« ガンダム第1話で出てくるあのマニュアルっぽい汎用スマホケース | トップページ | ルンバにWi-Fiマッピング機能搭載か!? »

2018年1月 9日 (火)

Interface 2月号はAIチップ・技術特集

最近「AI」という言葉がバズワード化してきて、使うことにためらいを覚える今日この頃ですが、「機械学習」特にディープラーニング用に特化したチップの特集をInterface 2月号ではしてました。

Img_1971

今回のInterface、実は中身が少々難解です。

Img_1972

ですが、いわゆる”AIチップ”にどういう種類のものがあって、どういう特徴があるのかがに止めでわかるレーダーチャートが載せされておりました。

Img_1973

それぞれのチップの特徴なども併記されております。

ちなみにこれは、Intelの「Movidius Neural Compute Stick」に使われているチップ。今私が一番欲しいAIチップの一つです。もう一つはNVIDIAのVoltaなんですが。

しかし、ほかにもいろいろあることがわかります。私の希望は、Raspberry Piをより高速な画像認識器にできるチップが欲しくて(公私ともに)、これに見合ったものが今のところIntelのこれしかないんですよね。価格もまあまあ手頃ですし。

Img_1974

この様々なチップへの対応状況をみると、今のところTensorFlowが一番のようですね。

Img_1975

ちゃんとRaspberry PiをAIサーバーにするという特集もありました。

ただ、ちょっと難解な記事でしたが・・・

Img_1976

相変わらず、きゅうりの識別に関する奮闘記が出てました。まだ続いていたんですね、この方のチャレンジ。

とりあえず、AIチップの比較記事はかなり役に立ちそうな気がします。

もっとも、ハードウェアの寿命なんて1年程度かと思われますが、1000円で1年持つなら十分すぎる情報源かと思いますね。

Interface(インターフェース) 2018年02月号

« ガンダム第1話で出てくるあのマニュアルっぽい汎用スマホケース | トップページ | ルンバにWi-Fiマッピング機能搭載か!? »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66237325

この記事へのトラックバック一覧です: Interface 2月号はAIチップ・技術特集:

« ガンダム第1話で出てくるあのマニュアルっぽい汎用スマホケース | トップページ | ルンバにWi-Fiマッピング機能搭載か!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ