« GoogleドライブのOCR機能で”Python”のコードを読ませてみた | トップページ | iOS 13ではiPhone 5s/6シリーズ/SEが対象外に!? »

2019年5月17日 (金)

旧式のルーターはご用心!

最近はどの家庭にもルーターがあって、スマホやPCを複数で使うのが当たり前になりました。

が、そのルーター自身に気を配っている人は少ないですよね。そういう私もそうです。

古いルーター、ファームウェアアップデートのされていないルーターは、注意が必要という記事です。

 あなたのルーターも狙われる? 旧式のネットワーク機器がハッカーたちの“宝の山”に|WIRED.jp

曰く、古いルーターはハッカーの足場に使われ、DDoS攻撃に使われたりするようです。

言われてみれば、PCのセキュリティアップデートは気にするのに、ルーターのセキュリティを気にする人は少ないですよね。でも本当は、気にしなきゃいけないようです。

光ブロードバンドに入っているユーザーだと、そのモデムのルーター機能を使っていることが多いですね。うちもそうです。

最近自宅のWi-Fiルーターを切り替えましたが、厳密にはルーターとして使ってません。あくまでもブリッジなため、モデム側のルーター機能を使ってます。まあ、2年前の機種ですし、ファームウェアアップデートは時々確認してます。

まあ、ルーターは時々変えた方がいいでしょうね。特にWi-Fiルーターは、通信速度が劇的に変わる場合があります。先日の買い替えで痛感しました。

ルーターはそう高いものでもないですし、速度が上がり、セキュリティも向上するなら、買い替えた方が得という場合が多いでしょう。

埃をかぶっているようなルーターなら、要注意ですね。

I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター ac2000 1733 300Mbps IPv6 フィルタリング デュアルバンド 3階建/4LDK/返金保証 WN-AX2033GR2/E

« GoogleドライブのOCR機能で”Python”のコードを読ませてみた | トップページ | iOS 13ではiPhone 5s/6シリーズ/SEが対象外に!? »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GoogleドライブのOCR機能で”Python”のコードを読ませてみた | トップページ | iOS 13ではiPhone 5s/6シリーズ/SEが対象外に!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ