« KerasのVGG16でファインチューニングする場合は、画像データを255で割っちゃダメ!? | トップページ | SONYのCD/ラジオ/BluetoothスピーカーのCMT-X3CDを購入 »

2021年8月12日 (木)

トヨタ博物館へ行ってきました

何年ぶりですかね。かなり久しぶりに、トヨタ博物館へ行きました。

なお、我が家から車で20分ほどのところ。

Img_0613

入場すると、このトヨダAA型に迎えられます。

「トヨタ」じゃないです。「トヨダ」です。鼻先についているエンブレムにも「TOYODA」と書かれています。

トヨタ、当時の豊田自動織機の自動車部が最初に作ったとされる乗用車です。

ちなみに、実物はもうないらしく、これはレプリカですが。

で、このトヨダAA型の正面にあるエスカレーターを登って、2階へ行きます。

Img_0622

ここは、自動車の黎明期の車がずらりと並んでます。時代的に、馬車から自動車へ移行しつつある時代ですね。

当然ですが、ほぼ外車です。

Img_0644

こんな車もありました。競技用車ですね。ブガッティだそうです。こんな時代からあったんですね、この名前。元々は技術者の名前だそうです。

Img_0668

さて、このトヨタ博物館の不思議の一つ。一体、どうやってこんな車を入手したのか?という車がですね、あまりに多すぎるんです。

例えば、これ。なんだ、フォルクスワーゲン・ビートルじゃないか……いえ、残念、これ、KdFビートル、1942年製です。

この車、当時のヒットラーが国民向け乗用車として開発させた車として知られてます。しかし量産されたのは第二次世界大戦後のこと。

それ以前のモデルって、あるにはあるんですね。一応、レプリカとは書かれていないので、本物だと思われるんですが……

Img_0676

こんな車もありました。

これ、ルーズベルト大統領専用車、だそうです。

しかし、どうやって手に入れたの?こんな車。

Img_0651

ここには、もう一台のトヨダAA型もあります。もちろん、これもレプリカ。

Img_0657

中のエンジンを拝むことができます。確かこれ、当時のシボレー製1500ccのエンジンをコピーして作ったといわれています。

もっとも、そのたかがコピーを作るのも大変だったようですね。エンジンの鋳造技術って、結構シビアですから。

Img_0655

これを見ると私はどうしても「となりのトトロ」でとあるカップルが乗っていた車というイメージがあります。

オート三輪ですね。バイクと車の中間のような車両。その名も「ダイハツ号」です。

Img_0685

2階のエンドはこれ。

メルセデスベンツ 300SL。

石原裕次郎の愛車で有名な車、らしいです。私はよく知りませんが。

派手なガルウィングが特徴です。

Img_0688

3階へ行くと、今度は国内の戦後の車シリーズです。

出迎えるのはこれ、初代クラウン。正確には「トヨペット・クラウン」です。

あまり知られてませんが、同時に開発された「トヨペット・マスター」という車もあって、そっちが板バネ車だったのに対し、こちらはコイルスプリングを採用した車。で、こっちが生き残ったので、クラウンという名前が未だに残っているようです。

Img_0696

もっとも、戦後すぐは外車、または海外メーカーのOEM生産をやってた時代。日野ルノーやらいすゞのヒルマンミンクスなどもあったんですが。

こんな車が、いつの間にか追加されてました。

Img_0697

BMWイセッタです。

ちなみに、前側がドアです。

これでBMWです。今じゃ考えられないくらい、小型の車ですね。

これのレプリカ(というか、オマージュ)な車が、EV車として作られているようですね。

Img_0699

当時は日本メーカーは、こんな感じの車を作ってました。

真ん中のあの一つ目の車は、一度見たら忘れらせません。なお、「フジキャビン 5A型」というそうです。

個人的には、その向こうにある自転車のような車輪の「フライングフェザー」も大好きですが。

で、時代が進むと、こんな車が。

Img_0707

パブリカなどもありますが、やっぱり目を引くのはこれ。

Img_0703

刺さる人には刺さるこの車。

てんとう虫こと、スバル360です。

こいつがまさに、自動車を大衆車に変えていったきっかけです。

Img_0715

なお、私の親父は、この車が欲しかったそうです。広島よりの山口県に住んでましたからね。

マツダのキャロルです。なお、この車が売られていた中古車屋を最近、見ました。

Img_0725

トヨタ博物館ですから、これは外せない車ですね。ヨタ8こと、トヨタスポーツ800。

これ、2気筒エンジンなんですよね。ごくまれに、豊田市内で走ってるとこ見ます。

Img_0726

ちなみにトヨタ博物館には2000GTが5台あるそうです。ここにはおいてませんが、オープン仕様のボンドカーに、いわゆる谷田部仕様と言われるスピードトライアル車(レプリカ)等。

Img_0754

500台限定のレクサスLFAは、もちろんあります。トヨタ博物館ですから。

実際に奏功したところに出くわしたことがあるんですが、これのエンジンサウンドは、なかなかいいです。トヨタ車のくせ(?)に。

Img_0731

さて、トヨタ博物館らしからぬ(?)車もあります。これは初代シルビア。

Img_0734

そして、フェアレディZ。

これ、ただのフェアレディZではありません。Z432です。

419台しか作られなかったラリー競技用車両、らしいです。かなりの希少車ですね。

なお、エンジンは、分かる人には分かるS20エンジンを搭載。

Img_0742

これを見ると、多分、多くの人がルパン三世を思い出すんじゃないでしょうかね?

フィアット500です。

Img_0755

個人的にビリビリと来るのがこの車。

は、スカイラインGT-R BNR32です。

Img_0759

すごく保存状態がいいんですよね、これ。刺さる人には刺さる。

Img_0775

車の展示だけでもお腹いっぱいですが、併設する文化館というところもあります。

Img_0789

いきなり、年代別の車に分かれたミニカーがお出迎えです。

こんな感じの展示が、10メートルほど続きます。

Img_0790

一体、どうやって集めたのかと聞きたくなる、車のアクセサリーや

Img_0797

エンブレムの数々ももちろん目を引くんですが

Img_0799

個人的には、その奥にあるこの車関連おもちゃの数々の方がザクザクと刺さります。

Img_0826

これに刺さる人がいたら、あなたはもう、昭和の人間ですね。

流行りましたね、スーパーカー消しゴム。

Img_0827

他にも、今じゃトミカとは分からないパッケージのトミカなど、いろいろと並んでます。

Img_0823

おもちゃどころか、切手までありました。

Img_0815

さらに、カー雑誌やカタログまで。

Img_0824

ライバル車でも、お構いなしです。

Img_0831

戦利品です。ガイドブックを買いました。1320円。

Img_0832

こんな感じに、展示物を振り返ることができます。

Img_0833

トヨタ博物館が持っている車って、大体140種類くらいあるようですね。

そのほとんどが、希少車ばかり。

Img_0834

そうそう、トヨタ博物館の特徴って、この写真が如実に示してますが。

実は、ほぼすべて「動態保存」なんです。

つまり、走行可能な状態で保存されてる、ということ。

中には木炭車なんてのもあるんですが、本当に木炭で走ります。時々、イベントなどで駆り出しているようですね。

これを保存する技術って、相当なものだと思うんですが、その技術も含めて残していこうというのが、この博物館の趣旨だとか。

ガソリン車をなくし、EVへと移行しつつある現在ですが、こういう車の文化はぜひ、後世に残していただきたいですね。

弛まぬ挑戦者たち トヨタ博物館

« KerasのVGG16でファインチューニングする場合は、画像データを255で割っちゃダメ!? | トップページ | SONYのCD/ラジオ/BluetoothスピーカーのCMT-X3CDを購入 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

なぜ集まるのかは寄贈されているものがあるからではないでしょうか。
コレクションとしても車は置く場所を確保しないといけませんし
動態保存はかなりのお金をかけないと難しいでしょう

それ以上に家族の理解があっての趣味になるので
もし自分が旅立てば、車たちは良くて他のコレクターに売却や
バラして売り捌かれるか、最悪スクラップにしかならないでしょう。

そう考えると管理してもらえるとこに寄贈はありなんかないでしょうか?

でも、うちらも多かれ少なかれ同じ立場ですよ。誰がシャープx1や8bitマシンを
欲しがりますか(涙

> mokekyoさん

国内の車(輸入車含む)だと、実際に寄贈が多いです。が、2階の海外車は、寄贈とは書かれてませんでした。大統領専用車なんて、普通は誰かの手に渡る前に、バラして処分しそうなものですが。

動態保存は、相当な技術です。レトロPCでも然りですが、年式が経つにつれて、あちこちがいかれます。ゴム部品は動かさなくともやられますからね。当時の部品もあろうはずがなく、全部手作りで復元するしかないみたいですし。ほんと、頭が下がります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KerasのVGG16でファインチューニングする場合は、画像データを255で割っちゃダメ!? | トップページ | SONYのCD/ラジオ/BluetoothスピーカーのCMT-X3CDを購入 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ