« 日本のIT産業は壊滅の一途か!? | トップページ | 排ガスを出さない飛行機が実現か!?イオン風で飛ぶ飛行機 »

2018年12月11日 (火)

自宅の二酸化炭素濃度を測定する工作

そういえば、自宅の二酸化炭素濃度ってどうなのかなぁって思うこと、ありませんか?

公的な基準としては、「事務所衛生基準規則」には5000ppm(ppmは百万分の1)以下、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル衛生管理法)」では1000ppm以下とされています。

ちなみに、地球温暖化で問題となる大気中の二酸化炭素濃度は、400ppmになろうとしているところだそうです。

そんな二酸化炭素濃度を測定するためのAruduinoを使った工作が下記に紹介されております。

» おうちの二酸化炭素濃度を計ってみる TECHSCORE BLOG

わりと簡単な電子工作なので、おそらく初心者でも大丈夫だと思います。

難易度が高いとすれば、二酸化炭素センサーの「MH-Z19」の入手でしょうか。

リンク先には2千円程度と書かれてますが、Amazonでは4千円ほどします。

しかし、二酸化炭素濃度測定器は1万円以上するので、それでも割安には違いないですね。

この冬、ついうっかり換気し忘れると、頭がぼーっとするほど濃度が上昇している、なんてことがあるかもしれません。

一般には、一酸化炭素濃度の方が問題ですが、共連れで二酸化炭素濃度も上昇するので、目安にはなろうかと思います。

センサーの入手性次第ですが、久々に電子工作を手掛けてみようかな・・・なんて思った記事でした。

ランフィー MH-Z19 0-5000PPM CO2室内空気質モニタ用赤外線CO2センサUART / PWM

« 日本のIT産業は壊滅の一途か!? | トップページ | 排ガスを出さない飛行機が実現か!?イオン風で飛ぶ飛行機 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅の二酸化炭素濃度を測定する工作:

« 日本のIT産業は壊滅の一途か!? | トップページ | 排ガスを出さない飛行機が実現か!?イオン風で飛ぶ飛行機 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ