モバイル系

2018年6月18日 (月)

”昼飲み”ついでに大須へ行ってきました

土曜日に、大須に行ってきました。

いや、タイトルにある通り、ついでに行ってきたんですが・・・

矢場町駅のそばに”ガーデンキッチン フラリエ”というBBQができる場所があって、そこで会社の人達と飲もうということになり、向かいました。

矢場町駅のそばということは、つまり名古屋 大須の目と鼻の先。そんなわけで、ちょっと早めに行って、久しぶりに大須を巡回してきました。

Img_1413

梅雨時ですが、この日は幸い晴れました。昼から飲むには良い日です。

ちなみにここは、大須でもっとも幅を利かせているお寺”万松寺”です。

Img_1490

織田信長の父上、信秀公のお墓があるお寺。寺の奥には、織田家の家紋「木瓜紋」があります。以前は墓の前まで行けたのですが、今は行けない模様。

Img_1412

信秀公を参拝したのちは、こちらに行きました。

大須にもあります、”けっこう安い イオシス”。

Img_1409

最近、大須に来るとここを必ず訪れます。拾いものがありそうな香りがプンプンしていて、かつての大須のジャンク巡りの熱き時代を彷彿とさせてくれます。

Img_1410

ただ、この日はあまり面白い製品はなかったですね・・・ただ、ここはiPhoneの中古がたくさんあるので、いずれはお世話になることになりそうですね。

Img_1495

ちなみに、チラシがあったので持って帰ってきました。

Img_1499

いつも思うのですが、同じモデルを大量に売るお店。どこから入手するんでしょうか?

Img_1407

第1アメ横ビルにあるツクモに久しぶりに行ってみました。

なんと、Raspberry Pi 3 B+が売ってましたね。秋葉原でも店頭発売が始まったとは聞いてましたが、ここでももう売ってるんだ。お値段は5280円。

Img_1414

ところで、最近こういう”レトロゲーム”のお店ができましたね。大須にはこの手のお店が2店舗見かけました。まだあるかもしれません。

一応”ぴゅう太”を扱っているということになってましたが、見かけませんでしたね。

Img_1416

で、大須を堪能したのち、会場である”ガーデンキッチン フラリエ”へと向かいます。

Img_1430

都会の真っただ中にある自然豊かな公園。

こういう場所って、たいていポケモンGoのジムなどになってるんですよね。モバイルバッテリーをつけた歩きスマホの人がたくさんいました。

Img_1437

で、こういうBBQセットで飲んで食べてきました。羽目を外すほど飲んでしまいまして、翌日はかなり二日酔いでしたね。日曜日でよかった・・・

大須にもあまり行かなくなりましたが、なんとなく財布のひもが緩みそうな街並みが復活した感じ。たまには寄り道してみようかと思います。

cronos iPhoneX ベルトレス マルチ手帳型スマホカバー ケース 家紋 戦国武将 甲冑 織田信長 三英傑 尾張 勝幡城 桶狭間 長篠の戦い 本能寺 妖怪 宇宙人 sen0045 日本製

2018年6月 8日 (金)

血圧が測れるウェアラブル端末”VivoWatch BP”

台湾ではこの時期恒例のCONPUTEX TAIPEI 2018が行われてますが、そこでASUSがVivoWatch BPを発表しました。

ASUS、血圧が測れるヘルストラッカー「VivoWatch BP」を発表 - Engadget 日本版

現在売られている”VivoWatch”の後継で、従来機種と同じでリアルタイム心拍数の計測、長時間のバッテリー駆動(初代10日 → 最大28日と大幅増)、液晶のカラー化、そして血圧測定ができるのが売りとされています。

こんな簡単な仕組みで血圧が測れるのかとちょっと心配になりますが、心電図センサーと光学センサーを使って測定する仕組みのようです。

ディスプレイ横のセンサー部分を15秒押さえるだけで測定できるそうで、手軽な血圧計としても使えるようです。

Apple Watchほどの機能はないものの、手軽な測定機器としてみれば面白そうな製品ですね。お値段は169ドル、アジアでは7月末にも発売されるそうです。

ASUS スマートウォッチ VIVO Watch Black ( タッチスクリーン / TFT液晶 / Bluetooth4.0 / IP67 ) ?ASUS VIVOWATCH

2018年5月25日 (金)

4万円台のiPad対抗のSurface登場か!?

Microsoft Surfaceといえば、Microsoft純正のタブレット端末ですが、どちらかというと高いイメージしかない端末。

あれなら、せいぜい4、5万円が妥当じゃないかと思っていましたが、本当に4万円程度のSurfaceが出るかも!?という噂です。

iPadの牙城を狙うMicrosoftに4万円台の「Surface タブレット」が出る噂 | ギズモード・ジャパン

廉価版Surfaceの価格は400ドル程度。日本円で4万円ちょっとといったところ。

今売られているSurface Proは10万円越えですから、これくらいの価格なら第6世代のiPadと張り合えそうですね。

大きさは10インチ程度とのことで、まさにiPadと同サイズ。その代わり、今売られているSurface用のキーボードカバーは使えない模様。

今我が家では長男がiPad Air 2を使ってますが、次もiPadにしようかと思ってました。が、ちょっとこのSurfaceには惹かれますね。年内に出そうでしょうか?ちょっと期待です。

マイクロソフト Surface 2 32GB 単体モデル [Windowsタブレット・Office付き] P3W-00012 (シルバー)

2018年5月 8日 (火)

水中ドローンをサメががぶっ!とする瞬間

水中ドローンを使ってホオジロザメを観察していたら、がぶっと食いつかれた・・・

リアルな人の話じゃなくて、よかったですね。

巨大サメがガブッ! 襲撃の瞬間を水中ドローンが撮った!!

オープンソースな水中ドローンを目指すプロジェクト”OpenROV”から派生した水中ドローン”Trident”でサメを観察している際に起きたアクシデントを撮影した動画です。

がぶっとした瞬間、サメの口の中を鮮明に映し出しています。

かなり丈夫なあごをもつサメだと思うんですけど、ドローンは無事だったようです。さすがドローンだ、なんともないぜ。

結果的に、このTridentというドローンにいい宣伝になったのではないでしょうか?怪我の功名ってやつですかね。いや、だれもケガしてませんけど。

なお、このTridentという水中ドローン、最大深度100m、スマホもしくは専用タブレットで操作可能なもので、ごらんのとおり、かなり鮮明な画像を撮影することができます。

この水中ドローンが気になる方、サメが大好きな方、この動画はおすすめです。

水中 ドローン100m トライデント「Trident」 簡単に使える水中ドローン/水中カメラ

2018年5月 6日 (日)

’18年春の中1のスマホ保有率は71.7%でAndroid優勢

うちの長男が中学1年生になったので、ちょっと気になる記事です。

中1は71.7%、高1は94.4%――18年春に入学した中高生のスマホ利用率 MMD研究所調べ - ITmedia Mobile

この2018年春に新たに中1、高1になった学生を対象に調査した結果が出てますが、それによれば中1でスマホを持っている人は71.7%、高1では94.4%にも及ぶそうです(MMD研究所×アオイゼミ 調査)。

なお、持っているスマホのOS別では、中1がAndroid61.6%、iOS38.4%、高1がAndroid37.6%、iOS62.4%となっているようです。中1の場合、とりあえず安いAndroid端末を持たせる傾向が強いんですかね?

余談ですが、OS別を合計すると、Android+iOSで100%ですね。もう「その他」はないんですね・・・Windows Phoneを持たせようという気概のある親はいないのか!?(子供が迷惑ですが)

だけど、中学校にスマホをもっていったらダメな気がするんですが、今は違うんでしょうか?うちの子の中学はどうだったかなぁ・・・

うちの場合は、自宅でiPad Air 2を使わせているだけですね。その気になればiPhone 6 Plus or iPhone 6sあたりを譲ってもいいんですが、外で使うのはまだ時期尚早な気がしてます。時期を見て与えるかどうか、考えようかな?

京セラ SIMフリースマートフォン (au系 SIM対応) KC-01 ブラック ( 4.5インチ snapdragon 400 クアッドコア 1.5GB 8GB LTE 防水 防塵 ) au系 MVNO 対応 (UQモバイル等)

2018年5月 4日 (金)

マキタのバッテリーからUSB電源を取るアダプター

マキタの掃除機を愛用している人がいます。自宅にマキタの工具をいくつか所有しており、掃除機までマキタにしちゃったようです。

マキタのいいところは、工具であれ掃除機であれ、バッテリーが共通であること。電動工具をガンガン使いたいときには掃除機のバッテリーをまわし、大掃除するときは工具のバッテリーを掃除機にまわすという、究極のローテーションが可能です。

なお、マキタのバッテリーを使いまわせる機械としては、ほかにも扇風機やコーヒーメーカーもあるんですね。最強すぎです、マキタのバッテリー。

そんな便利なマキタのバッテリーを「モバイルバッテリー」に変えるアダプターが出たようです。

マキタのバッテリーをUSB電源化するアダプタ - ケータイ Watch

このアダプター、マキタ純正のアダプターで、その名も「マキタ USBアダプタ」。

2つ口のUSBがついており、どちらも5V/2.1Aに対応。iPadの充電もできます。

ベルトフックがついているので、このマキタのモバイルバッテリーを腰に下げることもできます。ただし、結構重いバッテリーなので、それなりの覚悟が必要ですが。

マキタ機器をお持ちの方には、おすすめの逸品です。これで非常用電源には事欠きませんね。

余談ですが、そろそろ「マキタ機器を連れて異世界転生」ってネタの小説や漫画が出てこないんでしょうか?最強じゃないですか?その主人公。

マキタ USBアダプタ ADP05 バッテリー別売

2018年4月22日 (日)

microUSBを直接挿して充電できる乾電池型充電池をサンコーが発売

サンコーにしてはまとも(?)な製品ですね。

サンコー、USBケーブルを直接挿し込んで充電できる充電池 - 家電 Watch

乾電池型の充電池ですが、microUSBケーブルを直接挿して充電できるというのが売りの充電池です。

エネループのように充電器がないと充電できないというものではなく、スマホの充電に使っているケーブルを直接挿せばいいので、便利なことこの上なし。

単3型が1250mAhで、充電時間は2時間。単4型なら400mAh、単1型では4000mAhとなります。他にも、9V型の電池まであるようで、お値段は、1280~1780円。4月13日に発売済み。

おもちゃの乾電池として使うのは便利ですよね。ラジコンだとすぐに消耗してしまうので、乾電池代が馬鹿になりません。これなら出先でモバイルバッテリーを使って充電できるのも魅力的かも。もっとも、ちょっと充電時間がかかりすぎな気もしますが・・・

4つ入りの1.5v 400ミリアンペア AAA電池ポリマーリチウムイオンマイクロUSB充電電池で、四イン一のミニリンクケーブルがあります

2018年4月19日 (木)

総務省有識者会議が2年縛りの違約金廃止を提言

2年縛りの違約金。こいつがある限り、キャリア間の移動というのはなかなかできないのが現状です。

携帯キャリアの「2年縛り自動更新」の違約金廃止を。総務省有識者会議が要請 – すまほん!!

総務省の有識者会議からの提言だそうです。あの2年縛りの違約金に関しては以前よりも緩和されつつありますが、違約金そのものを廃止するべきという結論を出したようです。

でもこの提言、携帯キャリアの今後の料金プランに影響を与えるかどうかは不明、与えたところで果たしてユーザーの望む形になるかどうかはわかりませんね。

今のところ、SIMロック解除を義務付けたり、実質0円をなくしたりしてますけど、これらがユーザーに利便性をもたらしてるとはとてもいいがたいですし。

どうせやるなら、2年縛りそのものの廃止、SIMロックの禁止はやらないとだめでしょうね。携帯キャリアの端末販売の禁止まではやらなくても、この2つをするだけでかなり利便性が上がります。

それにしても「有識者」の方々って、この程度の結論を出すのにいったい何年かかってるんでしょう?有識者でない私の方が、ユーザー目線でまともなことを言えると思いますが、いかがでしょうか?

余談ですが、携帯の話に限らず、ここ最近の有識者だの専門家だのが言う結論って、どこかずれていることが多い気がします。具体的に何とは言いませんが、論理性が欠けているというか、優先度がおかしいというか、そういう事例が多すぎる気がします。大丈夫ですかね?日本の有識者って。おかげさまで「若者の有識者離れ」が起こっているような気がするんですが・・・

なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ

2018年3月19日 (月)

おにぎり型の50000mAhなモバイルバッテリー

安定性抜群なモバイルバッテリーがCheeroより登場です。

50,000mAhのおにぎり型バッテリーが店頭入荷、iPhone 8を17回もフル充電! - AKIBA PC Hotline!

容量が50000mAhの、おにぎり型のモバイルバッテリー「Power Mountain 50000mAh」(CHE-086)があるそうです。お値段は、税込み14580円。

この50000mAhという容量は、iPhone 8なら17回分の充電に相当する量らしいです。

標準USBが2ポート、USB-Cが1ポートで、最大40Wの出力が可能なモバイルバッテリー。側面にLEDライトもついています。防水ケースが付属しており、台所で使うにも安心な仕様です。

ところで、なぜおにぎり型なのかと言えば、安定性に加えてタブレットの土台にもなるデザインなのだそうです。

Amazonの販売サイトで見ると、1000度の耐火性能も持っているようですね(だからと言って火にかざすのはお勧めしませんが)。

アウトドアには活躍しそうなバッテリーですね。この容量にしては手ごろな値段ですし、この夏にテント生活をエンジョイしようとお考えの方は、このバッテリーがおすすめかもしれません。

cheero Power Mountain 50000mAh 大容量 モバイルバッテリー Power Delivery 対応 LEDライト デバイススタンド 防滴カバー 付属 USB C 入出力口 iPhone&Android対応 3ポート 急速充電 アルミボディー CHE-086

2018年3月 9日 (金)

”EeePCの軌跡”ブログを始めて本日でちょうど10年になりました

本日、3月9日はこのブログを始めてちょうど10年目の日になります。

ちなみに、10年前の記事(2008年3月9日)はこちら。

はじめに: EeePCの軌跡

あれから10年。当時はブログの名前の通り”EeePC 4G-X”を使っておりました。

いやあ、懐かしいですね。今でもこのデザイン、私は好きです。

安いだけではなく手軽に使えるPCということで、かなり重宝しました。枕元でもひざの上でも、全然使えるPC。

当時はいろいろと遊びましたね。内蔵SSDの空き容量を増やしてみたり、安い光学ドライブをつないでみたり、挙句の果てに地デジ録画をしてみたり。

この当時、いわゆるPC情報誌系のEeePCに対する風当たりは強かったですね。概ねネットしか見られない低スペックPC、本物のモバイルにはかなわない、という論調。そのため”ネットブック”なんていう名前がつけられました。

なんというか、このころはまだ(いや今でも)ベンチマーク至上主義で、整数・浮動小数点演算や3D処理の速度をどれだけたたき出したかが重要で、数値が低いネットブックは相手にもされず。

でも高性能の端末はそれなりのお値段で、大体20~30万円。そんな金額、庶民がホイホイと出せるものなのだろうか?

それに、ネットしか見られないスペックがそんなにダメなことなのか?そんな疑問があって、EeePCでできることを書いてみようと思ったのがこのブログを始めたきっかけです。

このときは事あるごとに書いてましたが、自動車でもスポーツカーやミニバン、軽自動車など用途別にいろいろあるのに、PC誌はランボルギーニクラスのものばかりを勧める。そんなもの一般人がほいほいと買えるわけでもないし、オーバースペックであることが多い。当時でもPowerPointやExcelを使う程度ならネットブックレベルのスペックで十分。30万円ものPCを買うより、気楽に持ち歩ける5、6万円クラスのPCの方がいい。

しかし、振り返ってみれば、今やネットブックも通り越して一人一台ポケットにスマホを持ち歩く時代。たった10年で、いつでもどこでもネットを見られる環境が当たり前になりました。

「ネットしか見られない」ではなく「ネットが使える」端末こそが最上というのが今の時代。今ネットブックという言葉は肯定的な意味になりつつありますね(そういう呼び名はもう死語となりつつありますけど)。

まさか10年でここまで変わってしまうとは、この当時の私には思いもよらず。ですがこの時すでにiPhoneは存在し、徐々に勢力を広げつつありました。

ちなみに私がiPhoneを最初に買ったのは、このブログを書き始めて約3年目のこと。

iPhone 4をついに・・・: EeePCの軌跡

Img_1491

2011年2月13日。おりしも、私がパソコン(シャープX1F)を買って25年目のその日でした。

その前にiPadなんてものも買っておりますが。

iPadきたー!: EeePCの軌跡

Dsc_2189

今では、すっかりiPhone一直線ですね。

ただし、そろそろ飽きてきたのも事実。先進性が薄れてきたのは否めません。スマホの追っかけはそろそろ終了ですかね。

ところで、モバイル機器ばかりがこのブログネタではありません。私の仕事柄、計算技術関連も多いです。

例えば、並列計算にチャレンジしたり

EeePC並列計算機化計画: EeePCの軌跡

最近では、ディープラーニングにはまっております。

TensorFlow+KerasでSSDを独自データで使えるようにしてみた: EeePCの軌跡

膨大な演算を好むくせに、モバイル機器が大好きという、幅が広いのか、節操がないのか、ともかくそういう記事を書き続けてまいりました。

2008年当時は、モバイル機器ではネットブックが新しい風を吹き込み、iPhoneがスマートフォンの形を作りつつある時代でした。

計算機業界では、ちょうどMPPによる並列計算が絶頂期を迎えていた頃。

それが10年経ってみると、モバイル機器といえばスマホ。iPhoneもずいぶんと進化しました。

計算機分野では、ディープラーニング、人工知能のおかげでまさにNVIDIAのGPUが絶頂期を迎えています。

ブログを書く目的は、当初は自己主張だったのですが、今は記事を書くことで最新の情報をキャッチするという方向に変わってきております。

ブログ記事を書きながら、それ自体が情報収集の動機になり、世の中の流れを知るきっかけになっております。

気が付けば、あっちこっちから情報を仕入れるのが癖になってますね。これが今の仕事で、とても役に立っております。

ところで、この先10年はどうなるんでしょう?

全く読めませんが、コモディティ化したスマホとより進んだAI技術が世の中を席巻しているものと思われます。PCは・・・どうでしょうね?もちろん残るとは思いますが、数は減るような気がします。

あと10年先まで、私はブログを続けられるでしょうかね?

少なくとも、サラリーマンである限りは、続けていくつもりです。

ASUS VivoBook 11.6インチ ダークブルー E200HA【日本正規代理店品】(インテル Atom x5-Z8350/4G/eMMC 32GB/Win10)E200HA-8350B/A

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ