« 次期iPadはA12を搭載!? | トップページ | ツクモロボット王国の実店舗が閉鎖 »

2020年5月19日 (火)

ラズパイマガジン2020年夏号と連動のHAT基板

そんなものが、出てたんですね。最近、本屋に行かなくなったため、気づきませんでした。

 電子部品の制御方法が学べるRaspberry Pi向け「基本パーツ配線済みボード」が発売 - AKIBA PC Hotline!

ラズパイマガジン 2020年夏号と連動したHAT基板、その名も「ラズパイマガジンで学ぶ!基本パーツ配線済みボード」が売り出されているそうです。お値段、7880円(税抜き)。

なお、組み立て部品セットもあり、そちらのお値段は6280円(税抜き)。要「半田ごて」です。

ごらんの通り、LEDにスイッチ、小型の液晶パネルを搭載したHATで、初心者がいろいろと試すにはちょうどよさそうなキット。なお、私は以前、トランジスタ技術あたりと連動したやつを持っております。あちらはこれと同じような機能に、さらにハイレゾ音源チップを搭載してましたね。使ってませんけど。

ところで、こういうHATな基盤をカスタマイズ制作してくれる業者って、ありませんかね?

というのも、会社でRaspberry Piを使ったとある仕組みを作ったんですけど、このままでは自作しかないんですよね。しかも、ユニバーサル基板を使うしかないんですが、本当は、プリント基板を使ったスリムな奴が欲しいんですけど。

そういえば、Raspberry Piと言えばちょっと気になるのはこちら。

ベータ版まで来た!Raspberry Pi 4でUSBブートに対応間近

そういえば、USB機器からのブートが可能だって話、あったような気もしますが……Raspberry Pi 4では無理だったんですね。これが可能になりそうって話です。

USBメモリからブートさせたい需要があるので、これは気になる記事。早く4でも実現しないんでしょうか?


ラズパイマガジン2020年夏号 (日経BPパソコンベストムック)

« 次期iPadはA12を搭載!? | トップページ | ツクモロボット王国の実店舗が閉鎖 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次期iPadはA12を搭載!? | トップページ | ツクモロボット王国の実店舗が閉鎖 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ