« iPhone用水冷クーラー | トップページ | 秋葉原に行ってきまして »

2019年9月 7日 (土)

PC業界の裏話が詰まった書籍「そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!」

こちらの記事を読んでいたら、思わず買ってしまいました。

ASCII.jp:PC業界の裏話が盛りだくさん! 「そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!」が電子書籍化!

Img_2149

まさにこの記事の書かれている時期にPCを作っていた者として、ぜひとも知らなければならない裏事情の歴史があったことを、この書籍にはつづられています。

まだ読み始めたばかりですが、すでにくすっと笑わされてます。

ところでこの作者さんって、女性の方なんですよね。

PC業界でも珍しい女性目線の自作PC黒歴史。なかなかどうして、新鮮ですね。

まずは第1章「『CPU人柱』の先にあったものは……」の話。

時はIntelのコンシューマー向けCPUとして初のデュアルコアのPentium Dを自腹購入して「人柱」になった話。

Img_2147

いや、私もPC歴長いですが、CPUでやけどはありませんね(笑)

まさに「名誉の負傷」ってやつでしょうか。いや、飼い犬に手を噛まれた、という表現の方が正確かもしれません。

続いて、第2章「知らないあいだに周りに謎の『期待感』を与えてしまっていた当時魔のフレーズ『(PC詳しいくせに)できないのぉ?』」の逸話。

Img_2148

これは「PCベテランあるある」かもしれませんね。

あれだけたくさんのキーが付いたPCを触れるのに、どうして電子レンジが使えないことがあろうか!?

・・・偏見も甚だしいですね。なにゆえ、電子レンジとPCを一緒くたにするのか。

にしても、確かに最近の家電はボタンが多いですね。あれもうちょっと、シンプルにできないものか?

うちの電子レンジにも、確かにたくさんのボタンついてますけど、大半は使った覚えがないですね。テレビのリモコンに至っては、電源と入力切替、音量ボタンしか使ってません(テレビをまったく見ないので)。

この調子で、101章もあるんですよ、この本。

この先がちょっと、いや、かなり怖いような、気になるような・・・

2000年代前半期に自作PCに青春をかけてしまった30~40代諸君にぜひとも読んでいただきたいこの一冊。

私も、頑張って読みます。


窓の円盤を何万枚も売った女が語る そんなの業界じゃあたりまえっちゃ! (週刊アスキー)

« iPhone用水冷クーラー | トップページ | 秋葉原に行ってきまして »

パソコン系」カテゴリの記事

書籍・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPhone用水冷クーラー | トップページ | 秋葉原に行ってきまして »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ