« Arduino用リモコンシールドアルディーノ専用 学習リモコン基板」(ADAUDIR)発売 | トップページ | 医者よりも高い精度で皮膚がんを発見するAI »

2018年6月13日 (水)

Apple Watchの復活ならず!

昨年の10月末に退役していたApple Watchを急に復活させようと思いたち、近所のApple修理センターにやってきました。

Img_1215

以前、iPhone 6sのバッテリー交換プログラムでバッテリー交換を行ったお店です。

最近充電してみたんですけど、やはり一日どころか半日も持たない状態で、もはやバッテリー交換しかないだろうと思い、持ち込みました。

予めサイトで予約して行きました。

Img_1218

なお、Apple Watchの診断を行うため、ペアリング解除はせずに、ペアリングしたiPhoneと共に持ち込みます。

診断時は、この両方を使います。

で、診断の結果は・・・

正常

バッテリーも含めて、正常と判定されてしまいました。

いや、ちょっと待った。半日も持たないんですよ?これで本当に正常!?

しかし、診断プログラム上では特にバッテリーに問題は見られないとのこと。

フル充電して持って行ったのが悪かったのか?それとも、本当に問題はないのか?

この状態でAppleに送付しても、正常と判定されて送り返されるだけだそうです。

なお、2.6万円ほどかければ新品に交換できる模様。ただし、ガラス面をわざとへし割るなど「故障」した状態にするのが条件とのこと。

いくら何でも、新品に変えるために長いこと大事に使ってきたApple Watchを壊したくはないなぁ・・・しかも、2.6万円もかけるなら、新品を買いなおしたがいいなぁ・・・

バッテリー交換は8800円と聞いていたので(ここは直営ではないため、手数料は取られるでしょうが)、それくらいならいいかと思っていたんですが、3万円近くかかると言われたらちょっと考えちゃいますね。

ということで、そのまま持って帰ってきました。

一応、診断で問題なしと出たので、バッテリーの持ちを改善するあれこれを再び試してみました。

Apple Watch のバッテリーの持ちが極端に悪くなったら試したいこと

ペアリング解除、リセット、再起動・・・一通りやりましたが、結論から言うと全然持ちません。

休日に確認しましたが、12時に100%の状態からスタートして、夕方の18時でもうこの状態です。

Img_3218

たった4時間で27%。もちろん、いろいろ操作しましたけど、重いアプリは使ってませんよ?

やはりどう見てもバッテリーの寿命ですね。

しかし今のAppleの診断プログラムではこれを「異常」と判定できないようです。

困っちゃいましたね。初代Apple Watchで、100万越えのEditionを買った人はどうしているんでしょう?

私のこの例から察するに、バッテリー交換すれば治るとわかっている病状に対して、バッテリーを交換できずに使い続けなきゃいけない人もいるってことですよね。

新品の時は、頑張れば2日持つほどの容量があるバッテリー。これがあらゆる手を施しても4時間で70%もバッテリーを消費する状態を「異常」と判定できない診断プログラムって、どうするんでしょうね?

結論から言えば、Apple Watchはバッテリー交換を期待してはいけないということのようです。バッテリーが切れたら買い直し。これが基本のようです。

どのみち、初代Apple WatchはWatchOS 5で切り離されることになったようですね。バッテリーを交換してまで持続するメリットはなさそうです。

でも、またApple Watchを買おうかと思ってましたけど、この一件でちょっと考えさせられます。バッテリー交換ができないんじゃ、どうしようもないですね。ほんと、どうしましょうね・・・

APPLE WATCH モバイルバッテリー アップルウォッチ (Apple MFi認証) 充電器 ワイヤレス磁気充電器 18ヶ月安心保証 900mAH APPLEWATCH Sereis1/2/3 38mm/42mm 残量表示

« Arduino用リモコンシールドアルディーノ専用 学習リモコン基板」(ADAUDIR)発売 | トップページ | 医者よりも高い精度で皮膚がんを発見するAI »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを楽しみにしています。最近のAppleさんはサービスの質が落ち、お客様の求めるサービスを提供出来ていないのではないかと思います。この声がCEOまで届き改善されればいいのですが。

こんにちは、koukunkingさん。

使えるものが使えないというのはなんとも心苦しい次第です。つべこべ言わずに直してくれればいいんですけど。お客様の心情に立って欲しいものです。

2ヶ月ぐらい前に、やはり12時間電池持たないので、アップルストア持ち込みました。
診断は正常でしたが、電池交換はしてくれました。

多少は持ちは良くなったかなと言う感じです。

こんにちは、どんごろうさん。

Apple Storeだと対応が違うんですね。そっちに持っていった方が良かったんでしょうか。

とはいえ、近くにApple Storeがないので、ちょっと手間ですね。正規のカウンターなら、同じ対応をして欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66794449

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Watchの復活ならず!:

« Arduino用リモコンシールドアルディーノ専用 学習リモコン基板」(ADAUDIR)発売 | トップページ | 医者よりも高い精度で皮膚がんを発見するAI »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ