« GoogleのProject Tango終了しARCoreへ移行 | トップページ | MacBookよりも安くて速いワンボードコンピューター”LattePanda Alpha” »

2017年12月28日 (木)

SONYからロボットやドローンで利用可能なToF方式距離画像センサーを発表

自動運転用やドローン向けのLIDER(レーザー距離計を使ったレーダーっぽいもの)というのはいくつか見たことがありますが、こちらは画像センサーを使った方式の測距センサーです。

ソニー、ロボットやドローン/VRで活用できる高精度な距離画像センサー開発 - AV Watch

SONYが裏面照射型Time of Flight(ToF)方式の距離画像センサー「IMX456QL」を開発、来年4月にサンプル出荷、11月に量産開始だそうです。

10mまでの距離を測定可能なようで、30cm~1mまでならVGA画質の距離情報が取得可能。測距フレームは120fps。

さすがに車載用は無理ですが、ドローンやロボット、工場などの構内運転用無人台車くらいなら使えそうなセンサーですよね。

最近はすっかりRaspberry Pi工作の熱が冷めてしまいましたが、距離計を使った工作意欲はまだあるつもり。

しかし、あまり工作向けに販売してくれなさそうなセンサーですね。どちらかというと、スマホに搭載されるかどうかといったところでしょうか?

近頃のスマホもいきつくところまできた感がありますが、この先AR技術を向上しようとすると、こうした距離センサーの進歩が不可欠になりそうです。そういう用途で使われるのか、あるいは限定的な利用にとどまるのか?今後の動向にちょっと期待です。

MK-320 距離を表示し、測定距離でリレーオン!超音波センサー・表示・リレー付き!距離計キット

« GoogleのProject Tango終了しARCoreへ移行 | トップページ | MacBookよりも安くて速いワンボードコンピューター”LattePanda Alpha” »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66190602

この記事へのトラックバック一覧です: SONYからロボットやドローンで利用可能なToF方式距離画像センサーを発表:

« GoogleのProject Tango終了しARCoreへ移行 | トップページ | MacBookよりも安くて速いワンボードコンピューター”LattePanda Alpha” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ