モバイル系

2017年5月19日 (金)

折りたたみBluetoothキーボード買ってみた

今年は出張が増えそうなので、思い切ってモバイル機器用の折りたたみ式Bluetoothキーボードを買ってきました。

Img_2848

出張で名古屋に行く用事があったので、駅前に新しくできたばかりのビルに入ったビックカメラで買いました。

Bluetoothキーボードにもいろいろあったんですが、キーストロークや利便性など散々試した結果選んだのがこのELECOM製のTK-FLP01というキーボード。価格は4800円ほど。

Img_2849

中身はこれだけ。本体とUSBケーブル、そして取説。

取説が雑に押し込まれてました・・・おかげで、最初からこのくしゃけ具合で。

Img_2850

キーボード自体もこのとおりケースに入ってます。

Img_2865

このケース自体がスマホ&タブレット用スタンドになるという代物ですが、奥行きがありすぎて少々不便。おまけに不安定。

百均で買ってきたスタンドを使うことにします。

Img_2851

さて、キーボード本体ですが

Img_2853

折りたたんだ状態ではiPhone 7 Plusとほぼ同じくらいの大きさ。

Img_2854

広げるとこう。

キーの感触はまずまず。ちょっと折り目部分のキーが若干押しづらいのが難点。

Img_2855

最大3台まで登録可能で、この通り切り替えスイッチ付き。

Windows/AndroidモードとiOSモードがあり、切り替えスイッチ以外にこちらも端末に合わせて押す必要があります。

Img_2856

ペアリングはFnキー+Tabを3秒押すことでできます。

この間に各端末側でペアリングを実施。

Img_2857

まずはiPhone 7 Plusに接続。

まあまあの感触。ソフトキーボードよりは明らかに早いですね。

この手のキーボードは剛性感がなくてキーの反応が悪いことが多いんですが、これは許容範囲なレベル。まあ、何台か展示機で試し打ちして選びましたからね。

Img_2862

強いて不満を上げるなら、Enterキーが横長なので押しにくいこと。よく使うキーだけに、ちょっとこれは慣れが必要。小さいキーボードにありがちな欠点ですね。

Img_2859

続いて、Gole1とペアリングを実施。

もちろんBluetoothキーボードなので、Windows機にも使えますが。

Img_2858

実はこのキーボード、こんなところにタッチパッドがついてるんです。

これがこのキーボードを買う決め手の一つでした。

これならGole1でも使えます。

Img_2861

なお、右ボタンはこれ。左ボタンはタッチパネルのタップ操作で行います。

Img_2860

小さいパッドですが、案外使い勝手は悪くありません。

Gole1のタッチパネルを使うよりははるかにましです。

Img_2864

早速Gole1でTensorFlowを使ってみました。

Anacondaのキー入力でも問題なく使えました。

Img_2863

キーボード用電源は内蔵バッテリーで、microUSBで充電します。

が、充電ランプがキーボードのここについているため、充電中はキーボードを開けっぱなしにしてないと充電完了かどうかがわかりません。ちょっと不便ですね。

今まではこの手のキーボードが必要という場面がさほどなかったんですが、今年は活躍しそうです。

エレコム ワイヤレスキーボード Bluetooth 折りたたみ マルチペアリング ブラック TK-FLP01BK

2017年5月13日 (土)

Ankerを模倣した製品に注意!

Ankerといえば、USB電源やモバイルバッテリーを製造・販売する会社ですが、このAnkerそっくりの製品がAmazonなどを通じて販売されているようで、Ankerが注意喚起をしてます。

Anker、同社製品を模倣した偽造品が出回っている事で注意喚起 | 気になる、記になる…

模倣されている製品は、「Anker PowerCore 20100」、「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m」の2つ。

例えばモバイルバッテリー Anker PowerCore 20100の本物と偽物の間には以下のような相違点があるようです。

しかし、これは本物を知らないと見分けがつきませんよね。

詳しくは、上のリンク先をご覧ください。

まあこういう製品を作っているのは間違いなくかの国と思われますが(実際、かの国でも偽ブランドが問題になってますし)、ほんと何とかしてほしいですね。

偽物が出るということは、それだけのブランドだということの証でもあるんですが。

うちにもAnker製品が二つあります(USB電源、スピーカー)けど、なかなか快調です。いいメーカーですよね。ターゲットにされるだけのことはあります。

とはいえあまり喜ばしい話ではありませんよね。偽物をつかまされたユーザーからすればたまったものではありません。

先のAmazon上の詐欺行為といい、通販をターゲットにしたこういうだまし行為を防ぐ方法はないものなんでしょうかねぇ・・・

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 A1271012

2017年5月10日 (水)

”スピードテストブースト”なるものは存在するのか!?

MVNOサービスのみならず、昔から疑問に思っているこの”スピードテストブースト”の存在。

回線速度計測用アプリのパケットを優先的に流せるようにし、あたかも”速い”かのように見せかけるのが、この”スピードテスト ブースト”と呼ばれるものですが。

技術的に可能かどうかを解説した記事が載せられてます。

「スピードテストブースト」は可能なのか? (1/3) - ITmedia Mobile

結論から言ってしまえば「可能」ですが。

ただその存在を明らかにする方法は、ユーザーサイドにはないようです。あくまでも推測するしかなさそうというのが記事の内容。

もっとも、すべての業者ではないにせよ、私はこの手の操作をやってるのは間違いなさそうだと思ってます。

iPhone 4を使っているときの某S社で、それを痛感したことがありますね。

当時、YouTubeを外で使おうとすると全然遅くて使い物にならなかったんですが、あるときとある雑誌でスピードテストとYouTubeの動作再生速度を載せたものが出てきたことがありました。

ちょうどA社からiPhone 4sがリリースされた直後で、S社との比較を行ってたんですが。

速度はS社の圧勝、ただし、YouTube再生速度はA社の圧勝、という内容でした。

で、その雑誌が出て一週間ほどしたら、私のS社のiPhone 4で急にYouTubeの再生速度が速くなったんです。

この出来事をきっかけに、通信速度なんて業者次第だと感じるようになったわけでして。

最近、ようやくこのことが認知されるようになってきた感じですね。いや、今までは忖度(そんたく)されてきただけなのかも?

そういえば、処理速度系のベンチマークアプリでもブーストがかかるスマホがあったりして問題になったことがありましたよね。

しかしユーザーはそんな偽りの結果を知りたいんじゃないんです。本当の使い勝手、速度こそ知りたい事実。

ベンチマークではない、なにかこういう性能を判断するいい方法ってないものですかねぇ。

少なくとも、このブログで取り上げるときは数値だけ並べてわかった気にさせるような記事は書かないつもりです。速度より、使い勝手や使い道こそが、このブログの主題ですんで。

YouTube動画・スマホ活用で人生・ビジネスを100倍開花させる法

2017年5月 6日 (土)

Twitterで便利な検索コマンド

いやあ、これはほんと、便利なコマンド集です。

よくTwitterの検索で絞り込みができないかと思うことはあるんですが、これはなかなか使えそうです。

特に”(ダブルクォーテーション)でくくるやつ、これは早速試してみたいですね。

Twitterのようなビッグデータから欲しい情報を取り出す技として、覚えておくと便利かもしれません。

スマートフォンをより便利に。Google検索がある暮らし。

2017年5月 5日 (金)

7インチの小型ノートPC”GPD Pocket”がMakuakeに登場

先日399ドルの7インチ小型ノート”GPD Pocket”がIndiegogoに登場して話題になりましたが、日本のクラウドファンディングサイト”Makuake”にも登場しました。

UMPCを忘れられないあなたへ 超小型パソコン『GPD Pocket』を日本でも | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

こちらはWindows 10版のみで、価格は今のところ62,640円が最安。Indiegogoよりはちょっと高めですが、こちらはちゃんと電波認証も得られたモデルのようです。

まるで往年のLibretto、VAIO Pをほうふつとさせるサイズ。

スペックは以下

2017年10月に発送予定とのこと。

なお、販売されれば約8万円になる模様。今がチャンスってことですね。

タブレットにはないキーボード付きで文書入力の快適さが売りのこの端末。確かに、気になりますよね・・・

GPD WIN 黒 + 液晶保護フィルム付属 (Windows10 /5.5inch /IPS液晶 /Intel Atom X7 Z8750) (4GB/64GB)(USB Type-C /USB3.0 /HDMI /Bluetooth4.1) (タッチパネル /Gorilla Glass 3 /Gamepad Tablet PC /UMPC /8750) (ブラック) [正規輸入品]

2017年5月 3日 (水)

猫にとりつけて追跡できるほど小さくて軽いGPSロガー

親指サイズのGPSロガーがサンコーから発売されました。

猫の集会所が発見できる?わずか14gの「お散歩ロガー」が販売中 - AKIBA PC Hotline!

IPX6に準拠した防水性を持ち、重さも14gなため、リンク先タイトルにもある通り猫に取り付けることも可能です。

バッテリーは10時間、メモリ内には最大1年分の位置情報を蓄えることが可能。PCにUSBで接続し、Google Earthで足跡をたどることができるそうで。

猫だけでなく、子供や旦那のかばんにつけて塾をさぼっていないか or 不倫相手のところに行ってないか など調べることができそう。うーんいい使い道、思いつかないや。

冗談はともかく、私の職場で事故に遭った人がいまして。

登山中に滑落したんですけど、その足跡がスマホに取り残されていて、事故に遭うまでの状況をたどることができたんですよね。

ということで、アウトドアに行くならGPSロガーはあったほうがよさそうですね(スマホでも可ですが)。事故を想定しなくても、自分の足跡をたどることは何かとおもしろいですし。

アウトドア派な方、ネコを飼っている方、旦那があやしry)など、使い道がある人は多そうです。

超小型GPSデータロガー『お散歩ロガー』 SMGPSFCA ※日本語マニュアル付き  サンコーレアモノショップ

2017年4月29日 (土)

フルHDで逆光に強いドライブレコーダー”ZDR-012”購入!

こんなものが我が家にやってきました。

Img_09271

フルHDのドライブレコーダー”ZDR-012”です。

ところでなぜ2つあるのか!?間違って2個届いてしまったのか!?

かつてそんなこともありましたけど(2万円でほぼ新品のWindowsタブレット端末買ってみた)、今回は2つ注文しただけです。シエンタとiQ用。

今iQには昔買ったLogitec製ドライブレコーダー”LVR-SD100BK”というドライブレコーダーがついてますが、これが解像度低すぎ、暗いところの撮影がダメすぎ、逆光に弱すぎでいい加減ちょっとうんざりしていたところ。

ところがこのZDR-012、Amazonのレビューを読んでもそれほど悪くない、YouTubeで動画を見てもなかなか綺麗。

昼・夜の映像が出てきますが、暗いところでもこれだけ写れば文句ありませんね。

Img_09291

中はこれだけ、ドラレコ本体とシガライター用ケーブル、両面テープと工具(六角レンチ)、取説。

カメラ本体がそこそこ小さいのもいいですね。

Img_09301

なお、8GBのmicroSDカード(クラス10)がセット済み。そのままいきなり使えます。

Img_2810

まずシエンタの方から取り付け・・・ですが、ルームミラーの台座と黒い点々のフィルムが非常に大きいんですよね、シエンタ。

TOYOTA Safety Sense C用のカメラがついてて、それゆえミラー周辺の場所取りが難しくなってます。

Img_2811

いろいろと探った結果、ルームミラー裏の運転席側ならなんとか邪魔にならずつけられそう。

ただし、ミラーで液晶モニターが隠れてしまいます。モニターを見るときはミラーをずらす必要あり。

Img_2812

電源はシガライター12Vから取ります。

この線をグローブボックス蓋で挟み、カーペット下を通して

Img_2813

ドアのウェザーストリップに挟みながら

Img_2815

Aピラーの上あたりでまたいで天井トリムの中に

Img_2814

挟んでドライブレコーダー付近まで線をもっていきます。

Img_2816

あとは余った線をカーペット下に引き込んで長さ調整、わりとすっきり取り付け完了。

このやり方、私の会社の内装設計の方に教えてもらいました。

Img_2817

なお、このドライブレコーダーのボタン類はすべて下についてます。前からでは見えにくい・・・

一番右にある丸いボタンがマニュアル録画ボタンです。

路上でやばいやつを見つけたら、これをぽちっと押せば録画されるというわけです。

押さなくてもその日のうちならまだ上書きされずに残ってるので、無理におさなくても何とかなりますが。

Img_2818

初期設定をして録画状態をチェック。ちゃんと動いてくれてます。

(この写真写した後に気づいたんですが、日付直し忘れてました。あとで修正済み)

Img_2819

続いてiQです。

こっちはすでにIOデータのドライブレコーダーがついてます。

Img_2820

旧ドラレコの配線がこのZDR-012にも使えることが判明したため、配線作業は省略できました。

Img_2821

ただしこちらは古いドラレコを両面テープ+ボンドで取り付けているため、はがす作業が必要。

こんな感じのボンドの茶色がべったり残ってます。大丈夫かなぁ・・・

Img_2822

と思ったんですが、案外きれいに取れました。

Img_2823

こちらは助手席側のルームミラー裏に設置。

前より本体サイズが小さいため、すっぽり隠れます。

で、取り付け終わったため、ちょっとぐるっと走ってみました。

Zdr01201

映像を確認すると、さすがフルHD動画、きれいですね。近所にあるタワークレーンもくっきり写ってました(上の画像は幅400にしちゃってますが、実際は1920あります)。

HDRが使えるため、逆光にも強いのが特徴。あとは夜がどう映るかですね。

ちなみに、フルHD、30fps、音声無しだと1秒1MB。つまり、8GB SDカード1枚だと8000秒弱、約2時間ちょっとといったところでしょうか。

連休中なので通勤路の確認がまだできておりません。特に夜がどう映るのか・・・おいおい確認していきます。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 200万画素 Full HD 1年保証 常時録画 衝撃録画 高速起動

2017年4月28日 (金)

タカラトミーから「小学館の図鑑NEO Pad」 7月発売

「小学館の図鑑NEO」はうちの長男も3冊持ってます。入学祝でもらいました。

結構かさばる図鑑ですが、タカラトミーがこの図鑑の中の500種類を厳選してタブレット端末として販売するそうです。

タカラトミー、生きもの図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad」 - 週刊アスキー

その名も「小学館の図鑑NEOPad」。7月13日発売で、お値段16,200円。

「動物」、「恐竜」、「魚」、「昆虫」の4冊から子供に人気な生き物500種を収録、音声ガイダンス付き。

画面サイズは4.3インチで、カメラ内蔵。自分の撮った写真500枚を図鑑として加えることが可能。重量は270g。

この大きさのタブレットとしては微妙な重さですが、図鑑を持ち歩くことを思えば軽いかも。

最近はけものフレンズ効果で動物園も活気づいているらしいですし、このタブレットもって動物園巡りというのもいいでしょうね。ところでこの図鑑、サーバルは載ってるんでしょうか?

Img_09131

載ってますわぁ。

Img_09141

それどころか

Img_09161

こんなのや

Img_09171

こんなのまで。

探してみると、わりとほとんどいますね。けもフレ登場動物。

そんなけもフレの人気動物たちは、ちゃんと500種類に入るんでしょうか?

入ったら入ったで、大きなお友達がNEOPadを買うという現象が発生するかもしれません。

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)

2017年4月26日 (水)

IIJmioが6月から20GB、30GBデータオプション提供を開始

これまでIIJmioの追加クーポンは100MB 200円か、クーポンカードで500MB 1500円、または2GBで3000円でした。

が、6月からは20GB、30GBのオプションが追加されるそうです。

IIJmio、20GBと30GBの大容量データオプションを6月1日より提供へ | 気になる、記になる…

20GBが3100円、30GBが5000円(税抜き)で追加できるようです。例えば、3GBのプランの人なら、20GB追加で23GBが使えるようになります。

これまではこれだけの大容量にはあまり関心がなかったんですけど、先日の次男入院時の2日で3.3GB消費事件を受けて、大容量クーポンが気になってます。いざというときには便利ですよね。

そうでなくてもYouTubeを外で見る人なら30GBでも1か月で使い切ってしまいそう。動画をよく見るユーザーなら朗報ですね。

なお、イオンモバイルは1GB追加で480円。同じIIJ系なので、こっちにも大容量オプションが提供されるようになるとありがたいですね。

IIJmioプリペイドパック nanoSIM IM-B177

2017年4月25日 (火)

U-mobileのSoftbank版MVNO SIMの実力は!?

iPhone 6s以降のiPhoneではSIMロック解除が可能になったため、例えばSoftbank版のiPhoneでドコモ回線を使ったMVNOへの乗り換えすることができるようになりました。

が、iPhone 6以前のSoftbank版iPhoneを使っていた場合、SIMロック解除はかなわず、当然ドコモ/au回線を使ったMVNOは使えず。

そんな6以前のSoftbank版iPhoneでも使えるMVNO SIMが日本通信(コンシューマ向けはU-mobileに提供)から登場です。

ソフトバンクの古いiPhoneを活用できる画期的な格安SIM「U-mobile S」|@DIME アットダイム

その使い勝手が載せられた記事がこちら。

まず使える端末は、iPhoneなら5以降、iPadなら初代以降で使えるそうで。

残念ながらiPhone 3GS/4/4sはダメなようです。iPadは古いのでもいけるのに・・・

今のところ下りが30~50Mbps出てるそうなので、悪くない使い勝手。ただしそのうちドコモ系MVNOでもみられるように、昼間は1Mbps程度まで遅くなるんじゃないかと。

ちなみにこのU-mobile Sの通信量・月額料金ですが

1GB : 880円、3GB : 1580円、7GB : 2980円、30GB : 4980円 (いずれも税抜き)

SMS付き、音声付きのSIMはないそうなので、データ通信オンリー。

ドコモ系のMVNOが3GBで980円(税抜き)というのが相場なので、ちょっと高いですね。

が、Softbank版iPhone/iPadの中古は豊富で、値段もドコモ版より安め。iPhone 5なんてすでに1万円以下で投げ売りされてますし。それらを活かすことができると思えば安い方かも。

Softbank版iPhoneを使っていて、au/ドコモに乗り換えた人でも、手元にそのiPhoneを残していてiPod touchとして使っている人なら、このU-mobile S SIMを使って再びモバイル端末に復帰させることができます。

このSIMをきっかけに、中古屋のSoftbank端末が有効活用されますかどうか。

iPhone 5 16GB SoftBank [ブラック&スレート]

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ