« ペットドアを顔認識で通過制限する電子工作をマイクロソフトが公開 | トップページ | Air Dropで送れないファイル? »

2017年12月20日 (水)

Office 2016のぬるぬるしたあのだるいアニメーションをカットする方法

会社のPCが最近、Windows 10になりました。

同時にOffice 2016に変わったんですが、なんというか、これまでにない不満が出てきたため修正いたしました。とりあえずここに書きます。

例えば、ExcelやPowerPointでマウスのホイールを回してスクロールさせると、なんというか反応が遅れます。ホイールを止めてもぴったり止まらず、ちょっと遅れて止まります。

キーボードの入力もなんだか文字がじわぁっと出てくる感じで、私のタイピング速度に追いつけません。なんじゃこら?という感じ。

あまりにとろくて仕事に支障が出始めたため、以下のサイトを参考に直しました。

Excelのアニメーションをオフにするには | Windows10 | 初心者のためのOffice講座

やったことは、

(1) スタートボタンを右クリックして「検索」をクリック

(2) 「簡単操作」を検索すると「コンピューターの簡単操作センター」というのが出てくる

(3) 「コンピューターを見やすくする」をクリック

(4) 「必要のないアニメーションは無効にします」をチェック

これで、操作が今まで通り(Office 2010)に戻りました。

スマホ、特にiPhoneの影響か、ぬるぬるするアニメーションにした方が見やすかろうと思って作った効果でしょうが。

文字入力が追い付かない、スクロールが遅れるというのでは、iPhoneの足元にも及ばず。

こういう機能の迷走がまだまだ見られますね、Windows。そういう余計なことをしていないで、ユーザーの使い勝手を向上してほしいものです。

個人的には「コントロールパネルの復活」をお願いしたいですね。

今回の「コンピューターの簡単操作センター」を呼び出すときもそうですが、結局コントロールパネルを呼び出すんですよね。

でも、今はスタートメニューになくて、開くのが大変。

「設定」にすべての機能を入れられないのなら、コントロールパネルを復活してほしいものです。

Microsoft Windows 10 Home Creators Update適用 32bit/64bit 日本語版 (最新) |オンラインコード版

« ペットドアを顔認識で通過制限する電子工作をマイクロソフトが公開 | トップページ | Air Dropで送れないファイル? »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コントロールパネルルの復活云々については真意を計りかねるのですが、スタートメニュー→Windowsシステムメニューの中にコントロールパネルはあり、スタートメニューにピン留めすれば、簡単に呼び出せるようになります
ちなみに私は「Classic Menu」というWindows7時代のスタートメニューを再現するソフトを利用しているので、そうした不満はありません
私がOffice2018の話題が出始めたこの時期に意外と感じたのが、ASUSのR206SというATOM系のCeleronN3050を積んだローエンド機に、Windows10+Office2016の組み合わせで日常の業務に長期間利用していて、そうした不満を感じたことがなかったためです
世にあるWindowsマシンは新旧ピンきりなので(最新のスマートフォンより性能の低いマシンは、いくらでもありますし)難しいのですが、経験上ある程度新しい”GPU”であれば問題にならないのではと感じています
今は、フィードバックの仕組みがあるので、多くの不満の声があがれば改善されますし、同様に要望が多く集まれば取り入れられるようになっていますので、そのまま留め置かれているということは、世界規模では好評なのかもしれません
日本マイクロソフトの話では、日本からのフィードバックは他国に比べて圧倒的に少なく、結果日本からの意見が通りにくいということらしいので、日本人はもっと「物言うユーザー」にならなければいけないのかもしれませんね

Windows10のスタートメニューって、コンテキストメニュー出すみたいに右クリックで開くと、
一覧にコントロールパネルが有りませんでしたっけ?
少なくとも設定変更で表示させることは出来たような気が…
てゆか、そういった使い勝手とかもあって、Win10のスタートメニューは右クリック前提にしてましたから、自分。
現在、手元に環境が無いので確認出来ず、うろ覚えで申し訳ないのですが。

こんにちは、マジック143点灯さん。

会社のPCはコントロールパネルを下段のバーにピン留しました。これで随分と解消されてます。

先日などは、プリンターのポートを設定するために設定から入ってウロウロしてしていました。コントロールパネルなら一発でアクセスできる項目が、すぐにはたどり着けないこの状況、何とかして欲しいものです。

こんにちは、緋呂々さん。

最近のアップデートで右クリックでもコントロールパネルが出なくなってます。その分「設定」が充実してくれていればいいんですが、できないことが多過ぎて不便極りないです。

このため、コントロールパネルをメニューバーにピン留めするなどの措置が必要です。自宅ならもういじることはあまりないんですが、会社のPCは今導入過渡期で、しょっちゅういじるんですよ、コントロールパネル。困ったものです。

ほうほう、そうなのですね<最近のアップデート
コントロールパネルって、人によっては週~月に数度は開きますし、
中には毎日のように使う方もいると思うんですけどね。
相変わらずMSはユーザーの神経逆なでするのがお好きなようで。

Win7もあと2年でサポート期限ですから、いつかは10を考えなきゃなんですけど、
こりゃ絶対にClassic Shell利用が前提になりそうです。

こんにちは、緋呂々さん。

設定で全ての項目にアクセスできるのなら、別にコントロールパネルにこだわらないんですけどねぇ…なんで中途半端な状態でコントロールパネルを消したんでしょう?全く持ってMS社の負の部分を思い知らされます。

と言いつつも、そろそろ我が家もWin7からアップデートした10ではなく、まっさらなHDDに入れたWin10に移行したいですね。いろいろ積み重なって起動が遅くなっているのが気がかりですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66133309

この記事へのトラックバック一覧です: Office 2016のぬるぬるしたあのだるいアニメーションをカットする方法:

« ペットドアを顔認識で通過制限する電子工作をマイクロソフトが公開 | トップページ | Air Dropで送れないファイル? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ