« 富士フィルムの白黒フィルムが販売終了へ | トップページ | ラーメン二郎のラーメンの写真からどの店のものかを当てる学習器 »

2018年4月16日 (月)

材料費400円+Raspberry Pi Zero WHにつないで作るスマートリモコン

先日知りましたが、Google Home(miniも)ってイオンの電気屋でも買えるんですね。

そんなお手軽Google Homeと組み合わせて使える格安なスマートリモコンの作り方を解説したQiitaの記事を発見。

格安スマートリモコンの作り方 - Qiita

材料費は378円、それに1800円のRaspberry Pi Zero WHとGoogle Homeを組み合わせて作るこのスマートリモコン。

ただ、実際にはテスト用のブレッドボードとジャンパーワイヤーを用意したり、1つしかいらない抵抗のために100本入りを購入したりしているため、赤外線リモコン部分だけでも1200円ほどかかっているようです。まあ、それでも1200円ですが。

下はRaspberry Pi Zero WHを使っているようですが、これがRaspberry Pi 3でも構わないようです。ただ、Raspberry Pi Zeroにせよ基板むき出し状態なので、容器のことを考えてあげた方がよさそうです。

詳しい製作方法はリンク先に譲ります。これに温度センサーや時計、ディープラーニングを組み合わせると、より面白いものができるかもしれません。そんな電子工作意欲を高めてくれそうな記事でした。

Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット 3ple Decker対応 (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab

« 富士フィルムの白黒フィルムが販売終了へ | トップページ | ラーメン二郎のラーメンの写真からどの店のものかを当てる学習器 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66588482

この記事へのトラックバック一覧です: 材料費400円+Raspberry Pi Zero WHにつないで作るスマートリモコン:

« 富士フィルムの白黒フィルムが販売終了へ | トップページ | ラーメン二郎のラーメンの写真からどの店のものかを当てる学習器 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ