Android

2019年2月11日 (月)

3.5インチのノッチ付き小型スマホ”K-TOUCH i9”発売

3.5インチと言えば、かつてのiPhone 4sまでの画面サイズですが、ノッチ付きでその画面サイズを実現したスマホが登場です。

3.5インチ小型スマホ「K-TOUCH i9」国内販売 | 無料プレスリリース配信ならプレスリリース ゼロ

K-TOUCH i9というこのスマホ。この大きさでベゼルレスなので、かなり小さいスマホであることが分かります。実際、iPhone 4sどころではありませんね、この大きさ。

ヴェルテというところで取り扱うようです。

商品一覧 - ヴェルテ

お値段は、12,800~15,800円だそうです。お手軽ですね。

もっとも、3.5インチというサイズに惑わされない方がよさそうです。縦長なので、動画を見るときは実質的に2.5インチくらいのスマホだと思った方がちょうどいいかもしれません。

【追記】

ヴェルテという業者、かなり要注意なところのようです。「ヴェルテ 評判」でググると、こういう記事がたくさん引っかかります。

危険な輸入代行業者「ヴェルテ」(株式会社シティ、旧ドゥモア)のこと - eps_r

納期がかかりすぎる、違うものが届く、などあるようです。他の入手ルートができてから、買ったほうがよさそうですね。

Unihertz Jelly Pro, 世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 7.0 Nougat ロック解除された, ブラック 黒

2019年2月10日 (日)

なぜ若い人は「スクショ」を多用するのか!?

ちょっと面白いような、考えさせられるような記事を発見です。

なぜスクショ?スマホネイティブ世代がコピペしない理由 | 日経 xTECH(クロステック)

若い人が面白いネット情報を見つけた時、URLではなく「スクショ」で共有するという話。

私などはURLを選択しコピペしますが、ここに出てくる若者はわざわざURLをコピペしないそうです。手間がかかる上に、「ギガ」を消費してしまうからというのがその理由。

スクショならば、サイトを読み込むよりも少ない通信量で相手に伝わるため、「ギガ」を使いきって速度制限のかかった友人にも伝えられるというもの。

そもそも、文字列をコピペするという機会が少ないという話は、ちょっと衝撃的ですね。初期のiPhoneはコピペできないことが欠点として騒がれたことを思い出しますが、今やあれは大した欠点ではないくなっているようですね。

いわれてみればうちの長男も文字列のコピペはあまりやりませんね。でも、検索窓はよく使います。文字列になじみがないというのは、ちょっと言いすぎな気もしなくもないですね。

しかし、若者のスクショ文化、上手くこれを利用したアプリが出れば、LINEやTwitterに変わる一大勢力が出来上がるかもしれませんね。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 光学40倍ズーム 1602万画素 単三電池 ブラック B500BK

2019年2月 9日 (土)

Androidには”QWERTZ”キーボードの設定がある!?

この記事を読んで、そういうものがあることを知りました。

Androidスマホ入力時のキー配列で「Y」と「Z」が逆になってしまったときは: パソコンを便利に!!

一見すると、分かりにくいですね。一般的な”QWERTY”ではなくて、”QWERTZ”です。

つまり、YとZが入れ替わっているキーボードだそうです。

そんな微妙なキーボードが存在することすら知りませんでした。英語キーボードと言えば、有無を言わさず”QWERTY”だと思っていたもので。

YとZの使用頻度で使い分けているんでしょうか?確かに、Zのキーの位置は打ちにくいですからね。YよりZの頻度が高ければ、こういうキー配置もありなんでしょう。

おかげで、リンク先のような事態が起きてしまうようです。もしYとZが入れ替わってしまい不便を感じたら、ぜひリンク先を参照ください。

Logicool ロジクール K480BK Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS 対応

2019年2月 1日 (金)

古いAndroid機(4.0.4以前)ではYouTubeアプリが使えない!?

うちには該当機種はありませんが、そういうことのようです。

古いAndroid端末からYouTubeが見れなくなった・アップデートできない問題について

Androidの4.0.4以前のバージョンでYouTubeアプリを使おうとすると、バージョンアップを促されるそうです。

が、Android 4.0.4以前のOSでは、その最新のYouTubeアプリに対応できないとのこと。

事実上、YouTubeに関してAndroid 4.0.4以前が切り離されたことになります。

ブラウザを使ってYouTubeを見るという方法が残されているので、なんとかなるようです。が、そろそろ古いAndroid機は買い換えた方がいいかもしれませんね。

今や、8.0の端末でも、1.6万円ほどで売られている時代ですからね。

Android 8.0+オクタコアの「nova lite 2」が税込15,800円でセール中 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

あえて古いOSの端末を使い続けるメリットはなさそうです。

うちにあるTONE M15は、Android 5.0なんですよね。

この話を聞くと、いよいよ崖っぷちです。

あまり使わないので困ることはないのですが、たしなみ程度に持つにせよ、そろそろ新しいのを考えた方がよさそうです。

世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書1年生

2019年1月30日 (水)

床に置けてタブレットも支えられるスタンド

スマホやタブレットのスタンドは数多ありますが、このスタンドは直接床において使えます。

ゴロゴロしながら使いたい。 iPadやスマホにも使える床置きタイプのロングスタンド | ライフハッカー[日本版]

38~175cmまで高さ調整可能で、上部は70cmくらいは前に張り出せる仕様のようです。対応するのは、3.5~10.6インチまでのスマホ・タブレット。

この手のスタンドは、スマホスタンドの反対側がクリップになってたりするんですよね。このため、クリップで固定するところがないと使えないという不便なものが多かったんですが、こいつはしっかりと床に置くだけで使えます。

重量が5.85kgだそうですが、その重さのほとんどが下のスタンド部分なんでしょうね。それで倒れ防止をしているものと思われます。

個人的には、ちょっと欲しいですね。お値段は4000円弱。でも、今はどちらかというとMacBook Airをよく使うので、そちらをささえられるスタンドなりテーブルがあると便利なんですが。

IPAD床置きスタンド、38cm-175cm高さ調節可能、360°回転枕元で携帯テレビ観賞用3.5インチ~10.6インチタブレットPC、スマホ共通スタンドクリップ (白)

2019年1月11日 (金)

VAIO Phoneの未使用品が8888円で大量販売中

出た当時は、かなり悪名をとどろかせたVAIO Phone。

2015年に登場し、当時5万円ほどしましたけど、3万円ほどのスマホに模様と箱を買えただけというのがばれて、かなり炎上した記憶です。

そんな懐かしの(?)スマホの未使用品が、なんとイオシスで8888円にて大量販売中だそうです。

ASCII.jp:年末年始で1000台売れた!? 初代「VAIO Phone」の未使用品が9000円弱

4コアのSnapdragon 410に、2GBメモリ、Android 5.0という、かろうじてPokemon GOが動くスペックのスマホ。

上の記事が書かれたときは、すでに1000台売れて、まだ2000台の在庫があるとされてましたから、まだ手に入りそうです。

2015年といえば、iPhoneでいえば6/6 Plusから6s/6s Plusが発売された時期。それくらいの端末と考えると、結構古いですね。

でも、Android 5.0ってまだ使えますよね。うちのTONE M15も5.1ですが、わりといろいろなアプリが使えます。9000円程度の端末と思えば、かなりお買い得ですよね。

14日(祝)までの特価らしいので、手に入れたい方はお早めに。

SIMフリースマートフォン VAIO Phone VA-10J 日本通信

2018年12月24日 (月)

キーボード付きクラムシェル型Android端末”Gemini PDA”が日本発売へ

少し前の日本であれば、この端末はもてはやされたことでしょうね。

リンクス、キーボードつきAndroidクラムシェル「Gemini PDA」を国内販売 - PC Watch

キーボード付きの小型クラムシェルAndroid端末”Gemini PDA”が、日本で発売です。お値段は75000円前後。ビックカメラ、ソフマップ、コジマ、ツクモ、およびヨドバシカメラで販売されるそうです。

確か、ずっと以前にクラウドファンディングで資金を募集していた端末でしたが、正規に日本でも取り扱われることになったようです。

ごらんの通り、HP-200LXあたりをいじっていた世代の方にはビビッと来るデザイン。テキスト入力が捗りそうです。

ですが、もうちょっと時代が早ければ、もてはやされたかもしれませんけど、今はどうですかねぇ・・・

7.5万円なら、もうちょっといい端末、買えますし。

やや登場が遅かった気がしますね。個人的には好きですが、金額を思うと、GPD Pocketの方を買ってしまいそうです。

[セット品]GPD Pocket 本体,Three One・オリジナル収納バッグ,Lenovo純正ロープロファイルトラックポイント セット

2018年12月14日 (金)

Kindle Fire 7を買いました

7インチのやつです。サイバーマンデーで安かったので、つい買ってしまいました。

Img_3277

お値段は3480円。送料、税込みでこのお値段。

つい先日買ったiPadと比べると、10分の1以下の価格です。

Img_3278

中身はこれだけ。本体と充電器、ケーブルに簡易マニュアル。

Img_3280

今どきのスマホ、タブレットと比べるとずいぶんと幅広のベゼルが目立つKindle Fire 7。でもまあ、3千円台ですからね。

Img_3281

パワーを入れます。

Img_3282

まずは言語選択からスタート。

Img_3285

起動直後は、アップデートが続けざまに走りました。

Img_3284

その間にチェックです。

背面はこの通り。まあ、安いプラスチックという感じの筐体です。

Img_3288

厚みは・・・思ったよりも薄いかな。

Img_3286

先日買ったばかりのiPadと並べてみました。

画面の綺麗さは、まるで比較になりません。でもまあ、10分の1ですからね・・・

Img_3287

7インチ対10インチですが、この通り体感的には半分くらいの画面サイズ。

そういえば、Nexus 7以来ですね、7インチ端末。

Img_3294

そうこうしているうちに、アップデート&再起動も完了。

Google Playがない以外は、Androidタブレットっぽい画面です。実際、OSはAndroidですが。

しかし、本やビデオなど、購入済みのものが画面に出てきます。

Img_3289

さて、何はなくともまずは「設定」から。

実は子供に触らせることを想定しているため、いろいろと制限をかけておきます。

設定アイコンをタッチして、「機能制限」を選択します。

Img_3290

最初にこの設定画面に入るためのパスワードを2回入力させられます。

その後、こんな画面が出てきました。

デフォルトで、購入関連はパスワードがかかってますね。他にも書籍やビデオに年齢制限をかけることが可能。

Img_3293

おかげで、無料アプリを落そうとしてもこの通り。パスワード入力を求められます。

これなら、親も安心ですね。

Img_3295

ちなみに、いくつか無料アプリを入れておきました。

Img_2159

すると、次男が早速遊んでました。

レースゲームですが、軽い本体なので、わりと楽に遊べるようです。

なお、次男がよく見るYouTubeはSilkというブラウザ経由で見るしかなさそうですが、何とか使えました。

ただ、やっぱり安いAndroid並みの反応速度かなぁ・・・といったところ。

その他、2日ほど使ってみた使用感です。

・ 充電が遅い (フル充電に5時間くらいかかる)

・ 本体が軽いので、書籍などは読みやすい

・ 音は思ったより大きくて聞き取りやすい(音質がいいとは言っていない)

いいのか悪いのか、分かりませんね。

でも、用途を絞ればiPadよりも使いやすいかも。

そりゃ、不満はあります。でも、通常でも5980円の端末。それが3480円ですからねぇ。

この1年でKindleの書籍も増えました。主に漫画を買ってますが、電子書籍はKindle一択なので、Kindle Fireの方が捗るかもしれませんね。

しばらく使ってみて、使用感などをあげていきます。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

2018年12月 9日 (日)

防寒性と使い勝手を両立していそうなタッチスクリーン対応手袋

寒い季節になりました。

タッチパネル対応手袋が必要となる季節です。

そんな季節にぴったりそうな手袋の記事を発見。

この冬欲しい! タッチスクリーンを操作できる「Mujjo」の手袋が実用的 | Techable(テッカブル)

オランダのスタートアップ”Mujjo”が作ったこの手袋。

なんとなくですが、わりと薄手ながら防寒性もばっちりな印象の手袋ですよね。実際、手を動かしやすいのが売りだとか。

もちろん、ごらんの通りタッチパネル対応。さすがに指紋認証は無理そうですが、使い勝手はよさそうに見えますね。

こういうスマホ手袋が欲しいですね。今までいくつかスマホ対応手袋を買いましたが、どれも防水性がいまいちで、雪を掻きわけるなどするとすぐに指先が濡れて、あっという間に凍えてしまいます。

もう少し防水性の高い手袋が欲しいなぁと思う今日この頃。こういう手袋を探しております。ただしこの手袋、日本国内へ発送してもらうのはちょっとかかりそうです。

Yobenki アウトドアグローブ 防寒グローブ 保温 冬 気温-30℃!使える 革 防寒 スポーツグローブ 防風 長い袖 防寒 手袋 スポーツ アウトドア サイクリング手袋 自転車グローブ バイクグローブ 撥水加工 冬用 タッチパネル対応 メンズ レディース(ブラック, XL)

2018年11月27日 (火)

AQUOS R2 compactが気になる・・・

今年のiPhoneは、一つも欲しいと思えるものがありませんでした。

iPhone XがなければXRあたりを考えたかもしれませんが、正直言って物欲センサーがまるで反応しません。

まだ代わり映えしない製品を出してくれた方がましでしたが、今のAppleの迷走ぶりをみると、そろそろAndroidへの移行も考えた方がいいのかなぁと考えさせられるわけですが、そんなところにちょっと気になるAndroidが1月に出るようです。

AQUOS R2 compactとiPhone SEを発表会で比較。シャープは小型スマホ難民の救世主となるか - Engadget Japan

シャープのAQUOS R2 compact。iPhone SEよりも一回り大きい本体に、ベゼル小の画面を搭載したこの端末。

AQUOS R2の小型版のようです。が、あまりこの機種については知りません。

Softbank版が出るようですが、SIMフリー版の発売も予定されているとのこと。

この端末が気になるのは2点。

・ わりと安価であること

・指紋認証付きであること

むしろ、こういうiPhoneが出てほしいと思うものが、このAQUOS R2 compactには実現されているようですね。

上下のダブルノッチ画面にはなってしまうものの、ありがたいことに指紋認証があの位置についてます。ホームボタンとして使うことも可能だとか。

顔認証の不便さにイライラしている身としては、この指紋認証はありがたいですね。

最近思うんですが、iPhoneである必然性がほとんどなくなってきたんですよね。

もちろん、iPhoneでないと困るものもありますが、そういうのはたいして性能が必要ないものばかり。

よく使うニュースアプリや娯楽用アプリは、iPhoneにもAndroidにもあります。

乗り換えても、あまり困らないなぁと気づいた今日この頃。

もっとも、Androidへの抵抗感がないわけではないです。あまりに直感的でなさすぎる設定画面に、自由度の大きすぎるホーム画面。

まあ、この辺りは慣れじゃないかなぁと思いますね。

もし来年、指紋認証機の新型iPhoneが出なければ、iPhoneからの乗り換えを本気で考えようかなぁと思ってます。

不便で高価すぎる顔認証機など、今のところ買う気はありませんね。XRの値段が許容範囲ギリギリです。でもやっぱり指紋認証の方がいい・・・実際、私のiPhoneの稼働率トップは、未だにiPhone 7 Plusです。iPhone Xは外で使う専用端末で、家の中ではほとんど使いませんね。

ユーザーの声をどれくらい吸い上げてくれるんでしょうかね、Apple。iPhoneが普及しているこの日本でもシェアを減らし始めて、そろそろ危機感を持ってもらいたいものです。

AQUOS R2 SH-03K docomo Platinum White

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ