パソコン系

2019年10月 4日 (金)

PLCって今、どうなってるの!?という記事

つい先日、PLCの新規格品がIOデータから発売: EeePCの軌跡などという記事で「PLCってまだ、需要あるんでしょうか?」などと書きましたが。

そのあたりの事情が書かれた記事を見つけました。

 【知識】コンセント経由でネットにつながる「PLC」って今どうなってるの? | &GP

結論から言うと、あるようです。需要。

でなきゃ、新製品なんて出すわけないですよね。

ところで、速度の規格ばかり見てましたが、これを読む限り今どきのPLCは接続性が上がっているようですね。

我が家のPLCは、隣の部屋のコンセントに挿した瞬間につながらなくなります。あれは当時、アマチュア無線との電波干渉や法規やらを気にして、出力を下げていたんですね。

で、その後、徐々にその辺を改善して、今に至るようです。

ちょっと面白いのは、無線LANとぶつからないとコメントしていることでしょうか。

これだけ無線LANが普及してしまったので、もはやPLCはお役御免かと思っていましたが、例えば電波の通らない場所というのは存在して、そういうところでのネット接続環境を確保するためにPLCが使われている、ということです。

ゆえに、未だにPLCの需要が無くならないようですね。

ですが、すでに店で売られている光景はあまり見なくなりましたよね。うまくいけば、端っこの方にぽつんと置かれているのを見つけられるくらい。

5Gの時代になると、固定回線を使う人も減るかもしれない、なんていう人もいるくらいですから、無線LANすら危うくなるかもしれませんが。

そんな時代でも、PLCの需要はありそうですね。


I-O DATA PCIバス&LowProfile PCI用 Gigabit対応LANアダプター PLC-HD240ER-S

2019年10月 2日 (水)

Pasoconmini PC-8001が単体販売へ

よほど要望が多かったのでしょう。単体販売が決まったようです。

ハル研「PasocomMini PC-8001」の単体販売が決定 ~PasocomMini PCG8100も合わせて発売 - PC Watch

発売日は10月5日。というか、すでに先行販売されたんですね(9月28日)。

価格は24800円で、PCG8100とセット。PCGなどと言われても、今どきの人はピンとこないでしょうが・・・

やはり、NECのキャンペーンでは入手しづらいというのが難点だったようですね。確かに、これのためだけにわざわざNECノートを買おうという人はいませんし。

この決定には、NECも絡んでいるんでしょうか?まあ、権利は保有しているはずですから、NECの意向無視にはこうはできないでしょうね。

往年のPCマニア、PCオタクに向けた英断、感謝いたします。といっても、私は買わないでしょうが。せめてX1だったら・・・


PC-8001におけるμPD3301のビックリドッキリな振る舞い

2019年9月27日 (金)

街のフリーWi-Fiはかなり危険!?

只より高い物はないとはよく言いますが、冗談抜きでフリーのWi-Fiは気を付けた方がよさそうです。

 街のフリーWi-Fiは個人情報が"ダダ漏れ" 不用意に接続して100万弱の被害も | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

私、使っちゃいましたよ・・・京都のホテルで。

もっとも、アカウント入力やクレジットカード決済をするような場面はありませんでしたが。

でもまれに、そういう被害に引っかかることもあるようです。この記事を書かれた方の友人は、仮想通貨を取られたそうです。

なるべくなら使わない。使ったとしても、アカウントを伴うものは控える。これくらいしか防衛手段は浮かびませんね。

ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習

2019年9月21日 (土)

Excelでシヴィライゼーションをプレイ!?

Excelを使ったゲームは、過去にも紹介したことがありますよね。

ですが、こっちはかなり凝ったExcelゲームです。

 Excelでシヴィライゼーションがプレイできる「[CELL]IVIZATION」 - GIGAZINE

シヴィライゼーションってやったことないですが、たしか文明を育てるというわりと本格的なシミュレーションゲームではなかったですか?

画面こそかなり荒いですが、確かに文明作れちゃうようです。

まあ、それほどこのゲームを知っているわけではないのでなんとも言えませんが、まるでExcelの限界に挑戦するかのように、次々とExcelマクロでゲームが作られているような気がします。

この調子で、Age of Empires IIが出てくれると嬉しいんですが。私が昔、よくやり込んだゲームです。


シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI -Switch

2019年9月19日 (木)

PLCの新規格品がIOデータから発売

コンセントからLAN接続をするという、あのPLCの第3世代製品が、IOデータから発売されるそうです。

テレビやゲーム機をコンセントからネットにつなぐPLCアダプター「PLC-HD240ER」―第3世代対応 [インターネットコム]

というか、まだあったんですね、PLC。需要あるんでしょうか?

といいつつも、我が家もまだ使ってます。第1世代のやつ。

メインPCだけは、無線LANが不便なので、PLCで有線化しております。

いろいろと試したんですが、無線LANでは不安定なんですよね。速度がよく落ちます。まだPLCの方が安定して高速だという事実。困ったものです。そろそろ、我が家のすべての端末を無線化したいんですけどねぇ。

それはともかく、第1世代は190Mbpsだったそうですが、こちらの第3世代は240Mbps。しゃみ子の危機管理フォームくらい、ちょっと早いかも?

互換性はあるそうなので、片側だけ取り換えることも可能。ですが、どうせやるなら2つですかね?いや、どうせやるならいい無線LANアダプターを買った方が・・・


I-O DATA コンセント直結型PLCアダプター PLC-HD240E-S マスターアダプター&ターミナルアダプターセット

2019年9月 7日 (土)

PC業界の裏話が詰まった書籍「そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!」

こちらの記事を読んでいたら、思わず買ってしまいました。

ASCII.jp:PC業界の裏話が盛りだくさん! 「そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!」が電子書籍化!

Img_2149

まさにこの記事の書かれている時期にPCを作っていた者として、ぜひとも知らなければならない裏事情の歴史があったことを、この書籍にはつづられています。

まだ読み始めたばかりですが、すでにくすっと笑わされてます。

ところでこの作者さんって、女性の方なんですよね。

PC業界でも珍しい女性目線の自作PC黒歴史。なかなかどうして、新鮮ですね。

まずは第1章「『CPU人柱』の先にあったものは……」の話。

時はIntelのコンシューマー向けCPUとして初のデュアルコアのPentium Dを自腹購入して「人柱」になった話。

Img_2147

いや、私もPC歴長いですが、CPUでやけどはありませんね(笑)

まさに「名誉の負傷」ってやつでしょうか。いや、飼い犬に手を噛まれた、という表現の方が正確かもしれません。

続いて、第2章「知らないあいだに周りに謎の『期待感』を与えてしまっていた当時魔のフレーズ『(PC詳しいくせに)できないのぉ?』」の逸話。

Img_2148

これは「PCベテランあるある」かもしれませんね。

あれだけたくさんのキーが付いたPCを触れるのに、どうして電子レンジが使えないことがあろうか!?

・・・偏見も甚だしいですね。なにゆえ、電子レンジとPCを一緒くたにするのか。

にしても、確かに最近の家電はボタンが多いですね。あれもうちょっと、シンプルにできないものか?

うちの電子レンジにも、確かにたくさんのボタンついてますけど、大半は使った覚えがないですね。テレビのリモコンに至っては、電源と入力切替、音量ボタンしか使ってません(テレビをまったく見ないので)。

この調子で、101章もあるんですよ、この本。

この先がちょっと、いや、かなり怖いような、気になるような・・・

2000年代前半期に自作PCに青春をかけてしまった30~40代諸君にぜひとも読んでいただきたいこの一冊。

私も、頑張って読みます。


窓の円盤を何万枚も売った女が語る そんなの業界じゃあたりまえっちゃ! (週刊アスキー)

2019年8月31日 (土)

X68000型のノートPCバッグ

X68000への愛も、ここまでくるともはや手遅れです(いい意味で)。

 往年の名機「X68000」デザインのバッグが11月に発売、随所に細かい演出 - AKIBA PC Hotline!

なんと、X68000型のノートPC用バッグが登場です。

意外に細部にこだわりがあります。FDDはチャックがついてますし。大きさまでほぼ同じだとか。

で、この通りノートPCが収まります。

ちゃんとシャープに承諾を得たうえで使っているデザインとのこと。本格的ですね。

発売は11月、お値段は19800円(税抜き)予定。

それにしても、最近は本当にレトロPC、レトロゲーム機ブームですよね。それだけ、この世代が多いってことでしょうか?

でも、その世代にドンピシャな私としては、X1も忘れないで欲しいなぁと思う今日この頃です。


HELMETS ミニチュアケース X68000 for RaspberryPi 2/3 [ ブラック ] MONAC-002

2019年8月21日 (水)

ものづくりの祭典「Maker Faire」でPC-8001 Bluetoothキーボードが

8月3、4日に、東京ビッグサイトで「Maker Faire」というものづくりの祭典が開かれていたようですね。

そこで見つけた珍しい機器を紹介した記事がこちら。

 ASCII.jp:ものづくりの祭典「Maker Faire」で見つけた楽しい創作物たち (1/4)

中でも、2つ目の「PC-8001 Bluetooth Keyboard」はなかなかの品。

本物のPC-8001の中身をくり抜き、外観そのままBluetoothキーボードにしちゃったというものです。

なんだかもったいないような気もしますけど、多分、もう動かないPC-8001を使ったんでしょうね。多分ですが。

つい最近、PC-8001をエミュレートするハードが発表されたばかりだというのに、こちらは逆にPC-8001の筐体を用いて最新のキーボードっぽいものにしてしまったという感じの、なんかそういったハード。

ということは、この両者を融合させると、PC-8001のキーボードで動くPC-8001な振る舞いをするハードができるということに・・・頭が痛くなってきますね。

他にも「バレットタイム撮影システム2」や「セルフ記者会見セット」など、何の役に立つか分からないけどウケるハードが紹介されてます。

日本のものづくりは終わった・・・などと言う声は最近多いですが、こういうのを見ていると、まだまだ捨てたものじゃないかなと思いますね。こういう馬鹿々々しいものから、次の時代を担うものが生まれてくるわけですから。

ものづくり「超」革命 「プロダクト再発明」で製造業ビッグシフトを勝ち残る

2019年8月19日 (月)

ちょっと……いやかなりコアなPasoconMini PC-8001レビュー記事

ちょっとどころか、かなり深入りしちゃったPasoconMini PC-8001のレビュー記事を見つけたので紹介。

 【Hothotレビュー】昔を思い出しつつPasocomMini PC-8001でマシン語プログラミングしてみた ~カセットデータの読み込み方も紹介 - PC Watch

先日発表された、PC-8001 40周年を記念してLavie購入者に配布されることになったPasoconMini PC-8001。

N-BASIC、16種類のゲームが入っていることは知られてましたが、なんと、マシン語を組んでしまうという荒業(?)をやってのける方まで登場。それが、リンク先の記事。

高校時代に使用し、今も実機も持っていらっしゃるそうで(ただし実機は最近、中古で購入されたそう)、当時使っていたZ-80のコード表(μCOM-82インストラクション活用表)を引っ張り出して入力してます。

簡単なプログラムを・・・などと書かれてますが、私はマシン語自体、さっぱり分かりません。本当は私も勉強したかったんですけど、当時の経済力と情報力が、それを許さなかったですね(X1を買った1986年当時、中2)。

もちろん、エミュレータ上で動かすマシン語なんですけど、そんな細かいところまで再現しているとは驚きです。

細かいと言えば、カセットテープも読み込みも可能。実際に物理的に昔のゲームの入ったテープを読み込ませることに成功してます。恐るべしです。

他にも、当時別売りで提供されていたPCGがエミュレートできるようになっているそうです。

キーボードは外付け(USB)で、中身はRaspberry Pi Zero WHなんですが、オリジナルのPC-8001の資産をある程度使うことができるハードとしても使うことができることが、この記事からも分かります。

かつてのコアなPC-8001ユーザーなら、十分に楽しめそうですね。

あなたの知らないN-BASICの真実: PC-8001から98DO まで

2019年8月 8日 (木)

PC-8001復刻版の詳細が明らかに

8月5日に発表されてましたね、PC-8001の復刻版。

ASCII.jp:PC-8001のミニ復刻機やゲーミングブランドの予告も!NEC PC「PC-8001誕生40周年記者会見」 (1/6) 

PC-8001誕生から40年のイベントが行われ、そこで事前情報通りPC-8001の復刻版の発表が行われました。

その名も「PasocomMini PC-8001」。MZ-80のミニチュア版がありましたけど、まさにあれのシリーズのようです。

N-BASICも搭載され、16種類のゲームが入ったSDカードが同梱されているとのこと。今後、ゲームを増やしていく予定のようです。

ちなみに、このPasoconMini PC-8001は直接販売されず、店頭でLAVIEパソコンを購入した人の内、2000人に抽選でプレゼントされるか、あるいはNEC Directで500台限定モデル「LAVIE Pro Mobile 40周年記念限定プレミアムモデル」(お値段199,800円)を買うと、付属でついてくるそうです。

入手が確実なのは、後者のプレミアムモデルを買うことですね。ちなみに、パッケージの箱まで再現性抜群だそうです。

なかなか男心をくすぐられる一品ですが、直接は手に入らないんですね・・・まあ、PCを買えってことですね。

おっさんホイホイに使われるレトロPCですが、果たしてこのPC-8001欲しさにLavieを買う人が続出するのか・・・気になる方は、ぜひNECのPCの購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

NECパーソナル PC-PM750NAR LAVIE Pro Mobile PM750/NAR クラシックボルドー

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ