科学・技術

2017年6月19日 (月)

インドの18歳の青年が作った超小型人工衛星”KalamSat”6/21打ち上げへ

18歳のインドの青年が作ったということにも驚きですが、わずか64gの超小型の人工衛星というのもびっくりです。

18歳が開発した「世界最軽量の人工衛星」、6月に打ち上げ予定 | TABI LABO

このRifath Shaarookさんという18歳の青年と仲間6人とが開発したのがこの64gの手のひらサイズの人工衛星”KalamSat”。このKalamSatという名前、インドの原子力科学者であり元大統領でもある”Abdul Kalam”氏から取られたそうです。

炭素繊維樹脂で作られた本体に温度、湿度、気圧、加速度、ジャイロセンサーなど8つのセンサーを搭載。放射線も測定可能だとか。

人工衛星で”湿度”センサーがついているのは果たして意味があるのかどうかは置いておき、これだけのセンサーをわずか64gに収めるというのはなかなかのもの。実際、NASAが注目してます。

そのNASAによって打ち上げられる予定ですが、衛星軌道ではなく弾道飛行。4時間の飛行中、12分の微小重力環境での稼働を行う予定だとか。

これだけ小さいと、推進力の小さなロケットでも衛星軌道に載せることもできそう。

これをきっかけに、安価な人工衛星の時代が来るかもしれませんね。

人工衛星をつくる-設計から打ち上げまで-

2017年6月15日 (木)

”週刊少年ジャンプ”短命作品のTensorFlowでの予測 後編記事

以前紹介した「」の後編がようやくリリースされましたので、こちらも紹介します。

週刊少年ジャンプの短命作品を,機械学習で予測する (後編:学習と評価) - Qiita

結論から言ってしまうと、予測精度は最大で65%と、ランダム予測での確立(50%)と比べて有意にすごい結果を出せたわけではなさそうですが、数値データを用いたTensorFlow+ニューラルネットワークによる機械学習のやり方がわかりやすく説明されてます。

といっても、私もまだあまり理解できてませんが・・・何か使い道ができたら、早速こちらを参考に応用してみようと思ってます。

教師あり予測の手法にもいろいろ(NN、SVM、ランダムフォレスト・・・等)ありますが、この辺まだ私は勉強中。とにかく実践して体で身に着けるタイプなので、実際に使う場面ができないと理解が進まないというのが難点。自分のことながら、困ったものです。

ところで、その私の機械学習関連の進捗ですが・・・今月中に大きな進展がありそうです。

ただ、業務とかかわることなので詳しくは書けないのがちょっと問題ですが・・・個人スキルが上がれば、またこのブログでネタとなる何かを作ろうと思っております。個人的には、この間公開した「TensorFlowで「松本城」にすり寄ってくる自動運転カー作ってみた: EeePCの軌跡」をもう少しまともなものにしたいなぁと考えております。

TensorFlowで学ぶディープラーニング入門 ~畳み込みニューラルネットワーク徹底解説~

2017年6月14日 (水)

例のバス事故の動画をバス会社はネット転送ですぐに把握

先日痛ましい事故が愛知県内の東名高速道路で発生しましたが、あのバス事故の映像はネット経由で保存されていてバス会社がすぐに把握、マスコミなどに公開されていたようです。

【東名事故】バス会社の迅速な対応に関心集まる 車載カメラ映像は、事故の瞬間もネット転送されていた

この事故の瞬間の映像はあちこちで使われていて多くの人がごらんになっていると思いますが。

このドライブレコーダーの映像自体はクラウドに上がっていたようですね。

事故が起こるとバス会社に通知がいくようで、すぐにこの映像を入手して事態を把握したようです。

要するに先日ここでも書いた事故が起こったら動画を自動でアップロードしてくれるLTE対応ドライブレコーダーの内容と同じ仕組みが使われていたようです。

あの記事ではやれ監視されているだの窮屈だのと書いてしまいました。すいません。こういう事態を目の当たりにすると、業務用だと必要なサービスと思いますね。

このバスを運行していた東神観光バス、ほかにも安全性の高い最新のバスを使っていたり、シートベルト着用を呼び掛けていたため乗客の車外放出発生を食い止めたりと、かなり適切な対応を取っていたことが報告されてます。

少し前にはバス会社のブラックな対応で痛ましい事故が起きたニュースが騒がれていましたが、この会社は適切過ぎるくらいの対応をとっておりました。これは賞賛すべきことですね。

残念ながら、相手方の運転手はなくなってしまったようですが、バス側の死者は0ということで、最悪の事態を免れたのは決して偶然ではないと思われます。

京商オリジナル 1/150 都営観光バス [イチョウ] (いすゞガーラ ハイデッカ)

2017年6月 5日 (月)

空中に映像を表示 触感フィードバック付き投影機「Floating Image Hyper Vision」

まだディスプレイとして使うには恐ろしく高価ですが、空中に画像を浮かべることができる投影機が発売です。

空中に浮かぶ映像を手で触れられる投影ディスプレイ - ITmedia PC USER

「Floating Image Hyper Vision」というこの機械。触感フィードバックの付かない標準モデルが158万円から。フィードバック付きだといくらになるんでしょう?

floating image Hyper Vision™ - 株式会社アシスト -ASSIST.Corp-

動画で見ると立体感が出なくなりますね。

実際に見てみたいものです。

触感は超音波で再現しているようです。映像の方はMR(複合現実)を用いて浮かばせているようですが・・・これだけでは原理がさっぱりわかりません。

他にも赤外線センサーによるタッチ機能もあるそうです。

なかなかすごい技術ですが、値段が値段だけにお気軽に試すというわけにはいかなさそう。博物館などでの展示用に使えそうでしょうか。

NiceCool DIYマジックボックス360バーチャルリアリティホログラム3Dホログラフィックプロジェクションピラミッドミク兼容iPad Pro Air 2 ipad mini 2 Surface 3 Galaxy Tab S A MediaPad M2 HP 10 G2 Dragon Touch Y88X Plus ASUS ZENPAD 所有7.9-12インチ手机(タブレット型パソコン, 透明な)

2017年6月 1日 (木)

IoTやクラウド・ビッグデータ関連の展示・講演会のある日経BPセミナーに行ってきました

初めて日経BP主催のセミナーへ参加しました。

Img_1189

場所は名古屋国際会議場というところ。

Img_1188

クラウド関連、ビッグデータ関連、ファクトリーIoT関連などなど、まさに私にとって公私ともに取り組んでるテーマが集約されてます。

Img_1187

会場はこんな感じ・・・といっても、文字がつぶれて見えませんが。

赤い領域の上側に「Google」がいました。私にとっては、Googleとのファーストコンタクト。

Img_1195

中はこんな感じの会場。あまり広いとは言えません。

なんだか、コスプレっぽい人がいますが。

クラウドの祭典というだけあって

Img_1196

AmazonのAWSに

Img_1198

Google Cloudがありました。

あと、表にはほとんど出てませんが、ベースにMicrosoftのAzure、IBM Watsonを使っているところもちらほら。

午前中はこんな感じに展示会巡りしてました。

Img_1211

Googleで、こんな赤いクリアファイルをゲット!

クリアファイルだけでなく、しっかりつながってきました。これが今回のイベント最大の成果かと。

Img_1219

中にはGoogle Cloudプラットフォームの説明書きが入ってました。

Img_1207

そうそう、こんなガイドブックをもらいました。講演会の概要が載せられてました。

が、当日申し込みだと有料なところが多く、結局事前申し込みしたセミナーのみ参加(事前だと無料)。

Img_1185

その事前申し込みしたセミナーは「産業IoT実践セミナー」というやつ。

これでもかというくらいIoTな話が出てましたが。

Img_1217

実はそのセミナー影の主役(?)はこちらのAzure。

この講演会ではどれも

Azure!Azure!Azure!

でしたね。

でも確かにIoT、データ分析、AR、機械学習に至るまですべてを扱うプラットフォームだけに、多くのサービスがこれをベースにしているのもうなづけます。

Img_1215

その講演会では、IoTのスターターキット的なものが紹介されてました。これはその一つ。

各種センサーと組み合わせ、OCNモバイルONEと組み合わせたゲートウェイに、一定額のAzure利用料がセットになったまさにスターター向けのキット。

この手のシステムは通常ある程度の利用イメージを描いたのち、システム設計してトライして評価して・・・という感じのプロセスを取るものですが、IoTに関してはとりあえず小規模なシステムから始めてトライ&エラーを繰り返し、うまくいったら広げるという”小さく始める”がキーワードのようです。

まあいきなり大規模に始めようとすると費用対効果が気になりますし、小規模でも始められるというIoTならでわの特徴がこういう導入方法につながったようです。

Img_1209

日経BPだけに、こういうものも配布されてました。

Img_1202

会場内にはHTC VIVEの体験コーナーも。

Img_1206

展示会は半日うろついただけですが、それでこの量の資料。

Img_1204

そして、おまけも多数。

なかなか有意義なイベントでした。

さっきも書きましたが、なんといってもGoogleとのコンタクトが一番の成果ですねぇ。MicrosoftのAzureというサービスについても大量の情報が得られましたし。もはやWindowsというイメージが全然なかったですね、今回のMicrosoft。

さて、次は6月28日のAI・人工知能EXPOですね。こっちは東京で開催、次はどんな出会いが待ってることやら、楽しみです。

この1冊でまるごとわかる 人工知能&IoTビジネス実践編 (日経BPムック)

2017年5月26日 (金)

IoTの成功事例”KOMTRAX(コムトラックス)”とは?

今のご時勢、AIだのIoTだのインダストリー4.0だのと騒がれておりますが。

自身の製品を1998年からIoT化してサービス向上に役立てているという事例があります。

KOMTRAX (コムトラックス) を知らずして IoT の成功事例は語れない|思考の整理日記

小松建機のKOMTRAX(コムトラックス)という仕組み。そんなのがあったんですね、初めて知りました。

このKOMTRAX、機能としては以下のとおり。

・ 通信システム、GPSなどを搭載し、建機の現在位置・稼働時間や稼働状況・燃料残量・故障情報などがわかる

・ 遠隔操作で機器のモニタリングやエンジン停止などが行える

・ これらで得られた情報は無償で利用者に提供される

1998年といえばまだ携帯電話がようやく普及期に入ったころ。そんな時代にすでに今のIoTの考え方を取り入れてたんですね。

元々は盗難された場合に備えたサービスだったようですが、稼働状態から部品の交換時期を正確に予測し、稼働率アップに貢献、使用状態が残るため中古機の信頼も向上、などなど。

世界にも進出しているため、稼働データは世界の建設事情を示すことになり、経営判断にも使えるというおまけもついてます。

これだけのデータを入手できるようになった背景には、このKOMTRAXの利用が無料で行えることが大きいようですね。

今の日本企業でもこの手のサービスを無償で提供するというのは、相当な経営判断だと思うんですが、これを今から20年ほど前に下しているという小松建機という会社の先見性には脱帽です。

IoTを産業分野だけでなく、コンシューマ向けにも展開するための一つの大きなヒントになりそうですね。

京商EGG 1/50 6ch IRC コマツ油圧ショベル PC1250-8 ハイグレードバージョン バンドC

2017年5月23日 (火)

スマホ向け機械学習に使える「TensorFlow Lite」発表

Google I/Oでこれも発表されてました。地味に扱われてますが、今後の製品に与える影響は大きそうな技術です。

[速報]Google、スマートフォン向けの機械学習ライブラリ「TensorFlow Lite」発表。DSPをアクセラレータとして利用。Google I/O 2017 - Publickey

スマホでディープラーニングまでも可能にするライブラリ「TensorFlow Lite」が先のGoogle I/Oで発表されました。

これまでもTensorFlowをスマホで使うことは可能でしたが、あまりすんなりとはいかなかったようです(といってもやったことないのでわかりませんが)が、こちらはスマホアプリ向けのライブラリ。

さらにAndroid向けのDSPを使った高速化処理もできるとのことです。PCでいうところの、GPUのような役割をしてくれるようで。

スマホでAIの処理能力が上がるということは、OK GoogleやSiriのように今まではクラウド頼みだったスマホのAI系サービスが、端末単体で行えるということになるかもしれません。

サーバーや回線が込んでたり、そうでなくてもクラウド側の応答を待たないといけない分遅かったのが、端末側だけで処理できるようになれば早く反応が返ってくるというわけです。

産業向けの人工知能・IoT機器でも言われてますが、例えば画像認識を担う機器がいちいちクラウドに映像を送って処理しているとどうしても遅くなってしまいます。自動運転のような1秒以下の判断が求められるものだと、クラウド化はなお不可能。

なので、末端の端末でもある程度のAI処理ができるようにするというのが今のトレンドのようです。こういうのを”エッジコンピューティング”といってるみたいですね。

コンシューマ向けのエッジコンピューティングを目指したのがこのTensorFlow Liteというわけでしょうか。

こういうしれっと発表されたことがその後大きく化けることがあるので、Googleというところは侮れません。一方でセンセーショナルに取り上げられたものの、その後大きくしぼんでしまったGlassやEraのようなプロジェクトもありますけど。

Androidアプリを作っているわけではないですが、ちょっとだけ気になりますね、TensorFlow Lite。こちらも本家TensorFlow同様オープンソースで公開されるとのことです。

詳解 ディープラーニング ~TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理~

2017年5月 9日 (火)

3分でわかる”人工知能(AI)”解説ビデオをMicrosoftが公開中

今は第3次AIブームといわれてます。つまり、過去に2回あったわけですが、いずれも期待外れに終わり冷めてしまったという歴史があります。

しかしこの3回目は”本命”と評されてますが、いったいどうして今回のAIブームはすごいのか?というのが3分でわかるビデオをMicrosoftが公開してます。

「3分で分かる人工知能」動画、マイクロソフトが公開 - ITmedia NEWS

私も見てみましたが、たしかにわかりやすいです、このビデオ。3分でうまくまとめたものです。

ただしオールイングリッシュなので、”設定”(画面右下の歯車マーク)の字幕で日本語を選択してみるとよろしいでしょう。

特に経営者・管理者の人たちに見てもらいたいですね。人工知能というものがもたらす影響を感じていただけるかと思います。

私の周囲にもいますが、AIなどを用いた行き過ぎた自動化が人の考える力を奪い取ってしまうという危惧を抱いており、あまり自動化・効率化を強調すると抵抗してしまう人が多いようです。

しかしAIの使命は本来人の手助け・アシスタント。過去のデータを使って学習するため、返してくれる答えはあくまでも今までの知識やデータでわかる範囲のこと。その先は人が作り上げるしかありません。

ただし人だけでは今までの知識を引っ張り出して下準備する作業に時間を費やしてしまい、肝心の創造の時間が取れないということに陥ります。これをAIが補ってくれるというわけです。少なくとも、私はそう感じてます。

自動化というものに抵抗を抱いている方は、ぜひこちらの記事を読んでほしいですよね。

“自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答

”自動化”によって考えなくなるような作業なんて、本来その程度の価値しかないんでしょうね。そういうことです。

どうも日本の企業の上の方にまだまだこの抵抗感というものがあって、これがAIへの取り組む機会を奪っているように思います。

会社内でもそのことに気付いて動く人はいるんですが、やはり経営側の支援がないとだめですね。これは私自身の実感。

肯定的であれ、否定的であれ、一度AIとはどんなものかを知るために見ていただきたい動画です。

財政破産からAI産業革命へ 日本経済、これから10年のビッグ・シフト

2017年5月 8日 (月)

誰でも人工知能なガジェットが作れる!?GoogleからAIのDIYを支援する”AIY Projects”始動!

第1弾はRaspberry Pi 3用のボイスキット”Voice Hardware Accessory Top”をリリースだそうです。

Google、誰でも人工知能プロダクトを制作できる「DIY AI」を目指すプロジェクト「AIY Project」を発表。第一弾はボイスキット | Seamless

公式サイト:AIY Projects

Googleが発表したこの”AIY Projects”とは、自身の問題解決にAIを使いたい人を支援し、だれでもAIプロダクトを作れるようにするプロジェクト。DIYとAIをひっかけて”AIY”のようです。

で、第1弾のこのボイスキット、マイク、スピーカー、ボタン・スイッチ類が付いたRaspberry Pi用HATに段ボール製のケースを組み合わせたキット。そして、これらを使うための専用のOSイメージをダウンロードして使います(専用イメージはこちら)。

製作手順・動作テスト方法はここ(Voice Kit | AIY Prjects)にあります。はんだごても不要で、1時間半くらいで作れるとか。楽ですね。

”誰でも”と謳われてますが、まず上のドキュメントが読める最低限の英語力、そして多少のLinux・プログラミング知識は必要かと思われます。

ところで、これってどうやって入手するんでしょうか?

下記記事を見る限り、Raspberry Piの公式雑誌「MagPi」の最新号を入手すると付録についてくるそうです。

このGoogle HomeのDIYキットはRaspberry Piとボール紙でできた魔法のボックス | TechCrunch Japan

Raspberry Pi 3は別途必要。

上の動画ではいきなり会話してますが、どうやらGoogle Assistant SDKやGoogle Cloud Speech APIあたりを使ってるようです。

人工知能ってやつを使って何かをさせたいという願望がある方なら、要注目です、AIY Projects。第2、第3弾は何が出てくるんでしょうか?ちょっと楽しみです。

Raspberry Pi 3 MODEL B

2017年5月 4日 (木)

顔写真や日産車をカフェにプリントしてくれるお店”クロッシングカフェ”

カフェといえばスタバにドトールにコメダ(?)といろいろなお店がありますが、東京・銀座にはこういうお店があるそうです。

写真を撮影してカフェアートにしてくれる機械がすごいwww

銀座にある日産ギャラリーが”NISSAN CROSSING”という、ドライビング体験もできるギャラリーとして生まれ変わったそうですが、その2階にある”クロッシング カフェ”にある”MACCHI-ART”というカフェラテ プリンターがなかなか面白そうです。

お店のサイト:クロッシング カフェ CROSSING CAFE SHOP|TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

まずはこちらの動画をご覧ください。

iPadで撮影した写真をその場でプリントしてくれます。

顔写真だけでなく、9種類の日産車も印刷可能。

私なら”フェアレディ Z432”か”スカイライン 2000GT-R”あたりでしょうか。できればR32 GT-Rも欲しいところですね。

こんな変わったサービスだとさぞかしお高いんでしょう・・・と思いきや、こちらのメニューを見ると一杯400円(税込み)だそうです。

MENU DESIGN_JPN_0915 - CROSSINGCAFE.pdf

Macchiart01

東京へ行かれた際は立ち寄ってみてもいいかもしれませんね。

休日カフェ

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ