« La Fonera2200にOpen Wrtインストール成功 | トップページ | Ionプラットフォーム採用ネットブック IdeaPad S12発表 »

2009年5月25日 (月)

La Fonera 2200のOpen-Wrt設定(atftpd、httpd)

さて、2台になってしまった我が家のLa Fonera。とりあえず両方にKamikaze 7.09をインストールしましたが、ipkgコマンドがうまく動きません。

ipkgとは、ネット上から指定したパッケージを拾ってきてインストールしてくれるコマンド。

例えば、「ipkg install samba-server」とやると、Sambaがインストールされるようです。

これをやる前に「ipkg update」と打ち込んで、ipkgのパッケージ情報をあらかじめ入手する必要があります。

ところが、ipkg updateとやってもなんかエラーが出てきます。

http://downloads.openwrt.org/kamikaze/mips/packages」をのぞこうとして失敗している模様。

しかし、どうやら「http://downloads.openwrt.org/kamikaze/7.09/packages/mips/」というアドレスに変わっているらしく、このipkgの設定を変えなきゃいけないようです。

そこで、/etc/ipkg.confというファイルをviエディタで開き、2行目の「src packages http://~」のところのアドレスを「http://downloads.openwrt.org/kamikaze/7.09/packages/mips/」に書き換えると、ちゃんと「ipkg update」が動きました。

さて、私がとりあえずやりたいのは、IEのお気に入りを閲覧できるようにすること。

Open-Wrtは標準でWebサーバーが起動しているので、/www に「index.html」をおいてやると、IEで「http://192.168.1.2」とするだけでアクセスできるようになります。

samba-serverを入れたりしてLa Foneraにファイルを転送しようとしましたが、結局うまくいったのは「atftpd」を使ったやり方。

まず、La Fonera上で「ipkg install atftpd」と打ち込み、atftpdをインストールします。

次に、ftp用ディレクトリを作って、アクセス権を設定します。私は/home/ftpというフォルダを作りました。

mkdir -p /home/ftp

chown nobody /home/ftp

chmod 755 /home/ftp

続いてatftpdを起動します。

atftpd --daemon /home/ftp

これでLa Fonera側の操作は終了。

Windows側ですが、ここではIEで「ファイル」-「インポートおよびエクスポート」を使ってはきだしたBookmark.htmの転送を例に取ります。

この転送させたいファイル(Bookmark.htm)をC:\tmpにでも入れておきます。

続いて「スタート」-「プログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」を開きます。

C:\tmpに移動し、次のように入力します。

tftp 192.168.1.2 PUT Bookmark.htm

192.168.1.2」はLa Fonera側のIPアドレス、PUTの後ろは転送したいファイルの名前です。

あとは、La Fonera上で

cd /home/ftp

cp Bookmark.htm /www/index.html

とやると、めでたくIEのお気に入りがLa FoneraのWebサーバー上で公開されます。

Bookmark

こんな感じです。

しかし、恐ろしく手間と時間をかけたわりに、なんともしょぼい利用法です。しかもEeePC 1000H-XにいれたUbuntu 9.04にはもうIEのお気に入りを転送済みで、すでに使い道がないという状態です。

まあ、index.htmlを書き換えて、何かファイル置き場にでも使おうかと考えていますが・・・よく見るとLa Foneraって6MBくらいしかスペースがありません。

となると、SDメモリカードを乗っけるしかないですが、La Fonera 2200って相当ハードルが高いようです。旧型の2100だとまだ簡単なようです。

とはいえ、La Foneraが2台になってしまったので、一台くらいぶっ壊す覚悟でトライしてもいいかもしれません。

でももっと本格的な小型Linuxサーバーを作るには、玄人志向のKURO-BOX/PROがよろしいようです。

これまでも玄箱をLinuxサーバー化する話はありましたが、こちらは最初からLinuxのインストール・カスタマイズが前提になっています。お値段は2万円ほどとLa Foneraの10倍しますが、Webサーバー、NASのみならず、メディアサーバーなどいろいろできるようです。

うーん、ちょっと惹かれています。

« La Fonera2200にOpen Wrtインストール成功 | トップページ | Ionプラットフォーム採用ネットブック IdeaPad S12発表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: La Fonera 2200のOpen-Wrt設定(atftpd、httpd):

« La Fonera2200にOpen Wrtインストール成功 | トップページ | Ionプラットフォーム採用ネットブック IdeaPad S12発表 »

当ブログ内検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ