iPhone

2019年2月18日 (月)

「iPhoneを探す」で命拾い!?

Apple WatchやiPhoneが命を救う話はたくさんありますが、これはちょっと特別で、かつ後味の悪い話です。

「iPhoneを探す」で殺人犯の侵入を察知。一命を取り留めた男性が証言 ‐ Engadget Japane

元夫の接近を「iPhoneを探す」で察知した母親が、息子に警察に通報するよう促した結果、その息子は助かったという話です。

もっとも、母親の方は殺されてしまったそうです。最悪の事態は避けられたものの、後味の良い話ではありませんね。

にしても、一度「iPhoneを探す」で位置情報を共有するほどの相手から殺されるような事態は、できれば避けたいものですよね。数あるiPhone/Apple Watchの命を救う話の中では、なんとも悲しい出来事でした。

【国内版SIMフリー】Apple iPhone8 64GB Space Gray 64GB MQ782J/A

2019年2月17日 (日)

Apple Watchがまた命を救う!今度は”転倒検出機能”

Apple Watch Series 4には心電図機能のほかに、転倒検出機能というのがあります。

これによって救われた人が現れたということです。

Apple Watchがまたも人命を救う、転倒検出機能が気を失って顔面流血のおじいさんの早期発見に貢献 - GIGAZINE

67歳のノルウェー人の方がトイレ中に気を失い、頭から血を流して倒れているところを発見され、運ばれたそうです。

顔面3か所を骨折したらしいですが、命に別状はなかったようです。

が、もし通報が遅れていたら・・・取り返しのつかない事態になった可能性があるようです。

Apple Watch Series 4は、65歳以上の場合はこの転倒検出機能が自動でオンになるように設定されています。65歳未満でも、設定で有効化することが可能。

転倒を検出すると、Apple Watch側に通報するかキャンセルするかの選択肢が出ます。なにも反応がなければ、そのまま通報されるようです。

不安な方がいらしたら、転倒検出機能をオンにしておくのがよさそうですね。特に老人は本当に転倒による事故が多いらしいですから、この機能、侮れません。

これで心電図機能もオンになれば、言うことなしなんですけどねぇ・・・

Apple?Watch Series?4(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

2019年2月15日 (金)

iPhoneのHEICファイルを見る方法

備忘録程度に残しておきます。

最近、HEICファイルというのがiPhoneの中の写真に出てくるようになりました。

画像ファイルだってことはわかるんですが、一体どういうファイルなのかよくわからず、消してました。

無料でiPhone・iPadで撮影したHEIC画像をWindowsで表示&サクッとJPGに変換可能なツール「CopyTrans HEIC for Windows」 - GIGAZINE

上の記事を見る限り、高い圧縮率を誇る画像形式のようですね。

ただし、そのままではWindows上で見ることができません。

そこで「CopyTrans HEIC for Windows」なるものを入れるといいようです。

Open HEIC files on Windows

これを入れると、HEICの閲覧とJPEGへの変換が可能になるとのこと。HEICを利用するには、これを入れるのがいいようです。

が、私のiPhoneではHEIC単体でできることがなくて、大抵JPEGとセットで出てくるため、HEICの方を消しております。特に使うメリットもなさそうなので、JPEGが出続ける限りはそういう運用になるかなぁと。

もしHEICのメリットが出てきて(画質がいい、等)、それをハンドリングする必要が出てきたら、この記事を参考にしようかと思っております。

Pixillion画像ファイル変換ソフトWindows版|ダウンロード版

2019年2月13日 (水)

iOS13では”ダークモード”採用か!?

ネーミングがちょっと過激ですね。まるで闇の世界にいざなうかのごとくですが。

iOS 13でついにiPhoneにダークモードが登場か、バッテリー消費を劇的に抑えられるかも - GIGAZINE

ダークモードとは、要するに黒基調の画面にするモードのこと。

液晶でも有機ELでも、黒を増やすと消費電力が下がるといわれています。それで、全体を黒っぽくすることでバッテリー消費を下げようというモードをOS標準で備えようということのようです。

有機ELは各素子が自己発光型なため、確かに黒を増やすと消費電力が減りますね。

反対に液晶は昔、白が多い方が消費電力が減るといわれていたような気がしますが。

ただ、最近の液晶って、黒の部分のバックライトを消すとか、そういう機能があるんでしたっけ?だとすると、液晶でも黒が多い方が消費電力を下げることにつながりますね。

その前に、Apple自体がダークエナジーに侵されそうな今日この頃。今年こそ、ユーザーの方を向いた製品開発をしてくれるでしょうか?

快眠ダークモード - 深い眠りへ(ソルフェジオ 528 plus - バイノーラル ASMR Mix)

2019年2月10日 (日)

なぜ若い人は「スクショ」を多用するのか!?

ちょっと面白いような、考えさせられるような記事を発見です。

なぜスクショ?スマホネイティブ世代がコピペしない理由 | 日経 xTECH(クロステック)

若い人が面白いネット情報を見つけた時、URLではなく「スクショ」で共有するという話。

私などはURLを選択しコピペしますが、ここに出てくる若者はわざわざURLをコピペしないそうです。手間がかかる上に、「ギガ」を消費してしまうからというのがその理由。

スクショならば、サイトを読み込むよりも少ない通信量で相手に伝わるため、「ギガ」を使いきって速度制限のかかった友人にも伝えられるというもの。

そもそも、文字列をコピペするという機会が少ないという話は、ちょっと衝撃的ですね。初期のiPhoneはコピペできないことが欠点として騒がれたことを思い出しますが、今やあれは大した欠点ではないくなっているようですね。

いわれてみればうちの長男も文字列のコピペはあまりやりませんね。でも、検索窓はよく使います。文字列になじみがないというのは、ちょっと言いすぎな気もしなくもないですね。

しかし、若者のスクショ文化、上手くこれを利用したアプリが出れば、LINEやTwitterに変わる一大勢力が出来上がるかもしれませんね。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 光学40倍ズーム 1602万画素 単三電池 ブラック B500BK

2019年1月31日 (木)

百均でVRゴーグルなど購入してみた

久々に近所のセリアに行ったら、ついつい買ってしまいました、スマホグッズ。

Img_2809

内、ひとつは新顔です。VRという名前に惹かれて、使い道も考えずに思わず購入。

Img_2810

このスマホクリップはもう何度も買ったやつです。以前買ったやつが壊れたので、購入。

時々使いたくなるんです、こういう感じに。動画を見るときに便利です。

Img_2811

初めて買ったのですが、このクリップのようなブツは

Img_2812

こうする奴です。

iPhone 7以降のApple純正のイヤホンって、巻取りケースが無くなってしまったんですよね。おかげで、こいつを収納するものがない。

引き出しの中に入れていると、勝手に何かと絡みついていざという時に取り出せない。

というわけで、これを買ったというわけです。

また、先日買ったヴィレッジヴァンガードの福袋についていたカナル式のイヤホンも巻く奴がないので、引き出しの中で踊り狂ってあらゆるものに絡みついてます。このため、2つ購入したのですが・・・

Img_2814

いきなり、これです。

磁石が取れちゃいました。

溝に磁石を突っ込んだら直ったんですが、案外簡単に壊れるようです。ちょっとこのコードばさみ、失敗だったかな。

Img_2815

さて、いよいよ一番気になる「VRゴーグル」です。

まるでパタリロに出てくるタマネギ部隊の一員のような顔をしてますが、これを組み立てていきます。

Img_2816

・・・完了です。袋に書かれた通り組めば、あっさりと作れます。

Img_2819

iPhone 7 Plusを突っ込んで適当なVRアプリを使ってみましたが、問題なく使用可能。

以前にも似たようなものを買いましたが、あれよりも中のiPhoneを出し入れしやすく、使い勝手がいいです。

ゴーグルのレンズ間の穴は、鼻をよけるためのようですが、あの穴から指を突っ込めば画面操作が可能。また、本体底面にも操作用の穴があります(ただし、右のみ)。

Img_2820

たった108円でいいことづくめなVRゴーグルですが、一つだけ難点が。

この真ん中の仕切り板。最初から曲がっていたため、くの字型に曲がっております。

おかげで、仕切りがうまく機能せず、VR画像がおかしくなってしまいました。このままだと、右目に、左目の画像が少し映り込んでしまいます。

Img_2821

仕方がないので、こんな感じに爪楊枝で補強。

これでようやく、画像が安定しました。

VRアプリを買ってしまったものの、それを使うゴーグルがないというときは、セリアに走ればこういうものがあります。よほど使うようになったら、本格的な奴を買えばいいかなと思います。

SAMONIC 3D VRゴーグル 「イヤホン、Bluetoothコントローラ、日本語説明書付属」 (ブラック)

2019年1月30日 (水)

床に置けてタブレットも支えられるスタンド

スマホやタブレットのスタンドは数多ありますが、このスタンドは直接床において使えます。

ゴロゴロしながら使いたい。 iPadやスマホにも使える床置きタイプのロングスタンド | ライフハッカー[日本版]

38~175cmまで高さ調整可能で、上部は70cmくらいは前に張り出せる仕様のようです。対応するのは、3.5~10.6インチまでのスマホ・タブレット。

この手のスタンドは、スマホスタンドの反対側がクリップになってたりするんですよね。このため、クリップで固定するところがないと使えないという不便なものが多かったんですが、こいつはしっかりと床に置くだけで使えます。

重量が5.85kgだそうですが、その重さのほとんどが下のスタンド部分なんでしょうね。それで倒れ防止をしているものと思われます。

個人的には、ちょっと欲しいですね。お値段は4000円弱。でも、今はどちらかというとMacBook Airをよく使うので、そちらをささえられるスタンドなりテーブルがあると便利なんですが。

IPAD床置きスタンド、38cm-175cm高さ調節可能、360°回転枕元で携帯テレビ観賞用3.5インチ~10.6インチタブレットPC、スマホ共通スタンドクリップ (白)

2019年1月29日 (火)

Apple Watch 4の心電図機能でまた命が救われる

心電図機能がリリースされたアメリカでは、こういうニュースが徐々に聞かれ始めています。

Apple Watchがまた命を救う!妻の感謝をティム・クックがリツイート | カミアプ | AppleのニュースやIT系の情報をお届け

またApple Watch 4の心電図機能により心房細動が検知されて、命が助かったという話です。

そのツイートを、Appleのティム クックCEOがリツイートしています。曰く、「このような話が、Appleのモチベーションになっている」と。

最近のiPhoneはやや迷走状態ですが、Apple Watchはその目的をしっかり果たしてますね。ジョブス氏の病気をきっかけに開発されたといわれるApple Watchですが、健康管理のデバイスとしての地位を確立しつつあります。

私も毎日、Apple Watchつけてます。

今のところ異常検知などはないですけど、心拍数は記録され続けており、安心感はありますね。

ですが、4の心電図機能、ここ日本でリリースされるのは一体、何年後のことなんでしょう?

医療機器の認可って、時間がかかるようです。ていうか、医療機器の認可っているんでしょうか?それ自身で医療行為をするわけではなく、ただ参考データを取るというだけなら、別に認可なしでリリースできないんですかね?

その間にも、この日本で救われたはずの命が失われるとするならば、実に嘆かわしいことです。何とかならんですかね?

デメリットがないのなら、早くリリースできるようにしていただきたいですね。

Apple?Watch Series?4(GPSモデル)- 40mmゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ

2019年1月27日 (日)

Siriが命を救う!ジープで事故を起こした男性の声に反応してiPhoneが通報

こういう話を聞いていると「ねぇ、Siri」を有効にしておいた方がいいのかなって思うこともありますね。

ジープで事故り動けなくなった男性、iPhoneのSiriに命を救われたとの報道 - Engadget Japanese

ジープで事故を起こし、身体の80%がマヒして動けなくなった男性が、iPhoneのSiriを使い911(日本でいうところの119番)に通報して、なんとか救出されたということです。

事故現場は気温が低く、低体温症になっていたかもしれないとのこと。危うく助かったようです。

日本の場合だと、地震などで閉じ込められるという可能性があります。このとき、「ねえSiri」が使えると、助かることもあるかもしれないってことですよね。この機能、案外侮れません。

Apple Watchだけじゃないですね。iPhoneも人の命を救うことがあるようです。まあ、同じようにOK Googleでも行けるってことでしょうけど。

(SIMフリー) MQ7A2J/A iPhone 8 64GB ゴールド(国内版)

2019年1月20日 (日)

iPhone XRのSIMロック解除済み未使用品がお買い得

やっぱり、売れてないんでしょうかね?

iPhone XRが「日本最安クラス」で店頭販売中、SIMロック解除済みの未使用品 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

iPhone XRのキャリア版(SIMロック解除済み)の未使用品が、Apple Storeの新品より1万円以上安く売られているようです。

64GBモデルが77800円で、128GBモデルが87800円。Apple Storeだとそれぞれ91584円、98064円なので、安いことは安いですね。

しかし、この時期にこういう未使用品が出ること自体、異例中の異例。あのAppleの黒歴史であるiPhone 5cでもなかったと思います。

指紋認証が搭載されていないということが、こんなに響くんですね。それにしてもまだ高いと感じてしまいます。せめて、iPhone 8の最新プロセッサ版を出すことはできないんでしょうか?

国内版SIMフリー Apple iPhone XR 64GB Red レッド MT062J/A A2106

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ