« MacがApple Siliconに移行すると聞いて…… | トップページ | Interface 8月号はAIとコロナ対策 »

2020年6月29日 (月)

Apple ID詐欺……やられかけました……

私自身は、ネットリテラシーはある方だと思ってました。

それが油断となり、こんなものに引っかかるとは……

まずは、こちらをご覧ください。

Apple_nise

Appleの請求書ですね。メールのお題は「Appleからのご注文領収書。」。(句読点も含めてこういうタイトルでした)

ですが、これを見た瞬間、おかしいと直感。

というのもこれ、まったく身に覚えのない請求。この日、こんなものを買った覚えがありません。

そこで触れてしまったんです……

この中にある、ご注文番号というやつに……

すると、こんな画面が登場。

Apple_rireki

購入履歴を確認するという画面です。そこで、青いボタン「購入履歴を確認する」というボタンをクリック。

すると、iTunesが起動して、パスワードを聞かれます。そこで、最近90日の購入履歴の一覧が出てきます。

しかし、どうも怪しい……

というわけで、このメールのタイトルでググってみるとこんなサイトが!

【注意】「Appleからの領収書」を装った巧妙なフィッシング詐欺メールが発生中! - iPhone Mania

ええ、つまりこいつは偽物だったというわけです。

ただ、不思議なことに私の場合は、iTunesが開いたんですよね。そこだけが、この記事との大きな違い。

なお、あとで確認したところ、そっちのリンクは本物のAppleでした。

とはいえ、偽物メール中のリンクをクリックし、パスワードを打ち込んだ

調べてはいませんが、他にダミーサイトのリンクがあったのかも……:(;゙゚'ω゚'):

まったくもって一生の不覚!何たる失態!

で、万一を考えて、すぐにパスワード変更をしました。どのみち、そろそろやろうかと思っていたところですし。

なお、本物はこちら。

Apple_hon 

最近購入したiTunesの曲の請求書ですが、アプリやアプリ課金も同じ書式。メールのお題は「Appleからの領収書です」で、ごらんの通り、右上は「お支払方法」ではなく「請求先」。

そして、その下にはクレジットカードの下4桁と、住所が書かれていました。

そっくりはそっくりですが、請求先のあたりが全く違います。

Appleからの身に覚えのない請求がやってきても、リンクをクリックせず、慌てずにまずiTunesの購入履歴を調べましょう


ものすごくわかりやすいサイバー犯罪防衛マニュアル 三才ムック vol.766

« MacがApple Siliconに移行すると聞いて…… | トップページ | Interface 8月号はAIとコロナ対策 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

ご愁傷様です、でも、他人事じゃ無いんですよ、
これじゃないですが、フィッシングにかかりそうな
事は私も以前ありましたから(恥

初心者さんは『何で?』って気持ちがあって
クリック前に固まりますが、下手に知識があるから
逆に引っかかるんでしょうね。。。

> mokekyoさん

そうですね、下手な知識が、かえってクリックさせてしまったと言える事例です。
とはいえ、やはり不覚でした。文面をみれば、明らかにあやしいと気づいてもよかったのに……

被害はありませんでしたが、今回の件、今後の教訓となりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MacがApple Siliconに移行すると聞いて…… | トップページ | Interface 8月号はAIとコロナ対策 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ