« Apple Silicon Macの発表を聞いて | トップページ | 3年ぶりにiPhoneを購入!iPhone 12 グリーンをららぽーと東郷で入手! »

2020年11月14日 (土)

ゲーム&ウォッチ型スーパーマリオ復刻版ゲーム

11月13日(金)は、あるものの発売日でした。

……というと、てっきりiPhone 12 miniかPro Maxだと思われそうですが。

Img_4328

はい、これの発売日でもあるんですね。

PS5やiPhone 12シリーズ、新MacBookなどに埋もれてすっかり忘れられているこのゲーム機。ゲーム&ウォッチ型スーパーマリオです。

そう、スーパーマリオが発売されてから35周年、ゲーム&ウォッチが発売されて40年目のこの節目の年に作られた携帯ゲーム機。

Img_4330

大きさはまさにゲーム&ウォッチ。懐かしいですね、このデザイン。

Img_4329

こんなシールがおまけでついてます。

Img_4331

今どきらしく、USB-Cの充電端子がついてます。その上にあるのが、電源スイッチ。

Img_4332

早速、起動してみました。

もしこれを40年前にもっていったら、きっと驚きをもって迎えられたことでしょう。液晶がカラーです。40年前なら、衝撃ものです。

Img_4333

まずは時計。一応、ゲーム&ウォッチなので、ウォッチの機能もついてます。

スーパーマリオ風の時計画面です。分が変わるときに、マリオが数字のブロックを崩します。

Img_4334

「GAME」ボタンを押すと、3つのゲームから選べます。

Img_4335

せっかくなので、スーパーマリオから。

いやこれ、35年前にもっていったら、確実にパニックになることでしょうね。ゲーム&ウォッチの筐体に、スーパーマリオですよ?

35年前の今頃と言えば、ちょうどスーパーマリオが発売されて、その人気ぶりのおかげでファミコンが品薄に陥り、抱き合わせ販売が社会問題化していた頃ですね。

うちの近所のおもちゃ屋も、10本ほどのクソゲーを抱き合わせて3万円ほどで売ってた記憶。最近までのSwitchの品薄や、今のPS5の転売を思わせます。

Img_4336

それが、こんな小さな筐体で再現です。当時の私なら多分、発狂してました。

Img_4338

ちなみに、腕は散々です。2面すら、クリアがままならない。

ちょっと老眼にはきつい画面サイズです。

Img_4341

なお、こんなゲームもついてます。

ゲーム&ウォッチ最初のゲームである「ボール」を再現したゲーム。ただし、顔がマリオに変わっております。

こんなゲームですが、当時は流行ったんですよね。当時は。1980年当時、私は9歳。こんなゲームでも当時、5000円以上したため、お年玉でも買えませんでした。。。

その後、この手の携帯ゲーム機がたくさん出てきて、翌年の小学4年生の時に2000円程度のゲームを買ってもらった記憶があります。もうすでにそのゲームは存在しませんが。

とまあ、大人がノスタルジックに浸るだけのおもちゃで、現代の子供らが見れば退屈極まりないゲーム。

……かと思いきや、次男は大喜びでした。特にボール。今どきあんなクソゲー(?)に満足できるのかと思いきや、妙に緊張感のある展開に必死になっておりました。

折しも、うちの次男は9歳。まさに私がゲーム&ウォッチと出会った年齢です。まさか同じように楽しむなどとは思いもよりませんでした。

まあ、今も昔も、子供のツボというものはあまり変わっていないということかもしれません。

大型商品の発売の影に埋もれた存在のゲーム&ウォッチ型スーパーマリオ。ですがあの頃(40年前と35年前)、手に入れられなかった思い出のある大人の皆さん、これはおすすめですよ。


ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ

« Apple Silicon Macの発表を聞いて | トップページ | 3年ぶりにiPhoneを購入!iPhone 12 グリーンをららぽーと東郷で入手! »

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Apple Silicon Macの発表を聞いて | トップページ | 3年ぶりにiPhoneを購入!iPhone 12 グリーンをららぽーと東郷で入手! »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ