iPhone

2019年4月16日 (火)

iPhone /MacのSafariで「安全ではありません」と表示されるわけは!?

最近、iPhoneやMacBook AirのSafariを使ってると、アドレスのところにやたら「安全ではありません」と表示が出ます。

一体、どういう意味なのか?

解説しているサイトがあります。

 SafariのURLバー「安全ではありません」の表示の危険性や対処法を徹底解説 - SNSデイズ

要するに、「http」で始まるサイトに対して出るようです。httpsで始まるサイトとは違い、SSLによる暗号化がされていません。このため、「安全ではありません」表示が出るようです。

稀に赤字で表示されることがあるようですが、それは「http」サイトでクレカの番号やID、パスワードを入れようとしたときに出るようです。

確かに、アカウントを要求されるサイトで暗号化無しは嫌ですよね。赤字の時は、気をつけた方がよさそうです。

それ以外は、あまり気にしなくてもいいかと思います。このブログもそうですね。でもまあ、当然ですが、何か情報を抜き取ろうとか、そういうことをしているサイトではないので。

Apple iPhone8 64GB Silver シルバー MQ792J/A A1906 国内版SIMフリー

2019年4月14日 (日)

Amazonプライムが突然値上げ!4月12日から!

予告もなく、Amazonプライム会員の年会費、月会費が値上げになったそうです。

 速報:アマゾンがプライム会員費を値上げ、年4900円/月500円に。4月12日から - Engadget Japanese

年間3900円、月間400円が、ぞれぞれ4月12日以降の加入者に対して4900円、500円となる模様(税込み)。

なお、すでに入会している人の場合は、5月17日以降に改定料金に変わるそうです。

でも、私のように8月に年会費を払った者はどうなるんでしょうか?まさか、5月17日に日割りで残りの期間分を払うことになるんでしょうかね?

といっても、すっかりプライム会員サービスを利用している私にとっては、この程度は許容範囲かなぁと。

Amazon MusicとVideoはよく使ってますね。正直言って、それだけで年間6千円でも元が取れると思ってるくらいです。

海外ではもっと高いようですね。年99ドルが119ドルになったらしいですから。それに比べたら、日本はまだまだ安い方ですよね。

気が付けば、AppleよりもAmazonのサービスを使ってますね。以前はドコモ系も使ってたんですが、中途半端で結局Amazonに集約しつつあります。最近は電子書籍もKindle一択ですし。

ただ、曲を買うときはiTunesですね。でも、Apple Musicは入らないなぁ。値段のわりに、得られるものが少なすぎです。そんなに払うなら、やっぱりAmazonですかね。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

2019年4月13日 (土)

iPhone SEの後継は4.8インチ有機ELの「iPhone XE」!?

有機ELディスプレイで廉価版というのもあまり信じられませんが、ワイヤレス充電未対応などの割り切り仕様みたいです。

 ASCII.jp:アップルiPhone SE2はiPhone XEとして復活?|篠原修司のアップルうわさ情報局

多分、指紋認証ではない顔認証のやつなんでしょうけどね。

個人的には、iPhone 8の後継こそ欲しいですね。指紋認証のみのやつ。その方が信頼性が高いです。

もっとも、廉価版の噂は最近、当たった試しがないですね。Apple製品は高くなる一方です。

さすがにそろそろ廉価なハードでも成り立つようなビジネスを展開しないと、まずい気がしますね。サービスを充実しようと試みているようですが、そのプラットフォームが高すぎるんじゃあ、普及も何もあったものじゃない。

4万円代とは言わないけど、6万円代のiPhoneは普通に用意して欲しいですよね。できれば、Plusクラスのバッテリーを搭載したやつが欲しいです。

【国内版SIMフリー/Unlocked】 iPhone SE 32GB ゴールド

2019年4月11日 (木)

スマート家電リモコンでテレビの選局を可能に

アレクサで「NHKにして」などというと、NHKを選局してくれるというリモコンが登場です。

「アレクサ、TVをNHKにして」で選局可能に。ラトック家電リモコンが進化 - AV Watch

ラトックスがテレビ局名で選局を可能にするスマートリモコンを販売しました。

あらかじめ地域の選択が必要なようですが、そうすると、テレビリモコンの番号ではなくテレビ局名で選局できるようになるとのことです。

すでに「RS-WFIREX4 」などを持っていれば、この機能が使えるようになるそうです。アプリ側の対応のようですね。

もっとも、我が家はリモコンを使うほどテレビを見ないので、宝の持ち腐れでしょうが。最近、うちのテレビはWii U用途が多いです。

他にも照明やエアコンも制御可能となるので、スマートスピーカーと組み合わせて使いたい方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

ラトックシステム スマート家電リモコン スマホで家電をコントロール ※IFTTT対応 / 重さ16g / 赤外線到達距離30m / 壁掛けフック搭載 [Works with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】RS-WFIREX4

2019年4月 3日 (水)

Apple Watchの電池の持ちを1.5倍にするバンド

要するに、バッテリー内蔵のバンドです。

Apple Watchユーザーは要チェック! 電池の持ちを1.5倍にするストラップ「Batfree」 | Techable(テッカブル)

出資サイト:Batfree, World's First Power Strap for Apple Watch by Togvu — Kickstarter

KickStarterで資金募集中のこのバッテリー内蔵バンド「Batfree」は、600mAhのバッテリーを内蔵したバンド。

Apple Watchを包み込むようにはめるタイプのバンドで、充電も通常のワイヤレスで行えるそうです。充電は側面にあるボタンを押すとできるため、バッテリーが足りなくなってから充電開始できる仕組みになっているようです。

デジタルクラウン部分は外に出ているため、Series 4の心拍計も使用可能(もっとも、日本では使用不可)。Series2、3、4、38mm、42mm(40mm、44mm)モデルに対応しているそうです。

赤と黒の2種類があって、お値段は45ドル(約5千円)から。色は出荷前までに選べるようです。

なんて便利なApple Watch用バッテリーなのか!と思いきや、よく考えたらこれ、心拍数が取れるんでしょうか?

手首とApple Watchの間にこのバンドが挟まる格好になっているので、どうなんでしょうね?

 

でも一応、心拍数用センサーの辺りには穴は開いてるみたいです。さすがに心拍数が取れるようには考えられている・・・はず?

ちょっと不格好ですが、付けたまま充電できるというのが最大の売りのこのバンド。ワークアウトをやりすぎてApple Watchのバッテリーの持ち少ないと悩みの方なら、ぜひ手に入れたい一品じゃないでしょうか?

APPLE WATCH モバイルバッテリー アップルウォッチ (Apple MFi認証) 充電器 ワイヤレス磁気充電器 18ヶ月安心保証 900mAH APPLEWATCH Sereis1/2/3 38mm/42mm 残量表示

2019年3月31日 (日)

スマホから水を追い出すアプリ

耐水性のあるスマホでも、あまり水が付きっぱなしなのは良いわけではないようです。

というわけで、「スマホから水を追い出すアプリ」というのがあります。

水没したスマホから水を排出できるウェブアプリ「Fix My Speakers」 | ライフハッカー[日本版]

Webアプリなので、インストール不要、AndroidでもiPhoneでも、多分Windows Phoneでも使えます。

一応、Apple Watchの排水機能と同じように動作するアプリのようです。

やり方は簡単、下記のサイトにアクセスし、

Fix My Speakers - Eject water from your phone's speakers after getting it wet

その上の方にある水滴が3つついたアイコンのようなボタンを押すだけ。

「ぷー」という音が出ますが、それで水を追っ払うようです。

ただしスマホの場合、効果があるのはスピーカー周りだけのようですね。

耐水性のないスマホの場合は、これを使わずにすぐに電源を切り、乾燥キットを使った方がいいでしょうね。

防水スマホでも、充電端子などが濡れたまま充電するとえらいことになります。そういう事態を防ぐための手段と考えた方がいいでしょうね。

Kensington EVAP 水没レスキューキット K39723JP

2019年3月21日 (木)

最新スマホにその値段が払えるか!?

もう、成熟期に入ったと思うんですよね。スマホも。

そういう気持ちをうまく代弁してくれた記事を発見。

その値段のハイスペックスマホ、もはや感動に見合わず [賢く生きる3分間マネーハック] All About

そうなんですよね。私がスマホに感動を覚えたのは、iPhone 7 Plusが最後でしょうか。

iPhone 4や4sの頃はもちろん、iPhone 6 Plusも感動しました。あのころはまだ性能向上も実感できる時代で、世代ごとに使用感が上がる感動を感じたものです。

今はもう、性能向上を感じることができませんね。アプリによってはあるんでしょうけど、私が普段使うアプリでは、iPhone Xから性能向上を感じることがほとんどありませんね。

それよりも、指紋認証をなくされたことの不便さが気になって仕方がありません。iPhone 8のデザインのまま、XR並みの性能を持たせてくれた方が私としてはありがたい。

むしろ、Apple Watchとの連携を重視して、余計な機能を排除したiPhoneにしてほしいところです。その方がユーザーとしてはありがたい。

また、Apple Musicもそうですけど、使いづらいんですよね。Amazonのプライム会員で聞けるAmazon Musicの方が使い勝手がいいんです。曲は少ないけど、意外と聞ける曲が多くて割安感があります。それでいて他のサービスも使えますし。

6万円くらいの本体価格に、ある程度太っ腹なサービス、それができるかどうかがスマホの今後の分かれ目のような気がしますね。

ほんと、私にとって今買うならベストなiPhoneが、iPhone 8 Plusというのは勘弁してほしいです。

とりあえず、顔認証はもう外してほしい。不便でしょうがない。iPhoneの指紋認証機復活を願います。

【国内版SIMフリー】 iPhone 8 Plus 64GB ゴールド MQ9M2J/A 白ロム 5.5インチ Apple

2019年3月19日 (火)

従来から40%も小型化した高出力なUSB電源”Anker PowerPort Atom PD 1”

スマホどころか、MacBookの充電も可能な高出力なUSB充電器が、わりと小型化されたモデルというのがあるそうです。

売り切れに次ぐ売り切れ、Anker「窒化ガリウム」採用USB充電器が小さくて軽くてすごい! - PHILE WEB

30Wでこの大きさ。iPad付属の10W級とほとんど変わらない大きさでこの出力。もちろん、MacBookくらいなら充電可能です。

窒化ガリウムというのを使うことで、従来より40%も小型化したこの充電器。その分、ちょっとお高いようですが、MacBookを使っているユーザーなら旅のお供に最適。

うちのMacBook Airには使えませんが、新しいMacBookでも買うことになれば、候補にしたい充電器ですね。

Anker PowerPort ll PD - 1 PD and 1 PowerIQ 2.0 (48W 2ポートUSB-A & USB-C 急速充電器)【PSE認証済 / PowerIQ 2.0搭載 / PD対応/折りたたみ式プラグ搭載 】iPhone XS / XS Max / XR / 8 / 8 Plus、Galaxy S9 / S9 、Xperia XZ1、MacBook他対応 (ホワイト)

2019年3月15日 (金)

スタンガン付きiPhoneケース

そんな物騒なものが、ここ日本でも売られているようです。

護身用スタンガン付きのiPhoneケースが発売 - Engadge日本版

護身用スタンガン機能が付いたiPhoneケース「Yellow Jacket iPhone 6/6s/7/7s」が発売。日本では、PODという輸入業者が扱っているそうで、お値段は29000円。

イエロージャケットiPhone6、6s、7、7sケース | すべての商品 | POD輸入販売

スタンガン部分は分離できるようです。95万ボルトの電圧が出せるらしいですが、「暴漢を2分間行動不能にできるほどの威力」だそうです。

でも、ポケットに入れている時に誤作動したらどうなるんだろう・・・いや、3つのステップで誤作動を防ぐ仕組みとなっているらしいです。が、それはそれでいざという時にすぐに使えるんでしょうか?心配です。

なお、最近のAmazonはスタンガンは扱ってませんね。かといって、3万円はちょっと高いし・・・安く済ませるなら、中国製の直列コンデンサーを使った怪しげな電子部品を使って自作するしかありませんね。

直流3V-6V→400kV送電?ブースト?ステップアップ パワーモジュール 高電圧発生400000V

2019年3月13日 (水)

折りたたみスマホは流行るのか!?

CESやMWCなどの祭典では、最近続く前面の画面比率向上の他に、折りたたみスマホなるものが出てきてます。

2019年のスマホ3大トレンドは? スマホの祭典から考察 | マイナビニュース

Samsungやファーウェイが折りたたみスマホの製品版を発表してます。

ただ、上の記事でも書かれている通り、この折りたたみスマホが爆発的に流行るとは、ちょっと考えにくいですね。

理由は単純で、高すぎるからです。20万円オーバーが当たり前。ちょっとこれも、どうですかね?

でも、もしこれが10万円になったら買うかと、やっぱり売れないんじゃないかなぁと。

一言で言えば、分厚いスマホ。広げたところで、せいぜい7インチ止まり。

これなiPhoneとiPadを両方持って行ったほうが便利かもしれません。

せめて、畳んだら5インチ、広げたら10インチ、価格は今のスマホ+2、3万円程度でないと、ちょっと普及しそうにないですね。

あまり手軽に取り出せそうにない端末なので、どちらかというとタブレット的な使われ方をする人が多いかもしれません。

私、いつも思うんですけど、外ではスマホ、自宅ではクラムシェルにできるスマホがそろそろ出てこないのかと思っています。

特にiPhoneあたりに期待したいですよね。外ではiPhoneで、自宅ではMac的な使い方ができれば、個人的には最強です。

これなら20万払ってもいいなぁ。いや、せめて15万円か。

でも、そろそろMacもARM化されるって言いますし、もしかしたらAppleはそれを狙っているのかもしれません。

昔、PowerBook DUOというのがありましたね。外ではノートで、ドックに入れて使うとデスクトップ的に使える製品でした。

あれはあれで受けた製品でしたが、ああいうやつのスマホ版に期待したいです。

Apple 12インチ MacBook|1.2GHz デュアルコア Intel Core m3|256GB|シルバー|MNYH2J/A

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ