« 5GHz帯を利用するWi-Fiルーターは注意が必要 | トップページ | 水を注いでセットするだけ!?サンコーから自動カップめんメーカー「まかせ亭」爆誕 »

2019年12月 2日 (月)

「大戦略」の思い出

AKIBA PC Hotlineで98版の「現代大戦略」の記事が出ておりました。

現在も続く「大戦略」シリーズの始まり『現代大戦略』 - AKIBA PC Hotline!

懐かしいですね。98版ではありませんが、私も大戦略をやりました。特にやり込んだ覚えがあるのは、やはりX1版です。

その後、後継の大戦略を買ったはずなんですが、覚えているのは初代のX1版のみ。

もうすぐX1購入&パソコン暦30年!てことで懐かしのゲームを紹介: EeePCの軌跡

 

こういうやつです。

ディスクの内側がしわしわになるまでやり込みました。

索敵という概念がなく(全部丸見え)、敵も味方も同じ兵器というツッコミどころ満載なゲームでしたけど、当時は画期的でしたね。

これが、私にとって初めての戦略・戦術シミュレーションゲームでした。

まあ、その後はスーパーロボット大戦などにはまるわけですが・・・あれがシミュレーションゲームかどうかは、賛否が分かれるところでしょうけど。

当時は「孫子」の兵法なるものにはまり始めた時期でもあり、それがこのゲームにのめり込むきっかけでもありました。

標準のマップもほぼ一通りクリアし、いろいろとマップを作りました。そういう思い出があります。

ところで、上の記事中ではアニメーションに臨場感があって・・・などと書かれてますが、私はこの大戦略のアニメーション、あまり好きではありませんでした。

というのも、無駄に長いんですよね。敵、味方ともに、一発づつ撃ってたような・・・さっさと終わってほしいと思うばかり。ということで、アニメーションをオフにしてました。

そういう声が多かったのか、確か大戦略2では一斉発射になり、相当アニメーションが短くなってました。

その後、Windows版も買ったはずです。確か。敵味方の兵器が分かれ、索敵もあって、4か国くらいで争うやつ。それはそれでやり込んだはずなのですが、すぐに興味がリアルタイムシミュレーションであるAge of Empires IIに移ったせいか、思い出があまりないですね。

にしても、未だに続いているんですね、大戦略シリーズ。

販売元も「システムソフト」も、「システムソフト・アルファー」となってますけど、辛うじて続いているようです。

あまりゲームをやる時間がありませんが、久しぶりにやってみたい気分でもありますね。

現代大戦略 2019~臨界の天秤!譲らぬ国威と世界大戦~

« 5GHz帯を利用するWi-Fiルーターは注意が必要 | トップページ | 水を注いでセットするだけ!?サンコーから自動カップめんメーカー「まかせ亭」爆誕 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5GHz帯を利用するWi-Fiルーターは注意が必要 | トップページ | 水を注いでセットするだけ!?サンコーから自動カップめんメーカー「まかせ亭」爆誕 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ