« Google Homeが盗まれそうになったら悲鳴を上げる工作 | トップページ | iPhone XでWidows 95!SimCity 2000が快適に動く »

2017年11月29日 (水)

Raspberry Piを使って目の前に何があるかを音声で知らせてくれる眼鏡”SIGHT”

ちょっと不格好なスマート眼鏡ですが、目の不自由な人にとっては便利なガジェットです。

ラズベリーパイの調理法 視覚障害の人へのアシスタントツール - SIGHT

Raspberry Piを使って、目の前にあるものを音声で知らせてくれるという眼鏡です。今は上のようないかにも電子工作って感じの眼鏡ですが、いずれ下のような眼鏡を目指しているようですね。

以下のサイトに、作り方が載せられています。

SIGHT: For the Blind - Hackster.io

おそらく、imagenetの1000種類の物体認識が可能な学習済みデータを使っていると思います。ボタンを押して撮影した画像から、何が写っているかをすぐに音声で知らせてくれるみたいです。

あまりかっこいいとは言い難い電子工作ですけど、つい数年前までは夢物語だったこういう機械を、個人レベルで作ることができる時代を迎えたようです。

Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品

« Google Homeが盗まれそうになったら悲鳴を上げる工作 | トップページ | iPhone XでWidows 95!SimCity 2000が快適に動く »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

とりあえず不自由とまではいきませんが、爺の域に達しつつある目の持ち主(苦笑)としては、
https://www.gizmodo.jp/2017/10/touch-focus-glasses.html
こういうサポートをしてくれる眼鏡もありがたいです。

まあ欲を言えばもう少しバッテリーが持ってくれるようになると好ましいのですけどね。
…早よ商品化してちょ!

こんにちは、 緋呂々さん。

私もそろそろこういう眼鏡のお世話になる年齢に近づきつつあります。今のところ、近くのものなら眼鏡をはずせば大抵のものが見えますが、暗いところは弱くなりましたね。全然見えません。できれば近眼用メガネとセットにして、商品化してほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/66081906

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Piを使って目の前に何があるかを音声で知らせてくれる眼鏡”SIGHT”:

« Google Homeが盗まれそうになったら悲鳴を上げる工作 | トップページ | iPhone XでWidows 95!SimCity 2000が快適に動く »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ