« 先日買ったSurface Goですが…… | トップページ | iPhone 12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max発表 »

2020年10月 4日 (日)

久しぶりにEeePC 1000H-Xを起動してみた

さて、かつてのこのブログの看板機種、EeePC 1000H-Xを起動してみました。

ですが、決してノスタルジックな思いに浸って立ち上げたわけではありません。ここに至るまで(ほんの少し)の経緯があります。

実は、「CloudReady」なるOSの存在を今さらながら知りまして。

【西川和久の不定期コラム】余ったマシンで無償Chromium OSをお試し! Neverwareの「CloudReady」 - PC Watch

古すぎて退役したPCを、Chrome OSライクなOS機に変えてくれるというものが、CloudReady。

上の記事ではCorei5のメモリ8GBマシンという、さほど古さを感じさせないPCで使っておりますが。

どこかで「32ビット版ならネットブックでも起動可」という文言を目にしまして。

いや、だったら入れるしかないんじゃねぇ?と思い、このCloudReadyを入手しようと試みました。

すでに32ビット版は、配布されておりませんでした。

入手できそうなところはあるんですが、かなり怪しげなダウンロードサイト(GoogleDriveのフルアクセスを要求してくる)しかなくて断念。

で、次に思ったのは、Ubuntuなら入るんじゃないかということ。そういえばうちのEeePC 1000H-Xは、2014年にUbuntu 14.04LTSを入れております。

で、調べたのですが、どうやらUbuntuも18.04LTSの32ビット版を最後に、32ビット版は配布していないそうです(LTS版の話ですが)。

なお、今最新のubuntu 20.04LTSは64ビットのみです。

Windows 10も、すでに今年の5月には32ビット版の配布を終了しております。

マイクロソフト、32bit版Windows 10のOEM提供を終了。既存システムのサポートは継続 - Engadget 日本版

ということは、64ビット非対応なうちのEeePC 1000H-X(Atom N270、1.6GHz、64ビットはもちろん非対応)はもうインストールできるOSがないってことのようで……

などと調べているうちに、せっかくだからEeePCを起動してみることにした次第です。

Img_4259

長い前置きのわりには、まったく中身がありませんね。それならさっさと立ち上げていればいいものを。

などと思いながら、電源ボタンをオン。

Img_4261

起動すると、Ubuntuが立ち上がり始めました。

Img_4264

ちなみに、14.04LTSです。

このバージョン、実は昨年(2019年)の4月までサポートされていたんですね。

Img_4266

なんか起動したら、アップデートがはじまってしまいました。

Img_4267

せっかくなんで、入れておきます。

Img_4263

ところで、同じ10インチ同士ということで、Surface Goと並べてみました。

Surface Goもベゼルが太い方ですが、EeePC 1000H-Xの太さなどその比ではありません。

キーボードは今でもまあまあの使用感です。

Img_4265

厚みなどは、段違いです。こればかりはしょうがないですね。考えてみれば、もうすぐ購入して12年も前のマシンです。

さて、EeePC 1000H-Xの過去をちょっと振り返ってみると……

EeePC 1000H-X届きました!!: EeePCの軌跡

購入したのは、2008年10月25日。で、上は当時の記事のリンクと写真。この当時は安価でそこそこ使えるPCということで、画期的でしたね。2台目のネットブックとして購入し、少なくとも2年ほどは使用。

その後、iPadやiPhoneに押されて使わなくなるものの、2014年に復活させてます。

EeePCからサポート切れのXPを追っ払ってUbuntu 14.04入れてみた: EeePCの軌跡

わけあってこの当時、ちょっと自由にExcel(の互換ソフト)を使いたかったんですよね。それでサポート切れのWindows XPを追い出して、Ubuntu 14.04LTSを入れたんです。

この連休はEeePCでExcel資料作り: EeePCの軌跡

で、これが今のところ、うちのEeePC 1000H-X最後の活躍となりました。

あれから6年。もうバッテリーも死んでしまった模様。電源から切り離すと、動きそうにありません。

この先、これを使おうとしても無理そうです。

せっかくだから、いろいろとやってみました。

Img_4274

まずは、ブラウザ。このブログを表示させてます。

表示は可能ですね。ただし、かなり狭いですが……

Img_4272

なんかExcelのファイルが入っていたので、LibreOfficeで立ち上げてみました。

はい、この通り、起動します。

Img_4276

空き容量を見てみると、まだ20%ほどしか使っておりませんね。

たしかこれ、32GBのSSDを搭載したはずですが、十分すぎる空き容量です。

ただし、これ以上のことができませんね。

Wi-Fiにはつなぐことはできたのですが、NASに接続することはできず、さらにUSBメモリも128GBのしか転がっておらず、フォーマットの関係で認識してくれませんでした。

32GB以下のメモリやSDカードがうまい具合に転がっておらず、残念ながらファイルのやり取りができません。最近買った32GB microSDカードも手元にないんですよね。

久しぶりにEeePC 1000H-Xを起動してみましたが、これと言って使うことなく終了です。

名前の通り、ネットなら今でも接続できないことはない、ネットブックとなっております。

次に起動するのは、いつの日か……


マイクロソフト Surface Go 2 [サーフェス ゴー 2] Office Home and Business 2019 / 10.5 インチ PixelSense ディスプレイ /インテル Pentium Gold 4425Y/4GB/64GB プラチナ STV-00012

« 先日買ったSurface Goですが…… | トップページ | iPhone 12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max発表 »

Eee PC 1000H-X」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
唐突ですが、実は以前、私もEeePC 1000H-Xを持っておりました。その縁で、かなり前からブログを拝見させて頂いております。あまりに懐かしくて、コメントさせて頂きました。
あれ以来、色々モバイルPCは変革し、今はMacbookの12インチを利用していますが、ブログを読んでいて思うとあのEeePCから性能だけじゃなく、厚さ・スタイリッシュさなど色々変わったなと思うところです。
懐かしい思い出に浸れました。ありがとうございます。これからも楽しく読ませていただきます。

> ノギヨーク さん

コメントありがとうございます。EeePCを買ったのは、2008年。最初は4G-Xでしたが、この1000H-Xに乗り換えて、それからは長い付き合いでした。
想像以上に、モバイル環境は変わりましたね。PC自体もどんどん薄くなり、それどころかスマホが普通になり、PCそのものが少なくなったかと思いきや、このところのテレワーク熱で、再びモバイルPCが注目される時代になりました。

今はSurface GoとMacBook Airを行ったり来たりですが、年末にはARM版MacBookの噂まであります。これが本当なら、次に買うのはiPhoneにするかMacBookにするか、悩ましいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先日買ったSurface Goですが…… | トップページ | iPhone 12 mini、12、12 Pro、12 Pro Max発表 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ