« iPhone XRにして正解だったのか?という記事 | トップページ | GoogleドライブのOCR機能で”Python”のコードを読ませてみた »

2019年5月15日 (水)

「物体検出やぶり」な模様が考案!?「デジタル迷彩」の動画

YOLOやSSDといった物体検出は、もはやあちこちで使われています。

特に人を追跡する用途に使われていることも多いようで、例えば防犯カメラから特定の人物がいつ通ったかなどを割り出すのにもつかわれているようです。

お隣の国に至っては、個人名まで紐づけされているようですから、犯罪者の追跡にまで使われちゃってるようです。

ところが、そんな物体検出を「無効化」するデジタル迷彩が考案されたようです。

 

このツイートにある動画。一見すると、何の変哲もない物体検出動画ですが。

よーくみると、3人の人が写ったような模様が描かれた紙を持っている人は、検出されていません。

その絵を裏返したり、隣の人に渡すと、途端にそれを持った人に「person」の枠がつきます。

ということは、その絵が物体検出を無効化する柄だということが分かりますね。

では、これをTシャツに印刷してしまえば・・・

特に中国では、流行るんじゃないでしょうか?

もちろん、対策はされるでしょうけど、また別の「デジタル迷彩」が出てきて・・・といういたちごっこがはじまりそうな予感です。

物体検出は、万能ではない。

特に個人を追跡するような目的のものは、こういう裏技が編み出される可能性があることを、開発者は肝に銘じた方がよさそうです。

TensorFlowはじめました3 Object Detection ─ 物体検出 (NextPublishing)

« iPhone XRにして正解だったのか?という記事 | トップページ | GoogleドライブのOCR機能で”Python”のコードを読ませてみた »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPhone XRにして正解だったのか?という記事 | トップページ | GoogleドライブのOCR機能で”Python”のコードを読ませてみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ