« Amazonがディープラーニング向けビデオカメラ”AWS DeepLens”を4月に249ドルで発売へ | トップページ | 2018年中に約1万円安い低価格iPad発売か!? »

2017年12月 9日 (土)

”進入禁止”と”天下一品”はディープラーニングで識別できるか!?

こんなツイートを見かけたので。

うちにあるディープラーニングコードで、”進入禁止”と”天下一品”を識別できるか!?

気になったので、やってみました。

※ この記事は、某H社さんの機能を否定するものではありません。あらゆる場面での画像認識は難しいです。ほんとに。

精度を上げようと思ったらいくらでもあげられるんですが、上記の状況になるべく合わせるように以下のような条件でディープラーニングしました。

・ ディープラーニングの学習時の画像サイズは56×56

・ 教師データは、写真中に一部だけ写ったものをなるべく使用(画像一杯に移った高解像度な”進入禁止”、”天下一品”の画像はなるべく使わない)

Ten_ichi01

こんな感じに、画面のごく一部に写ったそれぞれのマークを取得します。

Ten_ichi02

ちょっと困ったのは”進入禁止”のマーク取得。

上のように、写真じゃないものならたくさん引っかかるんですが、写真に写った進入禁止の標識はなかなかありません。

おかげで、300枚の写真を集めて、得られたのは26枚。

Ten_ichi03

一方の”天下一品”の看板はたくさんありました。ここから使えそうなものだけを選び、大体40枚くらい集めました。

Ten_ichi04

集めた画像から、それぞれ3枚づつを抜き取り、さらにそのデータを左右反転した画像を作って2倍にします。

それから上のようにディープラーニングを実行。

300 epochがものの3分ほどで終了。低解像度なので、軽いです。

Ten_ichi05

で、テスト画像を使った結果。

結論から言うと、進入禁止3枚はすべて”進入禁止”で認識、一方”天下一品”マークの3枚は、1枚しか正解しませんでした。

全体の認識率は66%ですが、天下一品だけ見ると33%。

やっぱり、低いですね。

Ws000000

最近、こういう可視化ツールを作ってみました。

画像認識するとき、いったいどの特徴を拾っているのか?を見える化。赤いところほど注目している部位です。

正直いって、両者にあまり認識パターンの違いがありません。つまり、分けづらいということのようです。

もちろん、高解像度にして深層化すればかなり認識率は上げられますが、車に搭載するレベルのカメラで、かつ街中で小さく現れるレベルでは、この結果のようにほとんど認識できないのでは?と思います。

わざわざこの2者だけを識別する学習器を作ってこれですから、現実には難しそうです。

ということは、自動運転が実用化した時代に”天下一品”の看板を見た自動運転車はどうなるんでしょうか?気になりますね。

おやつカンパニー ベビースタードデカイラーメン 天下一品 こってり味 1箱(12袋)

« Amazonがディープラーニング向けビデオカメラ”AWS DeepLens”を4月に249ドルで発売へ | トップページ | 2018年中に約1万円安い低価格iPad発売か!? »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66136703

この記事へのトラックバック一覧です: ”進入禁止”と”天下一品”はディープラーニングで識別できるか!?:

« Amazonがディープラーニング向けビデオカメラ”AWS DeepLens”を4月に249ドルで発売へ | トップページ | 2018年中に約1万円安い低価格iPad発売か!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ