iPhone

2017年5月21日 (日)

Apple Watchで不整脈の97%を検出可能!?

まだ公開できるレベルではないようですが、そんな研究が行われているようです。

Apple Watchは不整脈を97%の精度で検出できる(UCSFの研究結果) | TechCrunch Japan

Apple Watchは初代から心拍数を測定する機能が搭載されてますが、この心拍データとディープラーニングを使って不整脈かどうかを検出する仕組みが心拍測定アプリを提供するCardiogramとカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)が共同で開発しているようです。

不整脈を検出できれば、脳卒中かどうかを推定することにもつながるようで、多くの命を救えるかもしれないとのこと。

次期Apple Watchには血糖値測定デバイスが付くという噂もあり、すでにティムクック氏もテストに加わっているという話まで出ています。

ティム・クックCEO自ら「Apple Watch」と連携する血糖値測定デバイスをテスト中 | 気になる、記になる…

Apple Watchを特徴づける”健康”に関する機能が、さらに発展するようです。

しかも、多機能のバンドがいろいろと出てくるという話まであります。

ちょっと今度のApple Watchは気になりますねぇ・・・今度こそ、買い替えでしょうか?

Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

2017年5月19日 (金)

iPhoneをPCのWebカメラにしてくれるアプリ”iVCam”

そんなアプリがあるそうです。

ASCII.jp:iPhoneをPCのウェブカメラにできる「iVCam」を徹底解説|柳谷智宣の「神アプリの説明書」

Webカメラというと、USBでつけるかノートPCの上にちょこっとついてるやつを指しますが、今どきのスマホのカメラと比べると格段に性能の劣るやつが多いのが現状。

特に色の再現性が悪いですよね、PC用Webカム。

PC、iPhone側双方にこの”iVCam”をインストール。以下のサイトにiOS用のAppStoreリンク/Windows用インストーラのダウンロード先が載せられてます。

iVCam | E2ESOFT

この2台を同一の無線LANネットワーク上におき、ソフト側の指示に従って設定。もしパケットフィルタリングを設定している場合は、ポート番号:5895番を開けておけばいいそうで。

iPhoneのカメラなら少なくとも1000円前後で売られているWebカムよりは何倍も綺麗。撮影時はLEDフラッシュも使えるため、なかなかいい組み合わせになりそうです。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

折りたたみBluetoothキーボード買ってみた

今年は出張が増えそうなので、思い切ってモバイル機器用の折りたたみ式Bluetoothキーボードを買ってきました。

Img_2848

出張で名古屋に行く用事があったので、駅前に新しくできたばかりのビルに入ったビックカメラで買いました。

Bluetoothキーボードにもいろいろあったんですが、キーストロークや利便性など散々試した結果選んだのがこのELECOM製のTK-FLP01というキーボード。価格は4800円ほど。

Img_2849

中身はこれだけ。本体とUSBケーブル、そして取説。

取説が雑に押し込まれてました・・・おかげで、最初からこのくしゃけ具合で。

Img_2850

キーボード自体もこのとおりケースに入ってます。

Img_2865

このケース自体がスマホ&タブレット用スタンドになるという代物ですが、奥行きがありすぎて少々不便。おまけに不安定。

百均で買ってきたスタンドを使うことにします。

Img_2851

さて、キーボード本体ですが

Img_2853

折りたたんだ状態ではiPhone 7 Plusとほぼ同じくらいの大きさ。

Img_2854

広げるとこう。

キーの感触はまずまず。ちょっと折り目部分のキーが若干押しづらいのが難点。

Img_2855

最大3台まで登録可能で、この通り切り替えスイッチ付き。

Windows/AndroidモードとiOSモードがあり、切り替えスイッチ以外にこちらも端末に合わせて押す必要があります。

Img_2856

ペアリングはFnキー+Tabを3秒押すことでできます。

この間に各端末側でペアリングを実施。

Img_2857

まずはiPhone 7 Plusに接続。

まあまあの感触。ソフトキーボードよりは明らかに早いですね。

この手のキーボードは剛性感がなくてキーの反応が悪いことが多いんですが、これは許容範囲なレベル。まあ、何台か展示機で試し打ちして選びましたからね。

Img_2862

強いて不満を上げるなら、Enterキーが横長なので押しにくいこと。よく使うキーだけに、ちょっとこれは慣れが必要。小さいキーボードにありがちな欠点ですね。

Img_2859

続いて、Gole1とペアリングを実施。

もちろんBluetoothキーボードなので、Windows機にも使えますが。

Img_2858

実はこのキーボード、こんなところにタッチパッドがついてるんです。

これがこのキーボードを買う決め手の一つでした。

これならGole1でも使えます。

Img_2861

なお、右ボタンはこれ。左ボタンはタッチパネルのタップ操作で行います。

Img_2860

小さいパッドですが、案外使い勝手は悪くありません。

Gole1のタッチパネルを使うよりははるかにましです。

Img_2864

早速Gole1でTensorFlowを使ってみました。

Anacondaのキー入力でも問題なく使えました。

Img_2863

キーボード用電源は内蔵バッテリーで、microUSBで充電します。

が、充電ランプがキーボードのここについているため、充電中はキーボードを開けっぱなしにしてないと充電完了かどうかがわかりません。ちょっと不便ですね。

今まではこの手のキーボードが必要という場面がさほどなかったんですが、今年は活躍しそうです。

エレコム ワイヤレスキーボード Bluetooth 折りたたみ マルチペアリング ブラック TK-FLP01BK

2017年5月17日 (水)

どこかで見たことがあるような画面の女子高生の活躍するシューティングゲーム

なぜかギターを抱えた女子高生が主人公のシューティングゲームです。

トラベルシューティング 〜レトロな雰囲気の3D萌えSTG〜 (TravelShooting JP)を App Store で

Img_1373

80年代後半~90年代を生きた人たちならどこか既視感のあるゲームですね。

Img_1375

なお、弾は勝手に撃ち続けてくれて、端末を傾けて操作するため、比較的楽なシューティングゲーム。

Img_1379

BGMはオリジナルとはちょっと違いますが、ボスの登場シーンのBGMだけはなんとなく似ているような・・・

Img_1380

なお、背景は一応”日本”だそうです。最初は北海道からスタート。

Img_1382

3回やられるとゲームオーバー。

ス〇ハリをやりこんだ人なら、きっと懐かしく感じてしまうゲームですね。

セガ3D復刻アーカイブス

2017年5月14日 (日)

Apple Watchで睡眠分析!熟睡時間がわかるアプリ”AutoSleep”

Apple Watchを使った睡眠分析アプリといえば以前にも「WatchOS 2対応の睡眠分析が出来るアプリ”Sleep++”」というのを使ったことがありますが、寝始めの時間・起床時間のタイミングを自身で記録しなきゃいけないという面倒くささがあっていまいちでした。

が、この”AutoSleep”は自動で睡眠を検知してくれるので、ただApple Watchをつけて寝てればいいという便利なアプリです。

ASCII.jp:Apple Watchを身に着けて寝るだけ! 自動で睡眠データをトラッキング「AutoSleep」

AppStore:AutoSleep。Watchを使って睡眠を自動で追跡します。を App Store で

Img_8314

有料アプリ(360円)ですが、睡眠状態を把握したい人にとってはお金を払う価値はありそうなアプリです。

早速使ってみました。

使い方は簡単。アプリをApple Watchにも入れた状態で、Watchをつけて寝るだけ。

Apple Watchなしでも使えるようですが、心拍などで眠りの深さを検知しているため、Watch付きの方がより正確です。

Img_8313

Apple Watch側でも分析結果を見ることができますが、より詳細を確認するにはiPhone側でアプリを立ち上げます。

Img_8315

平均的な睡眠はこんな感じです。

実際に眠ったのは22時頃ですが、横になったとたんに”睡眠”と判断するようです。

一方で目が覚めていても横になっていると”睡眠”とみなしちゃうようです。

Img_8317

21時15分から7時12分まで寝てることになってますが、実際のこの日の睡眠は22時から3時半ごろまで。で、6時ごろから二度寝に入ってます。7時には起床。

睡眠だと青いグラフ棒で表され、目覚めていると緑で表現されてますが、先にも書いた通り、横になったら”睡眠”と判断しているため、実際に睡眠している時間とはちょっとずれてます。

が、グラフ上は横になっているときは”浅い睡眠”(棒の高さが高い)とみなされているため、熟睡しているかどうかを判断するには支障なさそう。

で、下に紫の印がついている時間帯、これが”深い眠り”時間のようです。

なお、赤い点は心拍数。寝ている時間は心拍数が落ちてるのがよくわかりますね。

大体私は夜10時ごろに寝るんですが、必ず3~4時に目が覚めます。で、眠れなくてうだうだ過ごし二度寝というのがいつものパターン。

あまりいい睡眠状態じゃないという自覚はあります。ストレスですかねぇ。

Img_8318

この数日で最もひどいパターンはこれ。

この日は22時には寝たんですが、すぐに目が覚めてトイレ行ったり再び寝たりを繰り返しもう一度睡眠・・・ですがまた2時ごろ目が覚めてうだうだ過ごして・・・4時から7時前まで再び睡眠という三度寝パターン。

年に数回ありますね、こういうの。考え事をするときに多いです。

というわけで、自身の睡眠を分析してみたわけですが、数日使った限り私の睡眠はどうやら浅いみたいですね。

大体1~2時間ほどしか”深い眠り”の時間がありません。原因は歳なのか、ストレスなのか・・・

てことでこのアプリを使って、どうやったら睡眠の質を上げられるかを試行錯誤しています。

枕の高さを変えたり、寝る一時間前には明るいものを見ないようにしたり・・・他にもこういうサイトを参考にいろいろやってます。

熟睡する方法|劇的に睡眠の質を上げる15個の習慣

が今のところ、あまり効果が出てませんね。試行錯誤は続きます。

比較的実感にあった睡眠分析ができているこのアプリ。

睡眠に悩む人なら、Apple Watchとの組み合わせて使ってみるのがよろしいようです。

できる大人9割がやっている 得する睡眠法

2017年5月10日 (水)

”スピードテストブースト”なるものは存在するのか!?

MVNOサービスのみならず、昔から疑問に思っているこの”スピードテストブースト”の存在。

回線速度計測用アプリのパケットを優先的に流せるようにし、あたかも”速い”かのように見せかけるのが、この”スピードテスト ブースト”と呼ばれるものですが。

技術的に可能かどうかを解説した記事が載せられてます。

「スピードテストブースト」は可能なのか? (1/3) - ITmedia Mobile

結論から言ってしまえば「可能」ですが。

ただその存在を明らかにする方法は、ユーザーサイドにはないようです。あくまでも推測するしかなさそうというのが記事の内容。

もっとも、すべての業者ではないにせよ、私はこの手の操作をやってるのは間違いなさそうだと思ってます。

iPhone 4を使っているときの某S社で、それを痛感したことがありますね。

当時、YouTubeを外で使おうとすると全然遅くて使い物にならなかったんですが、あるときとある雑誌でスピードテストとYouTubeの動作再生速度を載せたものが出てきたことがありました。

ちょうどA社からiPhone 4sがリリースされた直後で、S社との比較を行ってたんですが。

速度はS社の圧勝、ただし、YouTube再生速度はA社の圧勝、という内容でした。

で、その雑誌が出て一週間ほどしたら、私のS社のiPhone 4で急にYouTubeの再生速度が速くなったんです。

この出来事をきっかけに、通信速度なんて業者次第だと感じるようになったわけでして。

最近、ようやくこのことが認知されるようになってきた感じですね。いや、今までは忖度(そんたく)されてきただけなのかも?

そういえば、処理速度系のベンチマークアプリでもブーストがかかるスマホがあったりして問題になったことがありましたよね。

しかしユーザーはそんな偽りの結果を知りたいんじゃないんです。本当の使い勝手、速度こそ知りたい事実。

ベンチマークではない、なにかこういう性能を判断するいい方法ってないものですかねぇ。

少なくとも、このブログで取り上げるときは数値だけ並べてわかった気にさせるような記事は書かないつもりです。速度より、使い勝手や使い道こそが、このブログの主題ですんで。

YouTube動画・スマホ活用で人生・ビジネスを100倍開花させる法

dマガジン購読開始!

この手の有料サービスには手を出さないと決めていたんですが、最近dアカウントを作って”dマガジン”の購読を始めました。

Img_1369

最初の31日間は無料でお試しですが、まずは半年ほど様子を見ようかと思ってます。

dマガジンは月額400円(税抜き)で180誌以上が読み放題の電子書籍サービス。

180誌以上の人気雑誌最新号が読み放題! | dマガジン

妻はiPhoneへ機種変した2年前に入り、以来ずっと使ってますが、私も使うことにしました。

自宅から徒歩3分のところに書店があるので、そこで立ち読みでもいいんですが、月に400円程度でいつでも雑誌を垣間見られるというのはなかなかいいんじゃないかと思った次第。

Amazon Unlimited、楽天ブックス、ビューン、ブックパス・・・などなど同様のサービスがたくさんある中でdマガジンを選んだ理由は、月額が比較的安いのと週アスが読めるからの2点。

Img_1370

電子書籍といえばKindle一択で過ごしてきましたが、Kindleにはない機能があって便利です、dマガジン。

Img_1372

ページをタップすると画面下にメニューが出てきますが、どのページからでも目次が呼び出せます。

Img_1371

タップすれば、目的の記事まで飛びます。

雑誌の表紙を見てこの記事を読みたいと思って開くことが多いので、その記事に一気に飛ぶことができるためなかなか便利。

これはKindleにもつけてほしい機能ですね。

180誌という数は決して多い方でもなく、雑誌以外で読める書籍はほとんどないため、不便かと思いきや意外と使えますね、dマガジン。

Img_0978

そういえば、こんな雑誌もありました。

先日買ったばかりなんですけどねぇ・・・

ところで、dマガジンってせいぜい1~2か月ほどしか読めないようなので、本当に気に入った雑誌は購入しないと読めなくなってしまいます。

にもかかわらず、読めなくなったデータもずーっと端末内に残るため、時々消去しないとストレージを圧迫し続けるというこれまた厄介な仕様。このあたりは妻のdマガジンで経験済み。

そういうデメリットも承知のうえで購読を開始したdマガジン。

しかし、ネットだけではやはり情報がやや不足気味。

ネットは情報の速さではアドバンテージがありますが、情報の深さは雑誌の方が上であることが多い。それゆえ本屋からは離れられません。

てことで、dマガジンでチェックして、必要な情報だと思ったら近所の本屋に買いに走る、雑誌以外は今まで通り、という付き合い方をしていこうかと思っています。

dマガジンだと、今までチェックしたことのなかったジャンルの雑誌もつい覗いてしまうため、今までよりも読む雑誌の幅が広がりそうです。むしろ買う雑誌の量が増えそうな予感。

気に入ったらずっと使い続けるつもり。せっかくなんで、うまく活用していきたいですねぇ。

週刊アスキー No.1124 (2017年4月25日発行) [雑誌]

2017年5月 9日 (火)

iPhone 5 再び退役へ

なんだか宮崎〇監督のようですが、我が家のiPhone 5、再び退役です。何度目でしょうか?

前回iPhone 5を復活させたのは「iPhone 5をまたまた復活!: EeePCの軌跡」の記事を書いた2016年4月21日。

Img_2835

今回、特に故障やバッテリー寿命などではありません。いたって健在なiPhone 5。

長男用端末として使ってましたが、問題は長男の方。

その問題とは”視力”。右目0.3、左目0.9。利き目の右側だけ悪い。

利き目が落ちるということは、小さなものを凝視しているかもということで、どう考えてもこの画面の小さなiPhone 5が原因じゃないかということで、端末を交換することにしました。

Img_2836

他に使い道もないので、退役ということになりました。

2012年10月に購入したiPhone 5。

auの1バンドしか対応していないLTEモデム、タッチパネル故障、バッテリー不具合、交換するバッテリーが次々と不具合を起こし4度目でようやく安定化・・・私の持っているiPhoneでもっとも多くのトラブルを抱えた端末でした。

特にau回線は酷かったですね。

LTEは仕方がないですが、肝心の電話もかからない場所があって(藤田保健衛生大学病院内等)、auへの信頼が低下。

おかげで2013年にiPhone 5s/5cがドコモから出た時はすぐに乗り換えを決意。

そんな曰くつきの端末を4年数か月使用。途中空白期間もあるとはいえ、まあ持った方じゃないかと。

Img_09471

なお、長男用端末はこのiPad Air 2になりました。

さっそく「ひかきんげ~むす!」を見てました。好きですねぇ、HIKAKIN。

これでも時間を区切って使わせていたんですが、やはり小さい画面の端末は小中学生までは微妙ですね。

小さいがゆえに、寝転がってみてたりしたのがいけないようです。顔に近づけてみてましたし。

大きければいいというわけではないですが、iPadなら寝転がってみるのは大変な端末なので、小さすぎるよりはいいかなぁと。

Img_2838

こうしてまた退役端末がまた一つ増加。

今のところ、主要なやつでこの数です。EeePCもしれっと加わってます。

iPhone 4sはまだ”現役”扱いですが、ここに加わるのも時間の問題。

なお、これらの端末はある引き出しに入れてるんですが、そろそろ容量いっぱい。これらの端末の置き場所も確保しないといけませんね。

というわけで、実質現役として動いている端末のうち、32ビットは次男の使っているiPhone 5cだけになりました。

こちらも近々iPhone 6 Plusに置き換える予定。ついに64ビットiPhoneのみになりそうです。

iPhone/iPad/Mac 超活用術 アップル製品連携の極意 (日経BPパソコンベストムック)

2017年5月 6日 (土)

伊能忠敬の気分を味わえる!?歩数をためて日本を一周”ゆるぶら日本一周 伊能忠敬の歩数計”

歩数アプリというのはいくつかありますけど、これはなかなかやる気の出るアプリです。

ゆるぶら日本一周 伊能忠敬の歩数計を App Store で

”ゆるぶら日本一周 伊能忠敬の歩数計”というアプリ。無料。

東京からスタートして、日頃の歩数をためて各都道府県を巡るというアプリです。

Img_8302

画面はこんな感じ。ちなみに自身のキャラは初回に選べます。私はなんとなく”忍者”。

かれこれひと月ほど使ってますが、東京、埼玉は制覇。それぞれ7万歩ほどだったんですが、なぜか”栃木”は15万歩ほどに基準が跳ね上がりました。なぜ?

Img_8303

+の虫眼鏡アイコンをタップすると、これまで巡った都道府県が表示。これをタップすると制覇した都道府県の簡単な紹介も見ることができます。

Img_8306

設定では一日の歩数を設定することができます。

私は8000歩ですが、デフォは13000歩。伊能忠敬のペースがこれくらいだったそうです。

日本中を歩いたというわりにはなんだか少ない気もしますが、13000歩といえども、長さを測るため歩幅は固定で、同行者数人と歩数を照らし合わせながらの旅。しかも、海岸沿いに岩場があっても測定のため歩いたそうですから、並みの13000歩ではありません。

そんな偉業には及ばないものの、毎日歩いて日本を制覇しようというこのアプリ。ただの歩数アプリよりはモチベーション上がりそうです。

ところで、歩数といえば”ポケモンGO”ってアプリもありますが。

最近、やらなくなっちゃったんですよね、私。

そろそろポケモンを集めるのも大変になってきたし、周りもやらなくなってきたので話題にもならないしで、立ち上げるのをやめちゃいました。

歩くきっかけとしては申し分なかったんですが、やはり落ち着いて歩けないというのがポケモンGOの難点。しかもバッテリー消費が早く、電池の消耗が馬鹿になりません。

その点、このアプリは歩くだけの放置プレー型。自宅に帰ってゆっくり確認するだけ。楽ですね。

ちなみにこの歩数アプリはiPhoneのモーションプロセッサの歩数を使うだけなので、ポケモンGOと同時にやることは可能。両方やってみたい方でも手軽に楽しめます。

四千万歩の男 忠敬の生き方 (講談社文庫)

2017年5月 3日 (水)

Apple Watchのおかげで助かった!事故で身動き取れない車内から緊急通報

かなり特殊な例ですが、自身に起こらないとは限りらないシチュエーションです。

交通事故に遭った男性「Apple Watchのおかげで助かった」 | かみあぷ – iPhoneひとすじ!

アメリカの22歳の大学生のCaseyさんがジープで移動中交通事故に遭い、ジープは転倒しCaseyさんは車内で身動き取れない状態になったそうです。

フロント部分に置いていたiPhoneはどこかに飛んで行ってしまい、万事休すか・・・というところで、Apple Watchの緊急通報機能で911(日本でいう119番)にかけたそうです。

飛んで行ったiPhoneがBluetooth圏内にいたこと、iPhone自体が壊れていなかったことで何とか助かったようです。

事故時の損傷具合や車の向きによっては、外に出られなくなる、最悪体が動かせないという状況もあり得ます。

せっかくApple Watch持ってるので、緊急通報の機能の呼び出し方は覚えておいた方がよさそうですね。

なお呼び出し方は、サイドボタン(デジタルクラウンの下の長いやつ)を長押し。

”電源オフ”のほかに”メディカルID”と”緊急SOS”というのが出てくるので、SOSをスライド。

すると通報先が出てくるので、該当するものをタップ。この場合は一番下ですね。

ところで日本の場合、119番にかけると「火事ですか?救急ですか?」と聞かれますが、この場合はどうこたえるのがいいんでしょうね?

火災に至ってなくても、車からの救出は救急車では対応できないと思われるので、一応火事と答えておくんでしょうか?まあ、相手に聞くだけでしょうけど。

LIHAO 車用 家用 緊急脱出ハンマー 安全ハンマー 緊急ライフハンマー シートベルカッター付き 緊急ツール ケースホルダー付き 2個セット オレンジ

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ