« Appleの”iTV”をシャープが生産か | トップページ | 人間大砲で囚人を解放?「囚人崩し」 »

2011年11月25日 (金)

シリコンパワー製32GB SSD購入

久々にうちのEeePC 1000H-Xへのハード投資です。

Img_8226

会社近くのPCショップに行ったら32GB SSDが約5,000円で売ってたので、思わず購入。

ちなみに9,999円で同じメーカーの128GB SSDが売ってたらしいですが、そちらは売り切れてました。

うちのEeePCにもSSDが入ってますが、もう3年たち、Windows XPを入れるとプチフリの嵐になるという不具合を抱えています。

Xubuntuを入れればそれなりに動くのですが、どうも最近のUbuntu系はEeePC 1000H-X用無線LANへのサポートが甘く、不具合だらけ。いろいろ手を尽くしたものの、不安定さは解消されませんでした。

やっぱりWindowsが使いやすいということで、新しいSSD入れてXPマシンとして復活させようということに。

ところで、シリコンパワーってあまり聞かないメーカーですが、大丈夫なのか?

調べる限り、良くも悪くもないところのようで。

Img_8229

30GB SSDから32GB SSDへ換装。容量は2GBアップ!

一人の自作ユーザーにとっては小さな2GBだが、どこかの私の会社にとっては偉大な2GBだ

と思えばちょっとは幸せに感じられるかも。

Img_8230

早速リカバリ。

リカバリ後はとりあえず、

(1) Microsoft Security Essensialsインストール

(2) Paint Shop Pro 7インストール

(3) EeePC 1000H-XのSSD寿命対策を実施

の3つを実施。

(3)の記事はちょうど3年前の記事です。懐かしい。

SSD対策といえば、今回からGoogle Chromeは入れないこと。

どうもあれを入れたことで、前のSSDはやられたような感じ。とにかくSSDへのアクセスが多いブラウザです。

ベンチマークも実施。

Spssd01

まあまあの速度でしょうか?以前のSSDベンチ結果と比べると速いようなそうでないような・・・

というわけで、早速EeePC 1000H-X on My 布団 でブログ書いてます。

日ごとに寒くなり、そろそろ布団でぬくぬく寝モバの季節。

iPadやSONY Tablet Sでもいいのですが、ブログ更新といった用途にはまだまだキーボード端末の方が便利。

うちのEeePC 1000H-Xも、これでしばらく戦えそうです。

ASUS Eee PC EPC1011PXシリーズ 10.1型液晶 Atom N455 ホワイト EPC1011PX-WH

« Appleの”iTV”をシャープが生産か | トップページ | 人間大砲で囚人を解放?「囚人崩し」 »

Eee PC 1000H-X」カテゴリの記事

コメント

シリコンパワーは、PCパーツをチェックしている人なら大抵は知っているメーカーなので、実績は十分だと思います。
数値を見る限り、ICH7のシリアルATAコントローラーの性能で飽和しているようです。
このような、UltraATA133相当の世代+SSDに最適化されていないXPの組み合わせだと、今どきのSSDだと性能の半分も引き出せないですね。
ただし、低容量モデルは高容量モデルから大幅に性能を抑えられていたりするので、注意が必要です。

こんにちは、passoさん。

確かにXPではSSDを想定してませんから、寿命対策などがいろいろしんどいですね。

とはいえ、これだけの性能なら満足しちゃってますが。起動も早くて満足です。これで5,000円ならいい買い物かと。

SSDというと速度が速いことが売りですが、モバイル機器に使うと耐衝撃性の高さや消費電力の低下の方にメリットを感じてしまいます。なにせ一度EeePC落としてHDDをだめにしてるので。

おかげで、しばらく布団の中からブログ更新しそうです。

Windows XPはSSDに最適化されて居無いので,前のSSDを使用して居た時のWindows7が出た時点で,Windows7アップグレード版(Home Premium 32bit辺り)を購入してWindows7マシンにして居れば,前のSSDはもう少し使えて居たと思います.理由はWindows7が完全では無いにしてもSSDに最適化された最初のWindowsでWindows8以降はSSDにより最適化された
ものに成りました.

>30GB SSDから32GB SSDへ換装。容量は2GBアップ!

>一人の自作ユーザーにとっては小さな2GBだが、どこかの私の会社にとっては偉大な2GBだ

と思えばちょっとは幸せに感じられるかも。

おいらの感覚では,ちょっとは幸せに感じられる物では有りません.
おいらがちょっとは幸せに感じられる物は容量が1.5倍以上とか容量が同じでもM.2 SSDがSATA接続からPCI接続(NVMe)に換装するのなら,其の様に感じます.実際においらが保有して居るECSのミニPC LIVA Z(N3350とN4200の2台)とLIVA Z Plus(i3-7100U)に使用するM.2 SSDが2242サイズで昨年に512GBを2枚,今年の年始に1GBを1枚購入しましたが此の時点では,SATA接続の物しか無く,PCI接続(NVMe)の物が無かったのですが,現在では,PCI接続(NVMe)の物も販売され始めたので,1GBを3枚に買替も考えて居ます.

新しいSSDを入れるので有れば,64GBにした方が良かったのでは無いかと思いました.

>早速リカバリ。

>リカバリ後はとりあえず、

>(1) Microsoft Security Essensialsインストール

>(2) Paint Shop Pro 7インストール

>(3) EeePC 1000H-XのSSD寿命対策を実施

の3つを実施。

次の様にした方が良かったと思いました.
(1) Windows7インストール

(2) Paint Shop Pro 7インストール

(3) EeePC 1000H-XのSSD寿命対策を実施

の3つを実施.

(3)に関しては
次の方法も参考にして実施した方が良かったと思います.

SSD環境の「ブラウザキャッシュ」を最適化
http://jisaku-pc.net/speed/ssd_02.html
「Windows 7」における「SSD」の最適化及び延命策
https://www.japan-secure.com/entry/for_optimization_and_life-prolonging_measures_for_SSD_in_Windows_7.html
VistaパソコンのSSDでTrimを使えないか
https://pofpon.net/vista-ssd-trim/
Intel SSD 330シリーズをXPで使ってみる
https://www.pc-master.jp/blog/ssd-xp.html
あえてプチフリSSDを購入し、今さらXPマシンのHDDをSSD換装してみた!
https://freesoft.tvbok.com/tips/optimise_xp/hdd_ssd.html

Windows7アップグレード版は2013年10月の出荷分迄で終了して居ます.
2014年1月から2015年8月頃迄の間は単体販売可能なDSP版が販売されて居ました.
其れ以降では2016年10月迄で有れば,DSP版はパーツを組合せる必要性が有りました.

2023年6月時点で3つを実施すると成るとWindows10をインストールする方法に成って仕舞ます.
先月の下旬にPC SHOP アークでASUSのMini ITXマザーボード J4005I-Cに使う予定のARD4-U32G48HB-24R-D(https://www.ark-pc.co.jp/i/11785226/)を購入した時にWindows10/11の価格が掲示されて居ましたが
,Windows10のパッケージ版が売切に成って居ましたが,購入はしませんでしたがDSP版は未だ有りました.
PC SHOP アークは秋葉原に有る店舗なので,ディープタイピングさんが行くと成ると東海道新幹線を使わなければ成らず,気軽に行ける場所では無いので,PC SHOP アークの通販を使うとか,ディープタイピングさんが行き易い大須のPCショップに行くとか,愛知県の家電量販店で探す方法に成ります.

> pipin さん
10年以上前の記事にコメントありがとうございます。
おっしゃる通り、大須でも頑張ればWindows10DSPは探せるかと思います。
ちなみに、今月末に泊まりで東京出張があるので、久しぶりに秋葉原へ行こうとは思ってるところでした。まず行くところは秋月、千石、そしてBEEPですかね。店内にあふれる栄養(?)を取得後に意味もなくそこで何か買って帰るのが定番となってます。大須にはないですからね、ああいうお店が。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリコンパワー製32GB SSD購入:

« Appleの”iTV”をシャープが生産か | トップページ | 人間大砲で囚人を解放?「囚人崩し」 »