おすすめサイト

2019年8月15日 (木)

江戸時代と現代の食文化の違いを知ることができるサイト

表現方法は、極めてストレートです。

こんなに違うの…江戸時代と今の「食文化」を比較してみた 

Edoima01

江戸時代と今の食文化の違いを、同ジャンルのものの比較で実感できるサイトです。

サイト上には6つの画像があり、マウスのドラッグによって真ん中の境界線が動き、江戸時代と今の食べ物が比較できます。

にしても、カステラが酒の肴だったというのには驚きです。大根おろしを乗せてませんか?

一方、トロが江戸時代は不人気だったというのはわりと有名ですね。これは味がどうとかいうよりは、冷凍技術のない時代には傷みやすいトロは敬遠されたということが大きいみたいですが。

今の時代、食にあふれている一方で、意外にも江戸時代にもそれなりの食文化が存在していたことを知ることになります。それにしても、ハンバーガー大の寿司、一度食べてみたいですね。

絵でみる江戸の食ごよみ

2019年8月13日 (火)

クラウドファンディングMakuakeが「Makuake Award 2019」を開催

日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」が、この1年のうちに行われた約2300のプロジェクトの内、支援金額、支援者数、話題性などをもとに「Makuake Of The Year 2019」として20のプロジェクトを表彰したそうです。

 クラウドファンディングサービス「Makuake」が「Makuake Award 2019」を発表! | Techable(テッカブル)

そのうち、特に優秀とされた3つには「GOLD賞」、「SILVER賞」、「BRONZE賞」が贈られたとのこと。

GOLD賞:日本の伝統技術と現代技術が融合、雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」

SILVER賞:世界の風景で彩りを。窓型スマートディスプレイ「Atmoph Window 2」

BRONZE賞:新しい日本酒の世界を覗こう!白鶴酒造の若手だけで創る【別鶴(べっかく)】のお酒

SILVER賞は見た覚えがありますね。それにしても、いろいろなアイデアがあるものです。

雪駄+スニーカーは知りませんでした。でも、雪の上で寒くないんでしょうか?ちょっと気になります。

KickstarterやIndiegogoあたりが有名ですが、日本のクラウドファンディングも進化しているようです。たまに覗くのもよさそうです。

クラウドファンディングで資金調達に成功するコレだけ! 技

2019年5月28日 (火)

プレゼン資料用に最適な素材サイト”やじるし素材天国「矢印デザイン」”

なんていうかこう、勢いよく上がってる調子を伝えたくて、いい矢印デザインがないかと会社で探していたら見つけたサイトです。

やじるし素材天国「矢印デザイン」 

Yajirusi

”やじるし素材天国「矢印デザイン」”というサイト。名前の通り、矢印のデザインがたくさんあります。

プレゼン資料で自由に使ってもいい素材だそうです(ただし、再配布や販売は不可)。

といっても、探すのはちょっと大変ですが、使えそうなデザインがわりとありました。

Officeについている図形の矢印デザインって、意外と少ないんですよね。

プレゼン資料を分かりやすくしたいときは、ここに頼るとよさそうです。

なお、姉妹サイトもあるみたいです。人物、吹き出し、シルエットにデザイン枠・・・などの素材があるそうです。

プレゼンに困っている方は、ご参考に。

社内プレゼンの資料作成術

2019年5月12日 (日)

「二郎系ラーメン屋」のヒートマップとその作り方

てっきり関東にしかないと思ってましたが、案外あるんですね、二郎系ラーメン屋って。


 最寄りの二郎系ラーメン店が一目で確認できるマップが登場、二郎ヒートマップ機能も - GIGAZINE



その二郎系ラーメン屋のヒートマップを作っちゃった人がいます。


ちなみに、そのマップは以下。


 https://moyashi-ramen-map.herokuapp.com/


ちょっと面白そうなので、覗いてみました。


まず、意外と日本全国にあるということに驚き。


Jiro01


我が家から最も近いのは、刈谷駅前のデンソー本社、アイシン精機本社付近にあるやつですね。


Jiro02


名駅から栄にかけても、わりとあります。


作り方は、以下が参考になります。


 日本全国で二郎系ラーメンが食べられる場所を可視化するマップを作った物語 - Qiita


住所から緯度経度を割り出して、「いらすとや」からアイコンを取得して・・・わりと手が込んでますね。


集めた位置情報を可視化するのに使っているのは、foliumというライブラリです。


ビッグデータの可視化に使えそうですね。もしかしたら私も使うときが来るかも!?参考になります。


試しに「ベトコンラーメン」や「コメダ」ヒートマップでも作ってみるのも面白いかも!?って、どうやってまず住所を取得するのやら・・・


世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ! B級フードレシピ


2019年2月 3日 (日)

佐賀駅が世界へ進出!?

残念ながら(?)、もう直っているそうですが。

まさかの世界進出? Googleマップで「佐賀駅」を検索するとインド北部が表示される不具合【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

Togetter:Googleマップで佐賀駅を検索するとインドに連れていかれると聞いてやってみた結果「囲まれてる…」「なんで!?(笑)」 - Togetter

”佐賀駅”を検索したら、インドに飛んでしまったというお話です。

どうやら、ニューデリーの近くにある”Saga(サーガ)”という都市のようです。場所が場所だけにヒンズー教寺院だらけで、一時ネット上が騒然となったようです。

偶然とはいえ、面白いめぐりあわせですね。リアル世界で起こった出来事だけに、グンマーや埼玉よりも盛り上がりそうです。

るるぶ佐賀 呼子 唐津 有田 嬉野 (るるぶ情報版地域)

2019年1月 9日 (水)

写真から人物の実を切り取ってくれるサイト”remove.bg”

もう少し早くこのサイトの存在を知っていれば、年賀状に間に合ったのに・・・

写真から、人物のみを切り出すというサイトがあるということで

雑コラを加速させるポテンシャル。自動で人物を切り抜いてくれる「remove.bg」 | ギズモード・ジャパン

記事を読むと、これは便利そうだということで、早速、試してみました。

Rmbg01

まずは後ろ姿ですが、長男の方は認識されましたね。次男は、しゃがんでいるのが悪いのか、認識されず。

Rmbg02

クリスマスツリー前の記念撮影です。

次男の頭が半分以上吹っ飛びましたが、それを除けば大成功。

意外と、使えますね。時々認識しませんが、概ね大丈夫そうです。

年賀状に張り付ける画像で、人物部分のみを切り出して使うことをよくやってるんですが、結構手でやると大変なんですよね・・・これがあれば、捗りそうです。でも使うのは今年の暮れですかねぇ。

Adobe Photoshop Elements 2019|日本語|Windows/Macintosh版

2018年12月22日 (土)

AIで長文を5行にまとめてくれるサイト”IMAKITA Doc Squeezer”

どういう仕組みで動いているのかわかりませんが、面白いサイトを知りました。

IMAKITA Document Squeezer

サイトはこちら:IMAKITA Document Squeezer

3行と書いてますが、正確には、長文をデフォルトで5センテンスにまとめるサイトです。

早速、私も使ってみました。

さて、どの文章を入力してみようかと考えたんですが、ブログの記事だといささか短すぎる。

ということで、私が「小説家になろう」に投稿した文章を使うことにしました。

天体衝突と10隻の駆逐艦と170光年の運命の糸 - 小説家になろう

この文章を、このIMAKITA Document Squeezerに流し込みます。

Squeeze01

こういう時、自分で著作権を持つコンテンツがあると便利ですねぇ。

デフォルトは5センテンス。こんな文章が出来上がりました。

Squeeze02

うーん・・・意味が分かりませんね。1万文字超ある文章なので、5文ではやっぱり短すぎたか?

Squeeze03 10センテンスにすると、多少分かるようになりました。

なかなか、賢いツールです。

これ、オンプレ環境で使えるツールが有料でも手に入るのなら、欲しいくらいですね。

長いビジネス文書を要約するのに威力を発揮しそうです。

〈小説家になろう〉で書こう (モーニングスターブックス)

2018年11月11日 (日)

銀河英雄伝説×パピコのコラボが面白い

銀河英雄伝説といっても、最近のやつではなくて、前のアニメのデザインが使われています。

銀河英雄伝説×パピコ |PAPICO(パピコ)|グリコアイス

グリコが撃ち出した・・・いや、打ち出したこのコラボレーション企画。

多少雑なラインハルトとキルヒアイスが登場しますけど、それなりに本作の名言のアレンジが飛び出してなかなか楽しいです。

個人的には「パピコ艦隊」が最高ですね。ぜひ帝国と同盟の戦闘シーンもあれでお願いします。

次回はヤンウェンリーの出番のようですが、どうなるんでしょうね?

「一度の疲れは二本のパピコで補えばいい!」そうなので、お風呂上りや仕事疲れの身体にパピコ、いかがでしょうか?

ところで、最初のアニメ版銀河英雄伝説って、たしかサントリーだった気がしますけど、グリコとは競合しないんでしょうかね?なんとなく、大人の事情も少し気にはなります。

江崎グリコ パピコ(チョココーヒー) 80ml×2本×20箱 【冷凍】(1ケース)

2018年9月 9日 (日)

「日本史の人物になったー」を試したら・・・

診断メーカーというサイト、まれに遊ばせてもらうことがありますが、今回ちょっと面白かったので紹介。

今回使ったのは「日本史の人物になったー」というコンテンツ。

日本史の人物になったー(古代~戦国)

Nihonsi00

私の名前を入れると・・・

Nihonsi01

「天智天皇」でした。

ちなみに、乱数ではなく何らかの内部処理をかけているようです。このため、同じ名前では同じ結果が出るようになってますね。

なお、苗字と名前の間のスペース有無、苗字だけ、名前だけでも結果は変わります。私はそれぞれ「藤原鎌足」「毛利元就」「藤原道長」になりました。へぇ。

天智天皇と言えば、大化の改新で蘇我氏を滅ぼし即位した天皇(当時は中大兄皇子)。が、その後、百済救済のために軍を派遣したものの、白村江の戦いにて大惨敗を喫してしまったという歴史がありますね。うーん、波乱万丈の天皇です。

まあ、これだけならあまり面白くないんですが。

Twitter上では、思わぬ悲劇を生んでしまったようです。

ああ・・・よりによって天敵の名前にされてしまうとは・・・

平成最後の「関ヶ原」に向けて勢いをつけたいこの方の行く末に水を差すような事態。思わず腹を抱えて笑・・・いや、同情したくなりますね。

このサイト、他にも「あなたに向いている仕事」「クリスマスまでに恋人ができるか否か」など、気になる診断がいくつかあります。お試しあれ。

義に生きたもう一人の武将 石田三成

2018年4月30日 (月)

まるでゼリーのように圧倒的な柔らかさのマリオ”Jelly Mario”

面白いというか、馬鹿々々しいというか、なかなか面白いブラウザゲームがあったので紹介。

Jelly Mario by @schteppe

Jmari01

「Jelly Mario」というゲーム。一見すると、任天堂のあの名作にそっくり・・・いや、そのものですね。

ただし、物理エンジンがずいぶんと異なるため、まったく違う感覚で操作する羽目になります。

早速、やってみました。

Jmari03

ゲームのスタートは、スタートボタン・・・と見せかけて、マリオをひたすら画面右端まで移動!

飛び散るメニュー文字、思うように進まないマリオ。

Jmari04

やっとゲームスタート。だが、この世界、いろいろとおかしい。

Jmari05

敵キャラに触れると、爆発・・・

圧倒的爆発!

Jmari07

カーソルキーの上下左右で操作。上キーがジャンプなので、これを駆使してよける。

・・・のだが、なぜか空中でもジャンプ可能。

Jmari08

?マークをつついても、何も出ません。ただ跳ね返されるだけ。

Jmari9

ありとあらゆるものが、やわらかい。土管もこの通り。

Jmari12

場所によっては、自由に動くブロックあり。

Jmari13

穴の上に置けば、心地よいハンモック(?)に早変わり。

Jmari14

途中のブロックを連れて、ゴール前の階段に到着。

Jmari15

ポール発見!目前に見えるゴール!飛び込むマリオ!ついにクリア・・・

Jmari16

と見せかけての、ポール崩壊・・・

圧倒的崩壊!

なお、このまま画面右に動けばクリア。

Jmari17

次のステージは、地下。

Jmari19

敵に触れれば、爆発的死亡なのは変わらず。

Jmari20

もうめちゃくちゃ。

Jmari22

柔軟過ぎるマリオ。この隙間をクリア。

Jmari24

そして、ついにクリア!

Jmari28

・・・と見せかけて、暴れるマリオ!助けられたキノコは、ただただ傍観!

Jmari25

ところでこのゲーム、当たり判定が甘いのか、時々こうやって首を吊ったり

Jmari26

ブロックから抜けなくなったりしました。

こういう時はリロードするしかありません。

ところで、土管はすべてダミーかと思いきや、潜れるところもあるようです。

この動画に出てますね。やってみましたが、確かに入れました。

ただし、大して意味はなかったですが・・・

操作が思い通りにいかず、いらいら系のゲーム。

そう何度もやるゲームではないですね。

スーパーマリオ バランスゲーム キノコがいっぱい

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ