« 電子工作と深層学習を同時に学ぶ!?という書籍「たのしくできる 深層学習&深層強化学習による電子工作」発売 | トップページ | Appleがコロナウイルス感染確認アプリを配布!? »

2020年3月24日 (火)

子供の科学 4月号にて「Scratchで機械学習」

大人なのに買ってしまいました「子供の科学」。

もっとも、うちには小学生が一匹いるので、別におかしくはないんですか。

Img_3884_20200323125001

はい、これです。この表紙を見れば、買わずにはおられません。

Img_3885

特に、この辺りです。「あらわる!空からの刺客」……ではありません。「Scratchで機械学習」の方です。

この手の特集のタイトルは、たいてい「AI」で済ませてしまうものですが、さすがは科学雑誌です、しっかり「機械学習」と明記しているところに好感です。子供向けだからこそ、曖昧な用語ではなく正しい言葉を用いようというこの雑誌の姿勢が素晴らしいです。

さて、商用誌なのであまり込み入った紹介はできません。詳細はお買い上げください。

Img_3887

まず、使用言語は「Scratch」です。もっとも、ただのScratchではなくて、機械学習用の改造版Scratchを呼び出します。

Ml2s01

で、私も早速、試してみることに。ここから雑誌の内容に従ってごにょごにょすると、機械学習版Scratchが呼び出せます。

Img_3891

で、その機械学習版Scratchですが、PC内蔵のWebカメラなどを使い、画像の学習を行います。

Ml2s02

私もやってみました。雑誌とは違って、グー、チョキ、パーをそれぞれ20枚づつ学習させます。

で、学習後に、カメラの前で実際にグー、チョキ、パーをかざしてみます。

Ml2s04

Ml2s06

Ml2s05

「パー」が1、「チョキ」が2、「グー」を3のラベルとして認識させました。

20枚ですが、かなり正確に学習できていることを確認。

Img_3888

この学習器を使って、あとはScratchのプログラムを組みます。

この雑誌では、上のようにPongゲームをプログラミングしてました。

で、ジェスチャーを学習した学習器を使い、手によるジェスチャー操作をするというゲームを作成。

たったそれだけの特集でしたが、画像認識というものを理解するには良い記事ではないかと。

裏ではTensorFlowが動いているようですね。しかし、今どきのPCなら問題なく動作してくれます。

新型コロナウイルスによっていつもより長い春休みを、子供と共に機械学習で過ごしてみませんか?

お値段は880円(税込み)です。

子供の科学 2020年 4月号 特大号 別冊付録付 [雑誌]

« 電子工作と深層学習を同時に学ぶ!?という書籍「たのしくできる 深層学習&深層強化学習による電子工作」発売 | トップページ | Appleがコロナウイルス感染確認アプリを配布!? »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電子工作と深層学習を同時に学ぶ!?という書籍「たのしくできる 深層学習&深層強化学習による電子工作」発売 | トップページ | Appleがコロナウイルス感染確認アプリを配布!? »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ