« マリオカート ライブ ホームサーキットが10月16日発売 | トップページ | 日本のApple Watchでも心電図機能が利用可能に!? »

2020年9月 7日 (月)

「ALL ABOUT namco」復刻版を購入!

いやあ、懐かしいですね。思わず買ってしまいました。

Img_4161

「ALL ABOUT namco」復刻版、お値段は4300円+税。

1985年発売の同名の本を、令和のこの時代に復刻させたという本ですが、当時、私も持ってました。

ですがある日、親に捨てられちゃったんですよね……今思えば、なんてもったいないことを。

Img_4163

当時、これを買った理由はこれ。ドルアーガの塔の攻略をするためでした。

Img_4168

ファミコン版のドルアーガの塔を持っていたのですが、ステージごとのクリア方法が分からず、攻略本として購入したのがきっかけ。

Img_4162

こんな具合に、全60ステージの攻略法がまとめられています。

とまあ、元々はそんな不純な(?)動機で買ったこの本。

Img_4165

ですが、続いてこんなゲームに興味を抱きます。パックランドです。

Img_4167

うーん、ちょっと楽しそう……

で、その後、ファミコン版のパックランドが出たので、これを購入したのを覚えてます。

Img_4178

他にも、ディグダグIIやグロブダー、ドラゴンバスターなど、次々に気がかりなゲームを私に教えてくれます。

が、実はこの本、それにとどまりませんで、私の人生を変えるある記事が目に飛び込みます。

それが、このページ。

Img_4173

ラリーX for MZ-1500です。

実はMZ-1500なるパソコンの存在を知ったのは、この本がきっかけ。

ラリーXって、ファミコン版がないんですよ。当時、やりたくてしょうがなかったんですが、ファミコンでは不可能。

というわけで、自然とこのパソコンに惹かれていきます。

Img_4175

わりと衝撃を覚えてたのがこれ。マッピー for MZ-700です。

もはや、マッピーの作画崩壊状態。三角や丸、アルファベット記号で表現されたこのゲームに、逆にその創造力を刺激されます。

「MZ-700に不可能はない」というのが、平成後半期にネットで(ごく一部で)流行った名言ですが、まさしくそれを体現したこのゲーム。

ますますこの、MZシリーズに惹かれていきます。

Img_4180

が、結局買ったのは、こちらのX1だったんですよね。

MZ-1500等よりもずっと高性能で、自由度も高いこのパソコン。巡り巡って、これに決まりました。

振り返ってみると、このALL ABOUT namcoが私のコンピューター人生の起点だったわけです。

買って読んで、改めて思い出しました。

今の機械学習に通じる原点を、再び手にして振り返ってみた令和の秋でした。


ALL ABOUT namco (ナムコゲームのすべて)

« マリオカート ライブ ホームサーキットが10月16日発売 | トップページ | 日本のApple Watchでも心電図機能が利用可能に!? »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリオカート ライブ ホームサーキットが10月16日発売 | トップページ | 日本のApple Watchでも心電図機能が利用可能に!? »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ