« iPhone 6 Plusのバッテリー交換 | トップページ | スティック状にたためるiPhone用キーボード »

2018年4月 1日 (日)

iOS 11.3にアップデートしたらバッテリー状態がわかるように

iOS 11.3がリリースされて、私もすぐにアップデートしました。

いろいろと機能が追加されたようですが、このバージョンの売りはやはりバッテリー関連のこれでしょう。

Img_3214_2

「設定」-「バッテリー」を開くと、こういう表示になります。下にある「バッテリーの状態(ベータ)」というのが、iPhoneのバッテリー状態を教えてくれる機能です。

ちなみに、iPadにはこのメニューは出てきません。iPhone専用のようです。

Img_3215

「バッテリーの状態(ベータ)」をタップすると、こういう表示が。

ちなみに、これはiPhone 6sの画面です。昨年、バッテリー不具合により無償交換しているため、わりとバッテリーの最大容量は多め。

これがある一定以下だと「ピークパフォーマンス性能」に対応しなくなるようですね。90%以上だと、最大パフォーマンスを出しているようです。

バッテリー容量が小さくなったiPhoneは、急激なシャットダウンを防ぐために性能低下が起こるようですが、ここで性能を取るか、安定性を取るかを選択できるようですね。

もっとも、直前にバッテリーのへたっていたiPhone 6 Plusのバッテリーを変えてしまったため、私の持つすべてのiPhoneは「ピークパフォーマンス性能」の表示ばかりでした。

へたったバッテリーを使っていると、こういうメッセージが出るようです。

【iOS11.3】iPhoneのピークパフォーマンス性能とは?オフにする方法も解説 | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

ご参考まで。

自己責任になりますが、バッテリー低下によるピークパフォーマンス低下をオフにすることも可能になった今回のアップデート。

iPhone 6以降の機種をお持ちの方は、なるはやでアップデートされることをお勧めします。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年3月時点 (ブラック)

« iPhone 6 Plusのバッテリー交換 | トップページ | スティック状にたためるiPhone用キーボード »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66555382

この記事へのトラックバック一覧です: iOS 11.3にアップデートしたらバッテリー状態がわかるように:

« iPhone 6 Plusのバッテリー交換 | トップページ | スティック状にたためるiPhone用キーボード »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ