« うちの「ハズレiPhone」はiPhone 6s | トップページ | パソコンがない時代はどうやって仕事をしていたか? »

2019年10月30日 (水)

2台分のマザボを一つに収めたPC「PUNI-W2」

1つのPCケースに、2台分のPCを押し込められるというケースが売られているそうです。

ニコイチにもほどがある! 2台のPCが1台になったデスクトップPC | ギズモード・ジャパン

PCショップのSTROMというところが、AMD Ryzenのシステムを2台分搭載したPC「PUNI-W2」を発売したとのことです。

基本システムとしては、1台目にAMD Ryzen 7 3700X(8コア、3.6GHz)、メモリ 32GB、SSD 500GB + 1TB、RTX2080、Windows 10 Pro、2台目にAMD Ryzen 3 3200G(4コア、3.6GHz)、メモリ 16GB、SSD 500GB + HDD 3TBという構成。

1200Wの電源を搭載し、お値段は369,800円(税込)。

そういえば私も20年ほど前、1台のPCケース内に無理やり2台分のマザーボードを突っ込んでたことあります。

今のようにルーターがなくて、アナログモデムをつないだサブマシン(FreeBSD機)をルーターとして使用してました。

会社の寮で、ブロードバンド環境がなく、そこから2台のPCを使って外に繋ぎたかったので、そういう構成になりました。早い話、3台のPCを使ってたんですよね、この当時。

何をしていたかというと、仲間内でAge of Empires IIをやってただけなんですよね・・・たかがゲームに、おバカな思い出です。

その当時にこれがあれば、重宝したことは間違いないです。いや、ルーターがあれば、それでよかったんですが。


AMD Ryzen 9 3900X with Wraith Prism cooler 3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000023BOX

« うちの「ハズレiPhone」はiPhone 6s | トップページ | パソコンがない時代はどうやって仕事をしていたか? »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

2枚のマザーボードを載せるのは以前
ありましたよね。あちらは2枚を背中合わせにして
左右に分かれているタイプでした。

ただ、2台分のケースを置く場所を考えるなら
大き目の1つの方が接続ケーブルの紛失なども
減って利点が多いのかも知れませんね。

今は小さいマザーも多くフルタワーケースであれば
加工の手間を考えなければ出来そうですね。
でも、最近のOSの仮想化とかもあるし
リアルに2つある必要性は限りなく作業の
特化された方にしか喜ばれませんねorz

>mokekyoさん

2代の必然性があるとすれば、私の思いつく限りでは、記事にもある通り機械学習などの計算負荷のかかる用途でしょうか?

全力計算中では、さすがに他のマシンを使いたくなります。下手に裏を使うとメモリーが飛んだりしますし、速度が遅くて使い物になりません。

もっとも、そういう用途がある人は珍しいですが……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うちの「ハズレiPhone」はiPhone 6s | トップページ | パソコンがない時代はどうやって仕事をしていたか? »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ