« トマトを収穫するロボットが登場!AIはついに農業へと本格参入 | トップページ | 最新の物体検出YOLO v3 (Keras2.2.0+TensorFlow 1.8.0)を独自データで学習できるようにしてみた »

2018年7月 5日 (木)

65000円の光造形方式3Dプリンターがすごいらしい

このツイート見てたら、ちょっと欲しくなりますね、この3Dプリンター。

確かにきれいな仕上がり。これがなんと6.5万円のプリンターだと言いますから、大したものです。

「ANYCUBIC PHOTON 光造形式 3Dプリンターというらしいです、これを出力したプリンター。確かに、走査線上の縞々がまるで見えません。これはすごい。

光造形方式というのは、紫外線硬化樹脂のプールに紫外線を当てて一部分を硬化させ、それをどんどんと積層して形状を作るというもの。

よく知られているのは「熱溶解積層方式」でしょうか。樹脂のフィラメントを溶かして積み重ねる、あれです。

この方式、安価で手軽なのが利点ですが、積層の筋がくっきり残るため、後々仕上げ磨きが必要です。

しかし、その熱溶解積層方式でも6万円ほどしますが(安いものなら2万円台もあり)、ほぼ同じくらいの価格でこのクオリティの光造形方式が手に入るというわけです。

ただ、ランニングコストはどうなんでしょうね?ちょっと高いみたいです。他にも、液体の樹脂を使うということもあって、においなどの問題もあるようです。

ですが、手軽な価格で始められてハイクオリティな3Dプリンターを求めるなら、いい選択肢ですね、これは。

ANYCUBIC PHOTON 光造形式 3Dプリンター FEPフィルム付属 デスクトップ 2K 高精度 UV-LED LCD masking

« トマトを収穫するロボットが登場!AIはついに農業へと本格参入 | トップページ | 最新の物体検出YOLO v3 (Keras2.2.0+TensorFlow 1.8.0)を独自データで学習できるようにしてみた »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66879849

この記事へのトラックバック一覧です: 65000円の光造形方式3Dプリンターがすごいらしい:

« トマトを収穫するロボットが登場!AIはついに農業へと本格参入 | トップページ | 最新の物体検出YOLO v3 (Keras2.2.0+TensorFlow 1.8.0)を独自データで学習できるようにしてみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ