« スマートフォン連動型魚群探知機”Deeper” | トップページ | Intel、”Xeon Phi”を発表 »

2012年6月19日 (火)

乳児用スマホ購入!?

胸ポケットにIS12TやiPhone 4Sを入れてると、下の子を抱っこしたときにほしがるため、こんなものを購入。

120617_12_37_52

なんと5ヶ月から持てるスマートフォンが発売されていたとは!!

CPUはARMどころかただの玩具用のマイコンチップ。

音声出力、Gセンサ(単なる衝撃感知?)搭載。

重量は60g、LR44電池×3、画面サイズは3インチほどの4:3?

解像度は不明ですがRetina液晶のようにドットが見えません。

OSは・・・アイコンはiOSっぽいですが、丸いニコニコマークのアイコンが画面を自由自在に飛び回るという独自仕様を備えております。

振ったりたたいたりすると音声が(おそらくランダムに)流れます。

おかけになった電話は現在なめられ中です」「夕方メール!(You've got mail)」などなどかなりリアルな音声。Siri顔負けです。

もっとも、セリフの固定っぷりもSiri顔負け(?)ですが。

120617_12_39_03

子供が食いついてよだれまみれにしてもびくともしない防水設計。

多分2階から落としても大丈夫じゃないかと思われるほどの耐衝撃を有しています。

これで780円という中華Androidもビックリな低価格。月々の維持費、2年縛りなどの契約が一切不要。

もっとも、発着信が不能。ホーム画面も固定。Androidマーケットなどのアプリ入手環境も皆無。ただ乳幼児にしかわからないオーラがただよってます。

ただうちの子は早々に飽きちゃったんですよね・・・単なる子供だましだとばればれ男の端末は100g以上と心得てるからでしょうか?

玩具 携帯電話 ベビーズスマートフォーン 知育

« スマートフォン連動型魚群探知機”Deeper” | トップページ | Intel、”Xeon Phi”を発表 »

コメント

子供のおもちゃに、電話機とかいろんなものが一緒になったものが我が家にもあったことを思い出しました。
(たしか、いたずらし放題、みたいな名前だったかな?)

スマホも赤ちゃんのいたずら対象になったのかぁ・・・時代の流れだなぁ。
上記オモチャは「ダイヤル電話(!)」でしたからねぇ。そんなのその当時もなかったはずなのに(汗)

あのオモチャ、子供向けとは思えないところがありまして。
いたずらすると、ママの声で「いやーん、やめてぇー」って言うんですよ。
結構、妖艶な声で(笑)

教育上、良いのかなぁ?って思いましたけど面白かったですよ~

こんにちは、SULさん。

上の子の時代(といっても高々6年前)は二つ折り携帯電話でした。ボタンも付いてて、それなりに機能はあったのですが。

そう考えるとスマホ時代のおもちゃはちょっと手抜き気味ですね。なにせ四角くて黒くてボタンなしでOKなわけですから。

いたずら系のおもちゃはうちにもありますが、妖艶な声は出さなかったような・・・ちょっとほしかったですね、そのおもちゃ(笑)

ググったら、このオモチャ、やっぱり同じ感想を持つ人がいたようです。
ブログを見つけたのでURLを書いておきます。
http://d.hatena.ne.jp/satochan24/20111011/1318341302

今も生産しているんだろうか・・・?

こんにちは、SULさん。

リンク先見ましたが、たしかに子供のおもちゃらしい対応ではありませんね。

上の子が赤ん坊だったときは私もよく眼鏡をとられました。多分下の子にもやられそうです。眼鏡をとるという行動は本能なんでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳児用スマホ購入!?:

« スマートフォン連動型魚群探知機”Deeper” | トップページ | Intel、”Xeon Phi”を発表 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ