« Apple Watchを使ってる人の8割がWatchで電話せず | トップページ | 吹くだけでタクシーが呼べる”タクシーホイッスル” »

2018年10月22日 (月)

Raspberry Piの半分サイズのコンピューターボード”NanoPi NEO4”発売

名前からして、いかにもRaspberry Pi対抗のコンピューターボードです。

ラズパイの半分サイズで45ドル『NanoPi NEO4』発売、スペック

Raspberry Piの半分程度の大きさでありながら、RK3399を搭載する45ドルのコンピューターボード”NanoPi NEO4”が発売されたそうです。

RK3399とはRockchip社製のCPUで、Cortex-A72 デュアルコア(最大2GHz)と、Cortex-A53 クアッドコア(最大1.5GHz)の計6コアを搭載するCPU。Raspberry Pi以上の性能です。

これにメモリ1GBを搭載し、USB 3.0、2.0のポート各1つづつ、Wi-Fiを持つコンピュータボードです。これでお値段45ドル。日本円で5千円ちょっと。破格のお値段です。

LinuxとAndroidが動くそうなので、自由度は高そうですね。機械学習の推論用端末として使えそう。

最近この手のボードで遊ばなくなりましたね。Raspberry Piともご無沙汰です。

特にやりたいことがないんですよね。せっかくだから、ディープラーニングネタで何かやってもいいんですが、1年半ほど前に作ったお城の写真を追っかけるやつ以来、何も作ってません。

やはり、ちょっと能力不足なんですよね、Raspberry Pi。せめてGPUによる加速があれば、使えるんですが。

そういうわけで、こういう端末には少し期待してます。Raspberry PiもCPUはそのままで、機械学習用にGPUを搭載してくれるといいんですけどね。

NANOHAT OLEDモジュールプログラミングドライバのオープンソースサポートNANOPIネオNEO2 AI

« Apple Watchを使ってる人の8割がWatchで電話せず | トップページ | 吹くだけでタクシーが呼べる”タクシーホイッスル” »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Piの半分サイズのコンピューターボード”NanoPi NEO4”発売:

« Apple Watchを使ってる人の8割がWatchで電話せず | トップページ | 吹くだけでタクシーが呼べる”タクシーホイッスル” »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ