« 子供の科学 4月号にて「Scratchで機械学習」 | トップページ | iPadOS 13.4の「メモ」アプリでマウスを使ってみた »

2020年3月29日 (日)

Appleがコロナウイルス感染確認アプリを配布!?

ただし、アメリカだけの話のようです。

アップルがコロナ確認アプリ 疾病対策センターと連携 | 共同通信

米Appleが、新型コロナウイルスに感染したかどうかを確認できるアプリを配布しているようです。

カメラで自身を写すと「あなたは新型コロナウイルスに感染しています!!」……というアプリではなく、質問に答えることで、病院へ行くべきかどうかが判断できるというもののようです。

ただ、残念ながら、アメリカアカウントでしか落とせない模様。日本では導入不可でした。

代わりに、このアプリ同等のサイト版は日本からでも見られます(ただし英語)。

Coronavirus (COVID-19) - Apple and CDC

ところで、個人的にちょっと気になっている情報があるのですが、なんでもBCG接種の有無が、感染拡大に寄与しているのではないかという仮説が出始めていることです。

日本型BCGで新型コロナの免疫ができる? – アゴラ

BCG接種、いわゆる「ハンコ注射」ってやつですね。

実はこれを先進国で義務化している国(薄いオレンジ色)は少なくて、日本は数少ない国の一つ。アメリカでさえツベルクリン検査の結果で接種するかしないかを決めているらしく(濃いオレンジ色)、そもそも接種そのものをしていない国もあります(紫色)。

いわゆる途上国のほとんどは接種しており、また旧東側諸国もそんな感じです。

言われてみればこの病気、先進国で広がる速度が異様に速いんですよね。一方で日本は比較的広がる速度が少ない(患者数ではなく、死亡者数で推測しても)。同じ欧州でも、東欧で爆発的に広がっている国はまだあまりなく、アフリカも同様です。

もっとも、これはまだ仮説であり、メカニズムも解明されてません。日本と同じく義務化されている中国・韓国では感染爆発が起きてますし、必ずしもこのマップに一致するとは限りませんし。実際にはこの仮説、どうなのでしょうか?偶然の一致か、疑似相関か、それとも本当に……今後の研究が待たれます。


体温計 非接触型 赤外線測定 バックライト対応 1秒で体温表示 業務用家庭用健康管理 老若男女

« 子供の科学 4月号にて「Scratchで機械学習」 | トップページ | iPadOS 13.4の「メモ」アプリでマウスを使ってみた »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供の科学 4月号にて「Scratchで機械学習」 | トップページ | iPadOS 13.4の「メモ」アプリでマウスを使ってみた »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ