« レゴブロックでカスタマイズ可能なモバイルバッテリー”COI+ LEGO PowerBrick” | トップページ | 非常時に水を加えればスマホ30回分の電力が得られるマグネシウム空気電池 »

2014年3月 5日 (水)

F1マシンがウィルスに感染!?

F1のマシンって一体どんなOS使われてるんでしょう?なんて思わせられる事件が発生してます。


「F1マシンのウイルス感染」でテスト走行に障害発生 « WIRED.jp


マルシア・モーターズのF1マシンがウィルスに感染し、テスト初日に3週で打ち切りになるという事態が発生してます。


誰かが同チームのコンピュータシステムにトロイの木馬型ウィルスを入れてしまったようで、その日はシステム回復で費やされて貴重なテスト期間を消耗してしまったとのこと。


リンク先を読むに、このウィルスにやられたシステムとは、F1の走行データを取得するためのシステムのようですね。もっとも、データ取りできないと調整もできませんから、かなりの致命傷となるようです。


しかしウィルスの侵入を許したということは、LinuxのようなOSではなさそう?まさかWindows XPだったりして…


今後はカスペ⚪︎スキー入れます、なんてことをいうとウィルス対策ソフト会社にとってはいい宣伝になりそう。何せこれでも"最速のコンピュータ"ですし (゚Д゚)


冗談はともかく、ウィルス対策は大事ってことですね。チームにとっては貴重な調整時間を奪われたわけですが、それだけに得られた教訓は大きいことでしょう、多分。


カスペルスキー2013 マルチプラットフォームセキュリティ 3年3台版 キー付きダウンロード版


« レゴブロックでカスタマイズ可能なモバイルバッテリー”COI+ LEGO PowerBrick” | トップページ | 非常時に水を加えればスマホ30回分の電力が得られるマグネシウム空気電池 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1マシンがウィルスに感染!?:

« レゴブロックでカスタマイズ可能なモバイルバッテリー”COI+ LEGO PowerBrick” | トップページ | 非常時に水を加えればスマホ30回分の電力が得られるマグネシウム空気電池 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ