モバイル系

2017年12月11日 (月)

ウォークマン世代必見の「カセットテープ コンプリートブック」12月14日発売へ

私はもう買う気満々です。本屋で見かけたら、絶対に買います。

ステレオ時代が「カセットテープ コンプリートブック」発売。ウォークマン179機種も登場 - AV Watch

カセットテープとヘッドフォンステレオに特化したムック本「カセットテープ コンプリートブック」が12月14日に発売されるそうです。

名前の通り、カセットテープのブランドの話がメイン。TDK、ソニー、マクセルなどのカセットテープのモデル変遷の歴史が振り返れるとのこと。

TDK MA-Rの開発秘話なんかも出てきて、なかなかの内容となっている模様。

また、主要なヘッドフォンステレオの歴史も乗っているそうで、179機種のSONY ウォークマンをはじめ、499モデルのヘッドフォンステレオが紹介されているそうです。

ウォークマン全179機種の写真入りの本なんて、もうありませんからね。ぜひ買いたいです。

現在、私が持っているのはウォークマンの2機種のみ。WM-505とWM-EX77。いずれも高校~大学時代に使っていたウォークマン。

そのうちWM-505だけは修理しました。ちゃんと動きます。

SONYウォークマン修理 再び!: EeePCの軌跡

Img_7586

Img_7583

90年代のJPOP全盛期を、これで聞いてましたね。TMネットワーク、ZARD、TUBE、槇原敬之・・・などなど。

今思うとずいぶん低音質な音で満足していたものだと思うのですが、これでも当時は最先端でしたからね。テープにもいろいろとこだわったものです。

私が一番勝ったブランドは、マクセルでした。UD IIやCD-XL IIというテープが今でも残ってます。

SONYはあまり買わなかったですね。なぜでしょうか?今となってはよくわかりませんが、あまり音がよくなかったという記憶がうっすら残ってます。1本だけ「UX-S」というのが残ってて、大江千里、TUBE、チャゲアスの曲が入ってます。

今は音楽が手軽になり、曲もダウンロードして簡単に聞ける時代。でも、不思議と昔ほど音楽を聴かなくなりましたね。歳のせいなのか、びびっとくるものがないのか・・・今でも昔の曲をよく聴きます。最近の曲でよく聴くのはMASHというこの辺り出身の方の曲だけですね。

最近またカセットテープが見直されているようで、消費が増えつつあると聞きます。データだけの音楽の時代に、形に残る音楽が見直されてきているということですかね。今さらカセットテープで聴くつもりはありませんけど、気持ちはわかります。

カセットテープコンプリートブック (NEKO MOOK)

2017年12月 3日 (日)

ドンキの格安PC”MUGA ストイックPC”レビュー記事

ドン・キホーテに19800円の格安PCが発売されたというニュースが流れましたが、これを実際に使ってみたレビュー記事がEngadgeに出ていました。

ドン・キホーテの1万9800円激安ノート「MUGA ストイックPC」を買ってみた:旅人目線のデジタルレポ 中山智 - Engadget 日本版

いったいどういうPCなのか、個人的に気にはなってます。

スペックですが、Atomx5-Z8350(4コア、1.44GHz)、メモリー2GB、32GBストレージ。画面サイズは14.1インチ 1920×1080のフルHD。

Macbook Airを思わせるデザインのクラムシェルPCです。製造元はKeianのようですね。

まるでEeePC 4G-Xを思わせるスペック。今どきメモリー2GBでストレージが32GBというのは、ちょっと苦しいでしょうね。

ただ、タブレット端末と違ってキーボードがあるのが売り。そんなに使い勝手は悪くないようです。

でも、このPC。やはりメモリが少ないせいか、ブラウザの性能があまりよろしくないなど、影響は出ているようです。

文章を打ち込むにはちょうどいい端末かもしれませんね。

実は、クラムシェルPCが欲しいなあと思う今日この頃。

Gole1を持ってますが、PCとしては申し分ないんですが、やはりキーボードと画面の物足りなさを感じます。せめて普通サイズのキーボードに、7インチは欲しいなぁと。

でもメモリーが2GBなんですよね。これが4GBなら、買ったかもしれません。

出張などで文章をよく打ち込む方、寝床でブラウザをよく使う方などには、便利な端末かもしれませんね。

PET製フィルムなのに強化ガラス同等の硬度! 『9H高硬度【反射低減】保護フィルム MUGA ストイックPC KNW14FHD-SL』

2017年11月12日 (日)

付箋印刷用の小型プリンター”nemonic”

会社や自宅で活躍しそうなプリンターですね、これ。

付箋に印刷できるミニプリンタ「nemonic」、スマホのメモを素早く印刷 - AKIBA PC Hotline!

この”nemonic”は、裏面が粘着面になっている感熱紙を使った小型プリンターです。

Bluetooth 4.1に対応しており、スマホからもプリントアウト可能。対応OSはWindows、Android、iOS。USBでも接続できるようです。

カードリッジは専用のものを使います。ホワイト、ブルー、イエロー、ピンクの4色があるそうです。

私の場合は、会社でちょっとしたメモ書きをよく付箋に書いて張り付けたりするんですが、手書きでは書ける文字数が限られてしまうため、ちょっと不便といえば不便。その点、プリンターならこの面積にめいっぱい書き込めそうです。

もっとも、そのためだけに税別15,800円、カードリッジ税別1,000円を払えるかどうかですが。

Samsung ネモニックプリンタ GP-U999MGVLBAC ココナッツホワイト [並行輸入]

2017年11月 3日 (金)

38gの携帯電話が意外に便利な件

今どきネット閲覧もできない携帯電話が注目されています。

週末スペシャル - 格安SIMが使える「38gの携帯電話」が意外に便利だった:ITpro

この「NichePhone-S」という携帯電話。まるで電卓のような外観ですが、一応Android搭載の端末のようです。

ただし、ネットができるわけで無し、基本的な機能は電話のみ。日本語表示も少々難ありの端末です。お値段は10780円。

ただしこの端末、100MB分の音楽を聴いたり録音したりできる他、テザリング機能が搭載されているそうです。テザリングオンもキーを長押しするだけなので、切り替えも容易。

何よりも38gという驚異の軽量端末なだけに、使いたいと思っている人は多いんじゃないでしょうか?

今どき電話の単機能を狙った製品というのも珍しいですけど、iPadなどを中心に使っている人なら、格安SIMとの組み合わせで使うのもよさそうです。

指紋が目立たない 極薄 光沢液晶・背面保護フィルムセット Niche Phone-S OverLay Brilliant OBMOBN1701/S/MS/12

2017年11月 2日 (木)

デスクワークで姿勢が崩れてきたら警告してくれるデバイス”8sense”

デスクワークで腰痛なんて・・・などと考えていた時期が、私にもありました。

そんな私は最近、腰痛に悩まされています。いや、正確には腰よりちょっと左側にずれたところが痛いんですが、明らかに座り方が悪いのが原因。

腰痛などの原因につながる着座時の姿勢。その姿勢が崩れたら警告してくれるデバイスというのがあるそうです。

デスクワークが多い人に!姿勢をチェックするデバイス「8sense」で腰痛や背中の痛みを予防 | Techable(テッカブル)

姿勢や動きをモニターする「8sense」というデバイスは、首のあたりに取りつけて姿勢をチェックして、姿勢が崩れたらばイブで知らせてくれるというものです。

スマホの専用アプリとの組み合わせで、現在の姿勢を詳細にチェックできたり、ストレッチを促進してくれる機能もあるようです。

お値段は79ユーロ(約1万円)から。姿勢が悪いなぁと気になっている人なら、一度試していただくのもよろしいかもしれませんね。といってる私は、間違いなく姿勢悪いですが。

超「姿勢」力 (Business Life)

2017年10月30日 (月)

フロントカメラの盗撮防止の開閉式シール

最近ノートPCやスマホにはフロントカメラがついてますけど、ハッキングされてこのカメラを使った盗撮というのが懸念されるようです。

それを物理的に防止するのがこの盗撮防止シールです。

ノートPCやスマホのインカメラをふさぐ開閉式の盗撮防止シール「SL-6H-3」、サンワサプライが発売 -INTERNET Watch

サンワサプライからインカメラ用セキュリティシール3枚セット「SL-6H-3」の販売を開始したそうです。お値段1180円。

開閉式なので、使いたいときは開けてしまえばカメラは使えます。

他にも、はがした跡がわかるタイプのセキュリティシールもあります。こっちはどちらかというと撮影してもらっては困る事業所などで使うタイプのシールですね。私も見たことがあります。

カメラセンサーが付くのが当たり前になってますけど、こういうセキュリティ上の懸念が出てしまう時代になってしまいました。物理的にふさいでしまえば安心ですけど、見てくれがあまりにも悪すぎるのが難点ですね。

どうしても気になる人は、こういうもので防衛するのがいいでしょうね。意外とフロントカメラって使わないことが多いので、最初からないものを選ぶのがいいんですけど、最近そういうのってないですからね。気になる方は、こういうものを使うしかなさそうです。

サンワサプライ スマートフォン・携帯電話撮影禁止セキュリティシール(50枚入) SLE-1H-50

2017年10月17日 (火)

ハンドルに取りつけてスマホをコントロールできるBluetoothリモコン

最近はハンドルにカーステなどの操作スイッチを持ってくるのが普通になりました。

それと同じようなBluetoothリモコンが発売されたようです。

ハンドルに装着してスマホを操作する車載用Bluetoothリモコンがエレコムから チェッカーズ!

エレコムが出したこの「LAT-RC01」というリモコン。上のようにステアリングに取りつけて、簡単にスマホを操作できるようにするものです。

といっても、コントロールできるのは音楽アプリだけ。iPhone、Android両方に対応。

ボタン電池を使っているため、充電は不要。ステアリングに取りつければすぐに使えます。

最近はスマホの音楽をカーステで再生する人も多いようですが、便利な反面、運転中は操作できないのが難点。これを使えば曲を飛ばしたり、止めたりできるので重宝しそうです。

なお、私はApple Watchを使ってしまうので、要らないかなぁ。あれはあれで便利ですよ。

Bluetooth 音楽 自撮り マルチメディアリモコン メディアボタン ボタンシリーズ スマートフォン iPhoneアプリ 車載 手元操作

2017年10月16日 (月)

350mlのジュース缶とほぼ同サイズのプロジェクター”Capsule”

プロジェクターにスピーカーを内蔵したものがIndiegogoで出資者募集中です。

どこでも映画鑑賞! ジュース缶サイズのプロジェクター「Capsule」はAndroidも搭載 | Techable(テッカブル)

出資サイト:Capsule: The World’s Most Advanced Pocket Cinema | Indiegogo

このBluetoothスピーカーのような機器”Capsule”は、単独使用可能なプロジェクターです。

Android 7を搭載しているため、動画ファイルやYouTube動画を再生可能。

8GBのストレージに854×480、100ルーメンの明るさで、最大2.5時間投影が可能。

大きさは大体350ml缶とほぼ同じ。重さは420g。

スピーカーは360度に広がり、立体感ある音を奏でてくれるそうで。

今なら269ドルで入手可能。すでに目標の10倍以上が申し込んでいるため、製品化は確実と思われます。

部屋でのんびりと映画を楽しみたい方にはいいガジェットかもしれませんね。

モクコ良品 プロジェクター ホームシアター LED投影機 1080Pサポート 超ミニ

2017年10月14日 (土)

コンパクトな折り畳み式の4K対応のドローン”Moment Drone”

4K動画対応で小型のドローンがIndiegogoで出資者募集中だそうです。

コンパクトに折りたためる! 4K撮影ができるドローン「Moment」はきっちり自動追尾 | Techable(テッカブル)

Moment Drone: The Best Foldable 4K Aerial Camera | Indiegogo

この”Moment Drone”は4K動画撮影に対応し、GPS追尾が可能なコンパクトなドローンです。10月20日まで出資者募集中とのこと。

15分間の飛行が可能、専用アプリ(iOS、Android)を使っての操作も可能とのこと。動画だけでなくパノラマ撮影やタイムラプス撮影も可能とのこと。

価格は199ドルからのようです。送料を入れて大体3万円くらいですかね?

すでにIndiegogoでは400%超の出資を得ているようです。商品化は確実な模様。

自動追尾がどれくらいの実力なのかが気になるところ。この手のドローンはすでにたくさんあるので、この製品が受けるとすれば自動追尾機能次第でしょうかね?

SHIRUI 901HS ミニドローン 折り畳み式 Wifi FPV HDカメラ 高度維持 重力感知 iPhone&Android対応 (ブルー)

2017年9月16日 (土)

容量12万mAhの最強のモバイルバッテリー”suaoki PS5B 400Wh”

もはや”モバイル”という感じはあまりしませんが、一応持ち歩きが可能なバッテリーだそうです。

超大容量12万mAh/400Whの最強モバイルバッテリーの実力を試してみた!|@DIME アットダイム

容量は12万mAh。もうミリという単位はいらない気もしますが、そんな容量のモバイルバッテリーです。

重さは5.6㎏。あらゆるノートPCより重いです。

そんなバッテリーの使用レビューが上の記事。重いということを除けば、ほぼ最強です。

一体この容量だと、どれくらいのことが可能なのか?

こいつでできることは、以下の通り。

●スマートフォン(2~4W) 80回以上再充電
●タブレット(25~42W) 7回以上再充電
●ラップトップ(50W) 6時間以上
●デスクトップコンピュータ(100W) 3時間
●ミニ冷蔵庫(30~60W) 5~10時間
●30インチ LCD TV(98~156W) 2~4時間
●真空掃除機(200~300W) 1~2時間
●ブレンダー/プロセッサー(200~300W) 1~2時間上

・・・最後のブレンダーをわざわざ使う人がいるのかどうかわかりませんが、ともかく凄いです。小型冷蔵庫も小型のデスクトップPCでもいけます。

これだけの大容量ばってりーなので、当然ジャンプスターターとしても使用可能。

災害時の緊急用電源としては申し分なさそうですね。

ところで・・・充電時間がどこにもありませんね。どれくらいかかるんでしょうか?多分、空の状態では一日では無理そうな気もしますけど。どうなんでしょう?

suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Wh 三つの充電方法 AC & DC & USBなど5WAY出力 正弦波 家庭用蓄電池 LCD大画面表示 キャンプ 防災グッズ 停電時に

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ