Android

2018年12月14日 (金)

Kindle Fire 7を買いました

7インチのやつです。サイバーマンデーで安かったので、つい買ってしまいました。

Img_3277

お値段は3480円。送料、税込みでこのお値段。

つい先日買ったiPadと比べると、10分の1以下の価格です。

Img_3278

中身はこれだけ。本体と充電器、ケーブルに簡易マニュアル。

Img_3280

今どきのスマホ、タブレットと比べるとずいぶんと幅広のベゼルが目立つKindle Fire 7。でもまあ、3千円台ですからね。

Img_3281

パワーを入れます。

Img_3282

まずは言語選択からスタート。

Img_3285

起動直後は、アップデートが続けざまに走りました。

Img_3284

その間にチェックです。

背面はこの通り。まあ、安いプラスチックという感じの筐体です。

Img_3288

厚みは・・・思ったよりも薄いかな。

Img_3286

先日買ったばかりのiPadと並べてみました。

画面の綺麗さは、まるで比較になりません。でもまあ、10分の1ですからね・・・

Img_3287

7インチ対10インチですが、この通り体感的には半分くらいの画面サイズ。

そういえば、Nexus 7以来ですね、7インチ端末。

Img_3294

そうこうしているうちに、アップデート&再起動も完了。

Google Playがない以外は、Androidタブレットっぽい画面です。実際、OSはAndroidですが。

しかし、本やビデオなど、購入済みのものが画面に出てきます。

Img_3289

さて、何はなくともまずは「設定」から。

実は子供に触らせることを想定しているため、いろいろと制限をかけておきます。

設定アイコンをタッチして、「機能制限」を選択します。

Img_3290

最初にこの設定画面に入るためのパスワードを2回入力させられます。

その後、こんな画面が出てきました。

デフォルトで、購入関連はパスワードがかかってますね。他にも書籍やビデオに年齢制限をかけることが可能。

Img_3293

おかげで、無料アプリを落そうとしてもこの通り。パスワード入力を求められます。

これなら、親も安心ですね。

Img_3295

ちなみに、いくつか無料アプリを入れておきました。

Img_2159

すると、次男が早速遊んでました。

レースゲームですが、軽い本体なので、わりと楽に遊べるようです。

なお、次男がよく見るYouTubeはSilkというブラウザ経由で見るしかなさそうですが、何とか使えました。

ただ、やっぱり安いAndroid並みの反応速度かなぁ・・・といったところ。

その他、2日ほど使ってみた使用感です。

・ 充電が遅い (フル充電に5時間くらいかかる)

・ 本体が軽いので、書籍などは読みやすい

・ 音は思ったより大きくて聞き取りやすい(音質がいいとは言っていない)

いいのか悪いのか、分かりませんね。

でも、用途を絞ればiPadよりも使いやすいかも。

そりゃ、不満はあります。でも、通常でも5980円の端末。それが3480円ですからねぇ。

この1年でKindleの書籍も増えました。主に漫画を買ってますが、電子書籍はKindle一択なので、Kindle Fireの方が捗るかもしれませんね。

しばらく使ってみて、使用感などをあげていきます。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

2018年12月 9日 (日)

防寒性と使い勝手を両立していそうなタッチスクリーン対応手袋

寒い季節になりました。

タッチパネル対応手袋が必要となる季節です。

そんな季節にぴったりそうな手袋の記事を発見。

この冬欲しい! タッチスクリーンを操作できる「Mujjo」の手袋が実用的 | Techable(テッカブル)

オランダのスタートアップ”Mujjo”が作ったこの手袋。

なんとなくですが、わりと薄手ながら防寒性もばっちりな印象の手袋ですよね。実際、手を動かしやすいのが売りだとか。

もちろん、ごらんの通りタッチパネル対応。さすがに指紋認証は無理そうですが、使い勝手はよさそうに見えますね。

こういうスマホ手袋が欲しいですね。今までいくつかスマホ対応手袋を買いましたが、どれも防水性がいまいちで、雪を掻きわけるなどするとすぐに指先が濡れて、あっという間に凍えてしまいます。

もう少し防水性の高い手袋が欲しいなぁと思う今日この頃。こういう手袋を探しております。ただしこの手袋、日本国内へ発送してもらうのはちょっとかかりそうです。

Yobenki アウトドアグローブ 防寒グローブ 保温 冬 気温-30℃!使える 革 防寒 スポーツグローブ 防風 長い袖 防寒 手袋 スポーツ アウトドア サイクリング手袋 自転車グローブ バイクグローブ 撥水加工 冬用 タッチパネル対応 メンズ レディース(ブラック, XL)

2018年11月27日 (火)

AQUOS R2 compactが気になる・・・

今年のiPhoneは、一つも欲しいと思えるものがありませんでした。

iPhone XがなければXRあたりを考えたかもしれませんが、正直言って物欲センサーがまるで反応しません。

まだ代わり映えしない製品を出してくれた方がましでしたが、今のAppleの迷走ぶりをみると、そろそろAndroidへの移行も考えた方がいいのかなぁと考えさせられるわけですが、そんなところにちょっと気になるAndroidが1月に出るようです。

AQUOS R2 compactとiPhone SEを発表会で比較。シャープは小型スマホ難民の救世主となるか - Engadget Japan

シャープのAQUOS R2 compact。iPhone SEよりも一回り大きい本体に、ベゼル小の画面を搭載したこの端末。

AQUOS R2の小型版のようです。が、あまりこの機種については知りません。

Softbank版が出るようですが、SIMフリー版の発売も予定されているとのこと。

この端末が気になるのは2点。

・ わりと安価であること

・指紋認証付きであること

むしろ、こういうiPhoneが出てほしいと思うものが、このAQUOS R2 compactには実現されているようですね。

上下のダブルノッチ画面にはなってしまうものの、ありがたいことに指紋認証があの位置についてます。ホームボタンとして使うことも可能だとか。

顔認証の不便さにイライラしている身としては、この指紋認証はありがたいですね。

最近思うんですが、iPhoneである必然性がほとんどなくなってきたんですよね。

もちろん、iPhoneでないと困るものもありますが、そういうのはたいして性能が必要ないものばかり。

よく使うニュースアプリや娯楽用アプリは、iPhoneにもAndroidにもあります。

乗り換えても、あまり困らないなぁと気づいた今日この頃。

もっとも、Androidへの抵抗感がないわけではないです。あまりに直感的でなさすぎる設定画面に、自由度の大きすぎるホーム画面。

まあ、この辺りは慣れじゃないかなぁと思いますね。

もし来年、指紋認証機の新型iPhoneが出なければ、iPhoneからの乗り換えを本気で考えようかなぁと思ってます。

不便で高価すぎる顔認証機など、今のところ買う気はありませんね。XRの値段が許容範囲ギリギリです。でもやっぱり指紋認証の方がいい・・・実際、私のiPhoneの稼働率トップは、未だにiPhone 7 Plusです。iPhone Xは外で使う専用端末で、家の中ではほとんど使いませんね。

ユーザーの声をどれくらい吸い上げてくれるんでしょうかね、Apple。iPhoneが普及しているこの日本でもシェアを減らし始めて、そろそろ危機感を持ってもらいたいものです。

AQUOS R2 SH-03K docomo Platinum White

2018年11月 4日 (日)

折りたたみと両面スマホが中国メーカーから登場

意味があるのかないのかわかりませんが、折りたたみ可能なスマホと、両面に画面があるスマホが相次いで発表されました。

世界初の折りたたみ画面スマホ「FlexPai」発表。広げて7.8インチ、価格は約15万円から Engadget Japanese

まずは「折りたたみスマホ」から。

中国のRoyoleというメーカーから、折りたたみ可能なスマホが発表されました。

広げると7.8インチ、1920×1440の解像度を持つこのスマホ。折りたたんでポケットサイズにして持ち運ぶことができます。

しかしスマホというよりタブレットといった風貌のこの端末。電話としての機能はどうなんでしょう?なんだか使いにくそうに見えますね。

折りたたみで心配なのは、折り目部分の耐久性。20万回は大丈夫だということですが、正直ちょっと心配です。

表面は柔らかいようですね。折りたたむことができるくらいですし、当然と言えば当然ですが、使用感に与える影響はどうなんでしょうね・・・

搭載されているSoCはSnapdragon 8150という、2019年前半に出荷が予定されている未発表のもの。ということは、来年以降の発売になりそうですね。

6GBメモリーに128GBストレージ、8GBメモリーに256GB/512GBの組み合わせの3タイプあるそうです。バッテリーは3800mAh。7.8インチという大きさからすると、ちょっと小さいですね。

カメラは16MPと20MP。ただし、折りたたんだ状態では画面に隠れて背面カメラが使えなくなるようです。

お値段は15万円ほどと言われており、iPhone XS Maxよりも高い驚きの価格。コンパクトに持ち歩けて、大画面を広げられる点にどこまでお金をかける人が現れるかがポイントでしょうね。ただしこれ、結構分厚いのが気がかりです。

続いて、両面スマホ。

表裏デュアル画面でノッチを廃した変発想スマホ Nubia X 発表、液晶と有機ELのサンドイッチ構成 - Engadget Japanese

表面は6.26インチの液晶、サブディスプレイの裏面が有機ELという、表も裏も画面付きの変態スマホです。

画面占有率93.6%というノッチのないほぼ全面モニターを実現するために、両面モニターという構成をとったこのスマホ。

ノッチがないため、前面にカメラはなし。自撮りしたいときは背面カメラを使うしかないですが、裏面にも画面があるので前面カメラと同様に使えます。

なお、背面カメラはデュアルカメラ。認証方式は・・・よくわかりませんね。少なくとも、顔認証ではなさそうです。

その他のスペックは、SoCにSnapdragon 845、6GB/8GBメモリー、256GBストレージ、3800mAhのバッテリーを搭載。なお、両面画面のためか、無線充電には非対応なようです。

お値段は、6GB版が53,500円ほど、8GB版が約7万円だそうです。

次世代のスマホはこうなるという姿を無理やり(?)実現した2種類の中華スマホ。これで使用感が上がってくれればそこそこヒットするんでしょうが、話題になりますかねぇ・・・

Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー【日本正規代理店品】

2018年11月 2日 (金)

指先に乗る最大800倍のスマホ用顕微鏡”iMicro”

スマホのレンズにつけて使う顕微鏡ですが、倍率は100~800倍だそうです。

Fingertip Microscope - Add an 800x microscope to your phone by QingYing E&T LLC — Kickstarter

この”iMicro”ですが、現在Kickstarterにて出資者募集中の案件。長さ26mm、幅12mm、厚さ3.5mm、重量は1.5gと軽量小型のレンズ。

iOS/Androidに対応しており、専用アプリを使ってこんな写真を撮ることができるようです。

夏休み中だと、活躍の場がありそうですね。もちろん、微生物のようなものを出先で調べる必要があるときなどにも使えます。

1つが39 CA$(カナダドル)、つまり約3400円ほどから入手できます。

これで毛穴とか見ると面白そうですね。いや、そんなしょうもないものを見るなと言われそうですが。

DEPSTECH 顕微鏡 デジタルマイクロスコープ 高解像度 IP67防水レンズ 高倍率10-200倍 USB接続 PC Android対応

2018年10月31日 (水)

なぜスマホは画面から落ちるのか?

通常なら、表か裏かは2分の1であるはずなのに、確かに画面から落ちることが多いような気がしますね。

これを大真面目に検証した人がいるようです。

なぜスマホ画面がバキバキに割れている人が多いのか? - GIGAZINE

ご存知、物理エンジンの人ですね。

通常のスマホの持ち方をして、それが手からこぼれ落ちる、手前に滑り落ちる(縦、横)という想定での検証をしております。

結論から言えば、人の持つ高さ程度では画面が下に落ちるのが普通ということのようです。大体身長が1.7mの人がスマホを持つ高さは1.1m。どの想定でも1.5~2.3m以上の高さから出ないと表向きには落ちないようで。

ここまで単純ではないですけど、確かに画面というやつは下向きに落ちますよね。

私も一度、やらかしたことがあります。

【速報】iPhone 4Sの液晶割ったったーーーーーーー!: EeePCの軌跡

気を付けるのは当然ですが、頑丈なケースなどでケアするのが一番なようですね。

机上論ではなく、シミュレーション上とはいえそれなりの実証を伴ったこの考察。なかなか説得力がありますね。

iFace First Class Standard iPhone8 / 7 ケース 耐衝撃/イエロー

2018年10月29日 (月)

”声を出さない音声入力”をMicrosoftが開発!?

なんだか妙な言い回しです。声を出さなくていい音声入力。ネギのない牛丼、デニムの売っていないユニクロくらい謎なキーワードです。

ですが、そういうものをMicrosoft Researchが開発しているようです。

Microsoftの研究者が「声を出さずに音声入力可能」なシステムを開発 - GIGAZINE

要するに、息を吸いながら話しかけると、声のない音声入力が可能になるらしいです。

変な感じですが、確かにほとんど声が出てませんね。それで入力ができてます。ささやき声よりも小さい37dBほど。これはすごい。

大体、普通の人が1メートル離れて話しかける声の大きさが60dB、地下鉄の駅構内に電車が走り込んでくるときの音が90dBと言います。10dB違いで3倍、20dBで10倍違う。そういうものだと思ってください。

だから、40dB以下というのは、普通の人の声の10分の1程度ということになります。ほとんど聞こえないわけです。

音声入力は便利ですが、声を出さなきゃいけないのが欠点ですね。これが実用化すれば、スマホでの文字入力がより手軽になることは間違いありませんね。

Bluetooth ヘッドセット 片耳 高音質 耳掛け型 Bluetooth イヤホン ワイヤレス マイク内蔵 スポーツイヤホン ワンボタン設計 ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング iPhone&Android対応

2018年10月18日 (木)

スマホを立てかけるのがためらわれる美少女フィギュアスマホスタンド

ちょっとスマホを立てかけるのをためらってしまうスタンドです。

価格.com - 「スマホスタンドになる美少女フィギュアセット」が発売、マニュアルDVD付き

その名も「カラーレジン製 ガレージキット 洲馬 歩(すま あゆむ)」だそうです。

お値段は12000円ですが、なんと組み立てキットです。

ただし、素組みで上の画像並みのクオリティが出せるので、さほど腕は必要なさそうです。素組みマニュアルDVDも付属するとのこと。

ただのスマホスタンドに飽きた方向けでしょうが、場合によってはあらぬ誤解を生みかねないため、取り扱いには注意かもしれません。

スマホスタンド美少女キャラクターコレクション No.04 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 約115mm PVC製 塗装済み完成品フィギュア

2018年10月15日 (月)

ちょっと未来を感じさせる動画

少し、いや、かなり未来を感じさせる動画がこちら。

3Dホログラフィック風のやつはかなり難易度高そうですが、リストバンド型の腕をディスプレイ代わりに使えるやつは、今でももしかしたら可能なんじゃないかなぁと。

もしかしたら、Apple Watchの将来像かもしれませんね。こんなApple Watchが出たら、真っ先に買いそうです。

しかし、未来を創造するのって難しいですよね。

まさか、こんなスマホだらけの未来になるとは、10数年前までは創造もできなかったんですよね。

ちょっと未来のスマートデバイスを、感じさせてくれる動画でした。

レーザーキーボード 投映型 無線キーボード Bluetooth レーザーバーチャル プロジェクション キーボード タブレット スマートフォン PC用 (White)

2018年10月11日 (木)

久々にびびっと来そうだったAndroid端末”Google Pixel”ですが・・・

なんだか、拍子抜けです。

昨夜発表された”Google Pixel 3/3 XL”ですが、個人的にはちょっと期待しておりました。

なんといっても、あの馬鹿高なiPhone XSあたりに風穴を開けるべく、Google自らが出す端末ということもあり、場合によっては買ってもいいかなぁって思っておりました。

が、この記事にもある通りでした。

ついにPixelが日本にやってきた!...けどこの胸のモヤモヤはなに? | ギズモード・ジャパン

メモリ量はどうでもいいです。6GBも4GBもそう変わらないだろうと。

ですが、やはり一番気になったのは”値段”です。

一番安いGoogle Pixel 3の64GB版でさえ、9.5万円です。

Androidが、値段でiPhoneと高値を争ってどうするんだと!?

スペック的にもいいところですし、大きさも大き目。

でも、贔屓目に見てiPhone XR並みといったところがせいぜいじゃないかと。

それよりもちょっと高いPixel 3。同じ単眼カメラで、画面サイズは小さめ。うーん、微妙ですねぇ。

ただ、Androidにしては寿命は長め。3年はアップデートを保証すると明言してます。

でも、iPhoneなら4年というのも珍しくないんですよね。

そう考えると、やっぱり7万円くらいが妥当ですかね?

もう一つ気になるAndroid端末として、しゃーぷのAQUOS Zeroやsense 2があるんですが、あれがいくらくらいになるかですね。いや、あれってドコモ版は出るんでしょうか?

iPhoneもそうですが、やはり7万円程度の端末の登場を望みます。機能アップなんてどうでもいいから、安くて長く使える端末を望みます。

(SIMフリー) Google グーグル Pixel (並行輸入品) グローバル版 (32GB, ブラック)

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ