« Google Homeの全424個のアプリ一覧 | トップページ | 3500円のゲームボーイ互換キット »

2018年7月 2日 (月)

通常の動画からAIが補完してスローモーションビデオを作り出す技術をNVIDAが開発

最近のAI、機械学習技術の応用範囲はとどまるところを知りません。

Nvidia、通常の動画から滑らかなスローモーション動画を生成する技術を開発 | ギズモード・ジャパン

最近は映像を作り出す系の技術が流行ってますが、こちらは通常の動画を滑らかなスローモーションビデオに変えてしまう技術です。

デモでは、30fpsの動画から、240fpsの動画を作り出してますね。

車の向きのような、単なるフレーム間の線形補完では作られにくい情報を見事に再現しています。

11000本以上のスポーツ動画を学習させて、フレーム間の映像がどうなるかを学習したAIが上記のような映像を作り出しているようです。

スローモーションビデオを撮影できるカメラを買うにも、専用のソフトを買うにも結構な金額を透視する必要があります。これが公開されれば、個人でも手軽にスロー動画を作ることができちゃいますね。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルズームキット シルバー J5WZSL

« Google Homeの全424個のアプリ一覧 | トップページ | 3500円のゲームボーイ互換キット »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Google Homeの全424個のアプリ一覧 | トップページ | 3500円のゲームボーイ互換キット »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ