« Raspberry Pi+OpenCVで居眠り検知 | トップページ | AMラジオが、終わる・・・? »

2019年9月15日 (日)

48コアで512GBのXeon搭載HP製ワークステーションZ8の中古

もう売り切れているかもしれませんが、512GBメモリを搭載したワークステーションの中古が売られているそうです。

実売268万円! Xeon Platinum×2やメモリ512GB搭載のPC「HP Z8 G4」が入荷 - AKIBA PC Hotline!

48コア、96スレッドと書いてますが、およそ96スレッドを使い切れるソフトなんて聞いたことがありません。多コアのハイパースレッディングの数というのは、およそ当てにならないというのが私の経験上の見解です。

それはともかく、512GBはすごいですね。これも使いきれる環境を持っている人がいるかどうか、ですが。

このスペックを聞いて真っ先に思いつくのは、「Datarobot」という機械学習ツールですね。

いわゆる「AIの民主化」を謳い、データサイエンティストの代わりに最適な手法を自動選択してくれるというアプリケーションです。

機械学習の自動化でAIの民主化を実現 | DataRobot

これの要求スペックが、まさにこのワークステーション並みの要求ですね。

もっとも、Datarobotの方が遥かに高いですが。

正直、このスペックで300万円は安い方かもしれませんね。

ちなみに、私の職場の机の上には、これの二回り小さいZ4が乗っかってます。だから何だという話ですが。

HP 3?gf42ut # ABA z8?g4ワークステーション2?x Intel Xeonシルバー4112?2.6?GHzクアッドコア32?GB ddr4?SDRAM???256?GB SSD NVIDIA Quadro p5000?16?GBグラフィックスWindows 10?Pro 64ビットミニタワーブラック

« Raspberry Pi+OpenCVで居眠り検知 | トップページ | AMラジオが、終わる・・・? »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Raspberry Pi+OpenCVで居眠り検知 | トップページ | AMラジオが、終わる・・・? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ