パソコン系

2017年10月23日 (月)

MZ-1500がAKIBA PC Hotlineに登場

まさに先日本物を見たばかりですけど、これより前にMZ-1500がAKIBA PC Hotlineに登場してました。

安価でカセットテープより高速なQuickDiskを搭載したパソコン「シャープ MZ-1500」 - AKIBA PC Hotline!

どちらかというと、コアなユーザーが多いMZ-700の方が有名ですが、このMZ-1500もなかなかのパソコンです。

上のリンク先にもある通り、テープではなくQD(クイックディスク)を搭載。ファミコンのディスクシステムといえば、ピンとくる人はいるかもしれません。あれと同じ仕組みのようです。

ここで何度か書いてますが、私はこのMZ-1500とX1Fのどちらかを買うことになって、X1Fを選択しました。

で、30年以上たった今思うと、このときMZ-1500にしておけばよかったかなぁという想いと、X1でよかったかなぁという想いの両方が私の中にあります。

前者については、まずゲームが少なかったこと、そして一体型でこじんまりとしており、保存するには格好の大きさであることがあげられます。

X1って結局ゲームの誘惑が多かったのは事実で、それゆえにプログラミングの時間が少なくなったんじゃないかなぁと思っているのも事実。MZ-1500ならそういう誘惑はなさそうです。

でも、実は会社にMZ-1500のユーザーがいて、その人がまったくプログラミングを志していないところを見ると、あながちMZ-1500だからといってプログラムに燃えていたかどうかはわからないというのが今の率直な気持ちです。

ちなみに、その人はMZ-1500を買ってもらったものの、周りにユーザーがいないのでまったく孤立していたとのこと。といっても周りはファミコンだらけだったので、元々プログラムを志す土壌がなかったようです。

X1のユーザーは多かったですからね。その点について私はX1を選んでよかったとは思ってます。が、BASICを組んでいた人は私くらいのもので、プログラムに関してはMZ-1500でもX1でも変わらなかったですね。

たらればは言い出したらきりはないですが、結果として私はX1を選択し、結局このMZ-1500ユーザーになることはありませんでした。

でも、MZ-700もそうですけど、この一体型の筐体には、未だに何か惹かれるものがあるんですよね。PC-8001にも同じものを感じてます。というのは、以前の記事(Akiba PC HotlineでまたまたPC-8001登場!: EeePCの軌跡)でも書きましたね。

オールドカーのユーザーがいるように、オールドPCのユーザーもたくさんいるはず。どこかでそういう集まりがあるなら、参加したいですねぇ。できれば、名古屋近辺でいませんかねぇ。

80年代マイコン大百科

2017年10月22日 (日)

Windows 10 Creators Updateをしたらアプリストアが開かなくなった時の対処法

Windows 10 Creators Updateの通知が来たのでアップデートしたんですが、表題のとおりアプリストアが起動しなくなってしまいました。

実は以前、Windows 10アプリストアに”Ubuntu”登場!: EeePCの軌跡の記事を書いたときにこのCreators Updateのプレビュー版を入れたのですが、同様にアプリストアが起動しなくなったため、元に戻した経緯があります。

が、今度は正規版でアプリストアが起動しなくなるという事態に遭遇。

アプリストアの起動画面が出るんですが、すぐに消えてしまいます。何度やっても、再起動しても治りません。

これでは、Ubuntu on Windowsがインストールできないということに。

ということで、以下のサイトを参考に対処しました。

Windows ストアが起動しない

いろいろ書いてありますが、私がうまくいったのは「ストアキャッシュをリセットする」方法。

(1) Windowsキー + Rを押して「ファイル名を指定して実行」を出す。

Win10aps01

(2) 「WSReset」と入力してエンター

Win10aps02

これでアプリストアを起動すると、うちでは起動するようになりました。

で、無事Ubuntu on Windowsをインストールしたのですが、結局そっちは使ってませんね。

Windows 10をアップデートしたらアプリストアが起動しなくなったという方は、ぜひこちらをお試しください。

ちょっとだけLinuxにさわってみたい人のための Bash on Ubuntu on Windows入門

2017年10月21日 (土)

秋葉原へ行ってきました!

出張で品川に行くことになったんですが、午後からだったので、午前中に秋葉原へ寄り道してきました。

Img_1867

せっかく来た秋葉原ですが、この日はあいにくの雨。

着いたのは10時ごろだったんですが、空いている店がかなり限定的。秋葉原って11時ごろに開く店が多いんですね。着いてから気づきました。

というわけで、とりあえずお目当ての店の位置を把握しておくことにして、11時ごろまではビックカメラに寄りつつも、秋葉原界隈をうろついてました。11時ちょっと前には早めの昼食を取って時間をつぶします。

ところで、今回私が行きたいと思っていた店は2店舗。BEEPと、イオシスです。

BEEPはレトロPCユーザーとしては当然ですが、何気に安いスマホを投げやりで売るイオシスも前々から気になってました。

11時になるとすぐにまずはBEEPからいってきました。

・・・ってBEEPはどこにあるのよ!!と言いたくなるくらい、分かりにくい店でした。

Img_1870

で、よく見たら、ビルの根元にこんな看板が!

Img_1872

こんな看板も。間違いなくここがBEEPです。

この横の細い階段を降りた先にやや開けるには勇気を要する風格の扉がありました。

突破して、中に入ります。

Img_1873

こじんまりとした店内に、レトロPCやゲーム、ゲーム基盤に同人誌が目白押し。

そういえば、パソコンミニ MZ-80Cが置いてありましたね。私が見たときは4台。奥に本物があって、気合いの違いを見せつけてました。

MZ-1500もありましたね。QDは動くんでしょうか?Macintosh Plusや88VAの試作機?なんてものもあって、並みのPCショップとの違いを見せつけてます。

レジのあたりには「ここには新しいものは何もない!」ってなことが書いてありましたよね。

Img_1892

ここではこの冊子を購入。「満開の電子ちゃん」という冊子。お値段、1500円(税込み)。

「満開」って書いてあったもので、つい手を出してしまいました。これって要するにXなんとかの本ですよね。

Img_1897

1990~2001年までに書かれたものを載せているようです。

Img_1894

ああ!懐かしい・・・といえるほど、私にはこの漫画の記憶がなくて申し訳ないのですが、多分どこかで読んでるはずです。しっかり復習しておこうかと。

Img_1895

なお、こんなマウスパッドがついてました。なかなかいいですね。

他にも紹介しきれないほどの品ぞろえ。レトロPCユーザーなら必ず訪れておきたい店でしたね。

なお、今度の日曜日にパソコンミニMZ-80Cのトークイベントをやるそうです。

「パソコンミニ MZ-80C」の発売記念トークイベントが22日に開催 - AKIBA PC Hotline!

続いて、イオシス アキバ中央通店へ。

Img_1876

中古のスマホを扱う店といえばそれまでですが、ほかの店と比べて置いてある端末の雰囲気がちょっと違いますね。

このイオシスという店、安い端末を大量に仕入れていることが多い店・・・というのが、私がAKIBA PC Hotlineあたりを読んでていだいていた印象ですが。

Img_1874

店頭の掲示には、1万円以下のAndroidが何台かありました。他の店もちらっと見てみましたけど、1万円以下でこれだけのスペックのものはなかったですね。

Img_1898

で、私はここでこのTONE M15とかいう端末をゲット。TUTAYAスマホって書いてありましたが、そういえば、そういうスマホ、ありましたよね。確か。

5.5インチ液晶にAndroid 5.1搭載で、メモリは2GB、ストレージ16GBのクアッドコアなスマホ。本体のみで6980円。

同じものを4つ並べて、好きなのを選ばせてくれましたが、全く違いは分からず。

どれもちょっとだけ汚れてましたね。一応、中古のようですから。

他にもLG製のタブレットが4980円というのがあったんですが、Androidのバージョンが4.4.2だったのが残念でしたね。

今回はAndroidのバージョンが5以上なら買おうと思ってたので、必然的にTONE M15になりました。

Img_1899

この写真は新幹線の中で撮ってるので、まだネットにつながってません。

動きはわりとサクサク動いてくれます。大きさはほぼ6 Plus/7 Plusと同じ。解像度も悪くないので、意外に普通なスマホ。

ただ、Androidに慣れていないため、キーボードの設定には苦戦してました(私は日本語入力をQWERTY形式で打ち込む派なので)。

Img_1887

なお、この記事の本題とは関係ありませんが、出張ではこんなところへ行きました・・・って、これ見てどこかわかる人、いますか?品川の辺りです。

これはこれでなかなか面白い話が聞けましたが・・・仕事の話になるので、やめておきます。

さて、随分と久しぶりに秋葉原へ行きました(19年ぶりです)が、もう昔の記憶はないものの、依然来た時にはこんなに外国人はいなかったかなあと。

アニメ系の店と、免税店が多かったのが印象的ですね。この辺りの事情は、名古屋 大須も似たようなものですけど。

他にも行きたい店はあったんですけど、時間がなくていけませんでした。たまには秋葉原へ行った方がいいと思いましたね。

AKIBA Guide Book 2017 Winter【秋葉原ガイドブック】

2017年10月15日 (日)

私のPC人生もここから始まりました ”シャープ公式Twitter”のオールドパソコン画像

3週間ほど前の話題ですが。

MZ-80、700、1500、そして2000、2500、またはX1、X68000など、数々の名機を生み出してきたシャープ。

そのシャープの公式Twitterがこれらオールドパソコンの画像を一挙放出しておりました。

「ボクのPC人生はここからはじまった!」 シャープ公式TwitterがオールドPC画像を大公開して話題に! | GetNavi web ゲットナビ

私もまさにシャープのパソコンが最初のパソコンなんですよね。私の場合はX1F model20。5インチFDDが付いたX1で、もうすぐ32年になるというのに未だ動作してくれます。このころのパソコンは丈夫ですね。

自作デジタル8ピン-VGA変換ケーブル+Century LCD-8000Vでシャープ X1F起動成功!: EeePCの軌跡

これがもっとも最近起動したときの動画。この通り、液晶モニターを手に入れました。

まだまだ使える状態を維持していきたいですね。コンデンサーが大丈夫でしょうかね?

これがなければ、私はプログラムなんぞに手を出さなかったでしょうし、ディープラーニングなどやることもなかったことでしょう。人生の多くを学んだパソコンです。

もちろん、富士通やNEC、MSXから入った人もいます(9月28日には富士通やタカラトミーも流してました)。私の周辺はたまたまX1が多かったですね。X1Fが3人、X1G、X1 turbo、そしてX1 turbo Z。88VAやMSXの友人もいましたが、ここまでX1だらけだとちょっと浮いてましたね。

その後登場したX68000は、当時高校生だった私には当然手に届くはずもない高嶺の花。

結局、大学に入ってからPC-9801BXを買うまで、私はX1一筋でした。

液晶モニタをつないだシャープX1でBASICプログラムを動かしてみた: EeePCの軌跡

Img_1015

ソフトが出なくなってからも、BASICで頑張ってましたね。こんなもの作ってました。

今はPythonをいじってますけど、つくづく思うのは若いときにプログラムをやってると多少言語が変わっても何とかなるということですね。

私はCはやりませんでしたが、FORTRAN、Javascript、Visual BASIC、そしてPythonと変遷できたのは、X1のHuBASICのおかげです。時代は変わっても、アルゴリズムというのはそれほど大きく変わりません。

実は未だに言われるんですよね、うちの親に。「お前にパソコンを買うんじゃなかった」って。

買った直後に成績が落ちたからなんですが、長い目で見るとこのころの成績以上に元が取れてるんじゃないかと確信してます。

GetNAVIさんの記事のリンクを張った意味がないほど私の話ばかりでしたね。ともかく、懐かしいパソコンの画像が放出されました、という話でした。

パーソナルコンピュータ博物史

2017年10月 7日 (土)

上海問屋からWindows Hello対応の顔認証用カメラ

上海問屋が、Windows Hello対応の顔認証用カメラを発売したそうです。

Windows Hello対応の顔認証カメラが発売、実売5,999円 - AKIBA PC Hotline!

お値段は5,999円。USB2.0対応で、30万画素のカメラを使って顔認証をするそうです。

正直、スペックを聞くと大丈夫かな?って思いますが、手軽な認証ができるのはよさそうですね。

今やスマホにも顔認証が搭載される時代。PCだって顔認証・指紋認証が当たり前!

・・・にはならないですね。未だに会社ではCtrl+Alt+Deleteを叩いて認証画面を出しては、アカウントとパスワードを打ち込んでおります。

業務用でも、そろそろ今どきの認証システムを採用してほしいものですよね。せめて、指紋認証くらいはつけてほしいところです。

mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応  CM01

2017年10月 5日 (木)

Windows 10が動くRaspberry Piサイズのミニボード”LattePanda”

見た目は確かにRaspberry Piっぽいですが、立派な64ビット版Windows 10端末です。

Windows 10 Homeが動作する小型ボード「LattePanda」が登場、基板はRaspberry Piサイズ - AKIBA PC Hotline!

このミニボードコンピュータ”LattePanda”は、4コアのAtom x5-Z8350を搭載したWindows 10マシン。

サブCPUとしてATmega32U4を搭載しているので、Arduinoとしても使えるようです。

メモリ2GB、ストレージ32GBのモデルが14,130円みたいですが、ほかに4GB/64GBストレージのモデルもあるようです。電源はmicroUSBで5V/2Aのものが必要。Windows 10はすでにアクティベート済みなようです。

ああ、ちょっと欲しいかなぁ・・・なんて考えましたけど、冷静に考えればGole1なんてものを持ってますし、必要ないですね。

それよりもGPD Pocketの正式版が発売されたということで、こっちの方が気になるところです。

7インチサイズの超小型ノートPC「GPD Pocket」の国内販売がスタート - AKIBA PC Hotline!

約6万円か・・・最近出張も多いし、どうしようか?

でも、仕事で使うからという理由で買うのはやっぱりちょっと気が引けますね。どうせ会社が出してくれるわけではありませんし。個人で使う理由を模索中です。

LattePanda 2G/32GB - Win10開発板(デジタル ライセンス含め)

2017年10月 1日 (日)

MZ-700がブラウザ上で動く!JavaScriptエミュレータ

MZ-700ってどうしてこうも長く愛されてるんでしょうか?ブラウザ上で動くMZ-700のエミュレータが公開されてます。

MZ-700フルJavaScriptエミュレータ|たかみんつ

Mz700js

こんな感じの画面です。わりとちゃんとした作りでびっくりですね。いくつかのゲームが動くようです。

FirefoxやiPhoneのSafariでも一応動きますが、キー入力が遅いなど、あまりうまく動きませんでした。やはりGoogle Chromeが推奨のようです。

こうしてみると、やっぱりMZ-700を買っておけばよかったかなぁなんて思うこともありますね。あまり実機に出会ったことはありませんが、プログラミングの習得と割り切るにはちょうどいい機種ですね。

いや、X1Fが悪いわけではありませんが、ちょっと恵まれ過ぎた環境だったかなぁと。

高校時代には、3500バイトしかなかった安いポケコン(PC-1440というシャープのポケコン)でプログラムを組むことが多くて、私には限界が小さい方が向いてたんじゃないかと思うこともあります。

しかし、この時代のハードを今の人が見たらどう思うんでしょうかね?テープでじーっと何分も読み込み、出てくるのはお世辞にも綺麗とはいいがたい画像。でも、X1Fをうちの子供らに見せたら大喜びでしたし、案外受けるんじゃないでしょうかね?

時代を彩った名機たち~1980年代・国産パソコン戦国時代を振り返る: マイナビ

2017年9月29日 (金)

ビルゲイツ氏 Ctrl+Alt+Deleteを後悔する

確かにこのキーの組み合わせ、あまり使い勝手がいいとは言えませんね。

CNN.co.jp : ビル・ゲイツ氏、「Ctrl+Alt+Delete」を後悔

ビルゲイツ氏がニューヨーク市内で行った講演会で、Ctrl+Alt+Deleteの組み合わせを採用したことを後悔していると話したそうです。

この話、以前にも聞いたことがあるような気がしますが・・・違いましたっけ?

本当は1つのキーにしたかったらしいですが、いろいろ事情があってこうなった模様。

今や指紋認証の時代ですからね、強制終了ならともかく、ログインまでこの3つのキーを使わなきゃいけないというのも不便ですよね。

余談ですけど、「ビルゲイツ」といえば最近、こんな騒ぎがありましたね。

【衝撃】ビルゲイツが破産していた | ロケットニュース24

”ビルゲイツ破産!”のニュース。私もちょっと騙されました。

ニュース自体は本当ですが、倒産したのは日本にある建設工事業者の「株式会社ビルゲイツ」。紛らわしいですね。まるでマスゴミの印象操作のようなニュースです。

最近トイザらスが倒産したのは本当ですけどね、ただしアメリカの。日本のトイザらスはまだ健在?です。

カップ、SODIAL(R)三本の指がお茶の時間に敬意を!!Ctrl-Alt-Deleteカップセット!!今までのないよ!

2017年8月27日 (日)

3分の1サイズのミニチュアX1turbo

”偽X1”などといってますが、なかなかどうして完成度高いです。

こちらの動画に出てくるミニチュアX1turbo。

外観だけではありません。本当にX1として動作してます。

途中で本体を開けて、中の基板を見せてくれてます。私にはあまりよくわかりませんが、FPGAの基板のようですね。本体は3Dプリンター製でしょうか。

多分キーボードはダミーで、別にあるようですけど、なかなか凝った出来です。

ここに出てくる「STAR CRUISER」というゲームは知りませんが、X1 turbo専用のゲームだったようですね。

こういうのを売り出してくれると、かなりの人が買ってくれそうな気がします。ただしソフトの許諾を得るのが大変でしょうけど。

X1ユーザーとしては、ぜひX1FやX1turboZあたりも再現してほしいところですね。

パーソナルコンピュータ博物史

2017年8月15日 (火)

中国製のネットワークカメラから声が!?恐怖のハッキング体験の記事

ネットワークカメラというのは便利ですが、こういう危険をはらんでいるということを頭においておく必要がありそうです。

中国製ネットワークカメラが勝手に動き出して中国語が聞こえてきた怖い話(動画あり) - 僕とネットショッピング

中国製ネットワークカメラから中国語が聞こえてきた話の続き - 僕とネットショッピング

子供や自宅の中を見守るために使っていたネットワークカメラから、ある日突然勝手に動いたり、声がしたりという怪しさ満点の挙動をしたという体験記です。

もちろんアクセス用のパスワードは変更していたようですが、それでも他の声が紛れ込んできたそうです。

ハッキングされてる可能性は高いですよね、これ。盗聴・盗撮まで及んでいたかどうかはわからないようですが、されててもおかしくなさそうですね。

ということで、最終的には返品したそうです。

中国製の安くてあやしいサーバー経由のネットワークカメラって確かにありますよね。私もかつて使ったことがありますが(激安で遠隔操作可能なIPカメラ”IPC100”: EeePCの軌跡)今にして思えば盗撮されていた可能性もありますね。おお、恐ろしや。

それにしても雑なハックですね。鼻歌や人の声が漏れるとか、どういうんでしょう?単なる混線という可能性もありますけど、それはそれでこのカメラの製品としての信頼性を疑います。

I-O DATA スマホ ペット 子供 見守り 会話OK/録画/土日も電話サポート/返金保証 TS-WLC2

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ