パソコン系

2019年12月10日 (火)

4万円代でゲーミングPCを手に入れる!?

「4万円代」ではなく「4万円ちょい」で手に入るゲーミングPC、やはり安いですよね。

ゲーミングPCが4万円チョイで手に入る方法、教えます ~ 中古PC+新品ビデオカード活用術 ~ - AKIBA PC Hotline!

ここを読むと、要するに2万円ほどのGTX1650と中古PCとを組み合わせるというものなのですが、そこそこのパワーを持つビデオカードが2万円で手に入る時代なんですよね。

中古PCといえども、最近は単位コアあたりの処理速度が頭打ちになりつつあるので、5年くらい前の機種でもまあまあの性能のものが手に入ります。

それなら、5万円以下でゲーミングPCも納得です。

簡易のディープラーニング用PCも同額で作れそうですね。私にとっては、そっちの方が気になります。

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1650 搭載 グラフィックボード 4GB デュアルファン GF-GTX1650-E4GB/OC/DF

2019年12月 6日 (金)

「一太郎」誕生から35周年!「一太郎2020」発売へ

来年の2月7日に、一太郎2020が発売されるそうです。


 ジャストシステム、35周年を迎えた日本語ワープロソフト「一太郎 2020」 ~写真から文字起こしできるスマホ用「一太郎Pad」 - PC Watch



お値段は、通常版が2万円、プレミアム版が38000円。同時に「一太郎Pad」アプリもリリースされるそうです。


また、作成したメモを一太郎2020に転送できるアプリ「一太郎Pad」が無償提供されるそうです。スマホとの連携を謳うのは、今どきのソフトらしい機能ですね。


私が一太郎を使ったのは、たしかVer.3の時。


PC-98Nという初代98ノートを持ってましたが、あれで軽快に動くワープロソフトとして使ってましたね。


世間的には一太郎 Ver. 4.3が流行ってましたけど、私はそれを飛び越してVer.5を買いましたね。ちょうどWindows3.1の頃で、当時大学生だった私は、アカデミー価格でWindows版を安く買った覚えがあります。


にしても、今はほとんどワープロソフトを使いませんね。ExcelかPowerPointです。Wordすら使わないですね。このため、一太郎の出番もありません。


でもこの箱のデザイン、あの頃を思い出させてくれます。きれいな文書を書く需要があれば、手に入れたい品ですよね。


一太郎2019 プレミアム 特別優待版


2019年12月 2日 (月)

「大戦略」の思い出

AKIBA PC Hotlineで98版の「現代大戦略」の記事が出ておりました。

現在も続く「大戦略」シリーズの始まり『現代大戦略』 - AKIBA PC Hotline!

懐かしいですね。98版ではありませんが、私も大戦略をやりました。特にやり込んだ覚えがあるのは、やはりX1版です。

その後、後継の大戦略を買ったはずなんですが、覚えているのは初代のX1版のみ。

もうすぐX1購入&パソコン暦30年!てことで懐かしのゲームを紹介: EeePCの軌跡

 

こういうやつです。

ディスクの内側がしわしわになるまでやり込みました。

索敵という概念がなく(全部丸見え)、敵も味方も同じ兵器というツッコミどころ満載なゲームでしたけど、当時は画期的でしたね。

これが、私にとって初めての戦略・戦術シミュレーションゲームでした。

まあ、その後はスーパーロボット大戦などにはまるわけですが・・・あれがシミュレーションゲームかどうかは、賛否が分かれるところでしょうけど。

当時は「孫子」の兵法なるものにはまり始めた時期でもあり、それがこのゲームにのめり込むきっかけでもありました。

標準のマップもほぼ一通りクリアし、いろいろとマップを作りました。そういう思い出があります。

ところで、上の記事中ではアニメーションに臨場感があって・・・などと書かれてますが、私はこの大戦略のアニメーション、あまり好きではありませんでした。

というのも、無駄に長いんですよね。敵、味方ともに、一発づつ撃ってたような・・・さっさと終わってほしいと思うばかり。ということで、アニメーションをオフにしてました。

そういう声が多かったのか、確か大戦略2では一斉発射になり、相当アニメーションが短くなってました。

その後、Windows版も買ったはずです。確か。敵味方の兵器が分かれ、索敵もあって、4か国くらいで争うやつ。それはそれでやり込んだはずなのですが、すぐに興味がリアルタイムシミュレーションであるAge of Empires IIに移ったせいか、思い出があまりないですね。

にしても、未だに続いているんですね、大戦略シリーズ。

販売元も「システムソフト」も、「システムソフト・アルファー」となってますけど、辛うじて続いているようです。

あまりゲームをやる時間がありませんが、久しぶりにやってみたい気分でもありますね。

現代大戦略 2019~臨界の天秤!譲らぬ国威と世界大戦~

2019年12月 1日 (日)

5GHz帯を利用するWi-Fiルーターは注意が必要

うーん、そんな落とし穴があるんですね。Wi-Fiルーターの5GHz帯って。

Wi-Fiが切れた? それ、もしかして“航空レーダー“のせいかも - PHILE WEB

我が家のWi-Fiルーターも5GHz対応で、もちろん最近のiPhoneはこの5GHz帯にも対応してますが。

この5GHz帯にも、いろいろあるようです。

W52、W53、W56の3つのチャンネルがあって、このうちW53、W56が気象レーダーや航空レーダーと周波数帯がかぶるようです。

このため、無線LANルーター側ではこのレーダー波の検知をしており、検知されたらW52に切り替わる設定となっているようです。

W53やW56を使っていると、レーダー波の具合によっては切れてしまうことがあるとのこと。このため、デフォルトはW52になっているみたいですね。

そんなことはあまり意識したことはありませんけど、うちはほとんど途切れなく使えているので、おそらくW52ばかり使っているのかなぁと。

我が家の真上は、県営名古屋空港に向かう機体がしょっちゅう通過するくらいなので、多分上空はレーダー波だらけではないかと思われます。そんなところでは、こういう問題は起こりやすいかもしれませんね。


TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C50 11ac AC1200 867 300Mbps デュアルバンド ipad, ipad pro 対応 無線lanルーター wi-fiルーター 無線ルーター 3年保証

2019年11月21日 (木)

Intelから4GHz駆動の2コアPentiumが登場

とうとうPentiumも4GHzの時代に突入です。


4GHz動作の「Pentium Gold G5620」がデビュー、TDPは54W - AKIBA PC Hotline! 



秋葉原にて、4GHz駆動のPentium Gold G5620が発売されたそうです。お値段は税抜き11673円。


2コア/4スレッドのCPUですが、このクロック数が魅力的ですね。個人向けでは、案外最強じゃないでしょうか?


個人的にも、そろそろ自作PCを、とは考えているんですけど、なかなか腰が上がりませんね。


次はAMDだと思ってたんですが、その決意を揺らがせるには十分なパワーのCPUですね、これは。


でも、どうなんでしょうね?このCPUの実力。


いや、高いことは高いでしょうけど、今時、こんなに高いCPUがいるのか?


もっとも、値段はかなりお買い得。CPUにふるより、今はSSDやメモリ量にお金をかけた方が高速化できます。


うちのWindowsも、そろそろ起動時間の長さにいい加減うんざりしているところ。次はやっぱり、SSDかなぁと。


でも、なかなか踏ん切りがつかないんですよねぇ・・・今更そんなものに投資したところで、どうなるのか?と。


私の決意を揺らがせてくれる何かが、欲しいところですね。


Intel CPU Pentium Gold G5620 / 4.00 GHz / 4 MB / DDR4-2400 / BX80684G5620【BOX】【日本正規流通商品】


2019年11月11日 (月)

中古PCこそがねらい目!?

そうなんですよね、最近の中古PCって、バッテリーなどの消耗部分を除けば、悪くないんですよね。

「汚くて遅い」は過去の話 “激安だけど使える”イマドキの中古PC事情をチェック! - AKIBA PC Hotline!

つい5、6年前までは、中古PC = 低スペックというイメージでした。

が、ここ7年ほどは、革新的に速いCPUが出たわけでもなし。つまり、7年前のPCといえども、十分実用的に使えちゃうってことです。

いや、正確にはCPUも性能は上がってるんですよ。ですがそれは、多コア化やメモリアクセス速度の向上に支えられていて、単コア当たりの姓のが上がっているというわけではないんですよね。だから、ごく普通のアプリケーション、ブラウザやExcelあたりを使う分には、その違いを実感できないんですよね。

なので、上のような記事が書かれてしまう、ということで。

私のメインPCも、使っているCPUはIVY Bridge。つまり7年前のCPUです。が、別に実用上は何ら困ることがありませんね。

どちらかと言えば、CPUよりもGPUの方が欲しいです。もっとも、GPUを使う何か(ゲームや深層学習等)を抱えていない限りは、それも無駄ですけど。

新品で買う価値があるとすれば、モバイル用途のノートPCくらいですかね?机の上で動かす程度ならば、別にわざわざ新品を選ぶ必要もないかもしれません。

クリーニングを徹底している店も多いですし、そういう店で中古PCを選ぶのも、悪くないんじゃないでしょうか?

【Microsoft Office 2016搭載】【Win 10搭載】Panasonic CF-SX2/第三世代Core i5 2.5GHz/大容量メモリー8GB/新品SSD:240GB/DVDスーパーマルチ/12インチワイド液晶/無線搭載/HDMI/USB3.0/中古ノートパソコン (新品SSD:240GB)

2019年11月 5日 (火)

手書きレポートを自動で書いてくれるプロッター「全自動手書きレポートマシン」

なんというか、すさまじいまでの情熱ですよね。よくこういうことを思いついた上に、完成させようと考えるものです。

手書きレポートへのアンチテーゼ? 現役早稲田生が作った「全自動手書きレポートマシン」 - bouncy / バウンシー

手書きのレポートって、まだあるんでしょうか?いや、あるようです。このPCが普及し、ペーパーレスさえ叫ばれるこのご時世に。

そんな手書きレポートへこだわる人へのアンチテーゼとして開発されたのが、このプロッターです。その名も「全自動手書きレポートマシン」。

早稲田大学の情報理工を学んでいるたむ氏が開発したこの装置、ご覧いただくとよく分かりますが、いかにも手書きな文字が書かれる、かなり凝ったプロッターです。

この方、他にも半自動洗濯物折り畳みなるものを作ってるんですよね。

なかなか、面白い発想をお持ちの方ですね。いや、実行力というべきか。

私も時々、こうしたいというアイデアが出るんですが、なかなかここまでの実行力はないですね。若いって、うらやましい。

うらやんでばかりいないで、たまにはこういうものを作りましょうかね?


マルマン レポート用紙 レポートパッドメモリ入 7mm罫 A4 P140A 5冊セット

2019年11月 4日 (月)

同人誌「いまからはじめるMSX」販売中

実は秋葉原へ行った際には、これを買おうと思ってたんですが・・・私が見た時は、すでに売り切れでした。

同人誌「いまからはじめるMSX」が入荷、MSX初心者向けの一冊 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

「いまからはじめるMSX」という、時代を20年以上間違えたのではないかと思ってしまう同人誌です。

いえいえ、今からでも遅くはありません。時代は、MSXです!というノリで書いているような冊子。

しかもこの絵、ついに最終号を迎えた東芝のFlashAir同人誌の、あの絵ですよね・・・

MSXの基本や、入手方法などが書かれているそうです。お値段は税込み499円とのこと。

欲しかったです。

次に入手できる機会は、あるのでしょうか?

余談ですが、FlashAir同人誌の方は最終号を迎え、これまであったダウンロードサイトはなくなってしまいました。

 FlashAirの“ディープ”な使い方を紹介した同人誌の最終号が無料配布中 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

が、Github上で引き続き同人誌を入手することは可能です。

FlashAir Developers - website

技術情報などもこちらに掲載されてます。気になる方は、こちらからどうぞ。


MSX 本体 パナソニック FS-A1 mk2

2019年11月 3日 (日)

秋葉原行ってきました#2

今年2回目です。確か。

泊りがけで東京出張したので、1日目の夜に秋葉原に行ってきました。

まずは、東京出発編。

Img_3452

10月31日。いい天気・・・とは言い難い日でしたが、富士川付近で、雪をかぶった富士山がこの通りよく見えました。

Img_3453

が、この日の朝の新幹線は、深夜の工事の遅れでダイヤが乱れてまして、熱海駅の前でこの通り、止まってました。

こんなコンクリートの絶壁の前で止まることなんて、早々ないだろうと思い、撮影。ちなみに、浜松駅前で停止したときはちょうどバンクのど真ん中で、傾いた座席で3分ほど耐えてました。

結局、17分遅れで東京に到着。

Img_3502

向かった場所は、神保町駅そばの「日本教育会館」というところ。そこで行われた日科技連主催の「クオリティフォーラム2019」に参加しました。

が、今回はこいつの話は割愛。

Img_3457

昼食は、そばにあったこのインド料理の店で食べました。

Img_3454

インド人・・・いや、もしかしたらネパール人?の店員さんの作るインド・タイ料理を堪能。

美味かったです。

結局、2日ともこの店で昼食を食べることに。

さて、前置きはここまでにして、ようやく本題。秋葉原の話です。

Img_3465

着いたのは夜の7時近く。

あまり写真はないですが、この日は外国人多し、いや、それ以上にメイドカフェのハロウィン推しが多し。

よく考えたらこの日は「ハロウィン」でした。

Img_3463

どおりでこの日、こういう髪の色の人が多かったんですよね。他にも、ピッコロな格好の人もいました。

Img_3460

が、私はハロウィンなんかそっちのけで、電脳系をうろついてました。定番の秋月、千石はもちろん

Img_3468

ここは外せませんね。秋葉原に来るたびに、毎回訪れてます。

Img_3471

ところで、夕食をどうしようかと思っていたら、秋葉原駅のそばにあるケバブの店で、怪しげなアフリカ系の男に誘われてこういうものを食べる羽目になりました。

美味かったです。

今度行ったときも、この店で食べようかな、と。

Img_3495

さて、その日泊まったホテルは、神田駅そばにあるこういうホテル(※写真は翌朝撮影)。

業務スーパーと看板を並べるホテルに泊まるのは、初めてです。

Img_3480

個室に風呂はなく、かなり狭い部屋。窓の外はすりガラスで見えず、おまけに窓も開かないという超割り切り設計な部屋でしたが、安かったのでチョイス。

チェックイン、アウトも楽でした。また泊り出張の機会があれば、利用しようかなぁと。

Img_3491

で、そのホテルの一室で、秋葉原で得た戦利品の確認です。

頭文字Dと令和ちゃんは、要するにお菓子です。マイコンBASICマガジンヒストリーブックはBEEPにて、上のキーボードは千石電商で購入。

Img_3492

これは職場用の土産。なるべくドン引きする奴にしようと、これを選びました。

ついでに、今の元号が「令和」であることを忘れている人がいたので、敢えてこれをチョイスした次第で。

なお、ポスターカード付です。

Img_3493

マイコンBASICマガジン ヒストリーブックの方は、どうやらあのイベントに絡む本のようです。そういえばこういう冊子の話が、あったような・・・

Img_3511

自宅に帰ってから開けました。

Img_3513

これは目次で、

Img_3514

中身はこうです。

歴代マイコンBASICマガジンの表紙の画像がずらりと並んでます。

Img_3515

ちなみに、私が唯一所有している1993年3月号の表紙はこれ。

Img_3517

で、これが現物。

当たり前ですが、完全に一致です。

さすがに、秋葉原の巡り方もだんだんと心得てきたかなぁと。

次回いけるのは、いつの日か・・・

特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

2019年10月31日 (木)

パソコンがない時代はどうやって仕事をしていたか?

そういえば私はギリギリPCがある職場でしたね。でも、最初のレポートは紙ベースで書きました。


「パソコンがない時代、どうやって仕事してた?」に反響 「庶務の女の子が沢山いた」「時刻表とタウンページで出張の準備」 | キャリコネニュース


だからこういう話は、未体験です。


PC以前は文章も手書き、ワープロを使う専任の人がいて、正式文書はそこに依頼していた、という話も聞いたことはあります。


そんな時代から見れば、Windows 95が出たあたりから四半世紀過ぎた今、消えている職業がけっこうたくさんあるようです。


昔は確かに庶務の人が多かったですね。私が入社したころにはまだいました。が、今はずいぶんと減りましたね。


その分、個人に割り当てられた仕事が多いといえば多い。でも、給料は確かに上がってませんね。


時代と言えばそれまでですが、世の中はもっとIT化、効率化が進んでます。特に海外は。


クラウド、シンクライアント、フリーアドレス、そしてAI・・・ソリューションはどんどんと提案されてますが、その価値を理解しない人が増えて、なかなかこういうものの普及が進みません。


で、そういうものを導入してスピードを増した競合他社と戦わなきゃいけない・・・これが今の日本の実態。


まるで、70年以上前のあのときのようです。歴史は、繰り返すんでしょうか?


【8GBメモリ/大容量SSD搭載】初期設定不要 Office付き 1.8kg薄型軽量15.6インチノートパソコン 高速Intel静音CPU 搭載 メモリ8GB 無線LAN対応 Windows10大画面ノートPC 8GB RAM ハイスペック性能 大容量バッテリー採用、6時間連続使用可能 無線マウス付き (ストレージ容量(128G SSD), シルバー)


より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ