« iPhone上で新しいフォルダを作ったら 反応しなくなった件 | トップページ | Google Homeでラジオを聞く方法 »

2018年10月13日 (土)

iPhoneの写真の「ボケ」を後から補正できるアプリ”Focus”

デュアルカメラ付きiPhoneだけで使える機能を使ったアプリですが、なかなか面白いので紹介。

いわゆるボケの補正を、撮影後に行うことができるアプリ”Focus”です。

‎「Focos」をApp Storeで

このアプリでまず写真を撮影します。

Img_2074

すると、絞りサイズを調整できるバーが現れるので、これを適当に調整します。

Img_2075

程よく調整したら、こんな感じになります。

Img_2076

一眼レフの写真のような「ボケ」ができました。

他にもいろいろと機能がありますが、このボケを作り出す機能がこのアプリ一番の売りですね。

ところでこのアプリ、この画像をどうやって「認識」しているのか?

ただ中心部周辺をぼかしているだけではないんですよね。それが分かる画面がこちら。

Img_2079

メニューをいじると、こういうものが出てきました。

そうなんです、このアプリでは、撮影対象を「立体」としてとらえてるんですよね。

奥にあるもの、手前にあるものをこうやって内部的に把握できているため、わりと自然な「ボケ」が作り出せるというわけです。

ゆえに、デュアルカメラiPhone専用機能となっているみたいです。

それにしてもこの立体画像、これはこれでなかなか使えそうな機能。面白いからこれをそのまま出力できる機能、つきませんかね?

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック D3400LKBK

« iPhone上で新しいフォルダを作ったら 反応しなくなった件 | トップページ | Google Homeでラジオを聞く方法 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/67221510

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの写真の「ボケ」を後から補正できるアプリ”Focus”:

« iPhone上で新しいフォルダを作ったら 反応しなくなった件 | トップページ | Google Homeでラジオを聞く方法 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ