« りんなチャットAI「rinna japanese-gpt-neox-3.6b」と楽しく??会話してみたら…… | トップページ | 「深層距離学習」をお手軽??に体験できるプログラムコード書いた »

2023年5月27日 (土)

iOS版のChatGPTを入れてみた(※ インストール時には要注意)

海外では先行してリリースされていたiOS版のChatGPTを入れてみました。


Img_e3241


はい、ここで注意事項があります。


このアイコンと名前をよく見て、間違えないようにしてください。


というのも、似たようなものがたくさんあって、間違えそうになります。


確実にそれを狙ったアプリがたくさんあります。ChatAIなど、紛らわしいものの違う名前を使ってるものが多いですが、中にはChatGPTの名をかたっているものもありますね。


最近、ChatGPT APIを使った似非ChatGPTが乱立しているらしく、ログインしなくても使えちゃうなんてものがあるそうです。
が、そういうやつの狙いはフィッシング詐欺だったりすることも多いそうなので、油断できません。
必ず公式のアプリを選んでダウンロードするようにしてください。


Img_e3240


てことで、御覧の通りインストールしました。
ついでに新しいBingアプリもあったので、これも入れてみました。


では、早速テスト。


Img_e3238


りんなAIでも試した「大阪でお勧めの食べ物は何ですか?」を聞いてみました。
当然ですが、ものすごくいい答えが返ってきます。が、「おばんさい」ってどちらかというと京都の料理では?若干、怪しい気もします。


さて、同じ質問をBingチャットでもやってみます。


Img_e3239


こちらは概要的な答えが返ってきますね。ChatGPTに比べると、ちょっと内容が薄い感じ。これでも同じChatGPTを使ってるはず(どころか、GPT-4を使ってるはず)なんですけどねぇ。
ただ、Bingチャットのいいところは、引用先のURLが下に表示されるところです。真偽はそこで確かめられます。


なお、Bingチャットは音声入力がデフォルトになってました。ChatGPTでも、iPhone側の音声入力を使えば声で入力は可能になります。そこがスマホアプリのいいところですね。


てことで、いよいよ生成AIの民主化が進みつつありますね。
Googleの方も気になりますが、ここしばらくはものすごい速度で発達しそうな分野です。


ChatGPT 120%活用術


« りんなチャットAI「rinna japanese-gpt-neox-3.6b」と楽しく??会話してみたら…… | トップページ | 「深層距離学習」をお手軽??に体験できるプログラムコード書いた »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« りんなチャットAI「rinna japanese-gpt-neox-3.6b」と楽しく??会話してみたら…… | トップページ | 「深層距離学習」をお手軽??に体験できるプログラムコード書いた »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ