« 新しいSurface Go 4は法人モデル専用 | トップページ | Raspberry Pi 5 発表、お値段は60ドル(4GBモデル)から »

2023年9月24日 (日)

iPhone 7 Plusのバッテリー交換

バッテリー状態が78%だというのに、ピーク性能を抑えられず使えているiPhone 7 Plusはなかなかすごいスマホですが、さすがに購入して7年。バッテリー寿命も短くなってづかいがっ手が落ち始めてました。
かといって、iOSの最新版に非対応となってすでに2世代目となったため、今さらこれをまともなところでバッテリー交換をしようなどとは思えず、自力で交換することにしました。

Img_4005

実は2021年末ごろに一度、iPhone 7 Plusが突然落ちて、バッテリー寿命っぽい挙動を出したことがあって、その時に交換用バッテリーを購入してました(が、7 Plusを再起動したら直りました)。
てことで、バッテリーそのものはすでにあるため、これを使います。万全の準備をした上で、いざ開始。

Img_4006

いつものように、ここのねじを外します。

Img_4008

防水用の接着剤を溶かすために、iOpenerを電子レンジで30秒ほど温めます。

Img_4010

あったまったやつを、iPhoneの下部、ホームボタン辺りにおいて90秒ほど待ちます。

Img_4011

ところで今回使うバッテリーは、DIGIFORCE製。
なんやかんやと、我が家では一番実績のあるバッテリーです。2021年5月に交換した妻のiPhone 7用バッテリーは、未だに元気に活躍中です。
が、先ほども書いた通り、すでに購入して1年9か月ほど経過してます。大丈夫かな。

Img_4012

一抹の不安はありますが、ともあれ、iPad miniで分解手順を確認しておきます。

Img_4013

程よくあったまったところで、まずは吸盤で浮かせて、下部の隙間にギターピックのようなこいつを挿し込みます。

Img_4016

で、まずは左側をずずっと外します。上部のみを残し右も挿し込みますが、右はコネクターやフレキが集まってるので、あまり深く突っ込まないように注意。

Img_4017

で、ようやく下部がパカッと開きます。ケーブルがちぎれかねないので、ここはこの程度で止めておきましょう。

Img_4018

問題はこの上部。爪が引っかかってるので、接着剤をはがしつつも下にずらさないと外れません。ピックもなかなか入らないため、難儀します。

Img_4019

おかげで、途中で電源が入ってしまいました。

Img_4020

とまあ、そんなトラブルも乗り越えて、慎重に作業した結果、どうにかディスプレイ部分が開きました。

Img_4021_20230924105501

本当はディスプレイ部分をはがさないといけないんでしょうが、面倒なので吸盤をスタンド側にして作業を続けます。

Img_4023_20230924105501

この銀色部分を外すんですが、こいつが+や-、あるいは星型ネジではなくて、Y字型のねじ。
なんでこんなに種類を増やすかなぁ。よっぽど、ここをいじられたくないようです。

Img_4024_20230924105701

が、対応したドライバーヘッドを探し出して、どうにか外します。

Img_4026_20230924105801

あとはこのコネクターを、プラスチックのスティックのようなやつで外します。

Img_4027_20230924105901

さて、バッテリーを固定しているこの両面テープですが、まずはこの端っこのやつを慎重にぺりぺりとはがしておきます。

Img_4029

おっと、TAPTIC Engineを外すのを忘れてた。こいつも念のため、外しておきます。

Img_4030

で、この接着剤ですが、こんな感じに引っ張ります。
ゆっくりと引っ張らないとちぎれるので、ここは慎重に。
なんていうか、ギギギという中で滑ってるような感触があるので、それを感じながら引く、という感じでしょうか。

Img_4032

ところがこの接着剤、本当によく伸びます。結構引っ張った感じですが、これでまだ半分程度。

Img_4033

だいたい5、60cmくらいですかね。そこでやっと抜けてくれます。

Img_4035

慎重に引っ張ったつもりでも、ちょっと残ってしまいました。ほんと、このバッテリー接着剤はがしは難しい。

Img_4036_20230924110401

で、バッテリーをはがし終えたところで、新規のバッテリーを入れます。

Img_4038_20230924110401

この新しいバッテリーについていた接着剤の付け方ですが、まずは上の画像のように下端をつけて、

Img_4039_20230924110501

折り曲げながらバッテリー本体にこの3本の接着剤を貼り付け、

Img_4040_20230924110501

最後に端部を折り曲げてつけると、きれいに貼りつきます。
なお、裏の接着剤本体はちゃんと貼り付けてからはがさないと、フィルムと一緒にめくれてしまうので注意。

Img_4041_20230924110701

あとはこれをiPhoneに貼り付けて、

Img_4042_20230924110701

分解とは逆の手順で組み立てていきます。

Img_4043_20230924110701

で、元に戻ったんですが、2年近くも放置したバッテリーは果たして動くのでしょうか?

Img_4045

念のため、ケーブルにつなぎながら起動したんですが、思ったよりバッテリー残量がありました。

久しぶりのバッテリー交換。2021年5月以来でしょうか。
でも、廃棄バッテリーの処分などが面倒なので、これからは近所のららぽーとにできたスマホ修理のお店に頼んだ方がいいかなと思い始めてます。
次に変えるのは、iPhone Xですね。こっちもバッテリー状態が78%となっており、危険水域です。近々、交換する予定です。


DIGIFORCE for iPhone 7Plus バッテリー 互換 PSEマーク表示 2900mAh 説明書(日本語)/工具付き T2 交換用

« 新しいSurface Go 4は法人モデル専用 | トップページ | Raspberry Pi 5 発表、お値段は60ドル(4GBモデル)から »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

使用して4年経つiPhone8(無印)のバッテリー
交換を考えないといけないかもですね。
4sは交換しないで7年くらい使い倒してダメに
したんで、今回は交換できるうちに、、、、
まだ8はバッテリー交換してくれるのか!?

> mokekyoさん
8ならまだまだ対応してくれるはずです。最新OSが対象外になっただけで、まだサポート機種ですし。
とはいえ、Apple直営でやると結構なお値段(10500円らしいです、プラス、予約の手間と正規店まで行く手間)ですし、古い機種にそこまでお金かけられないという気持ちはあります。どうしても、非正規に頼りたくなるのはやむなしかと考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいSurface Go 4は法人モデル専用 | トップページ | Raspberry Pi 5 発表、お値段は60ドル(4GBモデル)から »