« 大須の「古墳」に行ってきました | トップページ | 高耐久Lightningケーブルが……4年半で破断 »

2022年3月26日 (土)

Interface 2022年5月号を買った

久しぶりに買った気がします。

というのも、タイトルがこれだったので。

Img_1376

はい、いかにもデータ処理やります的な特集です。

Img_1377

目次を見るだけでも、その道の人にとってはワクワクしてきますね。

Img_1381

中身にはあまり触れませんが、とりあえず、今回の特集をよくあらわす記事のタイトルをば。

米こうじの温度管理とか、まあ普通はそんなもの、作りませんよね。そういうニッチなネタとなると、当事者が作るしかない。まさにそんな感じのネタです。

常日頃、思うんですけど、Interfaceの中の人って、すごくアンテナ広いですよね。よくこんな事例、思いつきます。しかも、作り上げてしまうところはいつも惚れてしまう。

Img_1378

ところで、こんな付録もついてます。ぱっと見た目には、Python初心者向けの別冊付録かしら?と期待を胸に抱いてしまいます。

Img_1379

が、目次を見たあたりで、なんだか雲行きが怪しくなります。

Img_1380

フーリエ変換の解説とか、数式付きで出てくるあたり、なかなかです。

こういう懐の深さ(?)も、Interfaceらしいところで。

こんな中身が濃いのに、1130円で買えてしまいます。

ご興味ある方は、ぜひ。

Interface 2022年 5月号

« 大須の「古墳」に行ってきました | トップページ | 高耐久Lightningケーブルが……4年半で破断 »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

こういうディープな内容がWEBではなくて雑誌で残っているのがいいですね!

> souさん

そうですね、この雑誌が未だに読まれる理由は、このディープさにあるように思います。私がこの雑誌に注目し始めたのは、2013、4年ごろ。長い付き合いですが、確かに普通じゃありません、この記事の内容。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大須の「古墳」に行ってきました | トップページ | 高耐久Lightningケーブルが……4年半で破断 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ