モバイル系

2019年2月22日 (金)

Apple Watch似の1380円のスマートウォッチ

かなり安っぽいスマートウォッチですが、思ったより面白そうです。

ASCII.jp:1380円のApple Watchっぽいカメラ搭載スマートウォッチ

Bluetooth 3.0でスマホと連動し、カレンダー、リマインダー、音楽、時計、電卓、歩数計といった機能を搭載したスマートウォッチだそうです。

Apple Watchにない機能としては、30万画素のカメラを搭載しているところ。性能は推して知るべしといったところでしょうが、非常用には使えそうですね。

microSDやSIMカードスロットも持ってるそうですが、通信機能については不明。多分日本じゃ使えないとのこと。どのみち、技適も取ってないでしょうし。

これでお値段が1380円。しかも、税込みです。

こういうお遊び端末なら、一つほしいなぁ。

そういえば、最近私の周囲にはApple Watchと、それ以外のスマートウォッチをつける人を見かけるようになりましたね。

健康管理に使ってる人が多いようで、歩数計や心拍の測定に使ってるのが多いみたいです。やっぱり、健康を気にする人が多いんでしょうね。

Apple Watchって、やっぱり高いですからね。徐々にですが、安いスマートウォッチを見かけるようになってきました。この手の機器の市場も少しづつ拡大しつつあるようです。

【最新版】 スマートウォッチ IP67完全防水 itDEAL スマートブレスレット 血圧計 心拍計 歩数計 活動量計 消費カロリー 睡眠検測 カラースクリーン 長い待機時間 着信電話通知/SMS/Twitter/WhatsApp/Line/アプリ通知 長座注意 日本語対応 iPhone/iOS/Android対応 敬老の日

2019年2月 8日 (金)

ダイヤル式の腕時計!?「117」をかけると時刻を教えてくれる明和電機製のめんどくさい腕時計が話題に!

こんなめんどくさくて面白そうな腕時計、私もぜひ欲しい。

明和電機が作った黒電話についているようなダイヤル式の腕時計”ジホッチ”が、Twitter上で話題です。

Togetter:時間を知るときは「117」をダイヤルして聞く腕時計・明和電機の名作「ジホッチ」が再度TLで話題に!社長も「リメイクしたい」と意欲 - Togetter

「117」をダイヤルしないと、時間を教えてくれないという仕組み。しかもこれ、ダイヤル式です。

若い人だと、使えないかもしれませんね。

ところで、私はこれを見ていたら急に小林明子の「恋に落ちて - Fall in love -」が聞きたくなりまして、iTunes Storeで買ってしまいました。

この歌の歌詞に「ダイヤル~回して~手を止めた~」というのがあるんですよね。それでふと思い出したんですが。

この歌詞の意味が分かるのは、もう40代以上しかいませんかね?ダイヤルって何?と言われそうです。

ダイヤルまわして手を止めたら、時間が分からない時計。Fall in loveではなくてFall in Gadgetな素敵な時計。このまとめサイトにもある通り、再版して欲しいですよね。

シルバーダイヤルクロノグラフディスプレイとブラウンレザーストラップP10015とポールスミスメンズクォーツ時計

2019年2月 7日 (木)

IIJから音声通話専用のSIM

ほんと、これで十分という人も多いかもしれません。

IIJmio、音声通話特化の「ケータイプラン」 - ケータイ Watch

IIJから、音声通話専用のプランが登場です。

クーポンを補充してデータ通信することも可能らしいですが、基本的には通信不可の音声専用プランのSIM。

月額は920円(税抜き)で、初期が3000円(税抜き)かかります。

自宅のWi-Fiでしかスマホを使わないという人ならば、これをスマホに突っ込んで使うのもいいかもしれません。

500円~音声が使える!キャンペーン実施中!IIJmioえらべるSIMカード【初期費用無料のエントリーパッケージ】月額利用(音声通話/SMS/データ)[ドコモ・au回線]・プリペイド(データ)[ドコモ回線]IM-B100

2019年2月 5日 (火)

豆乳パックにイヤホンを差し込んでしまった・・・かのようなMP3プレーヤー

冗談を本当にしてしまったという、典型的なパターンです。

豆乳パックにイヤホンを誤挿した結果、見た目は豆乳なのに音楽プレーヤーな「マルサン豆乳MP3プレーヤー」が爆誕 - GIGAZINE

誤って豆乳のストロー口にイヤホンを挿してしまったというネット上の話題を真に受けて、本当に豆乳パックにイヤホンを挿して使うMP3プレーヤーが登場です。

よく見ると、パックに”MP3プレーヤー”の文字が書かれてます。その名も「MR3(マルサン)豆乳MP3プレーヤー」というそうです。

中に本当にMP3プレーヤーが入っており、ちゃんと音楽を聴くことができます。

なお、今のところプレゼントのみの企画のようで、以下のサイトから応募できます。抽選で10名にプレゼント。

MR3(マルサン)豆乳MP3プレーヤー|マルサンアイ株式会社|豆乳と味噌メーカー

人気が出たら、もしかしたら販売されるかもしれません。

一瞬ドキッとするスタイルのMP3プレーヤーが欲しいという向きの方には、たまらない一品です。

マルサン 調製豆乳 カロリー45%オフ 200ml×24本

2019年1月12日 (土)

CES2019で4TBのUSBメモリ登場

年始恒例のCES 2019が開かれてますが、曲がるスマホ、下からにゅにゅっと生えてくるテレビも驚きですが、私個人としてはこれが一番気になりました。

このサイズで4TBなのぉ……ってなるUSBメモリ #CES2019 | ギズモード・ジャパン

4TBのUSBメモリです。

端子側はUSB-C端子。そう考えるとこのメモリ、結構小さいです。

何が驚きって、この大きさで2TBのHDDが2台分です。値段次第ですが、これでバックアップを取ればいいんじゃないかと。

なお、発売等は未定なようです。多分、結構お高いのではないかと思いますね。普及価格まで下がるのが待ち遠しいところ。

個人PCのバックアップって、案外取られていない方が多いと思われますが、カメラやスマホで取った写真や動画などを保存していても、ある日突然HDDが壊れて・・・なんてことになったら、目も当てられません。

バックアップメディアとして、個人的には期待したいです。

SanDisk USBメモリー 256GB Cruzer Glide USB3.0対応 超高速 [並行輸入品]

2018年12月31日 (月)

”EeePCの軌跡”ブログ 2018年を振り返る

今年も、いろいろありました。

総じてみると、あまり収穫のあった年とは言い難いですね。

なんといっても、久しぶりにiPhoneを買わない年でした。iPhone 4を買った2011年以来、ずーっと買い続けていたiPhoneですが、今年はまるで買う気にならなかったですね。

昨年買ったiPhone Xを超える機能が全くない上に、値段が高過ぎるのが決め手でした。

さて、今年も順に振り返ってみます。

【1月】

この記事のアクセス数は、未だに持続してますね。

TensorFlow+KerasでSSDを独自データで使えるようにしてみた: EeePCの軌跡

Ssdtest01

物体認識手法である「SSD」をkerasで実装するというコードを使って、実際に独自データで使えるようにするまでの記事です。

ネット上に同じコードを紹介する記事はあるんですが、私の記事の売りは

・ Windows上で使えるようにした

・ 独自データの作成を詳細に解説(Windows用ツールも一応作成)

というところでしょうか。

TensorFlow用”DCGAN”で独自データでの画像生成を試みてみる: EeePCの軌跡

Test_arange_98

この記事も個人的にはなかなかのヒット作です。

画像認識ではなく、画像生成です。

会社では、車の画像を実際に生成させてみました。なかなか面白いものができたんですけど・・・アピールの場は、ありませんでしたね。

Lenovo G580が我が家にやってきた: EeePCの軌跡

1月はいろいろありましたね。妻の実家にあったLenovo G580が使われなくなり、我が家にやってきました。

今は長男用のPCとして使われています。用途は・・・単に昔の画像を閲覧するだけの端末ですね。

【2月】

地味な製品ですが、こいつは今年の私のヒット製品の一つです。

手軽にワインのコルクが抜ける電動ワインオープナー: EeePCの軌跡

Img_0610

ワインのコルクを抜く電動ワインオープナーです。

こいつのおかげで、綺麗にコルクを抜くことができます。

最近、コルクタイプでないワインも出てきますが、やはりコルクの方が味や香りは抜群ですね。当分こいつは活躍しそうです。

Google Home miniを買いました: EeePCの軌跡

Img_0552

そういえば、こういうものも買いました。”Google Home mini”です。

めちゃくちゃ使っているわけではありませんが、地味に活躍中です。

子供らがよく遊んでますね。私は時々、音楽プレーヤーとして使ってます。

【3月】

Appleの劣化バッテリーを使うと性能劣化されてしまう例の問題のおかげで、今年はバッテリー交換費用が安く済む年ではあったんですが、自分で交換しちゃいました。

iPhone 6 Plusのバッテリー交換: EeePCの軌跡

Img_2014

保証外になるんですが、Plusのバッテリー交換はなかなか予約できなくて、しびれを切らして手を出してしまいました。

未だに快調に使えております。今iPhone 6 Plusは次男用iPhoneですね。

ハイアール製ワインクーラー購入: EeePCの軌跡

Img_1997

今年のヒット商品の一つ。またまたワインがらみですね。

今でも使っております、このワインクーラー。

おかげさまで、香りを最大化できる温度に調整できます。35度越えの真夏でも18度まで下げてくれるので、思ったより使えるワインクーラーでした。

”EeePCの軌跡”ブログを始めて本日でちょうど10年になりました: EeePCの軌跡

ところで、2008年3月に始まったこのブログ、ちょうど10年という節目を迎えました。

名前の通り、元々は”EeePC”が主役だったんですけどね。

今じゃiPhoneさえも影を潜め、機械学習なんてものをやってますね。

まだまだ続けてまいります。

【4月】

最近、あまりアプリのレビュー記事を書きませんね。

自身をアニメ顔に変えられるiPhone X専用アプリ”パぺ文字”: EeePCの軌跡

Img_0908

これはその最近としては珍しいアプリ記事です。

iPhone Xなど、Face ID搭載機でしか使えないアプリ。

ちょっとVTuber気分になれます。

ワインのラベルから銘柄・価格・評価を表示してくれるアプリ”Vivino Wine Scanner”: EeePCの軌跡

Img_0883

これもアプリ記事です。

ワインのラベル部分を撮影すると自動認識して、そのワインの評価を閲覧できるアプリ”Vivino Wine Scanner”です。

今でも使っております。ただ、必ずしも世間の評価が私に当てはまるとは言えないことを思い知らされたアプリでもあります。

【5月】

すでにOSアップデートが打ち切られたiPhone 5cの記事を書きました。

うちのiPhone 5cのバッテリーがおかしい・・・: EeePCの軌跡

Img_1077

どういうわけか、4年近くも初期のバッテリーを使い続けて、それでいて90%の容量を維持するという変態的なうちの5c。

ですが、最近ようやく退役しました。

バッテリーは未だに健在だったんですが、やはり最新のiOSに対応できないため、いろいろと不具合がありまして。

次男用iPhoneでしたが、今はiPhone 6 Plusに役割を譲っております。

iPhone Xの「ソフト面」での不満: EeePCの軌跡

Img_2028

iPhone Xの不満を書きました。

ここで書いた不満の内、解消されたのはタスクの消去だけですね。

まあ、慣れればどうってことはないことなんですが、今のiPhone XS/XS Max、XRにもこの操作系が引き継がれております。

それでいて、今までのiPhoneより高価。使い勝手が向上していないのに値段が上がるなんて・・・iPhoneユーザーとしては、納得できるものではありませんね。

「iPhone 10周年 完全図鑑」買ってみた: EeePCの軌跡

Img_0920

歴代iPhoneをまとめたムック本「iPhone 10周年 完全図鑑」を買いました。

これを見て思うんですが、ジョブス氏がiPhone X/XSを見たら、どう思うんでしょうね?

【6月】

大須に久しぶりに立ち寄ってみました。

”昼飲み”ついでに大須へ行ってきました: EeePCの軌跡

Img_1490

もう自作PCの街でもなくて、中古スマホの店とレトロゲーム機の店が幅を利かせる街になってますね。

それでも、イオシスがあるのが救いなんですが・・・

ところで、名古屋大須には、織田信長の父君、織田信秀の墓標があるところでもあります。近くには、桶狭間の戦いの際に立ち寄った熱田神宮もあるなど、ここは歴史の街なんですよね。

妻がApple Watch Series 3を買いまして: EeePCの軌跡

Img_1383

iPhoneは買ってませんが、Apple Watchは買いました。

こちらは妻用のApple Watch Series 3。

ずっとつけるのが煩わしいようで、外出時のみつけておりますが、それなりに使っているようです。

Apple Watchの復活ならず!: EeePCの軌跡

Img_1218

ちなみに私の使っていた初代Apple Watchを復活させようとしたんですが・・・なんと、バッテリーに異常なしと判定されて、バッテリー交換が叶わず。

WatchOSのサポート外になってしまったので、退役にはちょうどいいタイミングではあるんですけどね。なんだか、もったいないです。

【7月】

今年一番の買い物は、これですね。

いまさらですがMacBook Air買いました: EeePCの軌跡

Img_1524

EeePCを所有している頃からずっとあこがれを抱いていたMacBook Airを、ついに購入しました。

実は、ほとんどメモ帳しか使ってないんですよね。あとはブラウザを少々。それでも私にとっては快適なコンピューティング環境。iPhoneとの連携もよく、これは大当たりでしたね。

新しいMacBook Airが出ましたけど、こっちは安くて手軽で、これはこれでいいですね。

最新の物体検出YOLO v3 (Keras2.2.0+TensorFlow 1.8.0)を独自データで学習できるようにしてみた: EeePCの軌跡

Yolo300

物体検出手法の一つであるYoloのv3を使う方法を紹介しております。

こちらも先の「SSD」と同様、Windowsで使える、独自データの活用を意識して記事を書いております。

So-netの0 SIMを3か月放置したら・・・回線停止通告とSIM返却の手順: EeePCの軌跡

Img_2035

そういえば、0SIMが無効になりました。

すると、SIMの返却を促すメールが届きました。

上の記事の通りですが、封筒に入れて送り返したら、特に追加料金もなく無事終了いたしました。

まあ、このSIMはやりすぎでしたね。いくら何でも0円はちょっとなかったですね。

Apple Watch Series 1を買いました: EeePCの軌跡

Img_1597

そういえば、Apple Watch Series 1を買いましたね。

初代Apple Watchとほぼ同じ性能だといいますが・・・バッテリーの持ちが、半端なく長いです。1日使って、下手をすると75%、どんなによく使う日でも40%を切ったことがありません。

アマゾンプライムデーで128GB USBメモリーを買ってみた: EeePCの軌跡

Img_3224

そういえば、こういうものも買いました。128GBのUSBメモリです。

安かったんですが、ちゃんと容量&速度はありました。時々容量や速度性能を偽った製品が送られてくることがあるみたいですけど、そういうのには引っかかりませんでしたね。

ですが買ったものの、あまり使っておりませんね。時々、メインPCからMacBook AirやLenovo G580にデータを移す際に使っております。

【8月】

この月は、あまりぱっとした記事はありませんね。行楽地へ行った記事はちらほらありますけど。

せいぜい、こんな記事を書いたくらいです。

MacBook Airを買った本当の理由: EeePCの軌跡

「MacBook Airを買った理由」について、くどくどと書かせていただきました。

未だにこの挑戦、続いております。

【9月】

この月は新型のiPhoneXS/XS Max/XRの発表がありましたけど、まるで物欲が刺激されませんでした。

代わりに、iOSの話題があったくらいですね。

iOS 12とWatchOS 5にアップデートしてみた: EeePCの軌跡

Img_2018

こちらはアップデートの話。

ようやくiPhone Xでタスク消去がやりやすくなりました。なんで最初からこうしてくれなかったのかと問い詰めたいところですが、ともかく不満点の一つが解消されただけマシですね。

iTunes Storeで昔買った音楽が再ダウンロードできないときの対処法: EeePCの軌跡

Img_2058

細かい話ですが、昔買った音楽がダウンロードできなくなってたので、再ダウンロードできるようにした記事です。

なんだか、iPhoneがどんどんと使いづらくなっていくような、そんなことを感じさせた月でした。

【10月】

10月は良い記事がありませんね。ほぼ情報発信のみ。まるで物欲が発揮されない月でした。

計測アプリの比較記事を書いたことくらいですかね。

iOS12の標準アプリ”計測”とサードパーティー製”Air Measure”を比べてみた: EeePCの軌跡

Img_2073

標準よりも、サードパーティ製の方が優れてました。家具や白物家電を買うときは便利な機能です。

【11月】

写真を手書き風に買えるアプリ”Olli”が面白い: EeePCの軌跡

Img_3254

このアプリ、ヒットとまではいきませんが、期待度の高いアプリですね。

絵師さんには重宝されるアプリじゃないかなぁと思いますね。私が使いこなせるかどうかは微妙ですが。

【12月】

iPad (第6世代)とApple Pencil (第1世代)を買いました!: EeePCの軌跡

Img_2144

今年はiOS機を買うまい・・・そう決意して迎えた年ですが。

結局、買っちゃいましたね。

といっても、息子用ですが。

どちらかというと、次男が使ってますね。それを見て長男が使うという、そういう連鎖です。

思ったよりApple Pencilのレスポンスが良くて、やはり値段並みのものはあるなと感じた次第です。

いずれはProに上げられればいいですね。

とまあ、年末にそれなりに高いタブレットを買ったかと思えば

Kindle Fire 7を買いました: EeePCの軌跡

Img_3277

反対に、安いタブレットも購入。

Kindle Fire 7。サイバーマンデーの特価で購入。お値段はiPadの10分の1以下。

結果的に、こっちの方がよく使われています。軽いし、そこそこ画面は大きいし、思ったよりもレスポンスは悪くない。

高ければ、いいってものじゃないですね。

今年は、わりと静かな年でしたね。

公私ともに、実りの少ない年だったと感じてます。が、潜在的な蓄積というか、そういうものは増えた年でもあるかなぁと。

来年早々に、そういうのが開花するといいですけどね。

ついでに、来年こそは私が欲しいiPhoneは出るんでしょうか?指紋認証復活があれば、可能性はありますけどね。

でもまあ、なんだかんだと私の物欲が絶える気配はありません。きっと来年も何かを買い、その一瞬の満足感に浸ることでしょう。そういうものの連続体こそが、我が人生です。

それはともかく、今年はこれが最後の更新になります。

皆様、良いお年を。

エンスカイ となりのトトロ 2019年カレンダー

2018年12月23日 (日)

GPDから6インチの有線LAN/シリアルポート付きUMPC”GPD MicroPC”発表

残念ながら、詳細は不明。Ingiegogoにて2月19日から資金募集を開始するという端末です。

GPDの新UMPC、重量440gの6型で有線LAN/シリアルポート装備 - PC Watch

なかなかモバイル好きにはそそられるデザインのこの端末は、「GPD MicroPC」という名前になる予定らしいです。

重さは440g、CPUはCeleron N4100(4コア、2.4GHz)。それ以上の詳しいことは、まだ非公開なようです。

ただ、ちょっとこの端末、いろいろ不思議なところがあります。この手の小型PCには見られないものがついてます。特徴的なのは、その背面のコネクタ類です。

ひとつは有線LANコネクター。そしてもう一つはシリアルポート。

奥に見えるコネクターはVGAではありません、シリアルポートです。小型化にはあまりふさわしくないこのコネクターは、いったいどうしてつけられたのでしょうか?

このリンク先の記事にも「エンジニア向け製品」と書かれてますが、Engadgetの方では「ネットワークエンジニア・システム管理者向け」と書かれています。

GPDの新UMPC、重量440gの6型で有線LAN/シリアルポート装備 - Engadget Japanese

つまり、サーバーコンソール用の端末として使うことを想定した端末らしいです。

そういう事情もあってか、キーボードもかなり変則的。あまり素人向けではなさそうな端末ですね。

CPU供給の関係で、2000個限定らしいです。資金募集開始は2019年2月19日。価格は299ドルからだそうです。

私の部署で、サーバーコンソールを扱っている人は何人かいますが、これなら颯爽と仕事ができるイメージですね。でも多分、サーバー備え付けのコンソール端末を使った方が捗るでしょうが。

[セット品]GPD Pocket2[Pocket2本体,保護フィルム,収納ケース付,イヤホン,カードリーダー付きハブ,マウス]

2018年12月16日 (日)

格安SIMのMNP予約は最大4日かかる!?

まあ、安いだけあってこういうところは弱いということでしょうね。

MVNOのMNP予約番号は即日発行されないケースが多いので注意 | TeraDas

IIJから他のサービスに乗り換えようとしてMNP番号を発行してもらったら、翌日になってしまったという記事です。

サイトによれば、最大4日かかるとされているようで、その場で発行というのはないようです。

私もイオンモバイルを使ってますけど、そういう事情があるとは知りませんでしたね。注意が必要です。

もっとも、MNP番号の発行なんて、そうしょっちゅうあるものではありません。

値段を考えれば、これくらいの不便はそう気にすることではありませんね。

ですが、MVNOをお使いの方は、頭の片隅には置いておいた方がよさそうです。

音声がワンコイン!キャンペーン実施中!IIJmioえらべるSIMカード【初期費用無料のエントリーパッケージ】月額利用(音声通話/SMS/データ)[ドコモ・au回線]・プリペイド(データ)[ドコモ回線]IM-B100

2018年11月29日 (木)

MITが開発中の視覚障碍者向けデバイス”Fingerreader”

本に書かれた文字を読む。たったそれだけの行為が、目が見えない人には非常に困難なことです。

それを可能にしてくれるデバイスを、MITが開発しているそうです。

視覚障がい者向けの文字を読み取るウェアラブルデバイス、MITが開発中 | Techable(テッカブル)

この”Fingerreader”というデバイス、カメラで認識した文字を読み取るというデバイスです。

この手のデバイスはこれまでもありましたが、このデバイスの大きな違いは、ウェアラブルで使える点。

指先で追いかけた文字を読み上げてくれるという仕組みです。おまけに、邪魔になりにくい。

そういえば、最近私も老眼が進んできて、小さな文字が見えにくくなりましたね。

書類の文字を見るのに、眼鏡をはずすことが増えました(近視なので、眼鏡を取れば近くが見えます)。

これがあれば、そういう手間がなくて便利かもしれませんね。というか、業務ではそろそろペーパーレスを進めるのがいいのかもしれませんが。

ただしこのデバイス、当然のことながら英語用です。日本語用には使えません。日本語版の開発を、切に願いたいです。

LogoVista PRO 2018 ベーシック

2018年11月14日 (水)

FlashAir紹介の同人誌「FlashAir Doujinshi」第5弾の配布開始

FlashAirの同人誌も、すでに5冊目を迎えてます。

FlashAirのマニアックな使い方を紹介、無料の“同人誌”が店頭配布中 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

PDF版のダウンロードは以下から。

FlashAir Developers - 本

このFlashAir同人誌、第5弾は80ページになり、タミヤのカム・プログラム・ロボットと連携させてみたり、鉄道模型をコントロールしてみたり、ミュージックプレーヤーにされてみたりと、相変わらずの幅の広い活用が載っております。

中身は是非ダウンロードしてご覧いただくとして、少し気になる話が3ページ目にかかれています。

言われてみればそうなんですが、東芝のメモリー事業は分割されちゃったんですよね。東芝本体から分かれて、初めての同人誌ということになります。

今のところは問題なく出せているようですが、このまま続くかどうかわかりませんよね、この同人誌。一抹の不安を覚えずにはおられません。

結局、毎回眺めて満足するだけで終わってますね。たまには何かを作ってみたほうがいいんでしょうか?

Luaというスクリプトがちょっと苦手なんですよね。Pythonだと慣れているんですが、この若干とっつきにくいスクリプトのおかげで、ちょっと躊躇しているのが正直なところ。

でも、Raspberry Pi並みの手軽なハードとして使えるFlashAir。もちろん、本来の目的であるカメラのWi-Fi化という用途にも可能です。

東芝 Flash Air W-04 第4世代 SDHC 32GB R:90MB/s W:70MB/s THN-NW04W0320C6 Toshiba [並行輸入品]

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ