« 3Dプリントで作るお寿司 | トップページ | 手軽に使えるMS製データセット作成ツール「VoTT」 »

2019年4月16日 (火)

iPhone /MacのSafariで「安全ではありません」と表示されるわけは!?

最近、iPhoneやMacBook AirのSafariを使ってると、アドレスのところにやたら「安全ではありません」と表示が出ます。

一体、どういう意味なのか?

解説しているサイトがあります。

 SafariのURLバー「安全ではありません」の表示の危険性や対処法を徹底解説 - SNSデイズ

要するに、「http」で始まるサイトに対して出るようです。httpsで始まるサイトとは違い、SSLによる暗号化がされていません。このため、「安全ではありません」表示が出るようです。

稀に赤字で表示されることがあるようですが、それは「http」サイトでクレカの番号やID、パスワードを入れようとしたときに出るようです。

確かに、アカウントを要求されるサイトで暗号化無しは嫌ですよね。赤字の時は、気をつけた方がよさそうです。

それ以外は、あまり気にしなくてもいいかと思います。このブログもそうですね。でもまあ、当然ですが、何か情報を抜き取ろうとか、そういうことをしているサイトではないので。

Apple iPhone8 64GB Silver シルバー MQ792J/A A1906 国内版SIMフリー

« 3Dプリントで作るお寿司 | トップページ | 手軽に使えるMS製データセット作成ツール「VoTT」 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

Chromeの後追いでそうせざるを得なかったんだと思いますね。
ただ、「安全ではありません」という表記はどうにかならなかったものかと(笑)。
今のところそれぞれが手探りだとは思いますが、突貫工事感が強いです。

こんにちは、yojaさん。

Flash非対応もこの一環でしょうけど、過去の遺産をなるべく排除する方向に動いているんでしょうね。
もっとも、ただ見るだけなら、このブログだって別に危険だとは思いませんけど・・・今も表示されますね、「あんぜんではありません」って(MacBook Airですが)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3Dプリントで作るお寿司 | トップページ | 手軽に使えるMS製データセット作成ツール「VoTT」 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ