« レゴランド用アプリ | トップページ | 百均グッズでiPhone Xを完全防護!? »

2018年12月 5日 (水)

また人工知能特集のInterface1月号買いました

2か月続けてやってくれますね、Interfaceさん。

機械学習・AI特集のレベルが毎度高いInterfaceの2019年1月号は、「小型リアルタイム組み込み人工知能」特集となっております。

Img_2112

目次はこんな感じ。

Img_2113

ARMマイコンで動かすTensorFlowなどが出ております。

Img_2114

中身をご覧になるには、ぜひお買い上げいただくとして・・・

ちょっとすごいなと思ったのは、どちらかというとこの手の組み込みAIというのは「物体認識」までやるのが普通なのですが、この絵にある通り「物体検出」までやらせてます。

ARMコアのボードで、なんとYOLOを動かしているようです。

うーん、なかなかすごいですね。さすがに数十fpsとはいかないようですが、実用不可能ではない速度で動くみたいです。

Img_2115

おまけに、強化学習です。

AIを自身で鍛えさせるこのアルゴリズム、一度は体験したいものです。

Img_2116

このほか、ARMマイコン用TensorFlowや

Img_2117

学習済みモデルの変換など、いろいろです。

深層学習が普及し始めて、各所で応用が行われ始めている今日この頃ですが。

それをいざ現場で使おうと思うと、それを動かすエッジ端末の壁にぶちあたります。

当然、お値段の高いGPU端末を使えばいいのですが、そういうものって、工場現場の中で稼働させるには、熱などの問題もあっていささか不都合が多すぎます。

そんなわけで、この手の安くてそこそこ丈夫なエッジ端末が好まれるんですが、今度は性能が低すぎてAIの推論用に使うことができません。

が、性能が低いなどと言っていたのは昔の話。今はそこそこ使える端末も増えつつあるようですね。

工場などの現場で画像認識を使いたいなぁとお考えの方。

今月のInterfaceは、ぜひおすすめです。

ちなみにですね・・・少し前に日経ソフトウェア11月号も買ったんですが。

画像生成アルゴリズム”GAN”が紹介された記事があるというので、期待して買ったんですけど。

結論から言えば、TensorFlow用”DCGAN”で独自データでの画像生成を試みてみる: EeePCの軌跡の記事の方がマシだと思える内容でした。

申し訳ないですが、Interfaceの方が技術レベルは上ですね。

Interface(インターフェース) 2019年 01 月号

« レゴランド用アプリ | トップページ | 百均グッズでiPhone Xを完全防護!? »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また人工知能特集のInterface1月号買いました:

« レゴランド用アプリ | トップページ | 百均グッズでiPhone Xを完全防護!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ