« iPad mini (第6世代)が来ました! | トップページ | iPad mini (第6世代)を使って一週間 »

2022年2月14日 (月)

python上であのロードランナーが遊べる!

ロードランナー、ファミコンでやりこみました。懐かしいですね。

そのロードランナーのpython版が公開されております。

GitHub - tako2/pyLodeRunner: Classic Lode Runner clone made in pyxel (Python)

やり方ですが、Windows前提で書くと、以下の通り。

(1) Python 3.7を入れる。

非公式Pythonダウンロードリンク - Python downloads のサイトからPython 3.7を選んでダウンロードするのが、一番分かりやすいです。

(2) Windows PowerShellを立ち上げて、「pip install pyxel」を打ち込む。

(3) 上のサイトから、「Code」-「Download ZIP」から、圧縮されたコードをダウンロードする。

(4) 解凍したフォルダを、適当なフォルダ(ここでは C:\linux としておく)に入れる

(5) 「cd c:\linux\pyLodeRunner-main」(c:\linux のところは、(4)で入れたフォルダ名)と入力し、Enterキー。

(6) 「python loderunner.py」と入力し、Enterキー。

これで、Python版ロードランナーが起動します。

Loadrun01

スペースキーを押すと、ゲームスタート。

矢印キーで移動、z、xキーで穴掘り、スペースキーでPause、手詰まり時はEnterキーでギブアップ、ESCキーで終了です。

やってみると分かりますが、BGMなんてものはありません。また、ちょっと操作が難しい。

矢印キーを押すと、そのままその方角に走りっぱなしです。下キーを押すと止まるんですが、慣れるまでちょっと時間かかります。

とはいえ、ロードランナーです。あのパズル性はそのまま。感動です。

なお、「MEN」のところに自機数が表示されてますが、いくらやられてもゲームエンドにはなりません。ESCキーを押すまで、ゲームは続きます。

昔、やりこんだという方は、いかがでしょうか?

ロードランナー

« iPad mini (第6世代)が来ました! | トップページ | iPad mini (第6世代)を使って一週間 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPad mini (第6世代)が来ました! | トップページ | iPad mini (第6世代)を使って一週間 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ