« 中古スマホ活性化のため来年7月から購入時よりSIMロック解除の義務付け | トップページ | Raspberry Piで議事録!? »

2018年8月25日 (土)

10層のCNNでCIFAR-10を使い90%の精度を達成する記事

ディープラーニングそのものの記事としては、正直あまり役立つとは言い難い事例ですけど、見方によってはなかなか有用な記事なので紹介。

10層の畳み込みニューラルネットワークでCIFAR-10のValidation Accuracy9割を達成する

CIFAR-10という5万枚ほどのデータセットを使い、Varidation Accuracyを9割達成するためにいろいろやっている記事です。

よく「ハイパーパラメータ」のチューニングが必要とは言われますけど、それを地道にいろいろと試してみた記事。

特にドロップアウトを50%で固定している私としては、意外と50%が最適というわけではなさそうだと知り、ショックを受けているところです。今後参考にしてみようかと思います。

こういう試行錯誤の事例って、実はあまり公開されていないんですよね。でも、これこそが機械学習における最大のノウハウであり、作成される人工知能の性能を決める作業なんですよね。

ディープラーニングで試行錯誤している人は、参考になる記事です。ぜひ、ご一読されることをお勧めします。

ディープラーニング やさしく知りたい先端科学シリーズ

« 中古スマホ活性化のため来年7月から購入時よりSIMロック解除の義務付け | トップページ | Raspberry Piで議事録!? »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10層のCNNでCIFAR-10を使い90%の精度を達成する記事:

« 中古スマホ活性化のため来年7月から購入時よりSIMロック解除の義務付け | トップページ | Raspberry Piで議事録!? »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ