリルフールから半年ずれで出してきた、この冗談のようなキーボード。腕に覚えのある方は、ぜひ自作してその使い勝手に感動(?)してください。


M5StickC K016-C ESP32-PICOミニ開発キット

« DOS/V Power Report誌が休刊へ | トップページ | iPhone 12とPixel 6a、iPad miniをいっぺんにアップデートしてみた & レトロPCの整理 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DOS/V Power Report誌が休刊へ | トップページ | iPhone 12とPixel 6a、iPad miniをいっぺんにアップデートしてみた & レトロPCの整理 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ