モバイル系

2019年10月10日 (木)

JVCケンウッドの大容量な電源

また、台風が近づいていますね。

被災時に頼りになるのが、大容量バッテリーです。

 JVCケンウッド、コンパクトながら最大17.4万mAhで高出力のポータブル電源3機種 - 家電 Watch

JVCケンウッドとJackery社が共同で開発したこの大型バッテリーは、174,000mAh(BN-RB6)、144,000mAh(BN-RB5)、86,400mAh(BN-RB3)の3種類。お値段はそれぞれ、65,000円、55,000円、37,000円(税抜き)

複数の機関の安全試験をクリアしたバッテリーで、災害非常時のみならず、アウトドアなどでも利用可能。もちろん、100Vの電源も利用可能です。

BN-RB6、5は100V/5Aに、USB3ポート(最大30W、2.4A)を搭載。つまり、500Wの家電製品までは使えるってことですね。電子レンジは無理そう。BN-RB3はややスペックダウンしてますが、5、6が重さ6kg程度に対し、3は3.5kgとコンパクトなのがいいですね。

 

うちもそろそろ、災害のことを考えておかないといけませんね。台風よりは、地震の方が心配。でも、非常時だけのためにこのバッテリーを買うのはちょっと・・・何かいい使い道、ないですかね?


Anker PowerHouse (ポータブル電源 434Wh / 120,600mAh) 【PSE認証済 / 静音インバーター / 正弦波 / USB & AC & DC出力対応 / PowerIQ搭載】 キャンプ、緊急・災害時バックアップ用電源

2019年9月26日 (木)

初代プレステっぽい腕時計

一見するとパチモンですが、公式ライセンス品だそうです。

初代プレステをモチーフにした腕時計「PlayStation Watch」が店頭入荷 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline! 

随分と可愛らしいプレステデザインな腕時計ですね。ちなみにPOWERボタンを押すと時刻表示が、OPENボタンで時刻、日付、秒に切り替わるようです。

公式ライセンスというだけあって、思ったより細かく作り込まれてますね。

お値段は、税込み3780円。

往年のプレステファンなら、おひとついかがでしょうか?


プレイステーション クラシック

2019年9月25日 (水)

モバイルバッテリーのようですが・・・なんと空気入れです

一見すると、モバイルバッテリーのようなデザインのこの製品。

 the360.life - 【自転車】自動空気入れ「Smart Air Pump M1」の実力をジャッジ!

実は、自転車の空気入れだそうです。

一回の充電で、7回分の空気が入れられるらしいです。

ポケットサイズなのに、4分ほどで自転車のタイヤの空気を入れられるという優れもののこの空気入れ。

できれば、車用が出ませんかねぇ。

車の空気入れって、結構大変。これくらいコンパクトな空気入れなら、一つほしいところです。

JanGoo 電動エアコンプレッサー エアコンプレッサー 空気入れ 2200AM電池 コードレス 携帯便利 LEDライト付き タイヤ 車 自動車 自転車 ロードバイク ボール 浮輪適用 日本語取扱説明書付き

2019年9月 9日 (月)

ウォークマン40周年を記念して初代ウォークマン風の音楽プレーヤーが登場

SONYがベルリンで開催中のIFA2019で、ウォークマン40周年記念モデルなるものを発表したようです。

 初代ウォークマンを再現した40周年記念モデル登場 音質でカセットが変わる - ITmedia NEWS

ごらんの通り、見た目はまさに初代ウォークマン。さらにすごいことに、映像ながら中のカセットテープが動きます。

といっても、Android版ウォークマンで、ケースをつけるとウォークマン風になるというものだそうですが。

音質も3タイプあって、テープでいうところのノーマル、ハイポジ、メタルに合わせ、CD音源以下、CD並み、ハイレゾに変わるんだそうで。

いろいろと凝ってますね。ただ、日本での発売は未定だとか。

ぜひ、日本でも発売して欲しいです。

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55 : Bluetooth microSD対応 ハイレゾ対応 最大45時間連続再生 2018年モデル トワイライトレッド NW-A55 R

2019年8月23日 (金)

着るだけで最大4時間冷やしてくれるベスト

アスキーストアーで販売中だそうです。

 熱中症対策に最適!着るだけで上半身を冷やしてくれる水冷ベスト - 週刊アスキー

 この「水冷冷却クールベスト」は、文字通り水冷で冷やすベスト。

背中に背負うバックパックに、2リットルの専用氷水タンクをおさめて使用。

このタンク自体を冷凍庫に入れることもできますし、ぬるくなってきたらコンビニで氷を買って補充することも可能。

付属のバッテリーは8時間。モバイルバッテリーも使用可能とのこと。コンビニ+モバイルバッテリーを組み合わせれば、かなり長い時間、冷却性能を維持できそう。

雨が多くて冷夏かと思ったら、急に暑くなりましたからね。こういう商品は仕事・プライベート問わず屋外によく出る人には必須になりそうです。

お値段は39800円(税込み)。ご購入は、リンク先からアスキーストアーへ。

Xingmeng3枚セット 冷却タオル 瞬冷タイプ 熱中症対策 速乾 軽量 吸水性抜群 抗菌防臭 ひんやり感 UVカット アウトドア 山登り ジョギング 部活 運動会 ジム ヨガ 旅行 スポーツタオル

2019年7月30日 (火)

ドスパラの3万円PC”Altair VH-AD3S”のレビュー記事

実は先日、私もドスパラの約3万円PCを大須に行ったときに少しだけ触ってみました。

その3万円PCのレビュー記事がPC Watchに載っております。私のちょっと触った感想も併せて紹介。

 【西川和久の不定期コラム】4コアのCeleron N3450搭載で税別3万円を切る「ドスパラ Altair VH-AD3S」を試す - PC Watch

さて、この3万円PCですが、CPUは4コアのCeleron N3450、メモリ4GB、ストレージ64GBという、今どきの最小構成となるスペックのPC。

液晶は14.1インチのフルHD(1980×1080)、税抜き価格が29800円(税込み32184円)という金額。

デザインは・・・うーん、どこをどう見ても、旧型のMacBook Airですね。側面、下面はほぼまんまです。

デザインはともかく、実際の使用感はどうなんでしょうか?

まずはバッテリー駆動時間ですが、フルHD動画を連続再生して約5時間ほどで落ちたようです。公称8.4時間だそうですが、まあ妥当な金額ではないでしょうか?

速度は遅いながらも、通常の作業をする分には困らない程度の性能はあるようですが・・・

これ、デフォルトではWindows 10 Home Sモードなんですね。

私も店頭で触っていて、気になりました。なんだかちょっと変な感じ、だと。

あれ、Sモードだったからなんですね。なんていうか、Windows 8を触っているような感じ、とでもいうんでしょうか?「PC」のアイコンはないし、デスクトップはえらい簡素だし、スタートメニューはパネル状のものしか出てこないし・・・

Sモードを通常の10に変える方法はあるようです。

Windows 10 の S モードを解除する 

すぐにでも変えた方がいいでしょうね。

ところでこのAltair VH-AD3Sにはひとつ、気がかりなところがあります。

それは、「\」(バックスラッシュ、日本語環境では円マーク)のキーが下段のスペースキーの右2つ横にあること。通常のキーボードでは右Altキー

通常はバックスペースキーの内側にあるものですが、これだけがちょっと変則的です。

たまに使いますからね、「\」キー。ちょっとこれは不便かもしれません。

あと、重さが1377gあるというのも気になるところ。旧MacBook Air並みですが、今どきちょっと重いですね。

などなどありますけど、手軽に使えるモバイルPCとしては候補に挙げてもいいんじゃないでしょうか?愛と工夫で乗り切れそうです。

メディアカバーマーケット ドスパラ Altair VH-AD3S [14.1インチ(1920x1080)]機種で使える【シリコンキーボードカバー フリーカットタイプ と ブルーライトカット光沢液晶保護フィルム のセット】

2019年7月28日 (日)

10万円以下PCランキングで旧デザインのMacBook Airが1位に!

あれ?既視感のあるタイトル・・・と思われた方は鋭いです。

ついこの間、10万円以下PCランキングで旧デザインのMacBook Airが2位: EeePCの軌跡という記事を書いたばかりですね。

ところが再び、MacBook Airが10万円以下のノートPCランキングに躍り出ました。

 10万円以下ノートPC、MacBook Airが人気! ノートPC(10万円以下)売れ筋ランキング - BCN+R

Img_1524

7月15日~21日の販売台数ランキングで、なんと今度は1位になったんです!

が、ご存知の方は多いですが、このモデル、ついに販売中止となってしまったんですよね。。。

おそらくこれが、最後の断末魔(?)であろうと思われます。

あちこちで安売りが行われてますね、このMacBook Air。デザイン的には古いのに、しかもMacBookとしてはともかく、ノートPCとしては決して安いとは言い難い価格。ちょっと重くてモバイル性も高いわけでもないし、今どきスタバでドヤる端末でもなし。なのに、よく売れるものです。

同じく販売が終わってしまった12インチMacBookは、さほど売れているわけではなさそう。高いですからね。あれが9万だったら、私も買います。多分。

というわけで、今は約12万円(税抜き)の新しいMacBook Airが最安値となってしまいました。

でも個人的には10万円以下のMacBookを、何とか存続して欲しかったですね・・・

おそらく、そういう想いの人が多いんじゃないかと思われるニュースでした。

Apple MacBook Air (13インチ, 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ, 128GB)

2019年7月21日 (日)

IBMの8つ折りスマートウォッチコンセプト

折り畳みスマホにはわりと否定的ですが、ここまで出来たらさすがに考え直すかもしれません。

IBMから狂気のイノベーション「8つ折り大画面スマートウォッチ」 | ギズモード・ジャパン

IBMのコンセプト、8つ折りスマートウォッチです。

もちろん、コンセプトなので、実物ではありませんが・・・

モードとしては3種類、スマートウォッチ、スマホ、タブレットモード。

いずれも、腕にかけたまま可能です。

・・・という夢を見ました、というレベルのコンセプト画像ですが、これなら悪くないですよね。

ほんと、いっそここまでやってほしい。2つ折りではサイズが中途半端すぎます。

もっとも、これこそ強度が心配ですね・・・ちょっと実現性は低そうです。

【最新版】 スマートウォッチ IP67完全防水 itDEAL スマートブレスレット 血圧計 心拍計 歩数計 活動量計 消費カロリー 睡眠検測 カラースクリーン 長い待機時間 着信電話通知/SMS/Twitter/WhatsApp/Line/アプリ通知 長座注意 日本語対応 iPhone/iOS/Android対応 敬老の日

2019年7月20日 (土)

Apple Watch風のカメラ付きスマートウォッチ

外観デザインを真似し過ぎなのがちょっと気がかりですが、枠が太めだからセーフ!というところでしょうか?

ASCII.jp:Apple Watchっぽいスマートウォッチがカメラ付きで1500円

BluetoothでAndroid端末に接続可能、前面にカメラを搭載しており、裏にはmicroSDカードスロットがついてます(32GBまで対応)。お値段は1500円ほど。

ただ、これを見る限り心拍数センサーはないですね。健康管理には使えなさそうです。

安いものでも、せめて心拍センサーくらいは欲しいですね。できれば、血圧測定ができるといいですよね。それくらいないと、Apple Watch以外を選ぶメリットがありません。カメラくらいでは・・・どうせたいした性能ではなさそうですし、使わなさそう。

スマートウォッチ 2019最新版 血圧計 心拍計 歩数計 スマートブレスレット 1.3インチ カラースクリーン IP67完全防水 活動量計 消費カロリー 睡眠検測 アラーム設定可 着信電話通知/SMS/Twitter/WhatsApp/Line/アプリ通知 長座注意 日本語アプリ iphone&Android対応 (ブラック)

2019年7月10日 (水)

10万円以下PCランキングで旧デザインのMacBook Airが2位

そんなランキングがあるとは知りませんでしたが、10万円以下のPCのBCNランキングが出ております。

10万円以下のノートパソコン、NEC製が今売れている! 人気のMacBook Airは売れ筋ランキング何位? - BCN+R

で、トップはNEC製LAVIE Noteとのことですが、私が注目したのは2位。

2位は何と、MacBook Air MQD32J/Aです。

これです、まさにこれ。

 いまさらですがMacBook Air買いました: EeePCの軌跡

Img_1524

デザインはほぼ2012年あたりに出たモデルのままで、中身は2017年に更新されたもの。CPU的には2年、デザインに至っては7年前のモデルです。

だけど、2位なんですよね。10万円以下というカテゴリーですが、1年ひと昔といわれるPC界(最近はそうでもないですが)で、これは驚異かもしれません。

でも、確かにこれで困ることはほとんどないんですよね。

私の使い方が軽すぎる(メモ&ブラウザ)のがいけませんが・・・いや、これ、一応TensorFlowが動きますよ。決してローワーク仕様ばかりとは言えませんね。

Windowsに比べていいところ、それは「スマホ」のように使えることでしょうか。

電源入れっぱなしで、蓋を閉じるだけで持ち歩けます。蓋を閉じている間はほとんどバッテリー消費しません。

ちょうど1年経ちましたけど、バッテリーも持ちが良くて快適。

わざわざ、最新機種を買う必要がないですね。

最新機種は欲しいですが、高いんですよね・・・14万円の出費は覚悟しないといけません。

ところがこいつは時々安売りしてますし、整備済み品が引っ掛かれば余裕で10万円以下で買えます。

何事も、最新機がいいというわけではないですね。

こういう記事も、ありますし。

 激安MacBook Air2017でデザイン仕事はできるのか検証した【レビュー】 | ベーコンさんの世界ブログ

確かに、ちょっと重いのが難点ですけどね。モバイルにはこれはちょっと・・・と思うことはあります。

でもまあそれでも1.4kg程度ですから、頑張れば持ち歩けないことはないです。

画面がRetinaじゃないですけど・・・いるんですかね?ノートPCにRetina液晶。

個人的には、もっと安いモデルを作ってほしいなぁと思う今日この頃。

CPUパワーが頭打ちになった昨今、選択肢としてはまだ悪くないですね、MacBook Air 2017。

我が家でも、まだまだ活躍中です。

・・・という記事を書いた途端、10万以下の旧デザインAirがなくなりましたね。12インチMacBookも消滅。代わりに119800円の128GB MacBook Airが登場です。こっちは売れるんでしょうか?

Apple MacBook Air (13インチ, 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ, 128GB)

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ