« 土木作業用四足歩行ロボット | トップページ | 次期Microsoft Flight Simulatorは全空港を収録 »

2020年2月29日 (土)

AIが需要予測して自動発注するシステム!?

NECが小売業向けに作ったシステムだそうです。

NEC、AIが需要予測して自動発注するシステムを小売業向けに提供 - 週刊アスキー

様々なデータから客数や商品の売れ行きを予測、それに応じて自動発注するというシステムだそうです。

まあ、今どきよくある需要予測システムなわけですが……

私個人の意見ですけど、発注まで自動はちょっとやり過ぎじゃないかなぁと。

あくまでも、予測値を提示するにとどめて、その判断は人に委ねるべきじゃないかと。

というのも、昨今の新型コロナの騒ぎのような事態が発生すると、この予測が成り立たなくなるわけで。

非定常な状態への対応は、人にしかできません。AI技術はこういう状況では、ほぼ無力です。

いや、おそらくですが、当然そういう使い方も可能だと思います。このシステム。

意思決定支援として用いて、あくまでも判断は人が行うようにするのが、もっともベターなAI活用法ではないかと、最近思います。

Excelで学ぶ時系列分析 理論と事例による予測 Excel2016/2013対応版

« 土木作業用四足歩行ロボット | トップページ | 次期Microsoft Flight Simulatorは全空港を収録 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

確か「新・電子立国(NHKスペシャル)」でその昔やってたのですが、バットマンの劇場版で、彼が空中から地上に降りるシーンで、降り立った瞬間とその直後がカットされたんだそうです。
降りていくシーンをCGで作成したのですが、降り立った直後に首を鳴らしてから歩き出す
カットだったそうで、「CGを使うのは構わないが、CGに演技をさせるのは納得できない」と役者サイドからクレームが付いたのだとか。
現在ならまだしも、CG描画が普及し始めたばかりの頃だからこそのクレームでしょうね。
なんか今回の記事に通じるような感じがして、思い出しました。

> 緋呂々さん

肖像権というか、倫理観というか、どこまでコンピューターにさせて、どこから人が……という問題はこの先、いろいろなところで引っかかる気がします。
発注という行為の場合、特に今のような状況下ではおかしなことが起きそうなので、人が介在しないと怖いと思ってます。トイレットペーパーやお米を次々と大量発注しかねませんね、このご時世では。熱りが冷めると、一気に在庫の山を抱える羽目になりかねません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土木作業用四足歩行ロボット | トップページ | 次期Microsoft Flight Simulatorは全空港を収録 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ