iPhone

2019年10月13日 (日)

データ盗み放題な危険なLightningケーブルが発売中!?

うーん、危険だ・・・危険すぎる。

「まちカドまぞく」のちよ桃もびっくりな、ブラックアイデアです。

 史上最も危険な「iPhone接続ケーブル」が発売、悪用の懸念 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

「OMGケーブル」というこのiPhone用のケーブル。お値段は100ドルほど。外観はごく普通のLightningケーブルですが、中にはワイヤレス機能を乗っ取るチップが仕込まれているようで、つないだ途端、相手のiPhoneのワイヤレス機能を用いてデータへのアクセスが可能にするようです。

しかも、外部操作でケーブル内のファームウェアを消去することもできるので、ばれそうになったら証拠隠滅、なんてのも可能。

まあ、自宅にわざわざこんなケーブルを使って充電する人はいないと思いますが、親切にも出先などで充電ケーブルを貸してくれた人がいたら、もしかしたらこいつを使っているかもしれませんね。要注意です。

Amazonベーシック ライトニングケーブル USB 【iPhone対応 / Apple MFi認証】 ダークグレー 1.8m 高耐久ナイロン製

2019年10月11日 (金)

充電のたびにmicroSDに自動バックアップを取ってくれるアダプター「400-ADRIP011」

以前にも似たような製品の紹介をした気がしますが・・・どうやらそれの改良版で、サンワサプライから登場です。

 iPhone/iPad向けのバックアップカードリーダー、7019円 - ケータイ Watch

充電アダプターにかまして使えるカードリーダー「400-ADRIP011」です。

ごらんの通り、microSDカードを挿して使うカードリーダー。充電するたびにバックアップを取る機能(専用アプリ「Qubii Pro」が必要)、充電も2.4Aまで対応です。

いやあ、PC要らずになりそうなアイテムですねぇ。とはいえ、中身を確認するにはやはりPCが必要ですが。

iPhoneで撮った写真、よくそのままずっと放置していて、えらいことになっている人がいますよね。

時折、メディアに退避してあげて、iPhoneをすっからかんにしてやるのも必要。でないと、大切な思い出が丸ごと消えてしまうかもしれません。

簡単お手軽にバックアップできるこのアダプター。たくさんのmicroSDメディアと共に構えたい製品ですよね。


サンワダイレクト iPhoneカードリーダー 充電時自動バックアップ microSD MFi認証品 専用アプリ 400-ADRIP010W

2019年10月 8日 (火)

iPhone 11シリーズの香港版が入荷してるそうですが・・・

海外SIMフリーのiPhone 11で、秋葉原では香港版が入荷しているらしいです。

 iPhone 11シリーズの香港版が入荷、最上位は実売23万円 - AKIBA PC Hotline!

しかし、今どき海外版のSIMフリーiPhoneなんて、カメラのシャッター音が鳴らないこと以外に何のメリットがあるのかと思いきや、一つ大きなメリットがありました。

デュアルSIMです。

まあ、需要がある人がどれくらいいるかですけど、海外旅行では便利だと聞きますね。

特に中国への旅行時には、このデュアルSIMは欠かせないようです。

もっとも、一番安いiPhone 11の64GBでも10万円越えです。よほどデュアルSIMの用途がない限りは、あまりお勧めできませんね。

iPhone 11 Pro Max 用 強化ガラスケース クリア 薄型 耐衝撃 黒 カバーケース モダン アジア香港都市漫画 iPhone 11 Pro 2019用 iPhone11 Proケース用

2019年10月 5日 (土)

iPhone 12はiPhone 4っぽくなる!?

噂ですが、わりと最近のAppleの噂は馬鹿にできませんからね(いや、iPhone SE 2のようなものもありますが)。

次のiPhone 12(仮)は、iPhone 4のようになるらしいとのことです。

iPhone 12、大幅なデザイン刷新で「iPhone 4」ライクに?

つまり、今の丸っこいサイドではなく、あの角っとした金属エッジな筐体に戻るということでしょうか。

私はわりと好きでしたけどね、この角っとしたデザイン。

iPhone SEまではまさにこれでしたよね。悪くないデザインでした。

もっとも、次のiPhoneではデザインよりもやるべきことがたくさんありそうですが。

どうなるんですかねぇ・・・もうちょっと安いiPhoneの発売(せめて6万円台)を希望いたします。


Apple au iPhoneSE A1723 (MLM72J/A) 64GB シルバー

2019年10月 3日 (木)

携帯大手の「実質半額」に待ったが!

さすがにこれは擁護のしようがありませんね。おっしゃる通りです。

 携帯大手3社の端末販売時の「半額」表示に消費者庁が待った。該当キャリアは広告展開を停止、プラン名変更を余儀なくされる可能性も | 面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】

消費者庁が新型iPhoneに対する、携帯大手の「実質半額」の文言に物言いをつけたようです。

私はあまり、消費者庁というところが好きではないのですが(餅にはだんまりで、特定会社の蒟蒻畑に物言いするところですから)、この物言いは極めて正常かと。

あくまでも「注意喚起」なので、強制力はありません。ですが、携帯大手も即時に反応したようで、今後この文言を変える方向なようです。というか、S社は変えたようですね。

というのも、実際は48回払いで、25回目以降に新機種への乗り換えの際に端末を引き取るというものだから。

こういうの、車では「リース」という表現を使うんですが。

しかもその代償として、毎月390円を払う必要があるとか。390×24=9360円が別途余分にかかるわけで、iPhone11 Proが約10万円だとしても、実際には6万円近く払うわけで。実質半額ではなく、せいぜい4割引き。しかも、端末は返却する必要があるわけです。

こういう最初からユーザーを欺くような表現をするから、わりと多くの人から反感を受けていることにいい加減気づくべきじゃないかと思うんですけどねぇ。

私も結局、イオンモバイルに乗り換えましたし。

格安SIMよりは割高なのは仕方がないとしても、もうちょっとシンプルで、分かりやすい表現にできないものでしょうかね?そういうところだぞ、と言いたいです。


格安スマホの仕掛け人たち

2019年9月30日 (月)

iOS13でアイコンの移動が面倒なことに

滅多に使わない機能ですが、気にはなります。

少し面倒になった?iOS 13で変更となったアプリの移動・削除方法 | 面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】 

そうそう、まさにこれ。アイコンを移動しようとしたら、最近は余計なメニューが出てくるんですよね。

3D touchが敏感になりすぎたのかと思いきや、長押しでメニューが出るようになったんですね。不便です。

ただ、メニューが出る直前で動かせば、今まで通りにアイコン移動ができるようです。

もっとも、タイミングが重要。

私の掴んだタイミングは、クイーンの「We Will Rock You」の「ズンズン チャ……ズンズン チャ……」の「ズンズン」くらいで動かすとちょうどよさそうでした。

いや、分かりづらいですよね、そんなタイミング・・・

元に戻してほしいです、これ。せめて設定で切れるようにしてくれないかなぁと。


ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

2019年9月29日 (日)

iOS13にアップデートできないiPhoneへiOS 12.4.2の配布開始

うちのiPhone 6 Plusはこの度、最新iOSから切り離されたわけですが、そんなiPhone 6 Plusにこんなアップデートが来てました。

Img_2169

iOS 12.4.2です。

セキュリティアップデートのようです。

が、わざわざ旧OSのアップデートをしてくれるとか、よほど重大なセキュリティ問題があったのでしょうね。

とはいえ、まだ切られて間もないiPhone 6 Plusも、しばらく安心して使えます。

過去にも、こういうのありましたね。いつのバージョンかは忘れましたが、メジャーアップデート直後の前バージョンのセキュリティアップデートが。

というわけで、iPhone 5s、6/6 Plusの人は忘れずにアップデートされることをお勧めします。


ZMNT iPhone 6 バッテリー 専用 交換用 バッテリー 2250mAh 大容量 PSE準拠 ― 標準工具セット付き 日本語説明書付 iPhone6用 (Upgraded Version)

2019年9月24日 (火)

iOS 13でキーボード自動切換えされて不便に

iOS 13で、不便になったところもあります。私にとっては、これ。

何のことかといいますと、日本語ローマ字入力のモードで、記号入力に切り替え入力すると、たまに勝手にアルファベットキー配列に切り替わっちゃうんです。

で、調べてみると、どうやら記号入力キー配列の下段に現れる「。」「、」「!」「?」と顔文字を入力した後に、勝手にアルファベット配列に飛ぶように変わったようです。

【iOS13変更点】ローマ字キーボードで記号(句読点、!、?)を連続タップ入力できない問題について 

実に、ありがた迷惑な仕様変更です。

個人的に、「!?」という入力が多いんですが、「!v」になっちゃいます。

他には、句読点の後の鍵括弧閉じを打つと、『。」』となるところが『。k』となるんですよね。

リンク先にもある通り、このキーボード自動切り替えを無効化する設定はありません。困ったものです。

Appleの製品って、最近ちゃんとテストしているんですかね?

せめて、設定で無効化できるようにすることを望みます。


(スタンド内蔵) iPad/iPhone 用 マルチキーボード Bookey Plus (ブラック) iPad mini Pro Air 9.7/10.2/10.5/11インチ iPhone 8 Plus/X/XR/XS/XS MAX 対応 ワイヤレス JTT Online 技適認証済 IPBKYPLBK

2019年9月23日 (月)

iOS 13ではマウスが使用可能に!

かなり限定的ですが、Windows用のBluetoothマウスが使えるようになりました。

ということで、

Img_2151

早速iPhone 7 Plusでやってみました。

Img_2153

以前に買ったこのキーボード、スペースキーの右隣りに小さなトラックパッドがついています。

当然ですが、今まではこれをiPhoneで使うことは不可能でした。

Img_2154

まずは、設定から。設定 - アクセシビリティ - タッチ - AssistivTouchを選択し、オンにます。

Img_2157

無論、Bluetoothでこのキーボードを有効にする必要がありますが、注意点が一つ。

Img_2152

このキーボードにはWindows/AndroidとiOSのモードがあるのですが、ここでは「Windows/Android」のモードで使います。

でないと、トラックパッドが使えません。

Img_2160

この設定の後に、トラックパッドを使ってみると

Img_2162

ああ、動きます、変なポインターですが、確かに動きました。

というわけで、メモを起動してみます。

Img_2164

「メモ」で一番使いたいマウスの機能は、カーソルの移動と文字の選択。

カーソルは簡単に移動できます。普通にマウスをポンと左クリックすると(トラックパッドなら、ポンとタッチすると)、そこにカーソルが移動できます。

が、文字選択はちょっと難儀します

Img_2166

まず、文字を選択したいところでダブルクリックすると、こんなメニューが出るので、「選択」を選択。

Img_2167

で、あとは、この左右にある丸いやつをマウスでキューっと引っ張って、文字選択範囲を指定をします。

Img_2168

その後にもう一度クリックすると、コピー、ペーストなどのメニューが出てくるので、ここで「コピー」を選びます。

さすがに、Macbook Airが不要になるほどにはなりませんね・・・ちょっと、いやかなり不便です。

本当におまけの機能という感じですね、このマウス対応は。

もうちょっと便利になるといいのですが・・・Appleにそれを求めるのはダメですかねぇ?

この点、iPadOSも同じでしょうか?気になりますが、こちらのリリースはまだ少し先です。

ところで、うちにあるBluetoothマウスを認識させようとしたのですが、上手く認識せず。このキーボードはいけたんですけどね。

ちょっと相性があるようです。要注意。

とまあ、2回続けてiOS 13の新機能を紹介しましたが。

Androidなら普通の機能なんですけどね。

やっと普通になっただけ、いや、マウスに関してはまだ不便、という報告でした。

ところで、話がそれますが。

ブログのデザインを再び変えました。

21日の夕方に変えたのですが、急には変わらず、しばらくは茶色の旧デザインが続いてました。

それも、徐々に変わってきましたね。これを書いている時点では、ほぼ新デザインに変わりました。

少し目に優しい & 表示幅が広くなった かと思います。


FENIFOX Bluetooth マウス, 無線 携帯 ブルートゥース マウス ワイヤレス 噪音なし 軽量3D PC ノートパソコン Mac Android Windows 用-黒

2019年9月22日 (日)

iOS13でiPhoneでも交通系ICカードが読めるように!

うちのiPhoneも、iOS13にアップデートしました。


ちなみに、ダークモードで使ってます。闇が深いので・・・


という話はともかく、このiOS13に変わってよかったことを2つほど紹介。


1回目は、長らく待たされた「交通系ICカード」を読む機能の紹介。


 ‎「ICカードリーダー by マネーフォワード」をApp Storeで


このICカードリーダーというアプリを入手します。無料。


使い方は、いたって簡単。


Img_2290


起動して、下の「ICカードをスキャンする」をタップし


Img_2291


iPhone本体の上の方にICカードを当てるだけ。


この通り、残高が表示されます。


我が家では、iPhone 7 PlusとiPhone Xで試しましたが、iPhone Xは財布に入れた状態でも読み込みましたね。こちらの方が読み取り性能は高いようです。


他にも「バスNAVITIME」というアプリでも読めるそうです。無料。


‎「バスNAVITIME バス&時刻表&乗り換え」をApp Storeで 


こちらは、バスの時刻表なども検索できるため、便利そう。


Img_3409


こちらは、メニューから「ICカード残高」をタップし、


Img_3410


同じようにiPhone上部にカードを当てます。


ただしこちらは履歴は表示されず、残高のみ。


履歴を確認したい場合は、「ICカードリーダー」アプリを使うしかなさそうです。


まあ、Androidでは普通の機能だったんですけどね。でもこれでようやく、AndroidなしにiPhoneだけで残高の確認ができます。


もっとも、iOS13に上がって悪いこともいくつか。


まず、iPhone 6 Plusがサポート外になりました。


我が家ではまだ現役なんですけどねぇ・・・無慈悲です。


あと、ところどころ使いにくくなりましたね。


App Storeでアップデートを選ぶところが2ステップになりました。今までは下のアイコンをタップすれば選べたんですが。


そろそろ、自動にしろってことですかね?


とまあ、いろいろありますが。


次回も、iOS13で搭載された新機能の紹介です。


CASEKOO iPhone 11 ケース 6.1インチ クリア 薄型 米軍MIL規格 耐衝撃 透明カバー 衝撃吸収 四隅滑り止め ワイヤレス充電対応 アイフォン 11 ケース 全面保護 SGS認証 2019年6.1インチ用カバー(クリア)


より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ