その他

2018年9月28日 (金)

年収を左右する要素

まあ、どうしたって人間というやつは、収入が多い方がいいに決まっています。

そこでその参考になるかどうか微妙ですが、年収を左右すると思われる要素を、2500人の調査から機械学習を使って分析した結果が出ています。

2500人の調査で「年収を左右する要素」のトップ8がわかったかもしれない件 | パレオな男

で、結論から言うと、

  1. 職業
  2. 教育
  3. 住んでいる場所
  4. 性別
  5. 遅延割引
  6. 人種
  7. 身長
  8. 年齢

の順に効いているようですね。

ここ日本だと、人種というのはあまり強いファクターではないかもしれませんが、いずれここも海外の人の労働力を集めることになりそうですから、いずれは効いてくるかもしれませんね。

職業や教育は実感ありますね。ただこれも、時代によって変わるものもあるので、なんとも言えないところではあります。住んでいる場所というのは、日本では大きいですね。簡単に言うと、東京かそうでないか、都会か地方かの差が大きいです。

どうしても運の要素もあるので、やはり何とも言えない気がしますけど、日々努力することを怠らないことは、その収入増加の確率を上げることにつながると思いますね。

年収1億円になる人の習慣

2018年9月18日 (火)

AIが考えた「カレーメシ」

今は第3次AIブーム。こういう製品も、そりゃあ出ますわね・・・(以前もありましたが)。

AIが考えた「カレーメシ」 ビッグデータから嗜好分析しレシピ開発 日清食品 - 食品新聞社

ビッグデータ解析を用いて、カレーメシの購入者が好みの傾向を分析し、2400万通りの組み合わせから最適なレシピを選定して生まれたのがこの「トマトチキン カレーメシ」。

ただ、相変わらずどういう手法を用いたのかが分かりませんね。決定木、SVM、ニューラルネットワーク・・・まあ、そんな手法を書いたところで意味がないと言われるかもしれませんけど、そういうことが気になるお年頃&職業なので仕方ありません。

でも、こういっては何ですが、カレーってわりといろいろな食べ物との組み合わせやすい食材ですよね。昔読んだ「傭兵のお仕事」という本を書いた高部氏は、前線で捕まえた小動物を食べる際に、生臭さを消すためにカレー粉が必須だとおっしゃってたようです。その印象があるので、カレーがあればなんでもいける(わけはないですが)とつい考えてしまいますね。

ところで私、この「カレーメシ」シリーズを食べたことがないです。せっかくだから、食べてみようかな。

日清 トマトチキンカレーメシ AIが考えた 99g×6個

2018年8月31日 (金)

コルクを抜かずにワインを楽しめるツール”コラヴァン”

ワインというと、コルクを抜いて飲むというのが一般的。

ですが、コルクを抜いた瞬間から酸化が進むため、一度抜いてしまったら短期間の内に飲み干さなくてはなりません。でないと、ワインの味が落ちます。

そんな悩みを解消してくれそうなツールがあるそうです。

ワイン好きの強い味方! コルクを抜かずにワインを注げる「コラヴァン」(体験イベントの告知あり) - bouncy / バウンシー

なんと、コルクを抜かずにワインが飲めるというキッチンツール。

コラヴァン社が製造、販売するこの”コラヴァン”は、針のように細いストローのようなものをコルクに挿し、中のワインを取り出すというもの。

ワインを注ぐときには、不活性の窒素が代わりに挿入されます。おかげで酸化が進まず味が保てるとのこと。

なるほど、これは便利そう。だけどワインを保存するとき、ただそのストローを抜けばいいんでしょうか?それとも、何か上から封をしなきゃいけないんでしょうかね?気になります。

それに、日本版のお値段が結構しますね・・・まあ、高級ワインがひょいと買えてしまう人用ってことでしょうか?

ちなみに、Amazonには安い並行輸入版も売られてますが、これは不活性ガスにアルゴンを使っているそうで、これが日本の法律に引っかかるそうです(アルゴンガスを食品・飲料に使うことは禁止だそうで)。売られちゃってますけどね・・・

コラヴァン ブラック Coravin Model BLACK 【ワイン酸化防止】 未開封ワイン抽出 純度99.0%窒素ガス重点 1年保証

2018年8月27日 (月)

ロシアのサイトに掲載された1950年代の日本の姿

私は1970年代の生まれなのでこの時代を知りませんが、不思議と懐かしさを覚える画像です。

[貴重画像] ロシアのサイトに掲載された1950年代の日本 | 情報屋さん。

ロシアのサイトに掲載された日本の1950年代の姿が、ネット上で話題になってました。

年代を感じるものもあれば、今でもありそうな風景も中にはありますね。

これの看板の意味が分かりませんが、何でしょうね、クレハって。毛糸とあるので、手芸関係か何かでしょうか?

心なしか、今のような殺伐とした雰囲気を感じませんね。そういう時代だったんでしょうか。

スマホもPCどころか、テレビも普及していない時代。今はモノがあふれている分、何かが足りないと感じますねぇ。

1950年代---「記録」の時代 (河出ブックス)

2018年8月19日 (日)

この夏に国宝天守の城2つ行ってきました(彦根城、犬山城)

突然ですが、国宝に認定されている天守閣のお城って、いくつあるかご存知でしょうか?

まず、現存する天守閣を持つお城は、たったの12城しかありません。

そのうち、国宝認定されているのはさらに少なくて5城

松本城、姫路城、彦根城、犬山城、松江城 です。現存する天守閣がすべて国宝かと思いきや、そうでもないんですね。

この夏、そのうちの2つに行ってきました。

まずは彦根城。

家康の家臣、井伊直政が建てた城(完成したのは直継の時代)で、桜田門外の変で暗殺された大老の井伊直弼の出身地でもあります。

天守閣が建てられたのは1606年。その後、1622年までかかって完成した城だそうです。

Dsc_3273

入場券を購入し、そこから城に向かって登るこの石段は思いの外きついです。当然、エスカレーターもエレベーターもありません。

Dsc_3279

こちらが彦根城。このときは、補修工事をやってたようで、半分足場が組まれた状態。

Dsc_3289

再建されたお城というのは、ほとんどがコンクリート製であるため、こういう板張りの城というのはとても新鮮ですね。

Dsc_3294

窓ガラスなどと言うものはなく、光の入る場所はすべて穴。雨が降ったら、閉じるしかないようです。

Dsc_3319

階段はこのとおりとても急です。この辺は、古いお城であることを思わせます。

Dsc_3308

彦根城は琵琶湖畔に建てられたお城。この通り、琵琶湖が一望できます。

Dsc_3331

石垣はこの通り、なかなかワイルドです。

聞くところによると、佐和山城などから石材等を流用したようです。

Dsc_3339

小さなお城ですが、なかなか威厳のあるお城。おすすめです。

Dsc_3358

それから3週間ほどして訪れたのは、同じく国宝の犬山城。

このお城、建てたのは織田信康という、信長の叔父。1537年に建てられた最古の様式の天守だそうです。

そういえば去年の夏、落雷でしゃちほこが破損しましたね。すでに修復したそうです。

Dsc_3363

ここも、城までの道のりは坂道。もちろん、エレベーターもエスカレーターも(ry

Dsc_3477

天守閣に到着。彦根城より、ちょっぴり高いでしょうか?

そういえばこのお城、以前TensorFlowで”日本のお城”を識別させてみた: EeePCの軌跡でネタに使いましたが、ほとんどはこの角度から撮影した写真ばかり。

行って分かったのですが、ほぼこの位置からしか撮れませんね。あとはどうしても遠く離れた場所からの撮影となります。

Dsc_3403

彦根城同様、とても急な階段ばかりです。

Dsc_3433

彦根城もそうでしたが、土足禁止。どちらの城でも靴はビニール袋に入れて自分持ち。

Dsc_3434

窓ガラスなどというものはもちろん、ありません。

Dsc_3410

こちらは木曽川のすぐそばに建てられています。

ただし、この日はあいにくの雨。遠くが見えませんでした。

とまあ、2つの国宝の天守閣を巡ってまいりましたが。

Img_1701

まず、彦根城の戦利品。

彦根城以外も混ざってますが・・・とにかく、いろいろ買いましたね。ちなみに、彦根城と言えば”ひこにゃん”ですね。

Img_1964

一方、犬山城ではこいつを購入。

Img_1973

戦国武将の万年カレンダーです。要するに、31日分の日めくりカレンダーになっていて、それぞれに戦国武将の一言が書かれています。

Img_1968

戦国時代のトップ大名、織田信長です。

ただし、ここで使われている肖像画は、私の知らないやつですね。

Img_1970

私の好きな武将の一人、竹中半兵衛。

武将というより、軍師と呼んだ方がしっくりくるでしょうか?信長の野望をやれば、手に入れておきたい武将の一人です。

Img_1971

半兵衛とくれば、官兵衛も外せません。

ご存知(?)黒田官兵衛。こちらもなかなかの智将キャラです。

Img_1969

智将といえば、この人も賢い方だと聞いてはいるんですが・・・最後が最後だけに、人気がいまいち。

しかし、この三成と大谷吉継の逸話を聞けば、惹かれずにはおられない武将です。

Img_1972

ただ、このカレンダーには大谷吉継が出てこないんですよね・・・真田が3人、山中鹿助が出てくるのに、大谷吉継が出てこないなんて・・・敗軍の将としては、私の中ではトップ武将なんですけどね。

大谷吉継といえば、負けると分かっていて石田三成の西軍に参加した唯一の武将。家康と対する決意をし、利で武将を動かそうとする三成に対して大谷吉継が語った一言が

「金のみに人は働くにあらず」

なかなか、きつい一言ですね。でも一方で、それでも三成についていった義理に熱い武将、それが大谷吉継。上司にしたい武将No.1ですね、私の中では。

話がそれましたが、そんな戦国から江戸時代の息吹を感じることのできる国宝天守を巡る旅。あとは松本城、姫路城、松江城ですが・・・機会があれば、ぜひ行ってみたいですよね。

ウッディジョー 1/150 犬山城 木製模型 組立キット

2018年6月23日 (土)

愛知県限定のAEDマップ”あいちAEDマップ”

愛知県限定ですが、他県にも同様のものがあるかもしれません。

あいちAEDマップ あいちAEDマップ

Aichiaedmap01

最近、ちょっとAEDを気にすることがあって、AEDの場所が分かるものがないかと調べたら見つけたのがこのサイト。

職場などで、AEDの講習を受けたという人は多いようですが、肝心のAEDがどこにあるのかを把握するのはなかなか大変です。

ただこのマップ。完全ではなくて、明らかにここにあるだろうというところが抜けていたりします。しかし、いざというときには活用したいマップですね。

あまりAEDが活躍する場面というのは出くわしたくはないものですが、いざというときに知っておくと便利なマップです。

AED 自動体外式除細動器 AED本体 収納ケースのお得セット【本体 CU-SP1 、電極パッド、キャリングケース、収納ケース aed-kbocx111 】CUメディカル社

2018年5月 5日 (土)

天守閣建替前の名古屋城に行ってきました

「尾張名古屋は城で持つ」などと言われるほど有名な名古屋城ですが、実は2018年5月7日からその名古屋城の象徴である天守閣が立て替えのため閉鎖されます。

Img_1120

ということで、行ってきました、名古屋城。

Img_1138

まあ、しかしこういうことは考えることが同じな人が集まります。

地下鉄名城線の「市役所」駅から最寄りの東門には、この通りものすごい列ができてました。

正門の方が多少短いと聞いたので、そちらに向かったのですが

Img_1094

こちらも結構な列でした。10数分がかりでやっと入れました。

Img_1100

やっと入れた名古屋城敷地内。

天守閣型のふわふわがお出迎えです。

連休ということもあり、鉄砲隊が鉄砲を撃ってたり、武将風の格好をした人々が時々現れたりしました(家康、信長、清正に会いました)。

Img_1102

さて、建替前の天守閣に向かおうとしたのですが

Img_1110

天守閣の中に入るには、表二之門あたりで3重に折り返し

Img_1103

さらに天守閣の北に向かって「不明門」というところまで続くこの長い長い列を並んでようやくたどり着けます。およそ、90分待ち。どこのディズニーのアトラクションかと思いたくなるような行列です。

実は昨年の5月にもここを訪れているので、その時に天守閣に入場済み。さすがに90分並んで入る程のものはないし、今回はやめました。
2022年12月に完成予定ということなので、その時にまた行くことにします。
Img_1116

さて、この表二之門を通って、

Img_1118

本丸御殿の横を抜けると、天守閣が見えます。

さすがに90分の列には並ばなかったので、外から拝んだだけです。

Img_1123

この天守閣を支える石垣は、加藤清正が作ったとされる本物だそうで、今でも健在です。

これは、さすがに残して建て替えられるんですよね?

Img_1125

ところで、自販機にはこんなものが売ってました。

「名古屋」版のコカ・コーラです。お値段、ちょっと高めの160円。

そういえば、レゴランド・ジャパンのすぐ近くの市営駐車場でも見たな、このコーラ。

Img_1126

こんな看板があったので

Img_1124

一本、買っておきました。

中身は、ごく普通のコカ・コーラでしたが。

Img_1127

本丸御殿も覗こうかと思ったのですが、こちらもそれなりの列ができていたため断念。

この日の名古屋城は、昨年以上の混雑ぶりでした。

Img_1150

戦利品です。

子供らもいろいろ買ってましたが、私が買ったのはこれ。「大名紋章城郭図」です。

嘉永時代の頃の城郭図を地図にしたものです。

Img_1151

中身はこんな感じ。日本地図の上に、お城とその家紋が描かれてます。

Img_1152

拡大するとこう。こんな感じに、お城と家紋、藩主の家名が記されてます。

Img_1154

各城と、当主の石高のランキングが書かれてました。

一位はぶっちぎりの江戸城。名古屋城主は5位でした。

なぜか時代劇などでは悪役扱いの徳川宗春が当主でした(ちょうど”暴れん坊将軍”の時勢)。どこかの時代劇のおかげで、”尾張大納言”が悪役の代名詞になってしまいましたね。単に徳川家の勢力争いで負けただけだというだけなんですけどね。ああいう歴史観、私は嫌いです。

Img_1153

ちなみに、ずずっと下って私の実家のある大垣城はこちら。10万石です。

Img_1155

天守閣が現存している12の城も記されてました。

私が行ったことがあるのは、松本城、犬山城、彦根城ですね。

4年半後には、再び天守閣が復活しているはずですが、正直、建て替える必然性があったんですかね?

木造にするらしいですけど、そうなるとエレベータはつけられない模様。バリアフリーとはいきません。

今でもあちこちで名古屋城内は工事中。こんなに一度にあれこれと復元する必要があったんですかね?天守閣くらい、このままでもよかったような気がします。

童友社 1/350 日本の名城 DXシリーズ 重要文化財 名古屋城 プラモデル DX3

2018年4月11日 (水)

タイヤの空気圧をリアルタイムで計測できるガジェット”Air Safe”

こんな製品があるんですね。知りませんでした。

「約50%のクルマが空気圧不足」というデータも タイヤの状態をリアルタイムに表示してくれる『Air Safe』が凄い | ガジェット通信 GetNews

タイヤの空気圧と温度をリアルタイムで知ることができるガジェット”Air Safe”です。

タイヤのバルブの中に直接入れるため、常にタイヤの状態をモニタリングできるというこのAir Safe。いったい、どうやって電源を取っているのかが気になりますが、ともかくタイヤの中の空気圧・温度のモニターと異常検知ができるようです。

いくつかの国でタイヤの空気圧測定が義務化されたとは聞いてましたが、外付けでできる仕組みがあるというのは知りませんでした。

もうすぐゴールデンウィーク、お出かけの機会が増えますよね。リンク先の記事にもある通り、かなり高い確率で空気圧不足になっている車がいるようです。私も時々チェックしますが、大体抜けてますね。

しょっちゅう車に乗る人は、安全のために取り付けるのがよさそうです。

Air Safe ~タイヤ空気圧モニタリングシステム TPMS(Tire Presssure Monitoring System)~

2018年3月16日 (金)

鹿児島行ってきました!

あまりガジェットな話はありませんが、鹿児島へ行ってきました。

ここに私の会社の子会社があるので、入社して初めて訪問。

Img_0646

なお、使ったのはJetstarという格安航空会社。中部国際空港から鹿児島空港まで、片道1万円前後で行けます。

Img_0653

ただ、安さゆえのデメリットもあります。煩雑時の離発着の場合、通常は空港ロビーから直接ゲートに行けるところ、Jetstar機には一旦滑走路上に降りてバスで移動し乗機。わりとこの移動が馬鹿になりません。

Img_0664

1時間ちょいの空の旅でしたが、このJetstarの機体はエアバスA320。横6列のわりとぎちぎちな機体でした。

Img_0659

機内食サービスは皆無ですが、メニューがあって、ビール&おつまみなどを注文することが可能。ですが、そのメニューには、こんなものが!

これはいいと早速頼んでみたんですが、行きも帰りもなかったです・・・このモデルプレーン。おかげで入手できず、残念。

Img_0667

さて、鹿児島空港に到着しました。

実は先週、この鹿児島空港は一時利用不可になってたんですよね。理由は「新燃岳」の噴火。

空港に火山灰が降り積もって、どうにも使えなくなってたらしいです。

Img_0671

今も新燃岳は時々爆発してるらしいですが、灰を降らせなくなったため空港は使用可能。何とか到着できました。

まあここは新燃岳のみならず、桜島という常時噴煙を上げているような山があるので、この通り温泉が湧いてます。これは、鹿児島空港の前にある足湯。

Img_0675

で、向かった先は、上の地図でいうと「霧島市(国分)」というところ(”こくぶ”と読みます)。

Img_0680

国分駅についてみると、

Img_0679

微妙な看板のお店を発見。ただし、営業してませんでした。

Img_0685

それにしても、ここは南国、桜がもう開花してました。ほぼ満開ですね。

Img_0686

泊ったのはアパホテル 国分。

Img_0690

最近いろいろと騒がれたホテルですが、わりといいホテルでした。

Img_0703

なお、騒ぎの元は、まだおかれておりました。

ちょっと読んでみましたが・・・そんなに騒ぐほどのものかなぁと。

どちらかというと、このアパホテルの創始者がどういう哲学をもってこのホテルを大きくしていったか?という話がメインですね。

ところでこのホテルには、無料で使えるWi-Fiがありました。YouTubeくらいならストレスなく使えるレベルでした。

Img_0695

ところで、この国分というところはこういう略記号がちらほらみられました。

これは「軽」という意味。軽自動車用の駐車スペースに書かれておりました。

ちょっと変な漢字だったので、思わず撮影。

この日は打ち合わせを終えて、アパホテルで宿泊。

Img_0730

翌日の帰り道で撮影しました。鹿児島といえば、桜島。わりと大きい島(山)で、ちょっと開けた場所ならどこでも見ることができます。

ご覧の通り、白い噴煙を上げてました。

Img_0829

ちなみに、鹿児島空港のラウンジから新燃岳も撮影。

赤で囲ったところが、新燃岳です。ちょろっと、白い噴煙が見えます。あまり活発とは言い難い状態でしたね。

Img_0838

その噴煙をバックに、Jetstar機登場。これは、帰りの飛行機です。

Img_0854

愛知と鹿児島を、バタバタと1日半で往復してきました。けっこうくたくた。

安かろう悪かろうのところもありますが、Jetstarもまあまあでしたね。機会があれば、また使ってみようかなぁ。

日本のエアライン2 03:Jetstar Japan A320-200 エフトイズコンフェクト 1/300

2017年6月22日 (木)

”魔女の宅急便”のその後・・・

カップヌードルのCMですが、17歳になったキキとトンボが描かれてます。

・・・ちょっと新海誠氏のアニメっぽくなりましたね。舞台もわりと”東京”になってますし。”コリコ”じゃないですよね、どう見ても。

できればもう少し先のキキも見てみたいですよね。続編はあるんでしょうか?でもそれ以上にこれでカップヌードルは売れてるんでしょうか?反響次第では続編ができるかもしれませんし、気になるところです。

日清 カップヌードル 77g×20個

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ